パナホームの評判!注文住宅ハウスメーカー坪単価の比較ポイント

スポンサーリンク

ハウスメーカーの住宅価格は高いと聞く。

家の価格の目安には、坪単価という言葉がある。

大手パナソニックが手掛ける注文住宅事業であるハウスメーカーの1つ「パナホーム」

パナホーム評判

スポンサーリンク

  • 商品の特徴
  • デザイン性の違い
  • 設計の特徴
  • 外壁、ソーラーパネル等

家を建てるなら、一度見学してみたいと思う人も多いはず。

新築を建てる時、多くの方が間取り等の打ち合わせ中に気にするのが、家の中でのお風呂、トイレ、キッチン等で標準の対応をしているメーカーや規格商品の取り扱い。

平均的な商品を使う会社が多い中、やはりパナソニック商品が主ならとシステムキッチンなども手掛けるからこそママたちは注目してみてしまう。

ハウスメーカーの中では、以下のような会社も坪単価をご紹介しています。

ミサワホーム静岡評判口コミ

ミサワホーム価格坪単価|蔵のある家となしの差額

ヘーベルハウス外壁と価格

 

ヘーベルハウス価格30~40坪単価や総額ハウスメーカー比較注意点

坪単価という表記に惑わされていませんか?

新築一戸建て坪単価

新築坪単価と満足度調査実態の見極め方元住宅関連企業出身者が解説

資料請求一括の方法についてもご案内しています。

新築 一戸建て 資料請求

ハウスメーカー一括資料請求方法と対応のコツ

私のサイトは、新築一戸建て購入後の失敗後悔をしてほしくないという思いから、自分の以下の経験を活かし、運営しています。

私の体験は、以下のようなものがあります。

元住宅関連企業勤務経験者。

一級建築士,内装業などの身内に囲まれた環境。

そして、以下のような経験をしてきました。

新築マンション、一戸建て両方の購入経験を持つ。

一度注文住宅のハウスメーカーを解約するほどの悲惨な打ち合わせの経験をする。

住宅ローン審査にメガバンク、第三地銀等3回落ちた経験を持つ。

住宅ローン審査を銀行相談を一切せずに通過させた体験者。

2017年に審査通過から2年目で住宅ローン借り換えに成功。

火災保険は元保険営業の妻に助けられ節約に成功。

新築祝いのお返しを専門サービスを使って満足ができた経験。

引っ越し見積もりも時期や会社との交渉スキルを学ぶ事で安くした経験。

新築インターネット回線もスマホ回線等の活用を含めてプロバイダ契約を含めてかなりの節約に成功。

新築購入後の固定資産税納税等の変化を見てきた体験。

カーテンや外構工事などは全て打合せで決めず、自分たちで独自に発注して節約に成功。

このように、住宅業界の中からも購入する側としても体験をしてきました。

そして、現場の知識を使った意識と新築間取りを自分たちも経験したからこそ伝えたい住宅購入における問題を抱えた時の解消法をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

今から新築で家を建てるならどこのハウスメーカーが良い?

こんな悩みを持つ方に、今回の記事では、パナホーム坪単価について、以下の項目でご紹介していきます。

パナホーム坪単価レビュー

パナホーム坪単価対抗会社

パナホーム坪単価体験感想

実際に、展示場を見て、対応の中でも聞こえた違和感。

さらに、工法というよりも私は住宅の中の快適性を重視するからこそ、ぜひ展示場に行く機会があれば見てほしい内容などもご紹介しています。

スポンサーリンク

パナホーム坪単価レビュー

パナホーム坪単価レビュー

パナホーム(現:パナソニックホームズ)。

ハウスメーカーの中でも鉄骨住宅と木造住宅が別れる中で、積水ハウスやミサワホーム、セキスイハイムなどがライバルになる鉄骨系住宅。

パナソニックホームズはいくら?

パナホーム坪単価

住宅展示場の案内では、「70万円からとなります。」

この答えが明確に返ってきた。

ではこの内容は何を含んだ概算なのか?

パナソニックホームズ確認注意点

パナソニックホームズ確認注意点

不動産会社を比較する時、営業の担当によってかなり回答に差があるのが現実。

  • 契約者の平均データを使った計算方法。
  • あくまでタイルも太陽光パネルも光触媒、窓などのオプションを一切使わない結果。
  • 最も安い工事で設備を全て標準採用の家づくりをした場合の仕様案内。

このように、単純に家づくりの中で検討したいオプションをどこまで採用した口コミなのかが非常に重要。

実際に私たちが建てた一条工務店i-smartも太陽光発電までの全ての工事(外構工事を除く)を入れたら、参考として79万円となる。

しかし、これはあくまで本体価格総額÷坪数で計算した価格。

こうした感じの算出基準が家づくりの中で大きな誤算になっていく可能性があります。

よって、必ず案内された価格以上の設備仕様を使う条件を前提として検討しておくことが大切です。

 

パナホーム坪単価対抗会社

パナホーム坪単価対抗会社

 

現パナソニックホームズの坪単価を知り、次にどこがその対抗としてふさわしいと考えるべきか?

パナソニックと言えば、エコナビシリーズを扱うという信頼を作る事に成功したイメージがあります。

実際に我が家もエコナビが好きで、エアコンは全てパナソニックを信頼して購入している。

こうした中で、鉄骨の中でも重量用や軽量タイプなどがわかれます。

実際軽量の方が採用されや酸いのも現実。

この部分を配慮した上で、ライバル会社の候補を私なりの目線でご紹介しています。

ライバル会社候補

ライバル会社候補

坪単価という部分に気を取られやすくなりやすい不動産住宅会社選び。

しかし、単純に軽量鉄骨で作る家づくりを目指す商品を提供している会社が全てライバルと言えます。

代表的なのは、以下のような会社。

  • 住友林業(プラウディオ)
  • トヨタホーム
  • セキスイハイム
  • 積水ハウス(イズロイエ、イズステージ)
  • へーベルハウス
  • 大和ハウス

こうした会社が鉄骨での比較には参考にしたいですね。

しかし、家のコストとレベルの提供については、以下のような文字も大切にしたい。

  • 次世代
  • 新技術
  • 狭小
  • 最高レベル
  • 業界初

住宅メーカーは、大開口、耐火性、耐震性、制震、免震などの工法。

このように記載された情報に含まれる言葉自体が大きく異なる事があります。

比較的自分たちの聞きなれた用語にのみ気を取られやすいので、要注意。

意外と聞いたことがない名前がこれから先の基準になっていた。

こんな悩みも当然この先には出て来ると思います。

 

パナホーム坪単価体験感想

パナホーム坪単価体験感想

多くの契約者が採用する商品タイプの名前は、「カサート」

コチラの商品が坪単価70万円からという感覚を持っておくことが大切。

ということは、スマートハウスにしたら?

太陽光パネルは別か。

こんな感覚で私は話を聞いていました。

しかし、この坪単価と鉄骨の内容を見ていて、ちょっと気になる点がありました。

展示場で注目すべきポイント

展示場で注目すべきポイント

展示場を訪れたのは、暑い時期。

当然中ではエアコンを効かせて快適な環境を用意してくれていた。

住宅展示場のサイズがあるとしても正直、エアコンの数に驚いた。

まあとにかくありとあらゆる場所にビルトイン。

そこまでしないと快適にならないのか?

最近の展示場では、次世代とかZEHという表現を使う会社の場合は、エアコンを1台しか使わないという家を見かける事も増えた。

しかし、真逆の状況とも思えるようなエアコンの数と稼働状況。

これが省エネ基準をクリアしたレベルなのか?

まだ5年も経過していないという建物。

そのため、もっとエコを重要とした省エネ住宅の成功例を提供してくれるとちょっと期待していた私。

やはり大きく価値観が変わってしまったというのが今回の感想。

あなたが今回のような事例を体験したら、大きく鉄骨の価値は変わるかもしれない。

でもまあやはり強度という考え方をすれば、もちろん鉄骨と木造の違いはある。

鉄骨住宅を考えている方は、パナソニックホームズだけでなく、複数の会社に資料請求をして比較する事も大切だと私は伝えたい。

他に費用が必要な事も多い?

他に費用が必要な事も多い?

家は、建物本体の購入価格よりもきちんと住んだ後のメンテナンスコストが高くならないように予算を検討する方が重要。

評判や口コミ、ブログなどで必死に単価や採用したオプション一覧を眺めても提案される内容とは限らない。

思っていた金額よりもオプション価格が数万上がっていた。

こうした感じの内容が少しずつ発生していくのが見積もり内での合計額÷坪数でも変わってくる。

人気とか得以外に自分たちが構造以外の部分でどんなことにこだわるのか?

最初のイメージの基礎として、

  • 部屋の内装費
  • 外観としての建築のマイホームへのこだわり。
  • 地域における気候の特徴に対しての考え方。

このような内容を営業マンにどう伝えるのか?

これが、パネル1枚から、きちんと軸ができていないと、夢のためとはいえ、換気システムや性能の期待がある内容をどんどん入れるようなことになれば当然値段も跳ね上がる。

特に重要視してほしいのは、壁や空調の換気システムにおけるオプション。

セキスイハイムの坪単価もご紹介していますが、どうしても鉄骨系は空調をオプションで力を入れている感覚がある。

コストを抑える施工という感覚では簡単に選ぶ事が出来ない。

ぜひ一度チェックする時には、室内で以下の3つに注目してほしい。

  • 室内空間の内装関係
  • エアコンなどのワット数など家電をどの程度の価格を総額に盛り込むべきか?
  • 空調関連の程度がどのくらい重要なのか?

このような点をもしあなたが将来契約して依頼をしたいと思ったら、こう考えてほしい。

土地の有無で大きな差

土地の有無で大きな差

家を建てる前の状況には大きな違いがあります。

  • 家族が所有する土地に戸建を計画する人。
  • まずは土地から検索する必要がある人。

実際に住まいの条件などを土地から考える場合には、どうしても総予算に合わせて住まいを考える必要があります。

  • 平屋が理想だけど土地が狭い
  • 駐車場が欲しいけど敷地内に駐車場は難しい。ということでビルドインでデザインがかっこいい家が理想
  • いずれリフォームをする前提で今は各部屋を考えている。

坪単価は、軽く70万円から80万円では無理。

100万を超えるくらいの予算が必要になります。

ローコストや工務店でさえ、40万以上というのが最近の相場。

こういう時代に何に安心を求めるのか?

あくまで自由設計で、理想の家づくりを実現したいと思うなら、まずは以下のような内容に注目していただきたい。

  • 収納など家事動線に必要な部屋の特徴
  • 高級感とモダンはちょっと意味が違う
  • 使用しているシリーズはリフォームで検討が難しいのか?

あくまで全国展開をしているようなダイワハウスやヘーベルハウス等の単価の高い主力商品ではインテリアや内装に凝っているのはわかる。

しかし、そのライフスタイルを求めるのはいつまでか?

結果的にハウスメーカーの保証などに魅力を感じているなら、そこまで高単価なプランを選ぶ必要はあるのか?

このあたりが、正直予算と照らし合わせて検討が必要になると私は感じている。

メリットデメリットを比較

メリットデメリットを比較

正直、積水ハウスの主力商品であるロイエでも中は寒いという声がネット上には多い。

これはとても大事なこと。

ある意味、業界トップの会社がすべて日本全国で満足しているのかと言えば、それぞれに悩みがある。

そもそも鉄骨と木造どちらで選ぶのか?

この答えから基本的に考え直すことが重要。

ネットが必須の時代になった現代なら、鉄骨は正直お勧めできない。

基本として、ほとんどの柱が鉄なので、なかなかwifiも飛ばないというのは多くの人が口にしている。

何が便利なのか?

どんな素材を使うことにメリットがあるのか?

天井の高さが高いことでデメリットはないのか?

こういう1つ1つを考えた上で会社選びをしておくことが重要です。

実際に建てた人達の声も参考にするとよいと思います。

築9年目のオーナーの書き込み

もし1000万円の差が出た会社があったとしても建てようと思えるか?

高級という表現一つとっても内装のオプション段階でかなりの幅がある。

住んでみたい家と普通に出来るオリジナル。

一般の生活とは違うオリジナルを求めるのではないなら、まずは違うラインナップも含めて複数の展示場に足を運ぶことをお勧めします。

パナソニックホームズをはじめ、鉄骨住宅系資料請求は、下のサイトから一括請求の方が営業担当防止のために効果的です。

パナホーム資料請求おすすめサイト
スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

公式アカウント

このページの先頭へ