新築カーテン費用相場|賢い節約術と購入術体験記

スポンサーリンク

新築カーテン打ち合わせ見積もり相場に驚いた体験とおすすめの決め方

このページをご覧いただきありがとうございます。

この他にも、新築カーテンについては、以下のようなコンテンツを用意しています。

新築カーテンどこで買う?体験記

新築カーテンどこで買う?通販は使わず最安値体験記

スポンサーリンク

新築カーテン種類選び優先順位

新築カーテン種類の選び方で重要な3つの失敗後悔注意点

新築カーテンレールおすすめの選び方

新築カーテンレールおすすめは?リビング画像付体験記

新築カーテン購入時期と採寸

新築カーテンの購入時期や採寸はいつ?体験記

新築カーテン選び方節約成功体験記

新築カーテン選び方で失敗後悔が多い原因|体験記

新築カーテン色の選び方

新築カーテン色の選び方|インテリアコーディネートの考え方体験記

新築カーテン予算

新築カーテン予算優先順位や選び方失敗後悔対策

新築カーテンレール失敗対策選び方

新築カーテンレール失敗する選び方の原因や注意点

新築カーテンレールニトリの対抗店舗体験談

新築カーテンレールニトリ相談体験記

新築カーテンとロールスクリーン

新築カーテンロールスクリーン選び方画像付|縦長窓編成功法

新築リビングカーテンレースのみ

新築カーテン選び方リビングレイアウト実例画像付WEB内覧会

新築カーテン,レール失敗後悔注意点まとめ

新築カーテン,カーテンレール購入法や時期失敗後悔対策まとめ

新築照明の30坪台の見積もり価格についても体験をご紹介しています。

新築照明費用に多い失敗後悔原因

新築照明費用はいくら?見積もり額が高い時の節約ポイント体験記

私のサイトは、新築一戸建て購入後の失敗後悔をしてほしくないという思いから、自分の以下の経験を活かし、運営しています。

私の体験は、以下のようなものがあります。

元住宅関連企業勤務経験者。

一級建築士,内装業などの身内に囲まれた環境。

そして、以下のような経験をしてきました。

新築マンション、一戸建て両方の購入経験を持つ。

一度注文住宅のハウスメーカーを解約するほどの悲惨な打ち合わせの経験をする。

住宅ローン審査にメガバンク、第三地銀等3回落ちた経験を持つ。

住宅ローン審査を銀行相談を一切せずに通過させた体験者。

2017年に審査通過から2年目で住宅ローン借り換えに成功。

火災保険は元保険営業の妻に助けられ節約に成功。

新築祝いのお返しを専門サービスを使って満足ができた経験。

引っ越し見積もりも時期や会社との交渉スキルを学ぶ事で安くした経験。

新築インターネット回線もスマホ回線等の活用を含めてプロバイダ契約を含めてかなりの節約に成功。

新築購入後の固定資産税納税等の変化を見てきた体験。

カーテンや外構工事などは全て打合せで決めず、自分たちで独自に発注して節約に成功。

このように、住宅業界の中からも購入する側としても体験をしてきました。

そして、現場の知識を使った意識と新築間取りを自分たちも経験したからこそ伝えたい住宅購入における問題を抱えた時の解消法をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

この記事では、新築一戸建て打ち合わせ中で驚きの見積もり金額を聞くことになるカーテンについて、

新築一戸建てカーテン費用見積り体験記

新築一戸建てカーテン費用相場で驚いたら施主支給?

新築一戸建てカーテン費用相場に左右されない賢い節約術

以上の内容でご紹介していますので、まずは、金額に慌てずしっかり体験記で御覧ください。

スポンサーリンク

新築一戸建てカーテン費用の相場1.打ち合わせ

新築カーテン費用相場見積もり打合せ体験談

新築一戸建て打ち合わせ中に出てくる驚きを隠せない費用の一つがカーテンの見積もり費用。

ハウスメーカーカーテン費用見積もり額体験記

私達は、あまり多くはない例として、2社のハウスメーカーでの打ち合わせを経験した体験を持ちます。

その中で、体験としてカーテンも見積もりが出ました。

この時の平均相場は、34坪の窓が12個程度の場合での見積金額は、40万から50万円程度。

正直、この金額あなたはどう見ますか?

  • 注文住宅だし、この位掛けてもいいんじゃないのか?
  • マイホームだったら綺麗なカーテンをつけたいし、良しでしょ。

この考え方になる方なら、ご安心ください。

きっとあなたの希望ラインの商品がスムーズに手に入ると思います。

しかし、

そんな金額どうやって用意するの?

住宅ローンでカーテン代を払うのか?

という現実問題を抱える方もいると思います。

そこで、

新築一戸建てカーテン費用相場に驚いた方のために、施主支給についてご紹介していきます。

 レースカーテンのみ

  • 家具や家電
  • 引越し
  • ワックスコーティング等いろいろお金がかかる。

だったら、最初はレースカーテンのみを用意。

特に戸建ての場合、寝室以外は隣からの視線対策とUVカットだけでも十分ですよね。

だからこそ、ニトリやホームセンターで本体は十分。

この考え方の延長でまずはレールだけ施工して設置もらうのも大事。

値段が気になるなら、少しでも節約が可能な部分をチェック。

でもレールで機能や質は大きく変わる。

既製品をdiy?

自分で取り付けるとか施主支給で節約をしようとする人も多くなった。

しかし、私はカーテンを含めて店に注文をする方法を利用することをおすすめしたい。

その理由を関連記事で書いています。

新築一戸建て購入注意点カーテンレール取り付け費用失敗後悔

新築カーテンレール取り付け工事費用節約注意点体験記

新築一戸建てカーテン費用節約と施主支給

新築カーテン費用相場に驚いたら施主支給

では、このハウスメーカーでのカーテン見積もり費用相場に驚いた方のために施主支給についてご紹介していきます。

施主支給の注意点やポイント

施主支給で行う際には、ポイントと注意点があります。

注意点は、主にカーテンレール取付について。

  • 壁になにか不具合があった際の保証の行方
  • 失敗に伴う修繕費用の確認
  • 時期の確認
  • レール本体の保証はどこが管理するのか?

このような内容をしっかり確認しておきましょう。

カーテンレールも施主支給で、取付も自分たち、ということであれば、自己責任前提の内容。

しかし、

  • 部材による不具合
  • 取り付けによる不具合
  • 歪み等の対応

こうした広い視野でカーテンにおける保証の範囲をしっかり確認しておくことが重要です。

安易に施主支給でいいか!

なんて気軽な考えは控えておきましょう。

施主支給で見積りも安くない

新築一戸建てカーテン費用の見積もりをハウスメーカーでとった後に、同じような内容をカーテン専門店で取りました。

しかし結果は、どちらもそんなに費用的に変わらないのです。

つまり、

ハウスメーカーやカーテン専門店だからという取付価格を含めた上での違いやデメリットはそこまでない。

本体もレールも含めた保証料を払ったと考えるべきか?

という視点が正しいと思います。

見た目と割高のバランス

  • ドレープカーテン
  • ロールスクリーン
  • ブラインド

好きなデザインやおしゃれな柄がある。

でもオーダーとなるとその分高くなる。

こだわりでどこまで揃えるべきか?

  • その質は、本当に住みやすい家に関係あるのか?
  • もっと良いお金の使い道は無いのか?

機能や生地の質を高くすることは、お部屋のイメージを変える。

でも窓の大きさと部屋のバランスによっては、そこまでの質を検討しない方がバランスが良くなることもある。

まずは店舗で総額10万円~30万でどこまでそろうのか?

これを確かめてからでも遅くはない。

 

新築一戸建てカーテン費用相場と節約術

新築カーテン費用相場を知った上での賢い選び方

私達が実践できなかった事を反省を含めて、このページをご覧のあなたには正しい節約術をご紹介していきたいと思います。

賢い節約術

新築カーテン費用を節約する方法をご紹介していきます。

新築カーテン見積もりをハウスメーカーや工務店で打ち合わせをする
打ち合わせ中に各窓のサイズを明確にしてもらう
外部会社にサイズを再度計測依頼する
カーテン本体のみをカーテン業者やネットで購入
カーテンレールのみを再度ハウスメーカーや工務店に見積依頼する
この内容でも高ければ、カーテン専門店にカーテンレール購入と取付も依頼する

この流れのポイントをまとめておきましょう。

  • カーテン本体は、ハウスメーカーや工務店の保証を外しても問題ない「家計で選べるランク」で選択する
  • カーテンレールは、必ず購入先と取付け工事依頼先を1つのセットして考える
  • カーテンレール購入先は、トータルで安い方で購入とともに依頼する
  • カーテンのサイズは、見方、考え方も違う事がありますので、必ず2社以上(打合せ+外部)で確認する

私達は、唯一このハウスメーカーでカーテンレールと取付のみで、見積もりを取るという行動を逃しました。

結果、ちょっと安く出来たことを後に知りました。

「カーテン代も高い、カーテンレール取り付け代もきっと高い」

こんな間違った先入観と時間節約で間違った方向に向かったと今は反省しています。

節約すべき場所を賢く見極める

というのが、新築カーテン費用を相場に左右されないコツ。

ぜひ、参考にしてください。

この記事でお伝えしたい内容は、以上です。

私が満足した方法は、↓のページをチェックしてみてください。

新築 一戸建てカーテン費用相場

新築カーテン費用コスト削減と交渉方法一戸建て体験記

2020年カーテン見積り体験記

住んでから5年が経過してようやく少し空間のイメージを変えることを検討しました。

空間のイメージは、将来の子供部屋。

そこでデザイン等は子どもたちに選ばせました。

その結果、3ヶ所の工事を依頼したところ、以下の見積りが出ました。

合計で11万5347円。

この内訳については別の記事でご案内していきます。

あなたの新築カーテン見積もりの驚きから、現実感が見えてくれば幸いです。

ぜひ、満足できる支払いとカーテン選びを達成してください。

火災保険も新築一戸建てのカーテンだけではなく、入居前に選ぶ大切なポイントがあります。

カーテンや照明など自分たちで購入して依頼するという方法はトラブルなどの備えも必要です。

新築照明施主支給

新築照明施主支給のリスクや注意点、金額交渉のポイント

火災保険の相場はいくら?という視点について値上げ後の注意点もご紹介しています。

新築火災保険はいくらの保険料相場体験談2015

火災保険はいくら?選び方と相場新築一戸建て元保険営業の妻が懸念した注意点

新築火災保険相場と選び方

火災保険新築一戸建て失敗後悔しない選び方|元保険営業の妻が納得した会社

実際に、妻はかなり色々な会社の見積もり書を片手に悩んでいました。

新築外構見積もりのコツや値引き交渉術をご紹介しています。

新築一戸建て外構見積もり成功失敗後悔

新築外構費用見積もり方法を業界経験者が値引き交渉術と合わせて伝授

私はこの見積もり方法で打ち合わせの初期の費用の1/3のコストで満足ができました。

こちらの方法で実際に私は、30万円という値引きに成功しました。

この記事を最後までお読みいただきまして有難うございました。

 

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

記事一覧

このページの先頭へ