家建て替え費用1500万実現に必要な節約のコツ|住宅業界経験者が解説

スポンサーリンク

家が欲しい。

土地と既存の建物はある。

新しい土地を購入して家を買うよりも今ある物をどうにかしよう。

「リフォームなのか建て替えなのか?」

家の外観やデザインだけの悩みなら、正直リフォームでも十分対処が可能になる。

でもリフォームではどうしても家の隅々までを全て修繕するということはない。

工務店でも建築の年数と予算次第では、建てた方がおすすめという声は多い。

これは利益を中心とした考え方ではない。

あくまで今の基準に基づく設計や資材を使用する建築物と過去の仕様と混在させるという考え方。

上記2つなら、やはり価格の多少の誤差の範囲なら、新しい方から探す方が安心も多い。

私も実際に建て替えにより価格的にも満足のできる家が完成した。

これまでにも家を建てる計画については、考え方を以下のような項目でご紹介してきました。

家建てる予算決め方

家建てる予算で失敗後悔しない決め方|業界経験者の購入実践記

家を建てる相談

家を建てる相談をする相手選び方に多い誤解や無駄が多い行動や注意点|業界経験者が解説

家を建てる時期選び失敗後悔原因増税

家を建てる時期は増税前?失敗後悔が少ない選び方

新築一戸建て家を建てる年齢30代の理想と現実失敗後悔

家を建てる!新築一戸建て購入年齢は何歳が理想?30代に多い失敗後悔原因

家を建てる失敗後悔注意点

家を建てる失敗後悔ランキングと居室記事まとめ

予算に基づく建物本体価格についてもご紹介しています。

アイフルホームとローコスト住宅会社比較

アイフルホーム坪単価価格実例セシボはいくら?

工務店なのかハウスメーカーなのかという会社を探す悩み。

土地があるからこそ、少しでも予算がある範囲で考えたい。

でも変形型や狭小地の条件などの課題もある。

こうした中で、少しでも家の建て替え費用を1500万程度の予算の中でやりくりするためにはどんな情報が必要なのか?

この点を現場経験者であり、住宅購入者でもある私からご案内していきます。

家の建て替え費用1500万の節約対象

家建て替え費用1500万節約ポイント

まずは新築で建て替えをする事を考える時には、大きく分けて3つに項目を分類しましょう。

  • 解体費用
  • 建物本体価格
  • オプションや付帯工事

この3つに分けて、ある程度節約を可能とする対象を絞り込みます。

住まいを手に入れる為には、建物の価格は、以下のような条件により、金額が上乗せされる。

  • トイレは何個必要なのか?
  • システムキッチンは何台?(単世帯なのか完全分離の二世帯なのか?)
  • 建物は何階建て?(平屋、2階、3階建て)
  • ガレージ付きなのか駐車場を屋外に容易なのか?

こうしたことを検討する事が単純に資料を見る前に全体のイメージとして必要になる情報。

建て替え費用節約対象候補

私は別に無理に比喩を抑えて家を建て替えしようとは思いませんでした。

多少高い注文住宅でも将来の自分の住まいとして機能をどれだけ維持してくれるのか?

この点を保証よりも大切にしていた。

だから設計や坪単価という項目には、50万以上でも対応可能な準備を済ませて検討を開始。

でも、今の建物を解体するコストは?

この対象には単純に単価だけでなく、廃材処分費用や移動費などの諸費用の項目が会社によりかなり異なる。

だからこそ、解体分の費用は可能な限り節約の対象としてさまざまな会社に見積もりを依頼しました。

1500万の予算で検討するなら、100万から200万が解体費用の上限になる。

これが最初の目安になると思います。

 

家の建て替え費用1500万の現実性

家建て替え費用1500万会社の選び方

正直、1500万以内で家を建てるとなると、ローコストを中心とした会社選びが軸。

そして、建物本体価格は、1000万円以下を基準とします

なぜか?

建物本体価格だけで家は完成しない

当然、ローコストで検討をしても以下のような点は別にお金が必要になります。

  • 各部屋に設置するカーテンやエアコン工事費用
  • 照明費用
  • 外構費用
  • 浄化槽などの設置費用
  • 構造として断熱性能や気密性を高めるためのオプション
  • 窓や網戸、雨戸などの検討

このような対象は、ほぼ安く案内をしている会社には含まれていない対象。

よって、いくら本体価格が1000万円という案内でも結論で言えば、1300万から1600万と高くなることが当然。

この価格を参考にしていただきながら、上手に予算の範囲の中にまとめるなら約900万円台からスタートする家を手にする事が重要。

基礎などの構造の特徴を比較

家を建てる上で安く仕上げる事だけでなく、自分たちが将来満足する家を考えるなら、ポイントにしておくべきは何か?

これは、メンテナンスコストをできる限り抑える家づくり。

対象として注意してほしい項目も一覧としてまとめてご紹介しています。

ダウンライト

ダウンライト交換工事費用の相場や新築での選び方確認注意点

家具家電

新築家電揃えるものリスト|注文住宅節約のコツと予備予算注意点

節約するべき項目

新築費用抑えるべき節約ポイントと妥協すべきでないパーツ

家族が長く住んでいても高くなかったと感じる家とは何か?

この答えは、実際に手にしてからの生活で以下の内容に困らないこと。

  • 夏は暑いと感じない涼しい快適な空間
  • 冬は寒いと感じない暖かい快適な空間
  • 梅雨の時期にはジメジメしない

とても簡単な対象ですが、体感として特に感じるのはこの3つ。

寝苦しい家とか住んでいて家族が暑さ寒さに悩むのはとても辛い。

子供と親の体感温度も大きく違う。

暑い寒いはローンの返済期間の光熱費にも大きく影響する。

どんな賃貸物件でも古いと隙間風などを感じてエアコンが効かない等の悩みも出てくる。

こうなれば、単純に光熱費のコストがかかりやすい家になる。

多くの時間を過ごす中心は睡眠時間。

寝る時間に寝室を利用して自分たちの現在の多くの悩みが解消されるだけでもかなり価値を感じられる。

だからこそ、まずは多くの家の資料を見る上でも予算の軸を決めて、その中で気密などの比較をする。

これが耐震、免振などを含めて実際に依頼や相談する会社を考えるポイントです。

 

家の建て替え費用1500万と外構

 

家が建った。

でも暮らしは家の中だけではない。

多くの家庭は、共働きという現代社会。

当然、駐車場をそれぞれ家族1人1台で利用する地域もある。

こう考えたら、まずはシンプルに家族が現在と将来で何を利用するのか?

この対象にどれだけの費用が実際必要になるのかを見積もりで取り寄せる事が重要。

外構工事の中でも費用がかかる駐車場

実際に外構工事の総額に大きく影響を与える駐車場の節約についてもご紹介しています。

外構工事駐車場を安くする方法!コンクリート費用節約術新築のコツ

安い外構工事(駐車場込み)のセットプランなどを見つけるのも方法の1つ。

まずは大きな対象から詳細関係をきちんと確認する事が重要。

失敗しやすいプランニング

住宅の営業は、いろいろな贅沢を提案してくる事も多い。

当然、住宅関係は、住み始める前にいろいろな問題を抱えているからこそ、税金を払っても家を手に入れたいと考える。

その上で、外見としても中も満足できる家を完成させたいと願う。

当然仕様の変更やその家族のオリジナルの工夫を採用することも提案は可能。

付帯工事を使っていけばどんどんプランは広がっていく。

しかし、表示された内容をその場その場に提案を求めるとかなりコストは膨らむ。

だからこそ、きちんと軸を決める。

  • 水まわりは念入りに対応
  • 駐車場は荷物が多い時に使っても狭いと感じない空間。
  • 快適な暮らしというのは、床面積が広いではない。

この3つを注意して、自分たちが賃貸で使っている部屋の大部屋の広さからどの程度が欲しいのか?

このくらいのシンプルな設計を採用した方がより快適な家づくりが完成します。

 

家の建て替え費用1500万の不可能ライン

家建て替え費用1500万外構節約術

やはり使っていける予算次第で可能な事と難しい事があります。

1500万予算ではオーバーする対象

いくら安い家で付帯工事込みのプランを見つけても手に入らないプランがある。

それが、太陽光発電という関係だ。

オール電化と言う響きやIoT化などがこれから先の最新技術で発達していくのかもしれない。

将来を見据えた家を考える。

こんな気持ちを持つ人も多くいるはず。

しかし、これはいくら希望してもまだまだ登場してから日が浅い。

値崩れをするタイミングとは違う。

でも太陽光発電なら?

こう考えてもやはりなかなかkwあたり24万円程度が多いのも現実。

いくらリフォーム会社に依頼をしてもなかなかその価格以下で考えるのは難しい。

だからこそ、外構工事の費用や外回りの設備については、手に入れる為の考え方を持つ事が重要。

それが、住宅ローンとは別で外構工事専門の無金利ローンを活用するという方法。

家を手に入れるためのローンと言えば、多くの人がまず住宅ローンと口にする。

しかし、多少高くなった対象が外構である場合は、あくまで火災保険などの対象に含めるために早めの完成をさせたい。

だったら、どうやってお金を工夫して総額を安くするべきか?

この考え方は、以下のように組み立てる。

  • 住宅ローン返済額は1300万円程度を上限に設定。
  • 外構工事費用を400万円程度に設定し、無金利の提携ローンを利用。

この方が実質的には、1700万となった場合でも支払総額は安くなる。

ぜひ今コストがかかりすぎている対象が外構工事だと心配をしている人は、間取りを削ったり床面積を削るよりも先に検討してみてください。

我が家が依頼した外構工事の見積もりの流れもご紹介しています。

一条工務店外構価格を提携以外で半額以下交渉成功!i-smart体験記

今回の記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ