30坪~34坪の間取り【メリットデメリットや注意点】

スポンサーリンク
  • 30坪、32坪、34坪の家の間取りを探している
  • 玄関は東西南北でどの方位が良いの?
  • 総二階建てで家を建てると広いの?狭いの?

こんな悩みを解消します。

我が家は実際このサイズの家に夫婦と子ども2人の4人家族で暮らしています。

30~34坪間取り関連記事。

アイランドキッチン間取り30坪平屋例

30坪平屋2ldkの間取りでちょうどいい暮らし?シンプルライフ

スポンサーリンク

新築間取り32坪成功法

新築32坪間取り南玄関比較時見当違い注意点

rp_883fcf389fde8c740064e043b686b9f2_s-500x334.jpg

間取り成功例34坪で家事動線にこだわりを持つべきポイントといらない工夫

今回の記事では、30~34坪の間取りのメリットデメリットについて以下の目次でご紹介します。

30坪の家の特徴

30~34坪の間取りの特徴

30~34坪の間取り比較ポイント

スポンサーリンク

30坪の家の特徴

 

サイズ感

30坪とは、どのくらいの広さになるのか?

対象 広さ
畳数 60畳
99.3㎡
間取りの規模 3LDK~4LDK
住居家族人数 3人~5人
家族構成 核家族(単世帯向け)

施工費用

坪単価別に一覧にしてみました。

坪単価 30坪建物本体価格
30万円 900万円
35万円 1050万円
40万円 1200万円
45万円 1350万円
50万円 1500万円
55万円 1650万円
60万円 1800万円
65万円 1950万円
70万円 2100万円
75万円 2250万円
80万円 2400万円

安いほう?

決して安いとは言えない金額ですが、注文住宅の新築市場では、平均的な予算です。

 

30~34坪の間取りの特徴

 

30~34坪でよくある失敗後悔のポイントをご紹介しています。

玄関の向き

新築玄関向きは間取りの優先順位で高い?

スキップフロア

スキップフロアの間取り|展示場チェックポイント

吹き抜け

吹き抜けに梁を断固拒否した理由|注文住宅購入体験記

パントリー

パントリーはいらない!狭小や使いやすい家づくりと収納に多い誤解注意点

縦長、横長

縦長リビングレイアウトソファー配置おすすめと後悔原因【実例画像付】

あったらいいなぁではなく、あると具体的に何ができるのか?

無くても生活できるのか?

どうして必要なのか?

ここまで考えていくと、本当に必要な間取りはかなり少なくなると思います。

 

30~34坪の間取り比較ポイント

 

部屋の数と広さの問題

新築後悔で狭いは購入後失敗ランキング2位!各部屋注意点まとめ

家づくりの優先順位

注文住宅がどんどん高くなるカラクリ|契約前後の注意点まとめ

土地選びの重要性

建てたい土地の条件によっても家は大きく変わります。

  • 田舎の広い土地。
  • 都市部の狭小住宅。
  • 日当たりの悪い場所。
  • 近くに河川や断崖があるエリア。

小さい子供がいるなら、通学など将来のことをも考えなければいけない。

パパママも通勤や送り迎えなどのアクセス情報をチェックしなければいけない。

これだけではありません。

  • 固定資産税
  • 火災保険や地震保険
  • 都市計画税

などランニングコストを気にすることも大切です。

日当たりが悪い土地で家を建てると後悔する?確認注意点

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ