スポンサーリンク
  • 2000万円で戸建を購入したい
  • 注文住宅で自分の夢を実現したい
  • この価格でどんな家づくりが実現可能?
会社選びによっては、広いリビングとこだわりの空間が実現できるのか? 階段や趣味のスペースを含めて家族でいろいろなアイデアが飛び交う。 しかし、2000万円で土地と戸建てを購入しようと思ったらかなり厳しいのも現実。 いくらローコストを検索をしていても結果的に建物価格以外の必要経費、施工に関わる諸費用を入れると簡単に数百万円の誤差が発生する。 実際に我が家も2000万円くらいで建てられたら楽だとおもっていた。 しかし、階段があって総二階の建築になれば、結局のところ土地の状況や窓の向き、断熱や気密性脳等をチェックしていくうちに難しいと断念したのが現実。 ハウスメーカーでの坪単価等の情報を含めてこれまでにも以下のような記事を書いてきました。 パナホーム坪単価 パナホームの評判!注文住宅ハウスメーカー坪単価の比較ポイント
スポンサーリンク
パナソニックホームズビューノの特徴 パナソニック ホームズビューノの価格は高い!資産価値と管理の難しい問題点 パナソニックホームズ坪単価比較 パナソニックホームズは高い!買わなかった理由体験記 レオハウス坪単価はいくら レオハウス坪単価|購入平均はいくら?詳細確認体験記 林工住宅坪単価2019 林工住宅坪単価評判口コミ|静岡浜松エリア 2000万円台で一条工務店のi-smartを選んだ我が家が建てた間取りについてもご紹介しています。 4人家族4LDK間取り成功 4ldk戸建て間取り図実例|4年間住んだ感想 私のサイトは、新築戸建て注文住宅を購入した後に失敗後悔をしてほしくないという思いから自らの現場経験や新築分譲マンション、注文住宅を購入してきた体験も踏まえてそれぞれの記事で注意点や成功のコツをご紹介しています。 サイト管理人2児パパニッキーと申します。 今回の記事では、2000万円の注文住宅を検討する上で知っておくべきポイントを以下の項目でご紹介しています。 2000万円の注文住宅はあるの? 2000万円の注文住宅で実現可能 2000万円の注文住宅で実現困難 そんな豪華な家はいらない。 1000万から1500万(税抜き)でコミコミの家を欲しい。 こんな気持ちがある人にこそ知っていただきたい内容となっています。
スポンサーリンク

2000万円の注文住宅はあるの?

2000万円で注文住宅が買いたい まず住まいとしてこの予算では実現可能かどうか? この答えからご紹介していきます。

ローコスト住宅の場合

ローコスト住宅の場合 地域密着型の工務店やモデルハウスのあるローコスト住宅として紹介されている会社なら実現可能? この答えとしても、平均的に坪単価として40万円から60万円が予算というのが一般的。 タマホーム,アエラホーム,林工住宅,はっぴぃハウス等が静岡県内でも低い予算で実現可能みたいな垂れ幕や看板が出ています。 しかし、実際に展示場の中で説明を聞いてみると、断熱効果のための窓のオプションが紹介されていたり、快適なキッチン、トイレ等を探している人向けのオプションのシリーズが紹介されている。 こうした細かい条件を全く無視してとにかく費用を抑えて建てるということであれば規格型住宅で建てる。 この考え方であれば、十分実現可能だと思います。

家の広さは何坪?

家の広さは何坪? 規格型という限られた選択肢の中から自分たちの好みの間取りプランを探し出す方法で家を建てる場合でも当然ながら、土地の形状と広さによって大きく費用が異なります。 最近では、
  • 26坪
  • 28坪
  • 30坪
  • 32坪
  • 36坪
  • 40坪
上記のような延べ床面積ごとに人気の型を用意しているケースが多い。

平屋?2階建て?

平屋?2階建て? 建物として、階段は不要という依頼をしたい人にとっては、正直同じ延べ床面積で言えば、平屋のほうが高い。 もっと言えば、ガレージ等を用意したい場合は、その分費用が上乗せされている傾向があります。 大まかな目安ですが、ガレージ付きであれば300万円から500万円程度が高くなるという感じです。  

2000万円の注文住宅で実現可能

2000万円で注文住宅の実態
  • 規格型でも十分満足
  • 木造で良い
  • 部屋の一つ一つにそこまで広さは求めていない。
  • 吹き抜けがあってもなくても関係ない
  • 内装の壁や床の素材等は正直あまり興味がない
  • 高級感よりも解放感や自分たちの予算のほうが大事
  • 漆喰の壁が理想
今の夫婦の話し合いや家族会議(二世帯住宅)での考え方であえれば建築費を抑えることは比較的簡単になります。

一般的な収納設備

一般的な収納設備 2020年になってから1000万円台の価格帯の家づくりでも以下のような設備は十分実現可能。
  • ウォークインクローゼット
  • 土間
  • ハンガー等がある収納スペース
  • バルコニーのある家
別に自然素材とか床暖房対応みたいなことを考えるよりもまずは床面積と玄関、ldk、キッチン、脱衣所、お風呂、トイレが1台又は2台あれば十分。 こんなイメージであれば、正直気になることもないと思います。  

2000万円の注文住宅で実現困難

2000万円で注文住宅の限界ライン 家づくりは、上を見ればきりがない。 3000万円、4000万円、5000万円となれば、今見ている設備以外にも自然素材だったり、アイランドキッチン、パントリー、ランドリールーム等さまざまな要望を実現しているプランも存在する。

こだわった作り

こだわった作り
  • 外壁を総タイルにする
  • ウッドデッキは欠かせない
  • 土間はかなり広いスペースが必要
  • 家事動線のために開放的な大空間が良い
  • 屋根は片流れで太陽光パネルを全面に貼りたい
こんな一つ一つをプランに入れるのは自由です。 しかし、その分費用がかかり、どんどん家のサイズも中の内装も設備も節約候補になっていく。

狭小住宅

狭小住宅 形状として難しいとされているのが狭小住宅。 狭い土地にガレージ等工夫をした作りが実現可能。 しかし、このような場合には、以下のような項目に注意が必要。
  • 足場等が特殊で費用が高くなる可能性
  • 土地の地盤強化や基礎のグレードアップ等
家は建物だけでなく、全体で数百万の上乗せを考える事が重要。 部屋の数と間取り、内装が安ければそれですべてが解決ということではありません。

建物以外の必要経費

建物以外の必要経費 新築の家を建てる事は可能かもしれない。 しかし、土地選びをしている人達にとっては、外構も大事。
  • 塀やフェンスはどうする?
  • ポストは?
  • 駐車場の工事費用は?
このように、家の中だけでなく、外にも自分たちで用意をしなければいけない要素があります。 こうした全体を見ていくと、数社で資料請求をしても建物だけですべて予算を使いつくしてしまう可能性があります。 十分注意が必要です。
スポンサーリンク