スポンサーリンク
アイランドキッチンの使い勝手が悪いと感じないための注意点をご紹介していきます。 このページをご覧いただきありがとうございます。 アイランドキッチンは憧れであっても、以下のような想定がされていなければ実用性は失敗後悔ばかりになるリスクもあります。
  • アイランドキッチンの作業台はどのくらいの広さ?
  • アイランドキッチンはステンレス?大理石?
  • アイランドキッチンの背面収納はどんな商品を選ぶの?
このように、アイランドキッチン本体の単体選びだけでなく、キッチンは、家事動線、生活動線をすべて密集させているような場所です。
  • 水を使う。
  • 電気やガスを使う
  • 新鮮な食材を扱う
  • 立つ、かがむなどの上下運動を必要をする
こうした他のリビングや寝室という居室スペースとは全く違う思考を必要としていきます。 アイランドキッチンについては、以下のようなコンテンツも用意しています。 アイランドキッチン値段激安リスク アイランドキッチン値段で激安や格安,値引率は要注意!
スポンサーリンク
アイランドキッチンおすすめメーカー優先順位 アイランドキッチンおすすめメーカーは誰を信じるべき? アイランドキッチンインテリア視覚的効果 アイランドキッチンインテリアで飽きない工夫ポイント アイランドキッチンダイニングテーブル失敗後悔原因 アイランドキッチンダイニングテーブル配置やサイズ選び方注意点 アイランドキッチンコンセント配置失敗後悔注意点 アイランドキッチンコンセントの数や配置失敗後悔注意点 アイランドキッチンと赤ちゃんデメリットの関係 アイランドキッチンと赤ちゃん子育てのデメリットとは? アイランドキッチンレンジフードおすすめメーカー アイランドキッチンレンジフードおすすめメーカーと注意点 アイランドキッチン周辺収納 アイランドキッチン収納アイデア失敗後悔注意点 アイランドキッチン油はね対策失敗後悔 アイランドキッチン油はね対策失敗後悔原因 新築アイランドキッチン間取り寸法規格 アイランドキッチン間取り30坪実例画像付失敗後悔対策 新築アイランドキッチン間取り寸法成功法 アイランドキッチン寸法選び方失敗後悔対策 アイランドキッチンメリット アイランドキッチンメリットデメリット|その他との比較ポイント アイランドキッチンカウンター失敗後悔対策 アイランドキッチンカウンター他失敗注意点まとめでも関連記事をまとめてご紹介しています。 新築失敗後悔は、大半がイメージ不足。 「なんでこんな単純な事に気が付かなかったんだろう!」 これが、新築で間取りやオプションに失敗後悔を感じる方の大半の声。 アイランドキッチン後悔|デメリットと使いにくいという声の真相もご紹介しています。 少しでもイメージ不足を解消する為に、お役立て下さい。 システムキッチンの価格相場や予算でランクダウンを検討する価値についてもご紹介しています。 新築システムキッチン価格予算ランクダウン 新築システムキッチン予算|価格ランクダウンや安くお得にするコツ 新築キッチンを使いやすくするための重要なポイントの1つに冷蔵庫配置を見落としていませんか? 新築冷蔵庫キッチンの配置 新築冷蔵庫とキッチン生活動線|見落としが多い配置失敗注意点 新築間取り全体に関わるキッチンを見て感じてほしいこともご紹介しています。 新築失敗例とキッチンの悩み 新築失敗例をキッチンから見抜く方法と原因の3大要素や設備注意点 キッチンの収納間取り設計として背面収納を考えた時の注意点を生活動線や掃除等を視点に使いやすいとは何かをご紹介もしています。 キッチン背面収納使いやすい 新築キッチン背面収納実例画像付使いやすい条件 新築キッチン背面収納とインテリア的視点もご紹介しています。 新築キッチンインテリア背面収納のポイント 新築キッチン背面収納他インテリアWeb内覧会|成功する簡単な工夫のコツ 背面収納周辺コンセントは足りないと困る悩みの一つ。 新築一戸建てキッチンコンセント配置実例 新築キッチンコンセント配置や数注意点実例画像付 ゴミ箱の配置はもう決まっていますか? 新築キッチンゴミ箱置き場注意点勝手口コンロ近く 新築キッチンゴミ箱置き場失敗後悔原因や注意点画像付WEB内覧会 私のサイトは、新築購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下の体験を活かし運営しています。 新築一戸建て住宅関連企業に勤め、内情を学び、大工さんと直接話ができた経験。 新築一戸建て、マンション購入経験者であること。 新築注文住宅をハウスメーカー1社を解約してまで手に入れた今の住宅。 今の住宅市場を知るために役に立った無料の資料請求に救われた体験。 新築間取りで妻に「これ以上はない!」と言ってもらえた体験。 新築住宅ローン審査で本審査、仮審査に落ちた後通った体験。 新築火災保険、地震保険で元保険営業の妻の知恵を借りて、満足できた体験。 このように、1つ1つがリアルな体験。 さらに、新築購入ブログとは違い、現場の知識を持つからこそ伝えたい注意点なども併せてご紹介しています。 サイト管理人2児パパニッキーと申します。 この記事では、アイランドキッチンの使い勝手について、以下の項目でご紹介しています。 アイランドキッチン使い勝手誤解注意点 アイランドキッチン使い勝手ポイント 少しでも、今の意識で想定されていない内容がないか? 注意点を意識して選べているか? などを照らし合わせるつもりでご覧ください。
スポンサーリンク

アイランドキッチン使い勝手誤解注意点

アイランドキッチン使い勝手の誤解 アイランドキッチンは使い勝手がいいはずだ! このような先入観を前提として検討している方がついつい見落としてしまいやすい注意点をご紹介していきます。

狭いの基準

狭いの基準 アイランドキッチンの使い勝手を決定的に最初に決めてしまう要素が狭いと感じる事。
  • 収納
  • インテリア
  • ゴミ箱
  • 目隠し
  • 油はね
  • こうした内容以前の問題。
そして、アイランドキッチンの広い狭いを左右するポイントは、坪数という視点ではないのです。 問題は、生活に使う移動スペースの幅。 なぜか? 収納を引き出すも両開きにするもスライドを使うもすべて人が立って、ものを取ることには変わりがありません。
  • 引き出しを出せない。
  • 開き戸を全開にすると立ち位置に困る。
  • 鍋を持ってると、体がキッチン本体に接触する。
こんな生活シーンを想像できているでしょうか? あくまでも使い勝手という言葉の最重要ポイントは、人の移動しやすい幅を全体に確保していることが重要なのです。

アイランドキッチンで使い勝手に影響するから取りやめを伝えた事例

アイランドキッチンで使い勝手に影響するから取りやめを伝えた事例 アイランドキッチンを新築間取りに使いたいと思ったのですが、どうも心配です。 こんなメールと間取り図をいただいた相談がありました。 この時、私はアイランドキッチン本体を見て、左右の幅の違いにすぐ着目しました。 極端に違うアイランドキッチン本体の左右の通路の幅。 左右を均等にしようとすると、約60cm程度の幅しか確保できません。 これでは、アイランドキッチンを置いても使い勝手に苦労するのが目に見えているはずなのです。 しかし、打ち合わせで営業は、こんな説明をしたらしいのです。 「このくらいのスペースがあれば、ちょっとした隙間収納も使えるので便利ですよ」 いやいや違うでしょ? だったら、システムキッチンの本体を大きくして収納確保が先。 作業台に直結する選び方をさせてあげる方が本来の提案だと私は現場で培った経験からも否定させて戴きました。 こうしたアイランドキッチンスペースで使い勝手と幅への配慮は、説明すら曖昧なケースもある! ぜひ注意して自分でシミュレーションした実体験を軸に選ぶことを強くお勧めします。

見た目と実用性

見た目と実用性 アイランドキッチンを使う際には、使い勝手を考えているなら、リフォームを心配しないで済む暮らしを手に入れる。 この意識に最も見た目と実用性にギャップを生み出すのは、床材選びです。 アイランドキッチンを採用する床材には非常に硬い床を組み合わせてきれいに見せているカタログ等もかなりあります。 例えば、下の画像のようなタイプの床です。 アイランドキッチンインテリア失敗後悔注意点 素敵ですよね? きれいだと私も思います。 しかし、私は何年たってもこんな床は使えません。 なぜか?
  • 膝のケガの古傷
  • ヘルニア
  • 足の冷えを心配する妻
このような夫婦の暮らしを今後の人生で過ごすのに、こうした床材は、体の負担にしかなりません。 足腰が痛くなるような床での作業。 私は、こうした素材選びを実用性ではなく、インテリア的に選んだ方の使い勝手の悪さを心配しているのです。 ぜひ意識は自分が長時間立ち続ける事への体の負担を軸に検討してみてください。 では続いて、アイランドキッチンの使い勝手に影響する3つのポイントをご紹介していきます。  

アイランドキッチン使い勝手ポイント

アイランドキッチン使い勝手3大要素 アイランドキッチンを使い勝手から見ても成功させる。 この結果につなげるために重要なポイントをご紹介していきます。

アイランドキッチンの使い勝手は歩数で決まる!

アイランドキッチンの使い勝手は歩数で決まる! あなたが今のキッチンを使っていて、日常的に何歩くらい歩いているかご存知ですか? ガスコンロから反対の冷蔵庫まで何歩で移動しているのか? 自分は家事をしている中で、何回振り返りの行動をしているのか? このような視点をぜひ1日でもいいので知ってほしいのです。 すると、何が見えてくるのか? 結果的には、アイランドキッチンで広いと思えたキッチンでも背面収納の形状次第では、移動距離が増えただけで効率が変わらない。 こんな状況も簡単に見えてくるのです。 今のシステムキッチンの幅が、210cm。 今検討してるアイランドキッチンの幅が255㎝。 この状況では、1~2歩の移動歩数が変わります。 たったこの1位1つでも移動の繰り返しを3往復すれば6歩分。 いったいアイランドキッチンの幅が大きいと、どれだけ必要な移動距離が生まれるのか? そして、その移動をした結果、何を節約できるのか? この点をぜひ今一度じっくり観察してみてください。

アイランドキッチンの使い勝手は反転回数で変わる!

アイランドキッチンの使い勝手は反転回数で変わる! アイランドキッチンと言えば、スッキリした見た目がインテリア的にも魅力になっている方も多いです。 しかし、その分、賃貸生活で、キッチン本体上部に取り付けていた収納部分を使っていた方は反転刷る行動が増えます。 つまり、足首への負担は、アイランドキッチンの方が強まる傾向にあるのです。 振り返って、食器を取る動作。 システムキッチン本体の収納力が落ちた場合は、その行動が更に顕著になります。 アイランドキッチンは、値段もまだまだ需要と供給バランスから、価格は高めになっています。 すると、贅沢をしたい奥様も妥協を余儀なくされてるケースも多い。 その犠牲として、自らのキッチン内での振り返り作業が増える。 この傾向も現在システムキッチンに収納されてる量と幅、そして追加しておきたいキッチン用アイテムを総合的に見つめ直す。 これが失敗後悔しないためのポイントになるのです。

アイランドキッチンの使い勝手は背面収納配置でも変わる!

アイランドキッチン使い勝手成功方   アイランドキッチンの周辺収納家具にはどんなタイプを用意しておきたいと思っていますか?
  • 両開きの観音開きタイプ。
  • 両面スライドドア
  • 引き出しタイプ
このように、キッチン収納家具は幅広い選択を用意してくれています。 しかし、アイランドキッチンの収納として、弱点になる家具があります。 それが、引き出しタイプの収納家具。 当然ながら、引き出す事により、通行する一方を塞ぐ結果になる。 その配置が、上の画像のように、L字収納配置になると更に顕著。 キッチン周辺の間取り次第によっては、収納の引き出しを開けると通路を塞ぎ、キッチン裏の部屋に行けない。 こんな失敗後悔のポイントがひそんでいるのです。 ぜひL字タイプのキッチン収納家具を検討していて、アイランドキッチンを使う。 このような方は、L字になった背面以外の場所とその通路になる動線までしっかり配慮をしていきましょう。 以上が私が最初に気付いて頂きたいアイランドキッチンの使い勝手を大きく左右すると考えられる注意点となります。 アイランドキッチンにしたから失敗後悔した! こんな結末にならないために、少しでもシミュレーションを重ねて、イメージを固めていきましょう。 新築キッチン全体については、新築キッチン失敗後悔注意点まとめにて、収納、床、窓、システムキッチンサイズ等もご紹介しています。 新築間取り全体については、新築間取り購入後失敗後悔ランキング詳細と注意点まとめにて、200以上の記事をご紹介しています。 収納するスペースの考え方については、部屋のカタチ選びについても注意点があります。 ウォークインクローゼットコの字 ウォークインクローゼットコの字型収納をおすすめしない根拠体験記 新築間取りや設計がなかなか打ち合わせを重ねても決まらない! こんな悩みの時には回数目安も参考にしてください。 新築注文住宅打ち合わせ回数見極め方 新築注文住宅打ち合わせ回数の目安|決まらない原因と対策法 最後まで記事をご覧頂きありがとうございました。
スポンサーリンク