アフィリエイト

アイランドキッチン値段で激安や格安,値引率は要注意!

スポンサーリンク

アイランドキッチン値段について、激安格安,値引き率等の表現には注意して頂きたいポイントをご紹介していきます。

このページをご覧頂きありがとうございます。

新築キッチンやリフォームで、アイランドキッチンを検討されてる方も増えてきました。

でもやっぱり、誰もが気になる共通の悩みは、値段

実際にほしいと思っても、価格が自分たちの予算の範囲内で無いと難しいのも事実。

そして、具体的には以下のようなアイランドキッチンの値段も注目されています。

ステンレスタイプ。

対面キッチンタイプの価格比較

クリナップなら値段は?

レンジフードの値段は?

このようなメーカー指定の悩みやタイプによる値段比較迄幅広い情報に関心が寄せられています。

私のサイトは、新築購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下の経験を活かし運営しています。

新築一戸建て住宅関連企業に勤め、リフォームを含めた相談や現場の大工さんと話を出来た経験。

新築一戸建て、マンション購入経験。

新築注文住宅をハウスメーカーを1社解約してまで手に入れた今の住宅。

新築住宅ローン審査に2度通らない経験の後に通過させた体験。

新築カーテン、外構を打ち合わせで選ばず、節約と満足を体感。

新築火災保険、地震保険を元保険営業の妻の知恵をかりて、節約と満足を体感。

このように、現場の知識やリフォームを含めた視点、そして、新築市場でも、マンションとの比較を含めた視点で各記事をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

この記事では、アイランドキッチン値段について、メーカーやレンジフードのパーツにこだわらず、全体における注意点として、以下の項目を用意しております。

アイランドキッチンの値段で激安に潜むリスク

アイランドキッチンの値段で格安に潜むリスク

アイランドキッチンの値段で値引きに潜むリスク

それぞれが、聞けば嬉しくなる言葉ばかり。

しかし、いずれの内容にも、必ずとは言いませんが、潜むリスクが有る。

この点を現場の知識を持つからこそ、伝えられる情報としてお届けしていますので、お役立て下さい。

スポンサーリンク

アイランドキッチンの値段で激安に潜むリスク

アイランドキッチン値段激安リスク

スポンサーリンク

アイランドキッチンの値段を見ていたら、激安の店舗があった!

こんな時、感動したりしますよね・

でも、激安って本来なら、何か事情を抱えてるからこそ出来る価格設定ですよね?

では激安に潜むリスクって何があるのか?と言う内容をご紹介していきます。

アイランドキッチンの激安値段で買った最悪のケース!

アイランドキッチンを激安値段で購入できた!

この感動が一瞬の喜びに終わった!

最後には、こんな事になるなら、定価で買った方が良かった!となる人もいらっしゃいます。

何があったのか?

この事情は、アイランドキッチンの激安値段に含まれる内容だけでは見えない部分。

以下のようなポイントが潜むのです。

  • 工賃の標準工事内容が少なすぎる。
  • 撤去費用が必要なリフォームの場合は、最後の処理代が非常に
  • 運搬等の費用が高く、決して本体価格の安さがそのまま合計額に反映されていない。

このように、最後の金額には、決して激安の店頭やネット表示価格の激安価格通りという支払金額にならないというケースも有るのです。

ですから、激安を見つけた場合は、必ず以下の内容をチェック刷る必要があるのです。

1.新築用で購入する際には、保証はどうなるのか?

2.取り付け作業の部品等は全ての条件で揃える費用も含まれているのか?

3.支払い額の総額には一体何が含まれているのか?逆に何が含まれていないのか?

4.リフォームの場合は、設置担当者がアルバイト等誰が担当してくれているのか?

このような細かな視点を確認しておく必要があります。

決して表面的な表示価格で、値段を激安と判断してはいけない。

この点を注意していただきたいのです。

では続いて、値段が格安ですという案内を貰うアイランドキッチン製品についての選び方注意点をご紹介していきます。

 

アイランドキッチンの値段で格安に潜むリスク

アイランドキッチン値段格安選び方注意点

アイランドキッチンの値段から格安価格を選ぶ時の注意点をご紹介していきます。

アイランドキッチンの格安になる理由を考えていきましょう。

アイランドキッチンの値段がなぜ格安になる?

アイランドキッチンは、何か安くなる事情が他の市場とは別にあるのか?

こんな疑問を持ったことがあるでしょうか?

安いならなんでも良い!

このような選び方を優先してしまうと、結果的に納品されてからの失敗後悔を経験するリスクもあります。

それが、格安商品の一部に含まれるリスク。

例えば以下のような内容が有ります。

  • 他の現場用に搬入する準備をしていたが、キャンセルになった開封済み商品。
  • 実際に現場に持ち込んだが、サイズが入らずそのまま回収になった商品。
  • ショールームなどに展示された商品。

このような対象が格安になる背景にはあります。

つまり、使用はしていないが、開封済だから、格安。

こんな商品であなたは、買いたいと思うのかがポイントになるのです。

この他にも、モデルチェンジの在庫処分等が有りますが、単に展示品処分品と同等の表現になります。

アイランドキッチンの値段が格安でも新品と何も変わらない?

アイランドキッチンの値段を下げてでも在庫をゼロにしたい!

たったこの意識だけであれば、展示品などは損をばかりではないケースもあります。

しかし、新品とはやはり違いますよね?

  • いろいろな人が触った後を掃除した商品。
  • モデルルームでも、一度設置組み立てしたパーツを解体した際のネジ山やネジ受けの開き等。
  • 在庫処分となった後の部材の今後の製造終了後に対するアフター保証との兼ね合い。

当然、モデルチェンジが激しい場合は、部材の製造を徐々に減らすことも懸念されます。

住宅市場の場合は、典型例が、窓ですね。

過去は規格で存在したサイズも、今では特注品サイズに変更。

このようなケースになる商品も住宅市場にはあるのです。

ですから、格安で手に入れたが、実は全体では人気ではなかったため、部材取り寄せにも時間がかかった!

アイランドキッチンは、まだまだシステムキッチンの従来タイプよりも需要が少ない中でのモデルチェンジ。

こうなると、ただでさえ、部材が少ないケースもあるのです。

よって、製品の需要と供給、更には、モデルチェンジ後の格安商品への保証や部材発注等も幅広く確認をした上での決断が重要となります。

では続いて、アイランドキッチンの値段を値引きします!という表現に対するリスクをご紹介していきます。

 

アイランドキッチンの値段で値引き発言に潜むリスク

アイランドキッチンの値段の値引き発言注意点

アイランドキッチンに限らない値段の選び方で、値引きという交渉を楽しんでいる方も多いのではないでしょうか?

しかし、住宅市場における値引き発言を最初に持ちかけられた場合は、かなり注意が必要になるケースも潜んでいます。

実際に新築打ち合わせで私が体験した事を含めてご紹介していきます。

新築注文住宅営業のアイランドキッチンのパナソニックなら値引き交渉できます発言!

私達が、解約した注文住宅のハウスメーカー。

この営業は、調子がいいだけで、ハチャメチャな発言を毎度繰り返してきてくれました。

その行動の1つに、こんなエピソードがありました。

「アイランドキッチンに興味があるのですが。」という妻の発言。

コレに対し、「パナソニックのショールームでしたら、私が交渉して値引きさせますよ!」

私はあえて黙っていました。

しかし、この言葉はほぼ嘘。

あなたもご存知だと思いますが、定価と言うのは、ほぼ全ての商品に存在しています。

でも、実際に店頭で見る価格に、販売元の定価を出してる値札は見た事ないですよね?

大抵、ネットの価格を意識した少し高い設定に訂正線を引き、割安の価格表示。

これが現代の多くの市場で見る光景。

そして、営業は、このメーカーの定価を基準に割引率をはじき出してきたのです。

ありえない行動です。

実際の販売価格をあえてみせていないのが、メーカーショールーム。

でも、パンフレットはくれます。

パンプレットの中身で書かれた定価をそのまま割引率にして計算すればとんでもない割引率が出ます。

この行動を営業は実行にうつし、ドヤ顔で見積もり提示をしてきたのです。

割引率や値引き交渉って何が基準でお得かを知っていて交渉していますか?

もし、知らなかったら、その価格で出来る事を当たり前に信じてしまってないですか?

私は失敗後悔をしてほしくないという思いからサイト運営をしている情報提供を心がけています。

つまりは、アイランドキッチンを含めた値引きのからくりをただ単に、お得だと思ってしまう方の意識改革をしたいのです。

ぜひ安易に騙されてしまわない用に、注意して観察してみて下さい。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

他にも、アイランドキッチンについては、アイランドキッチンカウンター他失敗後悔注意点まとめにて、さまざまな視点の注意点をご紹介しています。

新築キッチンについては、新築キッチン失敗後悔注意点まとめにて、ゴミ箱、床、収納、照明、システムキッチン等それぞれのパーツごとに記事をご紹介しています。

新築間取りについては、新築間取り失敗後悔ランキング詳細と各居室ごとの注意点まとめにて、200以上の記事をご紹介しています。

新築購入後の失敗後悔の大半は、想定不足。

ぜひ想定をしていない内容がないかを探すつもりで、いろいろ御覧ください。

最後まで記事をご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


当サイトおすすめコンテンツ

PR
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

ランキング応援やお気に入り登録有難うございます。

    

コメントを残す

サブコンテンツ

著者2児パパニッキープロフィール

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




関連サイトとして、銀行ローン審査に2度落ちた私が通した方法もご紹介してますので、参考にして下さい。

注文住宅間取りハウスメーカー無料依頼おすすめサイト

大手ハウスメーカーを検討するなら3社一斉で比較!
・対応速度
・間取りの癖が強かった!
・モデルハウスとのギャップが大きかった!
こんな悩みにならないためにまずは、資料請求を大切にしましょう。

YOUTUBEチャンネル公開中

無料相談受付中

無料メール相談も随時募集しております。

2児パパニッキーへ無料メール相談


Skypeによる無料音声相談も行っております。


skype希望の方は、まずは、chatにてご連絡ください。
24時間以内に確実にご回答させていただくことをお約束します。

Facebook

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

70人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ