アイリスオーヤマ洗濯機の評判,口コミ【壊れる?寿命や安い理由】

スポンサーリンク
  • アイリスオーヤマの洗濯機ってなんで安いの?
  • アイリスオーヤマの洗濯機の性能について知りたい!
  • アイリスオーヤマの洗濯機の口コミ,評判が知りたい!

こんな悩みを解消します。

洗濯機関連記事。

ドイツ製

ミーレ洗濯機の評判,口コミ【耐用年数や寿命,値段やデメリット等】

スポンサーリンク

 

ドラム式洗濯機

ドラム式洗濯機おすすめの選び方とメリットデメリット

洗濯機排水溢れるどうしたらいい

洗濯機排水あふれる時無料相談はどこ?元住宅関連企業出身者が解説

ドラム式洗濯機日立

日立ドラム式洗濯機の口コミ【最悪?良い?価格比較のコツ】

東芝ドラム式洗濯機

東芝ドラム式洗濯機の口コミ【私の感想や比較ポイント】

シャープドラム式洗濯機

シャープドラム式洗濯機の口コミ【乾かない?臭い?比較ポイント】

よくある質問

パナソニックドラム式洗濯機口コミ【最悪のワケや価格】

ハイアール洗濯機

ハイアール洗濯機の口コミ【壊れやすい?寿命やリセット方法等】

今回の記事では、アイリスオーヤマの洗濯機の口コミ,評判について、以下の目次でご紹介しています。

アイリスオーヤマの洗濯機の特徴

アイリスオーヤマの洗濯機の口コミ,評判

アイリスオーヤマの洗濯機よくある質問

アイリスオーヤマの洗濯機のメリット

アイリスオーヤマの洗濯機のデメリット

アイリスオーヤマの洗濯機のおすすめ機種

アイリスオーヤマのドラム式洗濯機

アイリスオーヤマの洗濯機を安く買う方法

アイリスオーヤマの洗濯機と他社比較ポイント

スポンサーリンク

アイリスオーヤマの洗濯機の特徴

商品の特徴

賃貸も新築も関係ない。

家族を養う家には、必須の白物家電のひとつ。

衣類だけでなく、タオルやいろいろなものを清潔に使うために使いたい。

10万円以上のものから、格安商品もあります。

アイリスオーヤマ洗濯機の価格帯

アイリスオーヤマの洗濯機は安い。

ドラム式洗濯機:型落ちなら10万円未満の商品も選択可能。

縦型洗濯機:全自動洗濯機でも5万円以下もあります。

洗濯コースが多い

各社それぞれが洗浄力に力を入れています。

アイリスオーヤマが力を入れているのが、皮脂汚れ

温水コースも60℃、40℃と衣類の種類(肌着、代物、オシャレ着、普段着)の種類によって選択可能。

さらに、黄ばみが気になる人向けには、つけ置き30分を追加するコースもあります。

部屋干しコースを選択すると、温水の機能により部屋干しの臭いを防ぐ設定になっています。

洗濯コース 特徴
標準 普段の洗濯用
つけおき 汚れもの
すすぎ1回 すすぎ1海洋の洗剤用
お急ぎ 時間短縮
ドライコース ℗表示や手洗いの表示があるデリケート衣類用
毛布 2㎏までの毛布をすっきりキレイに

洗剤自動投入

10㎏の全自動洗濯機でも対応可能。

お徳用の液体洗剤も販売しています。

風呂ポンプ対応

縦型洗濯機だけに搭載されている機能です。

洗濯終了時間を予約

夜にセットして、朝に終わる設定ができればいいのに!

こんなの要望にも対応しています。

洗濯槽洗浄、乾燥機能

洗濯槽の手入れはめんどくさいですよね。

洗濯終わりに乾燥してくれたらいいのに!

こんな要望にも応えてくれます。

洗濯槽乾燥機能があれば、カビの発生を防いでくれます。

ほぐし脱水機能

ほぐし脱水は、日立やパナソニックにも搭載されています。

ドラム式洗濯機専用の性能。

洗濯槽に絡まないようにする設定となります。

Ag+除菌システム

シャープにも洗濯機に銀イオンを利用した洗いコースがあります。

洗濯物を除菌できるだけでなく、洗濯槽をきれいに保てるのが特徴です。

家電延長保証プラン

アイリスオーヤマの家電商品(テレビ、エアコン、冷凍庫、冷蔵庫、パソコンなど)を対象とした家電延長保証プランがあります。

【家電延長保証プランの特徴】

保証回数 期間中の自然故障には、回数制限なし
何度でも保証修理対応
保証上限 1回あたりの修理限度額は、製品購入金額(税込)となります。
保証対象外 人材や天災に起因する製品の故障
(破損、火災、水漏れ、雷、盗難、ウイルス等)消耗品当が原因の故障故障によって生じた経済的損失や二次被害

洗濯機の保証料金

製品の種類 5年プラン
乾燥機付きドラム式洗濯機8㎏ 6600円
全自動式洗濯機5.0㎏ 2200円
全自動式洗濯機10.0㎏ 4400円

目的や用途に合わせた商品選択

家族構成 許容量 サイズ目安
一人暮らし 4.5㎏~6キロがる務 幅55.5cm
奥行き52.5cm
高さ92.0cm
上記は、縦型
3人~4人家族 7㎏~8㎏ 幅59.5cm
奥行き67.2cm
高さ86cm
5人以上 10㎏ 縦型のみ
幅58.6cm
奥行きセ64.7cm
高さ100.3cm

 

アイリスオーヤマの洗濯機の口コミ,評判

評判,口コミ

最悪

対応の評価が悪い

【見極め方】

家電製品について、メーカーの評価、評判を気にする人が多くなった気がします。

アイリスオーヤマの口コミを調べると、「すぐ壊れた」「修理代が高い」「故障が多い」等のネガティブな内容が少ないことが特徴です。

高いか安いか個人の判断ですが、自分で使っても少しでも長持ちする商品を探すことも大切です。

 

アイリスオーヤマの洗濯機よくある質問

よくある質問

アイリスオーヤマの商品が安い理由は?

機能を一部制限したり、コスト削減をしている。

買い替え時のリサイクル料金は?

洗濯機、衣類乾燥機は、大小の区分がありません。

税込3300円がかかります。

 

アイリスオーヤマの洗濯機のメリット

メリット

  • 価格が比較的安い
  • 多くの機能を求めない人なら、本体価格を抑えやすい
  • 洗いについての機能は、いろいろついている。

 

アイリスオーヤマの洗濯機のデメリット

デメリット

  • スニーカーを洗うなどの機能はない
  • 乾燥機能が全ての機種に対応していない
  • 家電量販店等でユーザーの声を確認できない(取扱う店舗が少ない)
  • ずば抜けて安いと言えるほど安くはない

アイリスオーヤマの洗濯機のおすすめ機種

おすすめの人

私が個人的に見ておすすめしたかった商品をご紹介します。

縦型IAW-T451

製品の特長

サイズ 幅53.5cm
奥行き54cm
高さ83.5cm
標準脱水容量 8.0㎏
運転音 洗濯:40㏈
脱水:約50㏈
洗濯コース 標準
つけおき
お急ぎ
念入り
毛布
ドライ
時短 タイマー予約洗濯
お手入れ 槽洗浄コース
槽乾燥コース

おすすめポイント

  • 全自動洗濯機で2万円台。
  • 送料無料
  • 延長保証対応商品

縦型IAW-T602E

製品の特長

サイズ 幅53.5cm
奥行き54cm
高さ83.5cm
標準脱水容量 6.0㎏
運転音 洗濯:39㏈
脱水:約54㏈
洗濯コース 部屋干しモード
標準
つけ置き
すすぎ1回
お急ぎ
ドライ
毛布
時短 タイマー予約洗濯
お手入れ 槽洗浄コース
槽乾燥コース

おすすめポイント

  • 全自動洗濯機で2万円台。
  • 送料無料
  • あんしん保証2年間

アイリスオーヤマのドラム式洗濯機

ドラム式洗濯機

ドラム式洗濯機FL81R

製品の特長

サイズ 幅60.7cm
奥行き67.2cm
高さ95.4cm
標準脱水容量 8.0㎏
運転音 洗濯:40㏈
脱水:約50㏈
洗濯コース 標準
すすぎ1回
お急ぎ
念入り
大物(布団・毛布)
手洗い
毛布(ダウン)
部屋干し
脱水のみ
時短 タイマー予約洗濯
お手入れ 本体外側
ドア内側
ドアパッキン

おすすめポイント

クリーニング代を節約する方法として、少しでも洗濯機で洗える素材が多いほうがお得。

小さなお子様がいらっしゃるご家庭ほど、外出の機会を削減することで初期投資分を回収しやすいと思います。

時短と節約なら、洗濯コースが多い商品を選ぶことをおすすめします。

 

アイリスオーヤマの洗濯機を安く買う方法

節約

型落ちを狙う

白物家電は、3月と10月がねらい目です。

なぜか?

型落ちシーズンになるから。

決算セールを狙う

3月は、決算セールを開催する会社が多いです。

家電量販店 中間決算/決算月
ビッグカメラ 2月/8月
ヤマダ電機 9月/3月
ヨドバシカメラ 9月/3月
ケーズデンキ 9月/3月
エディオン 9月/3月
ジョーシン 9月/3月
ノジマ 9月/3月
ベスト電器 9月/3月

 

アイリスオーヤマの洗濯機と他社比較ポイント

比較するべきはアフター

他社と比較すると、洗剤、柔軟剤の自動投入機能などがないことが気になります。

しかし、洗いのコースは、他の会社とあまり変わりません。

最後に1点。

運転音に注意

運転音とは、夜間や早朝に洗濯や脱水をする方に注意していただきたい比較ポイント。

アイリスオーヤマの洗濯機は、脱水時が50㏈以上。

50㏈の騒音とは、エアコンの室外機や静かな事務所程度とされています。

しかし、室内では、非常に大きく聞こえてうるさい、声を大きくすれば、会話ができるという人も出てくる可能性があります。

子どもがようやく寝てくれたのに、洗濯機のせいで起きた!

こんなことを考えなければいけない可能性もありますので、注意しましょう。

参考資料

FL81R説明書

騒音レベル

スポンサーリンク

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ