予算3000万円台で注文住宅の見極めポイント

スポンサーリンク
  • 予算2000万で家を建てる
  • ハウスメーカーで検討したい
  • 土地から購入をしなければいけない

この条件の方向けには以下のような記事を書いています。

2000万円で注文住宅の実態

2000万円台の注文住宅で家を建てた実例と建築計画の注意点

スポンサーリンク

今回の記事では、

  • 3000万円でハウスメーカーを探すならどこの会社がオススメなのか?
  • 選び方はどうやって決めるべきなのか?

この2つに絞ってご紹介を死していきたいと思います。

これまでにもハウスメーカーの坪単価という点については以下のような記事を書いてきました。

パナホーム坪単価

パナホームの評判!注文住宅ハウスメーカー坪単価の比較ポイント

パナソニック ホームズビューノの価格は高い!資産価値と管理の難しい問題点

パナソニックホームズは高い!買わなかった理由体験記

一条工務店坪単価や価格値段ネット上の噂

一条工務店30坪単価や価格例|i-smart購入体験者が値上げが続く実態を調査!間取り実例画像

積水ハウス30~40坪単価は60万以上!比較注意点2019

ヤマダホームズ坪単価のポイントと注意点

セキスイハイム坪単価は50万?契約前見積り額確認注意点

三井ホーム坪単価は高い?私が見送った理由

トヨタホーム坪単価や営業の対応体験記|競合の会社はどこ?

家の好みは人により大きく異なります。

コンパクトな平屋で老後を過ごしたい方もいれば、庭やプール等がある家で暮らしたい方まで考え方は各家庭により大きく異なります。

では3000万円では何ができるのか?

私のサイトは、新築購入後に失敗後悔をしてほしくないという思いから、自分の現場経験や新築文章マンション、注文住宅両方を購入して感じることなどを各記事でご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

今回の記事では、建坪を30坪台で想定した家づくりとして以下の項目でご紹介しています。

3000万円台の注文住宅選択肢

3000万円台の注文住宅注意点

3000万円台注文住宅成功のコツ

では、あなたの計画がどこまで実現できるのかを確認しながらご覧ください。

スポンサーリンク

注文住宅3000万円台の選択肢

予算3000万円注文住宅の選択肢

  • 建築デザインにはこだわりたい
  • アイランド型のキッチンが欲しい
  • トイレは2台以上必須
  • リビングは大空間が理想

家族の中での話し合いにおける内容として、上記のような内容なら決して難しい話ではないのがこの予算。

しかし、家の中は限られている。

30坪台でこだわりの実現

  • ガレージが欲しい
  • 趣味の空間が欲しい
  • アクセントクロス等内装にこだわりたい
  • キッチンの予算を上げたい
  • モダンな住まいが理想
  • 壁や床の素材にもこだわりたい

このような内容を相談する際には、正直3000万円台であれば地域を問わずいろいろ検討ができると思います。

鉄骨と木造どっち?

2000万円という予算では、地方のエリアでもなかなか探すのに苦労をするのが鉄骨系。

実際に鉄骨系ハウスメーカーと契約をした経験があるからこそ、この現実はかなり厳しい状態でした。

坪単価というよりも標準設備とオプションという考え方がそもそも大きく異なります。

各種プランが用意されていたとしても、価格帯として安いタイプにすると玄関や窓、壁等の内容を変更したくなる。

こうした時、結果的に大きな出費を抑えるために少し高い予算のプランを選ぶ。

こういう事ができるのが3000万円台。

 

注文住宅3000万円台の注意点

予算3000万円の注文住宅

39坪で計算したとしても坪単価は92万円まで可能な計画。

ハウスメーカーで検討するとしても2階だけでなく、3階建ても選ぶことが可能な人が多くなる。

でもこの状況だからこそ、注意していただきたいことがあります。

住宅性能の見極め

気密性が高い住宅を選ぶのが先

高断熱は当たり前。

こう考えている人がハウスメーカーのモデルハウスに行く人の中には多い気がします。

しかし、実際に広いldkと3階の屋上付近の廊下や階段の室温を肌で感じた事はありますか?

私はこの経験から、正直設備が充実した会社でもその性能を選ぶことはできないと思ったのです。

快適なのはあくまでリビングと各居室のみ。

その他の細かい点を考えたら、正直隙間風や階段やロフトの気温差がかなり激しい。

こうしたことwお必ずチェックしながらモデルハウスをめぐる事が重要。

季節的な感覚の違い

夏は涼しい、冬は暖かい。

モデルハウスに訪れた方の多くは、その中の空間で快適という言葉をよく使う。

しかし、それもそのはず。

暑い夏に訪れたら冷房が効いた室内は涼しいのが当たり前。

寒い冬に訪れたら暖房が効いた室内は暖かいのが当たり前。

問題はその時どれだけのエアコンの数や温度設定で使う環境なのかを知ること。

さらに自分たちが日常家の中で使う時とお出かけ時の服装をチェックすることも大切。

正直、体感温度が大きく異なります。

モデルハウスの立地と我が家

さらに、モデルハウスのある「場所」にも注目。

立地としては、日当たり良好で吹抜けからの景色としても眺めが良い。

しかし、実際に家を建てるとなると、隣や正面に以下のような建物があるほうが当たり前。

区画販売された土地であれば、正面と両隣に家がある。

窓越しに顔を合わせるような環境に吹抜けと大きな窓を作ったらいくらこだわった窓でも丸見えの状態で複雑な気持ちになる。

このように、住み続けるための家に必要な標準設備と完成されてある程度ライフスタイルの提案をしたいモデルハウスとは意味が違う。

 

注文住宅3000万円台成功のコツ

予算3000万円台注文住宅成功のコツ

実際に資料請求をしながら比較しているご家庭も多いはず。

でもその中で注目していただきたいことがあります。

お金の使い道

計画を立てる時、同じコストをどのような内容に投資するべきなのか?

極端なことを言えば、東京、神奈川、愛知、大阪、福岡などの大都市部では狭小住宅の土地も多い。

この時、スキップフロアやガレージを使わないと車や自転車すら置けないという事もある。

その家に必要なのは、高級感よりも圧迫感を感じることがない空間作り。

同じ100万円で何を完成させるべきか?

この答えをよく考えておくことが重要です。

時間の経過と必要性

我が家ですら、家を建てた5年前と今ではライフスタイルも徐々に変わってきました。

  • 子ども部屋の使い方に迷いが出てきた
  • 主寝室に置きたい内容も変わってきた

完成させる前にはより印象に残るパーツのほうが採用したいという気持ちが強い。

しかし、実際に住み慣れてから考えたら、正直いらなかった設備はたくさんある。

憧れと現実。

この違いをきちんと時間の経過に沿って計画をしなければ高い費用を出した価値は失われる。

自分たちが老後にも暮らしやすい家とは何か?

  • 庭にこだわったけど台風や突風、竜巻等の影響で簡単に壊れてしまった。
  • 家の中にこだわったけど河川の氾濫等の影響による床下浸水や駐車場にもっとお金をかけるべきだった

このように建物だけでなく、外の外構まで合わせてこそ、家づくり。

ただ単にお金を使うことで満足をしてはいけません。

それぞれにメリットもあれば、その商品が必要なターゲットには限界がある。

別に和入らないという人が、結局子どもが生まれてからフローリングに布団を敷く時の下に敷くものを悩んでいるのと同じ。

結局は、家庭の中での人の年齢における体や環境の変化に柔軟に対応できる家づくりを目指す。

これが3000万円から4000万円以下という予算を出せる方にじっくり考えていただきたいポイントになります。

  • 2世帯住宅が希望
  • シンプルな設計が希望
  • 外壁にこだわりたい
  • 開放的なリビングが希望
  • 耐震性能が重要

工務店、ハウスメーカーを含めてどこに依頼するのかも全く不明。

全国(北海道、東北、関東、甲信越、中部、関西、中国、四国、九州、沖縄にある大手か地域密着の工務店かわからない。

こんな人は誰に相談するのかがとても重要。

家購入無料相談おすすめと失敗注意点|安易に窓口を使わない方が良い理由

坪単価や価格相場や価格をある程度は抑えたい人は、

新築費用相場坪単価平均を現場の声で聞いた驚きの真実

建売住宅、ローコスト等の特徴も解説しています。

建売や分譲物件おすすめ検索サイトとお得な活用法

分譲や建売住宅メリットデメリットまとめ

安易に見学会や展示場に行くのは要注意。

  • 仕様や資材にこだわりたい
  • 一つでも多くの間取りをサンプルでもらいたい。

こんなことを考えている方には、タウンライフで無料の間取りプランを活用するのがおすすめです。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

建築実例を少しでもご覧になりたいという方は、以下のような会社も参考になると思います。

デザイン住宅サイト

 

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ