トヨタホーム坪単価や営業の対応体験記|競合の会社はどこ?

スポンサーリンク
  • トヨタホームの坪単価っていくらくらいするの?
  • 鉄骨系住宅を購入する時のトヨタホームと競合となるのはどこが価格として近い?

この答えに実際に住宅展示場に足を運び確認をしてきた内容からご紹介していきます。

最近は、快適さを商品の品質の安定化という意味で工場生産をする商品が増えてきた。

窓や床の加工だけではありません。

トヨタと言えば、工場による生産性を向上することで安心を届けるという考え方を早期に導入しやすい基盤もある。

外壁を含めて人が現場で組み立てるのではない。

ほぼユニットとして現場に搬送する。

こうした特徴を持つのが、一条なども含めた性能の安定化という意味で重要視され始めている。

我が家もユニット構造の一条の性能には感謝している。

実際に、防犯も窓枠に凹凸がない形で作ってもらったことで安心が大きい。

いろいろ建てる前から自由に設計しても、提案してもらった内容が最終的に商品として実現されるのかは不安。

ある意味家づくりの中で考えたらコスト削減にもつながる。

工法も他のメーカーと同じような建て方の採用も相談が可能。

技術的な差というよりも自動車の設計や組立と同じようにマイホームが完成する。

こうした考え方がこれからは大手の中には可能になっていくのかもしれない。

当サイトは、新築一戸建て購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、注意するべき点などをご紹介しています。

私自身が元住宅関連企業出身者であること。

新築マンション、注文住宅購入経験者であること。

自分が建てる時に意識したこと。

自分が建てた後に、もっとという感覚を持たないための準備。

このような考え方としてご覧いただきたいと思います。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

今回の記事では、トヨタホーム坪単価について以下のような項目でご紹介しています。

トヨタホーム坪単価目安

トヨタホーム坪単価の別途費用

トヨタホーム坪単価に近い会社

自分がこの先殿ハウスメーカーや工務店と契約するとしても何を優先して内容を比較するべきか?

こんな考え方を持ちながら参考にしてください。

スポンサーリンク

トヨタホーム坪単価の目安

toyotahome坪単価レビュー

スポンサーリンク

トヨタホームの坪単価を過去の流れを含めてご紹介していきます。

トヨタホーム最低単価はいくらくらい

トヨタホーム最低単価はいくらくらい

トヨタホームで家を建てるなら、最低の計画でもどのくらいの予算を最低で見ておくべきか?

坪数と予算でご案内していきます。

坪数 家の単価
30坪 3000万円以上
40坪 4000万円以上
50坪 5000万円以上

単純に、坪単価は、100万円以上を最低で見ておくことが大切。

 

トヨタホーム坪単価の別途費用

toyotahome坪単価評判

坪単価に含まれない内容

坪単価に含まれない内容

あくまで付帯工事などを一切私は確認していませんでした。

建物を見て、希望の坪数などをうかがいながらどの程度の費用は最低で必要なのか?

このような流れの質問。

よって、以下のような項目をあえて触れることはありませんでした。

  • 手付金(100万円というハウスメーカーが多い
  • 浄化槽工事費用
  • カーテン費用
  • 照明費用
  • 不動産取得税
  • ローンの借入の事務手続き費用
  • 所有権移転や抵当権設定等に必要な登記費用
  • 水道や排水などの負担金
  • 地盤改良工事

このような最低で必要な価格を含まれての返事ではなかったと思います。

つまりは、建物を購入する床、壁、天井などの側の工事や標準設備を使った家をつくるための費用。

今回のご案内にはこのくらいの感覚を持っておく必要があると思います。

坪単価確認は慎重に!

坪単価確認は慎重に!

やはり、家はいろいろな付帯工事やオプションによる希望が少なくとも出てくるのが実態。

我が家でも一条工務店のオプションを自分たちの希望に沿って入れていったら、200万円以上のオプションを付けていました。

でもこの200万円を坪単価に直すと、以下のような差が生じます。

坪数 200万オプション加算相当額
30坪 6.66万円
40坪 7.5万円
50坪 6万円

坪単価は5万円違うと会社の選択に迷いが出る可能性もあるのが現実。

数字は少しずつ増えていくと結果的に総額は?となった時の内容が戻れなくなっていくという実態があります。

やはり、費用目安はいくらから?という考え方を持つ時には、とにかくいろいろな諸費用とされる金額を含めた案内を求めることが重要です。

 

トヨタホーム坪単価に近い会社

toyotahome坪単価との競合

坪単価100万円程度の競合他社を探す。

この点を意識してトヨタホームと同様に木造住宅を除く分野での会社をハウスメーカーで検討するとどこ?

その答えをご紹介していきます。

トヨタホームとの比較検討候補

トヨタホームとの比較検討候補

私が見てきた中では、実際にヘーベルハウスが近いと思える金額設定でした。

ヘーベルハウスの坪単価についてもご紹介しています。

ヘーベルハウス価格30~40坪単価や総額ハウスメーカー比較注意点

非常に近いと思う部分がありますが正直ヘーベルの方が若干安くなるような気がしてしまったのが今回の結論。

鉄骨住宅であれば、パナホームの方が安い気がしました。

パナホーム坪単価2018レビューハウスメーカー注文住宅会社見極め方

ではトヨタホームの魅力は何でしょうか?

 

トヨタホーム坪単価の魅力

トヨタホームの評判

トヨタホームで家を建てる価値はいったいどこにあるのか?

何を比較しておくべきなのか?

火災保険に注目?

火災保険に注目?

近年数年に一度火災保険値上げの動きが活発化しています。

2019年1月にも火災保険は値上げが決定しています。

木造住宅での30坪30年の平均は現在80万円ほどの価格を考えなければいけない。

さらに、地震保険を付帯させると、27万円の加算。

よって、107万円がおおよそ30年までに必要な保険料。

この水準に対して、鉄骨は、上記2つを組み合わせた30年間で43万円

正直、半額以下という設定でおさまる。

しかし、この差額分は決して人生を考えたら大きな金額とは言えない。

もっと大きな違いを生み出すのは、アフターメンテナンスの保証面。

何よりメンテナンスにおける保証を求める声が多いと思うんです。

外壁の工夫が魅力

外壁の工夫が魅力

トヨタホームの外壁は、HDセラコート塗装という加工をしている。

高耐久で30年対応。

さらに、害虫被害の多いエリアには嬉しい内容がある。

シロアリ対策費を不要とする鉄骨住宅。

ヘーベルハウスでもやはり旭化成の外壁を売りにしている。

このように鉄骨系住宅の場合は、おこうした一面を比較していくと自分たちの好みの家が建つ可能性があります。

内装としての比較などは完全に好みになりますので、この点はあなたにも実際に展示場などに足を運んでいただきながら、ご覧いただけたらと思います。

トヨタグループという条件が安心

トヨタグループという条件が安心

我が家に今ある車も全てトヨタ。

これからの暮らしの条件では、燃費を抑えるだけでなく、購入する出費も抑える事が条件になってくる気がする。

家だけではない。

生活の基礎として絶対に車が必要という場所では、正直言って、住宅の評価だけでなく、生活全体の条件に目を向けたくなる。

そうした中で可能な限り住まいと別にしっかり車も組み合わせて考えられる会社。

こう考えた上では、日本の自動車業界で安定供給をしているトヨタグループでの家づくりはトヨタのシステムとしての安心もある。

車と家をまとめてメンテナンス出来る。

ハイブリッド車からいずれはEVになるのかそれともPHVがしばらく力を発揮するのか?

このどちらにしても車と建築物という2つのお金を点検などを含めて任せられる。

これはお金の管理の意味でも相場よりも安く整う部分もある。

優れた内容かどこの会社と比較?

優れた内容かどこの会社と比較?

高気密

高断熱

外観

販売されている商品の基本は外からは外観や内装程度しかわからない。

でも細かい話を聞いてみたり、住んだ人のブログを見ると暑い寒いとか良い点悪い点なども徐々に出てくる。

地震や津波、自然災害に見舞われた時にどうなったのか?なんて話もこれからの異常気象が続く中ではポイントになっていくのかもしれない。

受注生産という中での管理で問題が発生しないなら安心。

この考え方を比較するなら、以下のような会社が代表的な存在かもしれない。

  • 積水ハウス
  • セキスイハイム
  • パナソニックホームズ
  • ヤマダホームズ
  • 一条工務店
  • 住友林業

一方で見積り額としても大きく異なるだけではなく、大きな差が出やすい会社もある。

以下のような会社を選んでみたいケースは比較にならない可能性が高い。

  • タマホーム
  • アイダ設計
  • レオハウス
  • アキュラホーム
  • 桧家住宅

こうしたタイプは、いくらスマートハウスのシリーズを提供していてもやはりは地域により差が出やすい。

担当営業の質だけではない。

それぞれがフランチャイズの展開で独自の何かを取り入れるととても差が出る。

さらに、サポートにかかる人員が不足している差も顕著。

ある程度の大規模な人数をかかえているほうが購入した後に、グレードを問わずきちんと対応をしてくれる安心がある。

ミサワホームはもう事実上トヨタホームとの合併がある意味成立している。

こういう吸収された会社はまた人の補充などが進むのかが注目される。

もういくら会社を選んでも将来が安心できる会社はかなり減っていくのだと思う。

その対象は、近くにきちんとアフターサービスを対応してくれる人員が確保されているのか?

これは全国を問わず共通の悩みになっていくと思う。

地方の工務店で提供される商品は確かに似た感じの内容はあるのかもしれない。

しかし、社員の数や回りやすいフットワークの軽さを考えると色々不安が多い。

我が家も結局はこういう話しを身内から聞き、実際に大手ハウスメーカーに決めた。

連絡を取っても対応してくれない。

このような流れが実際にネット上でもかなり増えているのが最近の特徴。

機能や耐久性もあくまで支払いをしている時にメンテナンスの診断で差が出てくる。

ただ単にカタログでは10年保証と掲載されていても実際にその期間をどう支えるのかを明確化できていないとシャッターなどの部材1つでも困ることは多い。

少しでも自分が満足できる家づくりを目指すなら、まずは会社の規模を比較してみよう。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ