スポンサーリンク
新築間取りで「良かった」を専業主婦の妻から聞けた体験をご紹介しています。 このページをご覧頂きましてありがとうございます。 新築間取りの成功や失敗後悔を心配してる方も増えてきている時代。 そんな中で、実際に専業主婦目線の「良かった」と思う新築間取りは何か? この答えを我が家の妻を例にご紹介していきたいと思います。 家族4人という想定に対して、間取りに多い失敗後悔原因もご紹介しています。 家族4人一戸建て間取り後悔失敗対処や成功法 子育て(育児)と家事動線でママの理想の間取り図とは何を考えるべきか? 新築一戸建て間取り図子育ての理想 新築ママの理想の間取り図家事動線|4人家族4LDK画像付
スポンサーリンク
坪数による悩みについても記事をご紹介しています。 新築30坪間取り総二階家事動線成功と失敗例に多い誤解や注意点 新築32坪間取り南玄関比較時失敗後悔注意点 新築成功35坪間取り一条工務店i-smart実例画像付で注意点を解説 新築間取り40坪で家事動線や騒音防止失敗後悔注意点実例画像付 新築後悔間取りランキングベスト10もご紹介しています。 新築後悔間取り一戸建て 新築一戸建て後悔間取りランキングベスト10と対策 私のサイトは、新築購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下の経験を活かして運営しています。 新築一戸建て関連企業に勤め、内情を学び、大工さんと話を出来た経験。 新築マンション、一戸建ての購入経験。 新築注文住宅をハウスメーカーを1社解約してまで今の住宅を手に入れた経験。 新築一戸建てで太陽光発電を採用して、メリットを感じられた体験。 新築住宅ローン審査で、事前審査、本審査に落ちた後に通ったを体験した経験。 新築購入後に、定期点検時、修繕や追加工事を依頼した経験。 このような内容だけでなく、火災保険、カーテン、外構等実にさまざまな新築一戸建て購入時に当たり前に経験する内容も各記事をご紹介しています。 しかし、全ての記事が、新築購入ブログとしてだけでなく、現場の知識、マンション比較等を含めて注意点としても記載しています。 サイト管理人2児パパニッキーと申します。 この記事では、新築間取りで良かったを専業主婦の妻から聞けた内容を以下の項目でご紹介しています。 新築間取りで良かったを専業主婦の妻から聞けた我が家の家族構成 新築間取りで良かったを専業主婦の妻から聞けた具体的な内容 新築間取りで良かったを専業主婦の妻が伝えた中で妻で決めた要素 奥さんの意見をどう活かせば良いのか?専業主婦の奥さんは一体何に満足してるのか? このような視点を我が家の家族構成を含めて、似ている方は、参考にして下さい。
スポンサーリンク

新築間取りで良かったを聞けた我が家の家族構成

新築間取りの良かった主婦目線 新築間取りの良かったは、1つではない。 そして、この良かったは、家族構成にも大きく影響をします。 そこで、我が家がどんな家族構成の中で、現在の間取りに良かったを実感しているのかをご紹介していきます。

新築間取りで良かったを専業主婦の妻が体験している家族構成

新築間取りで良かったを専業主婦の妻が体験している家族構成 我が家が新築一戸建てに住み始めたのが、妻の第二子出産直後。 引き渡しの2週間前に、妻は第2子を出産しました。 我が子は、姉妹2人と夫婦で過ごしている4人家族。 そして、年の差は、2歳差です。 よって、我が家の間取りは、子育てをこれから体験する妻が見てる新築間取りの良かったとして参考にしていただきたいのです。

新築間取りで良かったを専業主婦の妻が体験している年代

新築間取りで良かったを専業主婦の妻が体験している年代 我が家は、夫婦共に30代の半ばまでの時期に新築一戸建て購入をしました。
  • 子育てをこれから体験する30代夫婦の体力。
  • 30代という働き盛りの世代が感じる新築間取りの家事動線。
  • 30代が将来のことを考えた上で感じる主婦目線の新築間取り。
このような対象を明確にした上で、新築間取りを考えました。
  • 40代で新築間取りを考えた良かった。
  • 50代に新築間取りを経験した良かった。
  • 60代で夫婦ふたりの新築間取りを経験した上での良かった。
  • 60代で二世帯住宅の新築間取りを経験した上での良かった。
すべて新築間取りの良かったになります。 しかし、それぞれの家庭環境や状況も全く違うのです。 ですから、我が家が感じた専業主婦目線は、あくまでも赤ちゃんが居るような子育て世代が感じる新築間取りの良かったとして御覧ください。

新築間取りで良かったを専業主婦の妻が体験している過去の住まい

新築間取りで良かったを専業主婦の妻が体験している過去の住まい 新築間取りの良かったを伝えてる方には、生活環境経験も全く違いますよね? 過去は、以下のような環境の違いがあります。 新築間取りを経験する前には、以下のように条件もバラバラ。
  • 賃貸マンション、アパート暮らしが長い経験者の感じる良かった。
  • 分譲マンションで過ごしてきた新築間取りから感じる一戸建て間取りの良かった。
  • 社宅生活を中心に経験してきた生活の中で感じた新築間取りの良かった。
  • 一戸建て育ちで実家ぐらしを中心に過ごした方の感じる新築間取りの良かった。
全て感覚は全く違いますよね? 我が家の妻は、一戸建てに住んできた経験が長く、過去には社宅住まいを経験していました。 こうした一戸建て住まいを自分の自宅でずっと経験していたからこそ、比較した視点で感じる新築間取りの良かったを感じた主婦目線。 このような感覚でご覧いただけたらと思います。 以上のような視点を中心にして、30代専業主婦の奥さんが何に新築間取りで良かったを感じたのか? この点を具体的にご紹介していきます。  

新築間取りで良かったを専業主婦の妻から聞けた具体的な内容

新築間取り良かった体験専業主婦 新築間取りをもちろん、妻ははじめて経験しています。 子育てという時間を中心に過ごしている専業主婦が何を良かったと言えるかを含めてご覧ください。

家事動線

家事動線 今でこそ、妻は今の間取りに満足をしてくれています。 しかし、最初は、この間取りを正直不満や改善箇所をいろいろ検討していたのです。 でも、坪数、部屋数、家事動線を考えると、この間取りが今出来る最善である。 この言葉を私が最後には言い切る結果になってしまいました。 ですが、結果的には妻は、家事動線に最も満足をしてくれています。 具体的な家事動線は、以下の動線。
  • 新築間取りでキッチンからトイレ、洗濯、お風呂までの最短距離。
  • 新築間取りで2階のバルコニーでの物干しと子供の面倒を見るバランス。
  • 新築間取りでリビングで過ごしたい時の子供の遊ぶスペースと気配りの配慮。
このような小さな子供を中心に過ごす時期だからこそ、家事動線として、感じる「良かった」は非常に多いそうです。 つまりは、新築間取りで主婦が良かったと思うのは、キッチンを中心とした家事動線を中心に考えると成功しやすい。 この考え方が、これからの妊娠出産を控えるご夫婦にはおすすめできるのです。

収納

収納 収納の不足を今となっては、「必要以上に心配しすぎた」と語る妻。 新築間取りの収納で非常に満足したのは、以下の要因があったことでした。
  • 押し入れにも布団がしっかり入る。
  • 1つ1つの居室の収納で奥行きがあるので、配置に困らない。
  • 新築間取りで標準設備の収納だけでもこれだけ違うとは思っていなかった。
我が家は、1社ハウスメーカーを解約をしています。 だからこそ、収納の標準設備の違いをまじまじと感じたらしいです。 そして、新築間取りで収納の1つ1つに奥行きがしっかり確保されてる事と配置で開閉に苦労しない生活に良かったを体験している。 確かに、おむつを出したり、着替えをしまう収納を1階2階にそれぞれ配置したりと言う悩みは、これからの赤ちゃんの子育てには必須の要素。 このような視点だからこそ、我が家の妻は、新築間取りで収納に良かったを感じてもらえたようです。

シンプル

シンプル 新築の間取りにこだわりを持ちたい。 こんな言葉を妻もよく打ち合わせの時に口にしていました。 具体的なオプションでは以下のような声がありました。
  • 玄関にニッチ台が欲しい。
  • リビングにリモコンラックが欲しい。
  • 主寝室には、屋根傍の間接照明用の台が欲しい。
こんなおしゃれを楽しみたい視点もありました。 しかし、私は全て却下してしまいました。 理由はそれぞれに存在します。 でも、結果的には、新築間取りがシンプルに仕上がったのです。 余分なスイッチも紛らわしい収納スポットもない。 だからこそ、モノをしまう際に、自由にレイアウトを変えられる。 子育てをしていると、幼稚園時代の収納スポットも配置も変えたくなります。 まだ3歳未満の子供と幼稚園児が一緒にいると、下の子がいたずらするリスクも高いです。 このような家族構成から、配置がえをしやすい自由度が高いシンプルな間取り。 このような視点に、妻は専業主婦で自宅で子育てに奮闘してるからこそ、良かったを感じてくれているのだと思います。 では最後に、このような新築間取りで良かったを実感した中に、妻が自分で選んだ選択内容はどこにあったか? この点をご紹介していきます。  

新築間取りで良かったを専業主婦の妻が決めた要素

新築間取り良かったへの経緯 新築間取りで妻が良かったと言ってくれた中で、妻が自分で選んで体感した内容をご紹介していきます。

委ねる

委ねる 私が唯一、ほとんど意見を言わなかったスペースが有ります。 それが、新築間取り内のキッチンです。 キッチンは別名では、「女の城」とも言われています。 夫が居ても居なくても、口を出すスペースではない。 こんな感覚で私は考えていました。 ですから、新築間取りでキッチンスペースの収納等を選ぶ時は、ほとんど妻に任せました。 もちろん、質問や決めかねる内容があれば、答えました。 でも、自分で想像するだけでなく、とにかく体感をさせ続けて選ばせた。 この結果、妻の思い描く新築間取りのキッチンでほしいものはほぼ全て入った。 こうして完成した新築間取りは、イメージと一致した。 だからこそ、自分の城として、大切に愛着を持って楽しんで家事をしてくれていると思います。

視点の差

視点の差 新築間取りを決める時、専業主婦になることを前提とする妊婦さん等の方にも良かったを感じてもらうためには、視点の差を意識してあげてほしいのです。
  • 専業主婦の妻が毎日歩き続けるルート確認。
  • 専業主婦だけでなく、妊婦に負担のないトイレやキッチンへの経路。
  • 体調が悪い時でも家族の居場所を把握しやすい新築間取り。
新築間取りを考えるのは、楽しいです。 しかし、楽しい時間を過ごすときほど、辛い時や体調が悪い時のイメージが薄れやすい。 この視点が、実際に生活を開始してから、違和感や使い勝手の悪い失敗後悔の原因にも繋がる。 こんな視点の違いを客観的に見てあげる事が重要なのです。 妻も偏頭痛や腰痛を訴えることが多かったです。 そんな時でも子育てに支障がない新築間取りに仕上げるためには何が必要で何が不要なのか? こんな夫から見る客観的な視点があってこそ、妻の意見だけでなく、生活に密着した新築間取りを完成させる事ができると私は今の生活から確信しています。 新築間取りは、少しでも今の間取りを見るのが、重要です。 過去の間取り図はいくら見ても、今の間取りに沿っているとは限りません。 だからこそ、他社であろうとなんだろうととにかく1社でも多く知って下さい。 そして、自分たちの目指す視点と近い会社と契約する事が最も重要です。 新築間取りを工務店で請求するおすすめの方法 新築間取りをハウスメーカーで請求するおすすめの方法 それぞれの記事で、各会社に問い合わせるより、効率的で正確な比較ができる方法をご紹介しています。 契約中であったとしても、ぜひ今一度本当にこれでいいのか? と感じる方は実戦してみて下さい。 新築間取りを全体から見落としがないかチェックしたい!という方向けにはまとめページを用意しています。 新築購入後失敗後悔ランキングと各居室注意点まとめには、200以上の記事がそれぞれの的を絞った内容でご紹介しています。 見落としがないか不安な方は、居室ごとに分かれていますので、チェックしてみて下さい。 このページを最後までご覧頂きましてありがとうございました。
スポンサーリンク