三井ホーム坪単価2018ハウスメーカー比較注意点

スポンサーリンク

ハウスメーカーの中でもデザイン性に魅力のある住宅の会社を選びたい。

個性的に洋風や窓と外壁のバランスで気に入った家で話しを聞きたい。

夢のマイホーム実現に向けたハウスメーカーや工務店などを巡って会社選びに迷っている人も多い。

住宅展示場に行く前にまずは口コミや評判を知るために建てた人のブログや坪単価、住宅性能などを調べる動きも活発化している最近の不動産市場。

しかし、家づくりはあくまで設備だけで決まるものではありません。

土地の広さや平屋、2階、3階建ての構造の違い。

同じ建坪面積でも基礎の工事は平屋の方が多いため当然坪単価は高くなる傾向もある。

空調などの設計の特徴

営業マンの値引きやプランの提案力。

総額予算の目安。

契約の前に見積もりが欲しいと言っても注文住宅で家を建てるには、当然同じ敷地面積の土地と同じ坪数の建築物でも気にしている点が異なる。

私のこれから言っている見積もりによる坪単価のまとめでは、2018年度で建てた人たちが実際どの位の金額で気にしていたのか?

こんな内容をご紹介しています。

注文住宅の満足度ランキングってどんな特徴があるのか?

結果から何をイメージしていくべきなのか?

こんな内容もご紹介しています。

新築 一戸建て坪単価ハウスメーカー

新築坪単価と満足度調査実態の見極め方元住宅関連企業出身者が解説

私のサイトは、新築一戸建て購入後に失敗後悔をして欲しくないという思いから、以下のような経験を活かし、情報公開をしています。

新築、リフォーム累計100棟以上の現場の経験。

新築マンション、一戸建て購入経験者。

ハウスメーカー大手を一度契約後に解約をした経験。

住宅ローン審査に計3度落ちた、通らないという回答をもらった体験。

返済開始2年目で借り換えに成功。

間取りプランは、4年経過している段階で妻に効いても十分今建てた家は満足できる感じだという言葉をもらえた経験。

三井ホームを気にしている人も結果的にどこか他の会社と比較して検討している人も多いはず。

そうした中で予算も含めていったい何を比較するべきなのかをまとめていきたいと思います。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

今回の記事では、三井ホーム坪単価について、以下のような項目でご紹介しています。

三井ホーム坪単価2018の需要

三井ホーム坪単価と比較検討

三井ホーム坪単価の注意内容

あくまで自分たちの知層が全て規格の通りに使った安いプランで最初から部屋に何もオプションを使わないでも良いという人はいない。

あくまで、最初に出てくる情報は、車のノーマル状態だと思った方が良い。

この先、どんな内容を自分たちは求めていくのか?

そして、高い安いを判断する設備やその他の情報で何を気にするべきなのか?

あくまで多くの値段が出される中で、会社を問わず参考にしていただきたい内容を含めてご紹介していきます。

三井ホーム坪単価2018の需要

 

三井ホームで新築注文住宅を契約して、自分たちに理想の工事を依頼したらどうなっていくの?

実際にこの会社のメリットや問題にしておくべき点は何?

このような検索をしているのは、三井ホームだけではありません。

工事の着工前までに多くの値段の上乗せが提示されていく。

その中で、別に設備として不要と感じることも数多く存在する。

しかし、一生に一回の新チック購入とい話に多少高くなっても一生過ごせるなら、決して高くないと感じる人もいる。

三井ホーム坪単価2018は値上げ?

大手のハウスメーカーは徐々に値上げをしている動きも最近は顕著。

坪単価にして、約100万円。

これがほぼ多くの会社のカーテンや照明,コンセント,標準工事に使用されている条件から追加をしていく時に出てくる数字。

消費のラインナップはかなり多い。

しかし、構造や断熱剤使用については、他社と少し違う点があるわけではあない。

そうした中でも徐々に値上げをして、現在は平均として坪単価85万から100万を見込むことで、カーテン、設備のアップグレードなども含めた計画が実現できる。

 

三井ホーム坪単価と比較検討

 

三井ホームをかなり近い業者から見ていた時に思っていた内容を評判としてご紹介していきます。

外観メインのオシャレ住宅

三井の仕様の中でも外観が気に入ったという人は非常に多い。

しかし、この100万円近い金額で自分たちの理想を取り入れた考え方を持つなら、以下のような会社にもプランを出してもらう事が大切。

たとえば、以下のような会社も選択肢の中に入ると思います。

  • スウェーデンハウス
  • 積水ハウス
  • 住友林業

このような会社が選択肢には入ってくると思います。

なぜか?

単純に、鉄骨住宅の自宅の建設を考えるとしても木造の最新施術などを取り入れた計画を進める場合でも本来は家の最大の特徴は買って良かったと感じる生活環境にすること。

生活空間としての住まいは、やっていることが別荘購入と似た感覚。

自分たちの自由度という表現に惑わされるのが最大のそんな買い方。

住宅の性能や費用が上乗せしてるパーツで性能を重視してる気密性や換気などの性能とは関係ない点はありませんか?

新しい

斬新

他にはない。

この魅力に施主として購入する事をあるいみ家づくりは性能よりやっておきたいこと。

こう考えた物件は、正直各社購入先を問わずに、リフォームする時には、あとで気づいたらお願いする意味がなかった。

こんなことになってしまう価値観の違いに注意しなければいけない。

三井ホームの住まいは、どちらかと言えば、屋根を含めた外の違いが売り。

ツーバイフォー

タイル

屋根

照明

このような内容を採用することが出来る条件なら、他の会社にお願いすることも簡単にできるパーツである。

しかし、やはり目を惹く条件として三井を選ぶのは、外観的要素を手に入れるという目的の人も多い。

手にしているのが、昔は開業医の医師だったり税理士など昔から地域に名を定着させている少し地元では有名な人が建てた家。

こんなイメージがある人たちが選ぶことが出来る。

つまりは、少し高めの坪単価が特徴だった。

昔と今の企業の特性では条件が変わった

最近は、全部をタイルにして一色展開だけでなく、ツートンカラーやオリジナルの外壁を使うヘーベルハウスなども登場してきた。

1プランオンリーでずっと本体のデザインも昔から時間が経っても変わらない本体とし有名なのは、スウェーデンハウス。

どこか、各社のイメージが建物本体とリンクしている感覚があった。

その為、詳細の条件を用意しなくても気に入っていた会社があるという人もいる。

欲しい、住みたいにつながる高級感が技術という項目を抜いて、センスという価値観から選んでいる人も多い。

高級とか超の家には、お金に目がなく、いくらかかっても、独自のセンスの追求の為に投資を行う。

こうした動きが、徐々に三井のブランド感が無くなっていった要因でもある。

外壁を特に高級なイメージで選びたいと思う人は、タイルなのか何の素材を使うのか?

この項目を十分比較する事が大切になります。

似た家があるというパターンでは、ちょっと現在の探し方には利用後の失敗後悔パターンのリスクが潜んでいると私は伝えたい。

 

三井ホーム坪単価の注意内容

 

三井ホームは正直、契約する前の話しの中には、まったくと言っていいほど坪単価というキーワードを使い営業マンがアドバイスをしてくれる環境がない。

設置する設備も自由

豊富なプラン

照明関連も自由に選べる。

最近はこういうごまかすパターンがかなり増えている。

そして、契約後に次から次にオプションの話しが登場し、結果的にはどんどん自分たちの予算オーバーの危険を感じる話が進められていく。

このような点を正直お話を聞く姿勢以前に、きちんと用語を使い、最低限以下の項目を含めた総額を坪数で割ったら?

この質問が非常に重要になります。

含めるのは、以下のような内容。

  • 頭金(手付金、着手金など言い方はさまざま)
  • 住宅取得における事務手続き費用
  • 住宅ローン諸経費
  • 水回りの設備オプション
  • 照明、コンセント、テレビなどの配線工事
  • カーテン

このような項目を入れると、理想の度合いを無視しても簡単に坪単価100万円前後になることが実際のお話。

安い人でもどのくらい?

理想は低いし、火災保険なども考えても正直自宅にそこまで設備を取り入れたいと思わない。

このような人でも、結果的に、カーテンや照明などを入れたら、坪単価は85万円前後。

これはほぼ標準設備を取り入れ、オプションのお話をほぼ最小化した時。

これでも結果的に一括という項目一覧を全て並べた合計額を建築面積(坪数)で割ったら、こんな感じになっていく。

この費用を使っても、ヘーベルハウスは買えない。

スウェーデンハウスも手に入らない。

住友林業でまあ同じような感じ。

でもその企業の名やブランド名を聞き、実際に全部の状況を見た時には、少し住宅関係者の中で話を聞くとあまり良い情報を聞いたことがない。

三井ホームで坪単価85万円は妥当?

正直坪単価85万円と聞き、その選択した内容がほぼ標準規格で手にした家。

それでも実質部屋の温度や玄関、リビング、キッチン、お風呂、寝室などが全てエアコンもなく快適な環境が手に入るならうれしいかもしれない。

しかし、そんなことを聞いたことがない。

  • 住宅展示場で過ごす時間の中でも少しずつ温度差を感じる。
  • エアコンの有無だけでなく、少し大きな掃き出しのある空間の影響を受けている感覚。
  • 築10年以上の経過した展示場では全部の居室の温度で、私が普段着ている服よりも厚手にしてちょうどよかった感覚。

これでは、正直女性が家事、炊事、水仕事を手にした時には、地域によっては、一定の何割かは寒いと感じたと意見する人がいると思う。

やはり、この内容は、住宅性能の中でもC値、Q値などの問題からも他の会社に出来ることと少し違う昔の家という感覚がある。

やはり今これからの時代に選ぶ私がおススメする住宅は、C値は2.0以下では不十分。

1.0を新築の状況では値として目にする事が出来る住宅。

この位の内容を建物の標準としていないと、購入したあとの35年間ローンを払い続ける間に住宅は劣化していく。

そして、自分たちはさらに歳を重ねて、50代60代70代と徐々に老後の世代に入っていく。

こんな状況でコストを85万円というしっかりかけた住まいをお願いするなら、もう少し家づくりの何に力を入れるのか?

ツーバイフォー工法などは地域の小さな工務店でもお願いできる時代。

その先に、実際には下請けを使ったコスト削減。

こんな状況なら、正直もう少し企業の土台がしっかりしている分、サービスにも新しい何かが付いてきて欲しいと私は願ってる。

決してデザインは新しいが買いとは思っていない。

しかし、住宅の中の気密性は、今の時代に合わせてもっと昔よりも改善された得を感じる点を増やすサービス努力が今の時点では少ないと言えるかもしれない。

ちょっと今まだ予定という段階の人には、まずは営業と契約をする話氏の前に実態をきちんと希望を伝える前の中で坪数と平均的な価格帯。

この質問をきちんと返してくれるのか?

これが重要だという事を知っていただきたいと思います。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ