新築キッチンカウンター選び方の2つの違いが生活動線に与える影響|体験記

スポンサーリンク

新築キッチンカウンターの選び方についてご案内をしていきます。

新築キッチンを対面式とする際、リビングやダイニングに対して台が欲しいと考える人は多い。

  • カウンター下収納という考え方。
  • 子供の勉強スペースという考え方。
  • バーチェアを配置した大人のインテリア空間演出。

さまざまな用途としての使い方があるのが、対面式。

当然、古い家のリフォーム案としても多くの人が狭い家の間取りでも何かできることがないかを相談する事例が多い。

実際に、私自身も現場にいた時に、このような内容を相談された事がありました。

その時、対面式キッチンだからこそ、カウンターを選ぶ時には、選択する中にいくつかのポイントがあるという説明をしています。

新築キッチンカウンターについて、このページにご訪問いただきありがとうございます。

これまでにも新築キッチンについては以下のような内容をご紹介してきました。

新築冷蔵庫キッチンの配置

新築冷蔵庫とキッチン生活動線|見落としが多い配置失敗注意

キッチンの収納間取り設計として背面収納を考えた時の注意点を生活動線や掃除等を視点に使いやすいとは何かをご紹介もしています。

キッチン背面収納使いやすい

新築キッチン背面収納実例画像付使いやすい条件

背面ではなく、吊り戸棚という時の選び方に対する注意点もご紹介しています。

キッチン吊り戸棚代替品

新築キッチンに吊り戸棚は使いやすい?狭いスペース収納選び方注意点

キッチン背面収納使いやすい

新築キッチン背面収納他インテリアWeb内覧会|成功する簡単な工夫のコツ

キッチン照明壁面収納LEDダウンライト照明画像

新築キッチン照明ダウンライトとスポットライト比較内覧会画像付

色合わせにおけるママの悩みといえば、キッチン。

新築システムキッチン色選び方

新築システムキッチン色の失敗注意点とおすすめの選び方

アイランド型を採用して使いにくいという後悔した気持ちをもつ人もいるのが現実。

アイランドキッチン

アイランドキッチン後悔|使いにくいデメリット|住宅関連企業引退者が解説

アイランドキッチンメリット

アイランドキッチンメリットデメリット|その他との比較ポイント

アイランドキッチン収納アイデア

アイランドキッチン収納アイデア失敗後悔注意点

アイランドキッチン間取り30坪実例2階建て

アイランドキッチン間取り30坪実例画像付で失敗後悔対策を解説

新築間取り全体に関わるキッチンを見て感じてほしいこともご紹介しています。

新築キッチン成功

新築キッチン収納,おしゃれ等成功する配置のコツやおすすめのポイント

 

家を設計する時に人は多くが憧れや見た目の印象にとらわれてしまうことがある。

人気

ランキング

最新

このような文字を実際に意識してしまうことが本来の自分たちが暮らしやすい、使いやすい家の中の条件と異なる選択をする事があります。

この点をきちんと今回の記事で現場の知識として培った内容をご紹介していきます。

私のサイトは、新築一戸建て、マンションを購入後失敗後悔を感じてほしくないという思いから、以下の経験を活かし運営しています。

新築3ldkマンション、注文住宅4ldkを購入。

新築住宅ローン審査でも計3度(本審査、事前審査)にて落ちた経験。

住宅ローン審査通過後2年目で借り換えに成功。

新築、リフォーム累計100棟以上の現場に携わった経験。

自分自身が購入者であるだけでなく、現場側の立場として実際にお客様に提案をしていた事があるからこそ伝えたい内容があります。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

今回の記事では、新築キッチンにカウンターを設置する際に注意してほしいポイントを以下の項目でご紹介しています。

新築キッチンにカウンターを置く失敗ケース

新築キッチンにカウンターを置く誤解注意点

新築キッチンにカウンターを置く成功のコツ

自分たちで設計したのに、見た目のイメージと実際に置いた状況で利用した感覚が違う。

これなら、置かなくてもよかったかもしれない。

こんな設計にならないためにも、少しでも住まいのイメージをする上でもインテリアとしての活用としても参考にしていただきたい。

新築キッチンにカウンターを置く失敗ケース

新築キッチンカウンター

確かに設計上は可能。

しかし、そのままの考え方では、l型でもアイランド型でも対面型でも結果は同じになってしまう。

こんな葛藤がある中で、ご依頼を承った案件もありました。

その後の相談をされた時の体験をご紹介していきます。

新築キッチンにカウンターが不要になる事例

一歩間違えればいらない家具同然の扱いにされてしまうのがカウンター。

設置された一面が壁までついているため、そのまま使うのはもったいない場所になってしまう。

この典型例になる悩みの相談案件です。

システムキッチンの本体と高さが一致していることで一体感があって非常に良いと思って申し込みをした。

しかし、実際に調理をした皿をそのまま出そうと思ったら手が届かない。

子供たちが手伝ってくれると言いながらも、椅子に上ったりして、かえって事故の心配が増えた。

水を使っている時の手伝いは本当に怖い。

受け取る前に手を放して何度か割れ物でけがをしそうになったこともあった。

カウンター式の採用は確かに見た目には素敵。

でも今の自分たちにはもう数年早かった気がします。

どうせなら他の収納などの方法で活かすやり方をご相談したいんですが。

私の記憶の中でもとても鮮明に覚えているお子様が幼稚園に通われている方のご相談でした。

現場調査をさせていただきました際にも確かにお子様が設置された椅子を動かしテイル様子やカウンターの下に入りこんで遊ばれている様子もうかがえました。

  • 頭を上げてぶつける事がしばしば出てきた。
  • 椅子を倒してしまう事もあった。
  • カウンターとしての設置はこれ以上放置していても怖い。

こんな悩みを切実に語られていた奥様。

この状況に会社側という立場でもやはり家族の安全を第一に考えてあげたいと思って別のタイプの収納の設置をご提案させていただきました。

やはり、ldkという場所に設置するという意味と価値。

最近の子供の成長や使わないかどうかではない違う視点で事故防止を兼ねた検討。

これが、最初に出す価格の価値を分けてしまう部分であることをお伝えしたいのです。

 

新築キッチンにカウンターを置く誤解注意点

新築キッチンカウンター選び方注意点

カウンターがあればわざわざテーブルを使わなくても良いはずだ。

このように提案をしている住宅業界の営業マンも時々見受けられる。

しかし、これはメリットになるケースもあれば、反対にそうした使い方では機能しないケースもある事があることをご紹介していきます。

新築にキッチンカウンターがあるのに使えない

カウンターがある部分をダイニングテーブルとして機能させるためには何が必要なのか?

この答えは、ダイニングチェア(椅子)です。

当然机の高さに合わせた椅子の高さも選ぶ必要があります。

この時、作業台としても活用をしたい時、80㎝、85㎝,90㎝などの高さが一般的にシステムキッチンとして採用されています。

その先にある高さを段差を作った際には、ほぼダイニングテーブルと同じ高さである70㎝付近のラインがテーブルの種類も豊富になります。

しかし、この高さに合わせる子供の椅子は?

実はこれがなかなか良いものが見つからないと実際使う時に頭を抱えている方が非常に多い。

空間としてはきれいですし、使えれば便利。

しかし、カウンタースタイルはまだ日本の中で店頭でもかなり長いスペース空間でなければ採用されていないことが多い。

この理由もつまりは一人一人の必要な空間の確保が足りなくなる事が原因とも言える。

まして家族3人、4人、5人が一斉に並んだらどうなる?

両サイドに大人。

中央に子供。

その家族のだんらんの時、子供たちはどっちを向いて食事を楽しむ?

多くの家庭は大人が使うスペースとしてのイメージが強い。

しかし、子供の状況を実際に子育てとして床からの高さや顔を見るためにわざわざ横を向く行動になった時、こう思う。

「本当にカウンターで食事をする事が大切なのだろうか?」

おしゃれと大きな違いを感覚として持った時、いらないと思ってしまう理由に発展する場合があることも十分注意が必要な対象となります。

 

新築キッチンにカウンターを置く成功のコツ

新築キッチンカウンター選び方のポイント

こう伝えていると、本当に無駄な物を取り付けているというイメージが強くなっていく場合もある。

しかし、我が家には実際に子育てでまだ幼稚園や小学校に入るくらいの子供がカウンターのある我が家で一緒に生活をしている。

なぜ我が家ではカウンターを作ったのか?

この点を上記以外のもくてきであれば、機能する形という意味でご紹介していきます。

使えないのではない使い方の問題

あくまでリビングダイニングは狭いし収納になかなか使えない。どうしよう!

こんな悩みが建売でも注文住宅でも戸建の場合は収納の配置に困ることが多い。

我が家も同じイメージを持っていた。

そして、絶対におもちゃの配置が大きく影響すると考えたのです。

そこで、リビングダイニング内のおもちゃの収納スポットを全てカウンター下に集約したのです。

フリーラックを利用した区分け。

その範囲の中に納まる棚やカゴを用意。

子供の部屋にまで何かを収める作業はまだ小さい子供には心配が多い。

よって、リビングダイニングで遊ぶ物は配置を含めて型付け作業を積極的に行える収納スペースを設置。

これが我が家の主なカウンターを設置した理由。

実際にカウンター上には何を置く?

我が家のカウンターは、システムキッチンとは高さの異なる状況になっています。

こんな感じ

新築和室照明スイッチ配置実例画像WEB内覧会

一昔前の画像ですが、こんな感じで高さの違いがある状況を選びました。

つまりは、このカウンターにはダイニングテーブルを作業台と考えて、日常に使うアイテムを配置するという目的がありました。

テレビやエアコンなどのリモコン管理

ldkではこんな問題も数多く発生しませんか?

  • テレビやdvdプレーヤーのリモコンがない
  • エアコンのリモコンどこだっけ?
  • スマホの充電したいのにコンセントは?

こんな形で追加の配線工事費用やリモコン専用のスポットを用意するなんて事もあります。

しかし、こうした情報は、全てカウンターがあれば、情報をまとめられる。

暮らしに必要な物を簡単に使えるを実現

最近の子供たちが一番困ったを見せるのが、病気などによる薬の管理。

  • ダイニングのどこに置く?
  • 薬が貯まって隠すのが難しい
  • 時間が決まっている時慌てて出すような場所に置きたくない。
  • 来客が来た時にも対応しやすい見えにくい場所は?

こんなスポットを探すなら、やはりカウンター周辺は非常に有効活用しやすいです。

我が家では、隠す為の配慮はあくまでブックラックなどの後ろにしています。

視線の先から見ても和室に案内をするため、来客の方が気になる事もありません。

そして位置として子供たちにも言っておいてすぐ取り出せる場所にもなる。

子供にも片づけを学ばせるうえで、きちんと自分が使える台の一部を提供する。

これにより、自分の物が置けるという事と毎日の習慣の中で間違えないという内容が整う。

これがカウンターを置けるメリットとも言えます。

カウンターを2種類で置ける事の意味

実際にカウンターの魅力はしっかり子供とのふれあいを考えた使い方があれば機能はします。

しかし、作り方一つで大きく意味も魅力も変わってしまう。

今回の2つの種類というのは、以下の通り。

1.システムキッチンと同じ高さに設置されるタイプ。

2.システムキッチン本体とは異なる高さに設置されるタイプ。

この2つにはしっかりそれぞれに意味がある。

比較をする際には、十分どちらにも使い手の目的がきちんと明確に言える状況がないと愚痴が出てくる可能性がある。

こんな内容としてせっかくお金を使うなら、もちろん満足が手に入るパーツだからこそ、大切にしていただきたいと思います。

今回のご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ