スポンサーリンク
キッチンのリフォームや新築のシステムキッチン選びをする際に名称で困惑する人も多くなっている。
  • アイランド
  • ペニンシュラ
対面型が希望とだけ思っていたら、今までに聞いた事のない専門用語が登場! 今回の記事では、ペニンシュラキッチンとはについて解説していきます。 サイト内では、アイランド型キッチンについても多くの記事を書いています。 アイランドキッチンとは?形や特徴

アイランドキッチンとは?寸法選び方は何を見て決めるべき?

スポンサーリンク

アイランドキッチンカウンター失敗後悔対策

アイランドキッチンカウンター他成功のポイントと選び方まとめ

アイランドキッチンと赤ちゃんの相性

アイランドキッチンと赤ちゃん子育てのデメリット

アイランドキッチンインテリア視覚的効果

アイランドキッチンインテリア工夫ポイント

アイランドキッチン使い勝手の誤解

アイランドキッチン使い勝手に影響する4つのポイント

アイランドキッチン間取り30坪平屋例

アイランドキッチン間取り30坪に採用注意点

アイランド型キッチンデメリット

アイランドキッチンメリットデメリット|その他との比較ポイント

新築アイランドキッチン間取り寸法失敗後悔原因窓

アイランドキッチン後悔|使いにくいデメリット|住宅関連企業引退者が解説

アイランドキッチン収納アイデア

アイランドキッチン収納アイデア失敗後悔注意点

アイランドキッチン周辺ダイニングテーブル選びのコツ

アイランドキッチンダイニングテーブル配置やサイズ選び方注意点

アイランドキッチン油はね対策失敗後悔

アイランドキッチン油はねガード他対策で不便?

アイランドキッチン値段激安リスク

アイランドキッチン値段で激安や格安,値引率は要注意!

アイランドキッチンコンセント配置失敗後悔注意点

アイランドキッチンコンセントの数や配置で使いやすいを目指すポイント

アイランドキッチンおすすめメーカー優先順位

おすすめのアイランドキッチンメーカー|探し方の優先順位

対面型のキッチンとカウンターがあれば十分というご家庭であれば、ペニンシュラ型でも十分可能です。 今回の記事では、ペニンシュラキッチンの特徴や選び方について、以下の項目でご紹介しています。 ペニンシュラキッチンの特徴 ペニンシュラキッチンの長所 ペニンシュラキッチンの短所
  • 開放的なリビングダイニング
  • オープンな空間
  • 手狭なキッチンをリフォームして解放的な空間にしたい
自分の家には、何が適しているのか? 新しいものを見つけるたびに魅力を感じていたら、最後には何を設置してよいかわからなくなってしまいます。 まずは自分の家族の人数や年齢層、さらには使用する上で何を優先するのか? この考え方を大切にしていただきながら検討することが大切です。
スポンサーリンク

ペニンシュラキッチンの特徴

ペニンシュラキッチンの特徴 アイランドは、島。 ペニンシュラは、半島。 このように住宅業界の中では紹介されていることが多いです。 島は完全に独立している空間。 半島というと、何かに沿っている。 つまりは、壁に沿った配置になっている。 これが最大の特徴になります。

ペニンシュラに適した人

ペニンシュラに適した人 キッチンの空間に何を求めるのか? この答えとして、あまり今まで使い慣れている空間と違いがあるのは困るという相談も多い。 コンロで料理をする際には、隣に壁があることであまり視界に余分な情報が入らないから手元に集中できる。 他の場所が視界に入るという事だけで、ある意味注意力が散漫になるタイプの人にはあまりお勧めできません。  

ペニンシュラキッチンの長所

ペニンシュラキッチンの長所 キッチンは奥さんのスペースという家庭は多い。 でも、リフォームや新築のシステムキッチンを選ぶ際には、比較的費用を抑えたいと考える家庭も多い。 そんな家庭の事情に沿ったメリットがあります。

ペニンシュラとアイランド比較

ペニンシュラとアイランド比較
  • デザイン
  • 価格
  • 収納
  • コンロの口数
  • 換気扇
  • シンクのサイズ
  • 食洗器の有無
システムキッチンを選ぶ際には、それぞれに特徴があります。 こうしたこだわりにおいて、種類が豊富なのはペニンシュラ。 家事と育児の両立を考えて、さらに通路になる部分のスペースも確保しなければいけない。 もっと言えば、床や天井、背面収納にもこだわりを出したい。 こんな人達には、全体の予算を想像しにくい部分が多いはず。 アイランドではそれぞれが単体で選択することになりますので当然費用もどんどん上乗せになる。 しかし、ペニンシュラの場合は、ある程度これまでのシステムキッチンの歴史の中で型落ちを含めるとかなりの種類が存在する。 まずは、システムキッチンを安いタイプから考えたいと思っているなら、アイランド型よりも取り入れやすいのが最大のメリットと言える。  

ペニンシュラキッチンの短所

ペニンシュラキッチンの短所 マンションの大半が採用するのが、ペニンシュラキッチン。 2000年代になってもショールームやモデルハウスに配置されている大半はペニンシュラ。 それだけ予算と見た目で選ぶ人が多いともいえる。 しかし、このタイプにはちょっとした注意点があります。

大きな失敗につながる要因

大きな失敗につながる要因 良い意味で言えば、選び方は自由。 しかし、見た目の工夫にこだわりすぎてしまうとある意味、失敗するリスクもある。 例えば、以下のようなパーツを採用するケースは十分注意が必要になります。
  • 天井が高くなったが、上げ下げが可能な吊り戸棚があるなら、採用したいと思った
  • 階段がすぐ後ろにある間取りが実現したから、二階にも目を向けやすい間取りが実現
  • リビングダイニングに大きな窓を設置することが可能なつくりの家
こうした時、以下のような悩みが生まれやすいのです。
  • 背面もシステムキッチン上部も天井に近い収納はどちらも背が小さい人には届かない
  • 間取りが魅力でもほこりが落ちてくるなどの小さな問題には目を向けられなかった
  • 冷蔵庫の開閉まで中の様子が丸見えになってしまった
このように、ペニンシュラでは、コンロ横に壁があると思って視覚的にもふと忘れてしまうことが多い。 さらに、収納関連のオプションでは、どれも便利に見えて簡単に取り入れる人も多い。 結果として、ひとつのオプションを採用した際の便利な一面だけで選んでしまいデメリットを見落としてしまうケースが多い。 あくまで種類もオプションも多いが、やはりその優れた機能は使いこなせる環境があってこそ。 あくまで、自分の想像できないオプションやアイデアを安易にセット価格やおすすめと言われてうのみにすることだけは注意していただきたいです。 まずは自分の身長や体型、さらにはこれまでの利用経験を大切にしてください。 その上で、扱いにくくなると思ったものは可能な限り後回しにする。 この流れができれば大きな失敗をすることはないと思います。      
スポンサーリンク