スポンサーリンク
戸建て小窓のカーテンについて、この記事をご覧いただきありがとうございます。 新築窓の中でも、小窓という選択肢は、外観の見た目や狭い空間での日差しを取り入れるための工夫として採用されるケースも増えてきました。 しかし、小窓だからこそ、カーテンを選ぶというのも悩みの種になることも多いのです。 なぜ戸建て小窓カーテンに悩む方が多いかというと、以下のような悩みが想定されているのです。
  • 小窓は階段やトイレという場所に使ってるからこそカーテンはどうする?
  • 小窓は子供部屋の採光用だからこそ、形からカーテン選びが難しい。
  • 小窓用カーテンはカーテンレールの取り付けに困ってる。
このように、設備として取り付けた配置の都合や使わない時の寒さ対策などを含めてカーテン選びが悩みとなっていることも多いのです。 この他にも、新築カーテンについては、以下のようなコンテンツを用意しています。 新築 一戸建てカーテン費用相場 新築カーテン費用コスト削減と交渉方法一戸建て体験記
スポンサーリンク

新築カーテンどこで買う?体験記

新築カーテンどこで買う?通販は使わず最安値体験記

新築カーテン種類選び優先順位

新築カーテン種類の選び方で重要な3つの失敗後悔注意点

新築カーテンレールおすすめの選び方

新築カーテンレールおすすめは?リビング画像付体験記

新築カーテン購入時期と採寸

新築カーテンの購入時期や採寸はいつ?体験記

新築カーテン選び方節約成功体験記

新築カーテン選び方で失敗後悔が多い原因|体験記

新築カーテン色の選び方

新築カーテン色の選び方|インテリアコーディネートの考え方体験記

新築カーテン予算

新築カーテン予算優先順位や選び方失敗後悔対策

新築カーテン費用相場を知った上での賢い選び方

新築カーテン費用相場は?賢い節約術と購入術体験記

新築カーテンレール失敗対策選び方

新築カーテンレール失敗する選び方の原因や注意点

新築カーテンレールニトリの対抗店舗体験談

新築カーテンレールニトリ相談体験記

新築一戸建て購入注意点カーテンレール取付おすすめ店舗体験談

新築カーテンレール取り付け工事費用節約注意点体験記  

新築カーテンとロールスクリーン

新築カーテンロールスクリーン選び方画像付|縦長窓編成功法

新築リビングカーテンレースのみ

新築カーテン選び方リビングレイアウト実例画像付WEB内覧会

新築カーテン,レール失敗後悔注意点まとめ

新築カーテン,カーテンレール購入法や時期失敗後悔対策まとめ 新築窓の数についてもご紹介しています。

新築窓が少ない失敗後悔と現場事情

新築の窓が少ない失敗後悔注意点チェックリスト リビングの窓の配置についてもご紹介しています。 新築リビング窓サイズや大きさ 新築リビング窓配置やテレビ上サイズ等選び方成功のコツと注意点 私のサイトは、新築一戸建て購入後の失敗後悔をしてほしくないという思いから、自分の以下の経験を活かし、運営しています。 私の体験は、以下のようなものがあります。 元住宅関連企業勤務経験者。 一級建築士,内装業などの身内に囲まれた環境。 そして、以下のような経験をしてきました。 新築マンション、一戸建て両方の購入経験を持つ。 一度注文住宅のハウスメーカーを解約するほどの悲惨な打ち合わせの経験をする。 住宅ローン審査にメガバンク、第三地銀等3回落ちた経験を持つ。 住宅ローン審査を銀行相談を一切せずに通過させた体験者。 2017年に審査通過から2年目で住宅ローン借り換えに成功。 火災保険は元保険営業の妻に助けられ節約に成功。 新築祝いのお返しを専門サービスを使って満足ができた経験。 引っ越し見積もりも時期や会社との交渉スキルを学ぶ事で安くした経験。 新築インターネット回線もスマホ回線等の活用を含めてプロバイダ契約を含めてかなりの節約に成功。 新築購入後の固定資産税納税等の変化を見てきた体験。 カーテンや外構工事などは全て打合せで決めず、自分たちで独自に発注して節約に成功。 このように、住宅業界の中からも購入する側としても体験をしてきました。 そして、現場の知識を使った意識と新築間取りを自分たちも経験したからこそ伝えたい住宅購入における問題を抱えた時の解消法をご紹介しています。 サイト管理人2児パパニッキーと申します。 戸建て小窓カーテンについては、以下のような内容をご紹介していきます。 戸建て小窓にカーテンで失敗後悔する原因とは? 戸建て小窓にカーテンは必要か? 戸建て小窓カーテンの失敗しないおすすめの選び方 少しでも小窓のカーテンを購入後に失敗後悔させないために、注意してほしい視点を含めて参考にしてください。
スポンサーリンク

戸建て小窓カーテン失敗後悔原因

戸建て小窓カーテン失敗原因 「戸建ての小窓にカーテンを付けたのに、失敗だった!」 こんな声を将来自分で口にしている方の選び方は何が間違えていたのか? まずは、失敗後悔をしてる方の小窓のカーテン選びをご紹介していきます。

見た目

見た目 戸建ての小窓というのは、そもそもどんな物? この視点を見ていくと、当然見た目の失敗後悔も原因があります。 そもそも戸建てにおける小窓とは、幅50cm程度の飾り窓を指しているケースが多いです。 小窓という言葉を使うからこそ、床に面してる事は少ないです。 こうした窓のカーテンを見た目で失敗する要因は、以下のような項目。
  • インテリアとの色で、カーテンが強調されすぎる。
  • 小窓のカーテンだと思ったのに、外から見ると外壁と色が合っていない。
  • 小窓のカーテン本体だけでなく、カーテンレールと家の中での窓枠が色が合わない。
このようなインテリアというパーツ的要素を外観や他のインテリアとのバランスを軽視した事により失敗後悔しているケースも多いんです。 壁紙、窓枠、カーテン、カーテンレール、外壁全てが小窓のカーテンには見た目のバランスに必要な視点。 この意識をまずは大切にしてあげて下さい。

変更

変更 戸建ての小窓カーテンを選ぶ。 この行動を実際に将来後悔につなげるのは、カーテンそのものを否定する考え方が生まれる事も原因。
  • ブラインド
  • つっぱりによるカフェカーテン
  • カーテンレール種類変更
このように、カーテンにおける変更点というのはいくつもあります。 ですから、変更を意識しない完成度ばかりを追い求めて、結果的に家具や家電が変わった時、どうすることも出来ないようなカーテン選び。 これが、2つ目の失敗後悔原因として注意して頂きたい視点となります。

生活面

生活面 カーテンを選ぶ。 この目的には、以下のような内容が生活におけるポイント。
  • 日差しを遮る度合いは?
  • 開閉する事をどの程度意識した窓?
  • 風の通り道になると仮説がない窓。
こうした生活に密着した視点から、カーテンを選んでいないと失敗後悔に繋がります。 戸建てに済み、小窓にカーテンを付けたなんて贅沢に感じたはずが、使いにくい窓にしてしまった。 このように生活を意識しないデザインや見た目重視の選び方も失敗後悔の原因となります。 せめて今回の3つは意識しておくことを強くおすすめします。 では続いて、最後の生活を意識した上で、カーテンの必要性の有無について、ご紹介していきます。  

戸建て小窓にカーテンは必要か?

戸建て小窓カーテンの必要性 戸建て小窓のカーテンは必要なのか? この疑問を持つ夫婦の会話をしてる家庭も多いです。 節約とは何か? 考え方で失敗後悔しないための視点をご紹介していきます。

戸建て小窓のカーテンは購入タイミングが重要!

戸建て小窓のカーテンは購入タイミングが重要! そもそも必要はなかったのかもしれない。 このような失敗後悔にならないためにも、ぜひ小窓のカーテンは以下のようにタイミングを間違えないでほしいのです。
  • 実際に生活をしていて、感じる日差しの度合いは?
  • 実際の生活で小窓から感じる視線回避の必要性は?
  • 実際の生活で小窓にカーテンを付けると存在感が強くならないか?(インテリア的要素)
以上のような生活や見た目、セキュリティ、日差しという様々な小窓の役目や使いやすさ、生活し安さを想定しなければいけないのです。 ですから、慌てて、購入を引越し前に決める必要はないのが、戸建て小窓のカーテン。 この意識をまずは大切にしていただきたいのです。

戸建て小窓のカーテンはDIYはだめ!

戸建て小窓のカーテンはDIYはだめ! 戸建て小窓のカーテンという考え方に至るなら、絶対に避けなければいけない考え方として、DIYは辞めて下さい。 何故か? この考え方は、以下のようなデメリットやリスク回避を含めます。
  • 壁紙クロスの破損の補償は?
  • 中の素材構造等から、ビスを打って問題ないかの曖昧さ。
  • カーテンの重さを曖昧にしたレール選びのリスク。
必要性を疑問視してるからこそ、「とりあえず」の考え方は、戸建て小窓には非常に注意をして頂きたい。 小窓のある場所は、カビや害虫の家の侵入経路にもなり得る。 この考え方から、カーテンレールを付けるということのリスクを考える事も重要なのです。 では最後に、戸建て小窓のカーテンを正しく選ぶためのコツをご紹介していきます。  

戸建て小窓カーテン失敗しないおすすめの選び方

戸建て小窓カーテンおすすめ 戸建てカーテンを小窓に設置したい。 この気持ちを生活していて、気付いた方におすすめしたい選び方のコツをご紹介していきます。

最も重要なことは?

最も重要なことは? カーテンを付けたい。 この考え方をお持ちの方にまず最優先で考えていただきたいのが、以下の内容。
  • 手入れは大変?
  • 小窓の開閉等の手間はどうなのか?
  • 実際に何を期待したい?
この3つを最低限で最優先で決めていただきたいんです。 この考え方をすると何が見えてくるのか? 戸建て小窓のカーテンとして考えるだけでなく、ブラインド、シェード、遮光性能等のほしい選定基準が明確化します。 ですから、まずは、種類を選ぶ基準を明確化する事が最も重要なのです。

管理のポイント

管理のポイント カーテンは付けたらつけっぱなしという訳にはいきませんよね? 取り外しをして、洗濯をしたほうがいいケースも当然日常のホコリなどからあり得ます。 ですから、小窓というパーツへのカーテンを選び方で考えるおすすめとして、以下のポイントも必要です。
  • カビないか?
  • 汚れが目立たないか?
⇛カーテンの掃除は大変でないか?
この視点が、取り付けだけの満足ではなく、使いやすい満足の要素に繋がります。 ぜひ意識して選択した物の絞込要素として活用して下さい。

どこで買う?

どこで買う? 私がカーテンを購入する時は、まず通販は使いません。 何故か?
  • 手触りに置ける質感で手荒れをし易い相性が当然有ります。
  • ネットで見る画像的色と生活で見る色は全く違う可能性が高いです。
  • ネットの補償は、あくまでも来てもらえる保守はほぼありません。
このような特徴から、商品さえ届けばいいと言う感覚を家であるからこそ、考えていないのです。 しかし、節約もしたいです。 だからこそ、私は、新築カーテン節約のおすすめ店舗でご紹介している店舗を使い、実際にプロに提案してもらうという方法を強くおすすめしています。 無料で見積もりも出してくれるし、実際の家を見てくれるからこそ、正しい提案を聞ける。 これが、小窓という生活に密着していながら、節約を考えたい窓だからこそ、感じてほしいポイント。 ぜひ貴方の生活をより快適にしてくれる小窓カーテンをよりしっかりした提案力のある人に確認してみて下さい。 この記事でお伝えしたかった内容は以上となります。 カーテンを考えるべきか悩む新築間取りのスペースには、階段という悩みもあるのでは? そんな方のために、以下のようなコンテンツもご用意しております。 新築階段の位置 新築階段のオシャレ【手摺,窓,種類】 螺旋階段のメリット,デメリット 階段下収納アイデア いろいろな事ができるのが、新築一戸建ての中でも注文住宅の魅力。 しかし、想定外を増やすと、購入後の失敗後悔原因も増えます。 見落としや想定外がないかを含めてお役立て下さい。 最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。
スポンサーリンク