新築廊下照明スイッチ配置のコツ実例画像付で解説

スポンサーリンク

新築廊下照明スイッチ配置の失敗後悔原因や成功法のコツを画像付で解説しています。

このページをご覧頂きありがとう御座います。

新築廊下照明スイッチについては以下のような悩みも多い。

廊下照明スイッチは上下階にあるべき?

廊下照明スイッチと階段はセットにしておくべき?

廊下照明スイッチを使わない人感センサーでなら?

実際に人感センサーにしてしまうと夜間のトイレに起きた時明るい廊下を歩くことになり目が冴えるリスクがあるのでお勧めしません。

新築照明については、室内仕様に共通するダウンライトについてもご紹介しています。

ダウンライトとは新築照明

ダウンライトとは?新築照明デメリットやリスク,注意点実例画像付

スポンサーリンク

2階廊下の照明スイッチについてもご紹介しています。

新築2階廊下照明スイッチ配置注意点

新築照明スイッチ2階廊下配置位置のコツや注意点

トイレの照明スイッチについてもご紹介しています。

新築トイレ照明スイッチ配置のコツや注意点

新築トイレ照明スイッチ配置のコツや注意点画像付

キッチン照明スイッチについてもご紹介しています。

新築キッチン照明スイッチ注意点やコツ

新築キッチン照明スイッチ配置のコツ注意点を実例内覧会画像付解説

リビング照明スイッチについてもご紹介しています。

新築一戸建て注文住宅配線計画リビング照明スイッチ

新築リビング照明スイッチ配置のコツを内覧会実例画像付で解説

この他の居室における照明スイッチやコンセントなどの配線計画については、

新築一戸建て注文住宅配線計画まとめページ

にて解説していますのであなたの気になる居室の照明スイッチ配置を確認してみてください。

でも、2階とかになると、階段の電気の消し忘れや廊下の電気のつけっぱなしに気付き、起き上がって消しに行くと、寒いと感じる事も多い。

こうした時の寒さ対策には、床暖房を検討することをお勧めします。

一条工務店床暖房デメリット?設定画像付

家の中にコンセントは各部屋にいくつ必要?という考え方も大切。

新築コンセント

新築コンセントや照明スイッチ位置や数の見落とし注意点配線計画まとめ 

新築トイレの数と廊下の照明も重要な関係がありますよね?

新築間取りトイレの数アドバイス

新築トイレの数は2個以上?間取り配置も画像付で解説

私のサイトは、新築一戸建て購入後の失敗後悔をしてほしくないという思いから、自分の以下の経験を活かし、運営しています。

私の体験は、以下のようなものがあります。

元住宅関連企業勤務経験者。

一級建築士,内装業などの身内に囲まれた環境。

そして、以下のような経験をしてきました。

新築マンション、一戸建て両方の購入経験を持つ。

一度注文住宅のハウスメーカーを解約するほどの悲惨な打ち合わせの経験をする。

住宅ローン審査にメガバンク、第三地銀等3回落ちた経験を持つ。

住宅ローン審査を銀行相談を一切せずに通過させた体験者。

2017年に審査通過から2年目で住宅ローン借り換えに成功。

火災保険は元保険営業の妻に助けられ節約に成功。

新築祝いのお返しを専門サービスを使って満足ができた経験。

引っ越し見積もりも時期や会社との交渉スキルを学ぶ事で安くした経験。

新築インターネット回線もスマホ回線等の活用を含めてプロバイダ契約を含めてかなりの節約に成功。

新築購入後の固定資産税納税等の変化を見てきた体験。

カーテンや外構工事などは全て打合せで決めず、自分たちで独自に発注して節約に成功。

このように、住宅業界の中からも購入する側としても体験をしてきました。

そして、現場の知識を使った意識と新築間取りを自分たちも経験したからこそ伝えたい住宅購入における問題を抱えた時の解消法をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

このページでは、新築配線計画の1つである廊下照明スイッチの配置について、

新築一戸建て注文住宅廊下照明スイッチ配置の失敗後悔の原因とは?

新築一戸建て注文住宅廊下照明スイッチ配置のコツ

新築一戸建て注文住宅廊下照明スイッチ実例画像付WEB内覧会

以上の内容を解説していこうと思います。

この記事にてご紹介している内容は、

私が仕事で現場経験をした上で体感した経験。

私が新築マンション、新築一戸建て住宅購入両方をして培った体験記。

この2つをもとにあなたに暮らしやすい新築一戸建てを完成させて欲しいための情報を配信しています。

あなたの情報収集の1つとして活用してみてください。

スポンサーリンク

新築廊下照明スイッチ配置失敗後悔原因

新築一戸建て失敗後悔注意点

まずは、新築廊下照明スイッチの失敗後悔が多い内容について解説していきます。

新築廊下照明スイッチ配置の失敗後悔1 照明スイッチの不足

新築廊下の照明スイッチは、なかなか使うことに慣れない方が、今住んでいる家より大きな家を購入した際よくある失敗後悔。

例えば、

リビングを出て、廊下の始まりには照明スイッチを配置した。

しかし、

階段にたどり着いた時、消すための照明スイッチを忘れていたため、機能しなかった。

そんなことあるの?

と思う方もいると思いますが、実際事実です。

設計の方も節約という言葉で、配線計画を削ろうとする方に、「最低限」をどこまで説明するかは会社により異なります。

ですから、

自分たちで、計画により注意が必要なのが配線計画。

この点の意識が非常に重要になります。

新築廊下照明スイッチ配置の失敗後悔2 各部屋の出口に配置していない

数の不足該当になる内容ですが、あえて居室に関わる為に別の項目にしてご案内しています。

廊下という場所を使うスペースには、以下の内容が該当します。

・玄関

・トイレ

・洗面所、脱衣所

・リビング

・ガレージ

・階段

全て2階以上の新築一戸建て住宅には必要になる廊下の入口。

しかし、

配置をした場所の数は、その数より圧倒的に少ない

さらに、

日の入り方が不明な場合は、

・照明がほしいスポット

・照明がいらないスポット

この配置が解らず、つけなくてもいい位置につけてしまったというのも失敗後悔が多いのです。

ではこうした失敗後悔にならないための廊下照明スイッチ配置のコツについて解説していきます。

 

新築廊下照明スイッチ配置のコツ

新築一戸建て注文住宅廊下照明スイッチ配置のコツ

では、新築一戸建て注文住宅における照明スイッチ配置のコツを解説していきます。

新築廊下照明スイッチ配置のコツ1 廊下の長さ

新築一戸建て注文住宅には、徐々に廊下という概念を減らす動きが出ています。

居室の空間を広げ、よりボックス上に仕上げていく間取り構成の増加。

この点から、

長くなりやすい廊下は、ブロックを組みにくいL字が増えているのです。

そこで、照明スイッチ配置のコツは、

廊下の中間地点への配置も検討する。

この天の根拠は、先ほどの採光についてのバランスを配慮しています。

実際、廊下はある。

しかし、採光用窓も用意した

この場合、実質的に廊下の照明を必要とする時間はかなり限定的なケースもあります。

ですから、

無駄にコストを増加させず、採光窓で補いにくいスペースに照明スイッチを配置して、照明を使う。

このような配慮も使いやすい家づくりには大切だと思います。

もちろん、

終わりとなる各居室入口へも照明スイッチ配置は忘れないようにしてください。

新築廊下照明スイッチ配置のコツ2 各居室への配置

新築廊下照明スイッチ配置のコツ

実際の間取り画像を使いながら解説していこうと思います。

居室から廊下を使って玄関や廊下、階段へ向かう際の照明スイッチ配置のコツとしてご覧ください。

各居室への廊下スイッチ配置は、必ず部屋の中に配置します。

その根拠は?

部屋から出るときに使いたい

部屋に入ってから消す

消し忘れの習慣をつけるには、廊下に照明スイッチを配置する方が、リスクが高いのです。

各居室内に照明スイッチがあれば、廊下を見て、電気がついている事を見たら、すぐに消しに行く事も苦労がありません。

よって、

各居室の入口付近に廊下照明スイッチを配置することを強くオススメします。

以上が、新築一戸建て廊下照明スイッチ配置のコツになります。

では最後に、私たちの1階スペースで廊下と呼ぶにはあまりにしょぼいスペースですが、実例画像をつけて解説していこうと思います。

 

新築廊下照明スイッチ実例画像付

新築一戸建て我が家の実例画像紹介

私たちの家は、総坪数34坪という標準的な家のサイズ。

よって、

一階部分の廊下と呼べるスペースは、1800mm×1800mm程度のスペースとなります。

しかし、照明も照明スイッチもつけて正解だったと思いました。

実際の廊下画像に合わせて照明スイッチ配置の実例画像を紹介していこうと思います。

我が家の新築廊下照明スイッチ配置実例画像

新築廊下照明スイッチ配置実例画像WEB内覧会

我が家の新築廊下照明スイッチ配置こだわりのポイント

我が家の新築廊下照明は、実は、

・床暖房管理の機器が配備されている位置だったために必要としました。

その他、

・子供が脱衣所からトイレに向かう際、寝ぼけてぶつからないように配慮しました。

この2つを考えた際、

キッチンと脱衣所の間にあることが一番生活に最適な照明スイッチスポットだと考えたのです。

しかし、照明スイッチの単独では見た目が悪いと思い、

照明スイッチをリビング、ダイニングとまとめ上げることでスッキリさせた

ここがこだわりポイント。

・全体の照明スイッチ配置もまとまったので、外見的も見た目がすっきり見せることができています。

・家事動線上、移動動線上ですので、すぐに付ける消すがしやすい配置。

これらのポイントを含めて照明スイッチ配置を決めました。

本日の記事は以上となります。

あなたの新築一戸建て計画がより快適で使いやすい配置になることを心から願っています。

この記事を最後までお読み頂きありがとうございました。

 

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



このページの先頭へ