スポンサーリンク
新築カーテンのweb内覧会閲覧時の注意点をご紹介しています。 我が家は、新築リビングのカーテンをレースのみにした事で1万円程度で済ませる事ができました。 新築カーテンをウェブでの画像閲覧などを参考にしている方も非常に多いです。 中には、こんな探し方から成功のコツを探そうとする方も多いです。
  • 同じ会社の新築カーテンをウェブ内覧会で見ればいいのではないか?
  • 同じような新築LDKの広さをもとにカーテンをウェブ内覧会で見れば成功するはず。
自分たちと類似する事例集を探すような感覚で探している方も多いのです。 しかし、この探し方や考え方には、重大な欠点があることを購入してから気付く方も決して少なくないのです。 この他にも、新築カーテンについては、以下のようなコンテンツを用意しています。 新築 一戸建てカーテン費用相場 新築カーテン費用コスト削減と交渉方法一戸建て体験記
スポンサーリンク

新築カーテンどこで買う?体験記

新築カーテンどこで買う?通販は使わず最安値体験記

新築カーテン種類選び優先順位

新築カーテン種類の選び方で重要な3つの失敗後悔注意点

新築カーテンレールおすすめの選び方

新築カーテンレールおすすめは?リビング画像付体験記

新築カーテン購入時期と採寸

新築カーテンの購入時期や採寸はいつ?体験記

新築カーテン選び方節約成功体験記

新築カーテン選び方で失敗後悔が多い原因|体験記 新築カーテン色の選び方 新築カーテン色の選び方|インテリアコーディネートの考え方体験記 新築カーテン予算優先順位 新築カーテン予算優先順位や選び方失敗後悔対策

新築カーテン費用相場を知った上での賢い選び方

新築カーテン費用相場は?賢い節約術と購入術体験記

新築カーテンレール失敗対策選び方

新築カーテンレール失敗する選び方の原因や注意点

新築カーテンレールニトリの対抗店舗体験談

新築カーテンレールニトリ相談体験記

新築一戸建て購入注意点カーテンレール取付おすすめ店舗体験談

新築カーテンレール取り付け工事費用節約注意点体験記  

新築カーテンとロールスクリーン

新築カーテンロールスクリーン選び方画像付|縦長窓編成功法

新築リビングカーテンレースのみ

新築カーテン選び方リビングレイアウト実例画像付WEB内覧会

新築カーテン,レール失敗後悔注意点まとめ

新築カーテン,カーテンレール購入法や時期失敗後悔対策まとめ 私のサイトは、新築購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下の経験、体験を活かして運営しております。 新築マンション、一戸建て購入体験。 新築住宅ローン審査で事前審査、本審査に落ちたのち通った体験。 新築一戸建て住宅関連企業に勤め、新築建売、リフォーム相談担当として仕事をした経験。 新築注文住宅でハウスメーカーを一度解約してまで手に入れた今の住宅。 新築カーテン、外構を打ち合わせで選ばず、節約と成功を体感。 新築火災保険、地震保険を元保険営業の妻の知恵をかりて、節約と成功を体験。 新築購入時に、引っ越し、インターネット接続、無線LUN設定等で節約を実感。 新築購入後挨拶まわり、新築祝いのお返し等を体験。 新築購入後の固定資産税納税。 新築購入後の定期点検、修繕、追加工事などを依頼した経験。 住宅ローン借り換えを2017年2月に成功。 このように、新築購入ブログと違い、現場の知識、新築マンションととの比較を交えながら、各記事で注意点を含めてご紹介しています。 サイト管理人2児パパニッキーと申します。 今回の記事では、新築カーテンのウェブ内覧会における注意点を以下の内容でご紹介していきます。 カーテン新築Web内覧会注意点 カーテン新築Web内覧会後悔理由 カーテン新築Web内覧会注目箇所 少しでも、自分のカーテン選びに参考にしておくべきこととしない方がいいことを知るためにご覧ください。
スポンサーリンク

カーテン新築Web内覧会注意点

新築カーテンウェブ内覧会の落とし穴

新築カーテンのウェブ内覧会という言葉は正直あまりあてにしてはいけない事が多いです。 実際に、何を勘違いしてはいけないのか? どんなことに注意してみていくべきなのか? この中でも、最も失敗後悔の原因につながりやすい要因をご紹介していきます。

色 まず最初に、チェックしてはいけないのは、色です。 カーテンの色を見ている方の中には、以下のような失敗も多いです。
  • ウェブ内覧会で気に入ったのに、実際に使ったら想像と違った。
  • 気になる型番の実例を見たかったけど通販サイトと違いすぎてわからなくなった。
この2つは特に典型的な色を調べる注意点。 当然ですが、ネット上のウェブ内覧会には以下のような限界があります。
  • 撮影した端末の色彩処理能力。
  • 実際に、パソコンやスマホで見た際の色彩変換能力
このギャップは古いPCで見てる人は、さらにギャップを持ちやすい環境となります。 ですから、新築のカーテンの色を見るという中でも、型番などの確認などは絶対にしない方がいいのです。

先入観

先入観 新築カーテンをウェブ内覧会で見せている方の多くは、部屋全体を見せていませんか? 当然通販などのサイトでも、以下のような工夫を見せたいのがネットの画像。
  • インテリアコーディネートイメージを伝えたい。
  • 素材感などを見せられてもあまり伝わらないとユーザーもわかっている。
このような傾向から、当然全体像の方がイメージしやすいと思って用意する人も見るユーザーも多いんです。 ですが、この考え方も勘違いが多い注意点。 根拠は? 新築のカーテンをウェブ内覧会で見せるうえで重要なのは、以下のようなポイント。
  • どの部屋に使ったのか?
  • どのような窓のサイズに使ったのか?
  • どのようなカーテンレールに合わせたカーテンを選んだのか?
  • どの方位とどんな日当たり、どんな照明の下でどんな端末で撮影したのか?
この4つの方がカーテン本体を見極める上で大切なのです。 ですから、新築のカーテンをウェブ内覧会で見る時はあまり全体像で先入観を抱きすぎないことも重要なんです。

実用性

実用性 新築カーテンをウェブ内覧会で見ていて、自分たちの気付いていなかった考え方を見つけ出すことも出来るケースがあります。 しかし、こうした時も安易に採用するのは、失敗後悔の原因。 何故か? 当然その家庭には、色やデザインという考え方以外の以下のような内容があってこその選択があったはずだからです。
  • 家族構成の中での小さな子供の数。
  • 家族の中で大人の中でも体型やメンテナンスしやすい観点の違い。
  • あくまでもこだわりから絞込をした上での成功を掲載しているケース。
  • その他の選択肢をなぜ削ったのか?
  • どんな家族が住んでいるのか?
この点を書かれていないままのウェブ内覧会画像は、正直自分たちに当てはまるかが非常に曖昧。 よって、安易に実用性を無視したウェブ内覧会からの新築カーテンの発見や発掘は失敗後悔の原因に結びつくのです。 しかし、私のサイト内にも新築カーテンの画像をがあることは事実。

リビングカーテンはレールかシェードか?

リビングカーテンはレールかシェードか? 新築カーテンでも大きく変わるのがリビング。
  • 掃き出し窓の大きさ。
  • 日照条件。
  • レールを配置しやすい窓まわりの余白
このような条件を比較すると、カーテンそのものを見てるだけでは見えない事が多いです。 なぜシェードを選んだのか? こうした理由には、カーテンレールを付けたい幅が足りなかった!という事情が隠れていることもあるのです。 ですから、内覧会では、どういう人がどういう状況や事情を抱えて選んだのか? このような補足の感想やコメントの内容が失敗後悔対策には重要になるのです。 では何を目的に私は、自分の家のカーテンを公開してるのか? 意図をご紹介していきます。  

カーテン新築Web内覧会公開理由

新築カーテンweb内覧会の価値

私自身がサイト内にて掲載しているのも新築カーテンのウェブ内覧会。 なぜこのように失敗後悔の原因が含まれてるという視点も知りながら、公開してるのか? 私のサイトで目指す工夫をご紹介していきます。

低予算でも十分満足は出来る

低予算でも十分満足は出来る 新築カーテンという存在を打ち合わせで選ぶ事そのものを知らなかったという方も多いです。 言われてみれば、最初に決めないと引っ越してからブランクがあるんだ! こんな言葉を連想して多くの方が慌てて打ち合わせでカーテンを選ぼうとしてることも多いです。 しかし、この行動では多くが、あまり良くわからないままデザインで購入するより少し安くなる可能性なんて言葉に踊らされてるケースがほとんど。 まずは、この視点を回避していただきたいのです。 この結末で辿った先が我が家の新築カーテン。 さらに、外部の会社で頼んでも新築カーテンに満足の答えはある。 この考え方を明確に伝えたいのが最初の目的になります。

シンプルで生活に密着する

シンプルで生活に密着する 生活しやすい新築の家つくり。 これが私のこのサイト内における最大のコンセプト。 我が家が結果的に手に入れた新築カーテンは、たった2枚のみ。 でも、シンプルな生活に密着した生活しやすい新築カーテンが完成しました。 何が無駄なのか? そして、何を生活の中では必要とするのか? この2つを実例画像があるからこそ、説得力があると私は確信しています。 ですから、費用が高いからいい家ではなく、生活しやすいシンプルな家つくりを目指す新築カーテン選び。 この視点を伝えたい事も1つの主旨になります。

子育て世代へ

子育て世代へ 私のサイトを見ていただいている方の大半が、20代から30代の男性。 同じ世代で、同じような年収でどんな家を買ったのか? 子育て世代は新築カーテンに何を選ぶべきか? このような答えを探している方も多いです。 ですから、居室ごとに考え方を伝える中で、新生児などこれからの子育ての方の為に、新築カーテンの実例でリビングと主寝室のみにカーテンを絞った我が家の体験を伝えたい。 この趣旨を基に実例画像を公開しています。 子供部屋の将来。 リビングで子供がいたずらしないために。 主寝室のおしゃれとは? 子育てにおわれる中で、少しでも自分たちらしさと将来に困らない購入法。 こんな考え方の中で少しでも節約出来る形をご紹介していくことを目指して紹介してます。 しかし、私達も実際にウェブ内覧会を全く探していなかったわけではありません。 でも、何を見ていたのか?というのは、探し方がちょっと違いました。 この視点を最後にご紹介していきます。  

カーテン新築Web内覧会注目箇所

新築カーテンweb内覧会のポイント

私達が新築カーテンのウェブ内覧会にて調べた時の内容をご紹介していきます。

破損原因

破損原因 どんな商品にも壊れるリスクはあります。 新築カーテンでも同じこと。 おしゃれを追求したカーテンレール。 ブラインドというおしゃれを体感したい。 このような意識が出た時、我が家はこんな探し方をしました。 「型番の破損や故障、交換費用を調べた」 こうした調べ方をしました。
  • どんな壊れ方をしているのか?
  • 修理代や代替品の取替は?
  • 破損させた人は子供?大人?荷物?
  • 破損した年数は?
このような細かな生活に密着した破損のリスクをウェブ内覧会で調べたのです。 もちろん、全てが出てくることはありません。 しかし、ブラインドやシェードなどの商品を新築カーテンに選ぶ際のリスクが見えてくる。 こうした視点からまずはカーテンのウェブ内覧会を調べてみました。

誰が付けた?

誰が付けた? 新築カーテンには、DIYと言う選択肢をしている方もいます。 破損等をしたケースの中にも、自分たちで取り付けして破損したというケースも有ります。 ですから、なぜ壊れたのかを調べながら、誰が取り付けを行ったのかも重要な背景。
  • 工務店やハウスメーカーの外注先が付けたのに壊れた。
  • 通販で買った商品を自分で取り付けて壊れた。
  • 店舗購入にて出張で取り付けを依頼して壊れた。
この3つは、さまざまな背景を疑う視点が異なります。 だからこそ、ただ壊れただけでなく、誰が取り付けた新築カーテンが壊れたのか? この点からも会社の特性から新築カーテンの選び方の難しさを推測することをしていました。

誰目線?

誰目線? 新築カーテンを選ぶ時、家族会議があると思います。 そして、最終決定をしたのが誰の意見かをチェックしました。
  • ママが選んだ?
  • パパが選んだ?
  • 2世帯暮らしで親が選んだ!
このような視点の違いは、目指したい形が全く違いますよね? ですから、同世代の感覚だけでなく、親や違う世代はどんな商品を選ぶ傾向もあるのか? このような来客時の想定を意識した内覧会確認をしていました。 最優先は、自分たちの生活にあったもの。 この先に、余裕がでたら、幅広い来客にも対応しやすい新築カーテンは何か? このように考えるための材料としてウェブ内覧会を利用していたのです。 以上が私達が新築カーテンのウェブ内覧会を見ていたポイントになります。 玄関イメージとどうバランスを合わせるべき? こんな悩みにも同じようにweb内覧会を含めてご紹介しています。 新築玄関失敗後悔原因まとめWEB内覧会画像動画付 最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。
スポンサーリンク