新築キッチン背面収納他インテリアWeb内覧会|成功する簡単な工夫のコツ

スポンサーリンク

新築一戸建てキッチンのインテリア成功体験をご紹介しています。

このページをご覧いただきありがとうございます。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

私がこの他にキッチンについてご紹介している内容は、下のページでまとめて掲載しています。

新築キッチンの悩みと対策法まとめページ

新築キッチンを使いやすくするための重要なポイントの1つに冷蔵庫配置を見落としていませんか?

新築冷蔵庫キッチンの配置

新築冷蔵庫とキッチン生活動線|見落としが多い配置失敗注意

キッチンの収納間取り設計として背面収納を考えた時の注意点を生活動線や掃除等を視点に使いやすいとは何かをご紹介もしています。

キッチン背面収納使いやすい

新築キッチン背面収納実例画像付使いやすい条件

背面ではなく、吊り戸棚という時の選び方に対する注意点もご紹介しています。

キッチン吊り戸棚代替品

新築キッチンに吊り戸棚は使いやすい?狭いスペース収納選び方注意点

色合わせにおけるママの悩みといえば、キッチン。

新築システムキッチン色選び方

新築システムキッチン色の失敗注意点とおすすめの選び方

新築キッチン床をタイルを選んだ方のリフォーム相談経験を含めたデメリットや注意点もご案内しています。

新築キッチン床タイル

新築キッチン床タイルデメリットは多い?リフォーム相談実例やweb内覧会動画付

アイランド型を採用して使いにくいという後悔した気持ちをもつ人もいるのが現実。

アイランドキッチン

アイランドキッチン後悔|使いにくいデメリット|住宅関連企業引退者が解説

アイランドキッチンメリット

アイランドキッチンメリットデメリット|その他との比較ポイント

アイランドキッチン収納アイデア

アイランドキッチン収納アイデア失敗後悔注意点

アイランドキッチン間取り30坪実例2階建て

アイランドキッチン間取り30坪実例画像付で失敗後悔対策を解説

新築間取り全体に関わるキッチンを見て感じてほしいこともご紹介しています。

新築失敗例とキッチンの悩み

新築失敗例をキッチンから見抜く方法と原因の3大要素や設備注意点

新築一戸建て間取りの公開ランキングベスト10についてもご紹介しています。

新築後悔間取り一戸建て

新築一戸建て間取り後悔ランキングベスト10詳細と対策法|業界経験者が解説

このページでは、新築キッチンのインテリアについて、失敗後悔しないための見せ方について

新築キッチンインテリア注意点

新築キッチンインテリア失敗後悔特徴

新築キッチンインテリア成功体験談

以上の内容でご紹介していこうと思います。

あなたが選ぶインテリアが成功する為の情報収集の1つとして役立てください。

新築キッチン背面収納とインテリア

新築キッチンインテリア背面収納のポイント

新築キッチンでインテリアを考える方の多くは、対面やL字を望まれる方が多いと思います。

コストが一番かかるのは独立型アイランドキッチンですが、絶対数はまだまだ少ないようです。

では、キッチンインテリアをアイランド型を除く見せ方が影響するポイントについてご紹介していきます。

新築キッチンインテリア注意点1.オープンタイプが及ぼすインテリア配色へのバランス

上の画像を見ていただくと、白ベースのキッチンスペースを白統一という形。

しかし、

冷蔵庫隣のオープンスペースには、なにかたくさんの物が入ってる事が顕著に目立ちます。

せっかくのインテリア。

全体のイメージが統一がされた環境へ多数の生活感を表す色は勿体ないですね。

1つ目の注意点は、置く物の配分。

隠す事だけでなく、見え方を意識される事をオススメしたいです。

新築キッチンインテリア注意点2.アクセントカラーの使い方

新築キッチンインテリアにおけるアクセントカラーの活用法として、一番オススメは家電製品。

新築購入時の買い替えをした家具家電のリストや詳細金額もご紹介しています。

新築一戸建て家具家電購入すべき物と金額

新築家具家電一覧と費用内訳一戸建て入居前購入リスト

しかし、日常生活の故障があったせいで、数年前に買い替えた時の好きな色と新築時の色が合わない

というケースも有ると思います。

こうした全体のインテリアカラーバランスを取りやすい配色への配慮。

この点も注意して頂きたいと思います。

アクセントカラーとして、活用しやすい新築キッチンアイテムは以下の内容。

扉の枠(窓枠のようなアクセント)

扉のドアノブ位置の配色

家電製品(ケトル,炊飯器,電子レンジ,ウォーターサーバー等)

透けて見える大型家電1つでインテリアカラーの存在感は伝わります。

逆に、こうした大型家電が食器などと大きく色が違うとアクセントではなく色のばらつきが伝わりやすい。

この点を注意点として確認してみてください。

収めるだけが、生活しやすいとは違う。

家電として出しておくべき物をどうアクセントとしてバランスを取るのか?

この点を慎重に家事動線含めて考えていきましょう。

新築インテリア注意点3.色を暗くしない

色も素材も形状も実にさまざまな商品が存在していて迷う事も多い。

そんな中で、特に注意して欲しいのは、

色は人に与える印象が見た目の半分くらい関わると思います。

素敵なシステムキッチンは、立った人だけが気付く空間イメージにつながる。

リビングから見える景色のほとんどは、背後の光景で支配されていまします。

その見た目が暗い重たい空間では、

配色が白黒とメリハリ付けたつもりでも白が目立ちません。

何を置いても、アクセントが目立ちすぎてしまします。

このような点から、背後の強調した配色を暗くするのは以下の注意点が必要です。

リビングからインテリアとして全体を見渡す時の印象。

暗い色でまとめた時のインパクトより重たい感じが伝わらないか?

暗い色ほど傷や汚れが目立つ事による手入れの大変さ。

新築において、背後は、存在感が強い。

ぜひ、「そういえば!」が無いように気をつけてください。

では続いて、

新築のインテリア見せ方の工夫によくある失敗後悔のポイントをご紹介していきます。

 

新築キッチンインテリア失敗後悔

新築キッチンインテリア

新築インテリアにおける失敗後悔の多いポイントをご紹介していきます。

インテリア失敗後悔ポイント1.扉の種類

まず最初の失敗後悔のポイントは、扉の選び方の失敗後悔。

扉は、以下のポイントを抑えておく必要があります。

目隠し系のガラス等の色が及ぼす全体への影響

扉をアイボリーなど抽象的すぎる色では家電と壁紙、床材までが合わない

透ける事で色が混在した配色になりやすい

以上が失敗後悔の1つ目の注意点、扉の種類のポイントになります。

インテリア失敗後悔ポイント2.天板

天板を人工大理石等に仕上げる場合もかなり難易度が上がります。

色だけで見せるなら、白でも、黒でも大丈夫と思われがちですが、逆に難しいです。

何故か?

目に入る時のイメージが石風と木製とでなかなか光の受け方が合わないんです。

人が色を見る時は、光からの陰影で見える配色を認識します。

人工大理石が見せる白と扉や壁、家電が見せる白は見え方が全く別。

白で見せたつもりが、浮いてる。

こんなイメージに繋がりやすいので、十分素材選びには注意しましょう。

インテリア失敗後悔ポイント3.ブラウン系配色

ブラウン系の商品を選ぶ際には、非常に難しいです。

その根拠は?

ブラウンは、その時期の需要により微妙に変わりやすいから。

家電は、トータルコーディネートを意識した新色での商品展開よりも売れ筋の色を残す傾向があります。

ですから、

茶系に合わせる家電が、自分の欲しい色が無い時、機能を取るか、インテリアを取るか選択に非常に困ることも有ります。

ブラウン系配色を採用したい方は失敗後悔も多くなりやすいのは、こうした全体のバランスが取りにくい事が影響します。

十分注意して選ぶようにしましょう。

新築内装実例を参考にするべきポイントもご紹介しています。

新築内装実例画像インテリアコーディネート成功のコツ

新築内装実例カラーコーディネート参考注意点|明るい住みやすい家づくりの発想方法

ここまでご紹介してきた配色やインテリアのポイントを押さえた上での成功への近道をご紹介していこうと思います。

 

新築キッチンインテリア実例画像付WEB内覧会

新築 キッチン 壁面収納 白 画像

成功しやすい選び方のコツを我が家の実例画像を使ってご紹介していこうと思います。

インテリア成功のポイント1明るく見せる

新築キッチンインテリア実例WEB内覧会画像

我が家が白に統一感を求めたのは、やはり「明るい」を最優先にしたこと。

明るさを見せるには、やはり白系統が一番引き立ちます。

さらに、

照明からの影響も日差しの影響も明るさを感じるきっかけにはなります。

全体の配色バランスを考える上でとにかく明るさをメインに考えてみてください。

好き嫌いではなく、きっと飽きない、居心地のいい空間になると思います。

インテリア成功のポイント2.物の見せ方

キッチン照明壁面収納LEDダウンライト照明画像

インテリアにおける大切なポイントは、見える状態にした時に、凹凸が少ないかたちに見えるかどうか。

ですから、

内部を収容物の高さギリギリにすると、余計高さが目立ち、凹凸感も目立ちます。

少しでも、収納スペースの高さに余裕を与える事で、すっきりしたインテリアに見えます。

ぜひ、詰め込んだ印象を与えないスペースを確保できる家具を選んでみてください。

インテリア成功のポイント3一定の生活感

インテリアを考える上で、多くの方は、隠す事を優先にしたいと考えているようです。

しかし、

リビングもダイニングもある程度生活をしていく中で、生活感は少しずつでも現れます。

そんな中、

いつも何も出ていない整った環境。

これでは、

きれいとも見えますが、家事をしていない人?

というイメージを持つ方もいるのが、難しいところ。

ある程度の生活感を見せるインテリアというのも第3者の目から見た時の印象としてはいい意味で伝わると思います。

以上が私達が生活を送りながら、インテリアを選ぶ際に意識した内容になります。

あなたの新築一戸建てが素敵な空間になることを願っています。

土間、タイル、床などの統一感が気になるという方は、玄関も注意が必要です。

新築玄関失敗後悔原因まとめWEB内覧会画像動画付

気になる方はご覧ください。

キッチンに近いスペースの考え方として、ウォークインクローゼットのカタチもご紹介しています。

ウォークインクローゼットコの字

ウォークインクローゼットコの字型収納をおすすめしない根拠体験記

洗面所(脱衣室)は子育て世代のお風呂上がりの悩みや洗濯、掃除などを含めた広さ確保のポイントもご紹介しています。

新築洗面脱衣所広さ実例画像i-smart

新築洗面所(脱衣室)広さが狭い,収納不足を感じる要因は何?実例画像付で解説

この記事を最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+


YOUTUBEチャンネル公開中







一戸建てランキング
一戸建てランキング

カテゴリー

このページの先頭へ