スポンサーリンク
家の中の生活に密着したアイテムとして多くの人が人生で一度は交換という経験をしているのが照明器具。
  • 電球交換
  • インテリアのために器具ごと交換
  • 一人暮らしが始まる時に照明器具を買ってきて天井に自分で取り付ける。
別に照明器具を設置されたジャックに取り付けるだけなら、特殊な器具も不要。 自分でも簡単に取り付けが可能なタイプとして定着しているのが、シーリング型ライト。 led電球を採用することで光も明るいと感じるし、必要なら電球も家電量販店以外の店でも電球のサイズやワット数などを確認すれば、交換が可能。 しかし、この流れと全く違うタイプとして登場しているのが、ledの埋め込み型となるダウンライト。 埋め込み型は注意しなければいけないのが当然工事が必要になる事。 天井に穴をあける作業。 電気配線の施工工事が住宅の中で必要になる事。 これまで通り、なんでも形が全て一緒の形状を使用しているわけではありません。 穴のサイズも電球もそれぞれが同じled電球を使用している環境ではない。 情報を確認する事が増えてしまったというのが問題点。 色も昼白色や白などのその人ごとに異なる好み。 シーリングライトのように気に入らないとなった時にはすぐに交換ができるのか? この点を新築や住宅物件探しの中で考慮するべき点を含めてご案内していきます。 新築市場における照明の選び方についてもご案内しています。 新築照明失敗原因 新築照明失敗原因3つの特徴と後悔しないプランニングのコツや注意点現場に多い相談体験記
スポンサーリンク
私のサイトは、不動産住宅物件探しから購入した後の失敗後悔をしてほしくないという思いから以下のような経験を通じて学んだ内容をご紹介しています。 新築、リフォーム累計100棟以上の現場に携わってきた経験。 分譲マンション、注文住宅をそれぞれ購入した経験。 住宅ローンに事前審査、本審査を含めて3度落ちた体験。 借り換えの審査に通過した経験。 カーテン、インターネット回線、固定資産税、住宅ローン減税など住宅購入の際には必ず経験をするであろう内容も10年以上の経験からご紹介しています。 サイト管理人2児パパニッキーと申します。 今回の記事では、ダウンライト交換について、住宅市場全体でよくある悩みを以下の項目でご紹介しています。 ダウンライトled交換は型に注意 ダウンライトled交換工賃の費用 ダウンライト交換居室ごとの悩み ライトは、部屋ごとに施工が必要な重要な商品。 しかし、ただ最初に設置すればその後の管理は簡単なのか? こうした維持費、メンテナンス工事の必要性を含めた重要なパーツとも言えます。 選び方として、メーカーや空間デザインとしてだけではない視点でご紹介しています。
スポンサーリンク

ダウン ライト led 交換は型に注目

ダウンライトled交換工事費用 照明というのは、新築市場では、商品も照明スイッチなども全てメーカーのカタログなどから電源を含めて確認しながら選んでいく。 少しでも明るくしておきたい。 オシャレなパーツを採用してインテリアとしてもオシャレにしたい。 このような考え方から、配線計画の工事依頼内容を検討している。 もちろん電気に関わる工事だからこそ、いずれはユニットごとなのかled電球単体なのか違いがあっても交換という時期は寿命により訪れる。 この場合の何を確認して比較しなければいけないのか?をご紹介していきます。

ダウンライト交換のタイプごとの違い

ダウンライト交換のタイプごとの違い 一般のシーリングライトの交換とは全く違う事があります。 以下の内容は必ず検討する際にも確認しておくべきポイント。
  • led電球単体の交換の費用はいくらになるのか?
  • led電球交換が不可能な場合のユニット交換費用は?
  • パナソニックなどのメーカーを選んだあとの違うタイプを選択する事は可能なのか?
このように詳細をきちんと打ち合わせの際には確認が必要になります。 メンテナンスというよりも時間が先になっていくため、つい現在の間取りや内装のデザイン性ばかりにばかり気を取られる人が多い。 しかし、現在カタログでチェックしているなら、そのユニットを利用していいのかを以下のポイントをチェックしておく必要がある。 ユニット1台丸ごと交換が必要になるタイプ。 電球は汎用性があるタイプでだれでも簡単にいつでも交換が可能なタイプ。 たったこれだけでも新築でも賃貸でも利用した先のメンテナンスだけでなく、照明が切れた時の時間の過ごし方に大きく影響がある。 ただ本体価格と調光などの機能面を比較するだけではダメです。 以上のような内容をまずは商品一覧からセンサー式なども含めて検討しておく必要があるのです。  

ダウンライトled交換工賃の費用

ダウンライトled交換工事 新築を購入した後の生活では、住宅ローン減税等もありますが、火災保険の支払や固定資産税などの支払を考えると決して家計にプラスになるような金額ではありません。 あくまで、自分が生活をしていく中で簡単に工事の依頼を可能な価格になっているのか? この点をご紹介していきます。

ダウンライト交換工事業者は誰に依頼?

ダウンライト交換工事業者は誰に依頼? 私は新築の場合は、変にメーカーのオプションを選ばないことを強くおすすすめします。 その理由は、以下のような考慮をしているから。
  • 大量受注していることでコストが割安になる部材費用の比較。
  • 工事としても全く別の業者が入るよりも図面が手元にあるメンテナンスの一環で依頼が可能な不動産会社の安心。
  • 下請けに依頼をするが、その管理責任としてミスや失敗などを防止するための研修なども受けている安心。
こうした内容を考慮してその建物の特徴などをよく知る人にまずは相談する事が大切。

ダウンライト工事業者に依頼するといくら?

ダウンライト工事業者に依頼するといくら? ダウンライトの交換工事は、あくまで電球交換だけなら、当然電球の価格面でもシーリングライトより高いですが、取り換えを行うことは可能。 しかし、スポットライトなどの場合は、多くは本体ごと交換の設計になっていることが一般的に多いのが現実。 だからこそ、個人が簡単に電気工事のような内容をできるような内容ではありません。 交換費用の相場は、以下のような金額が目安になっている。
ユニットのタイプ 照明パーツ交換費用相場
浴室やトイレ等のledダウンライト 1000円から3000円程度
ユニバーサルledダウンライト 1000円から3000円程度
人感センサー付ledダウンライト 6000円から1万円
デザイン性重視タイプ 8000円から1万円
調光機能付ledダウンライトユニバーサルタイプ 1万5000えんから2万5000円
この本体や設備費用に対して、さらに工賃が必要になります。 工賃は、1ヶ所が交換を含めて考えると5000円から7000円は必要になります。 特に注意しなければいけないのが暗いという悩みを抱えて、もっとサイズの大きいタイプに変更をする場合。 この場合は、新しく設置するための穴の加工工事も必要になります。 当然こうなると、設置費用が上乗せされる計算がある。 1ヶ所に対して、数千円という規模なので、5箇所、6箇所などのリビングやキッチン、主寝室などの場合は、1万円単位の見積もりの変更の能性もある。  

ダウンライト交換居室ごとの悩み

ダウンライトled交換と居室の悩み 実際に、新築を購入した後の暮らしの中では、演出として必要な部分よりも実生活に影響があるスペースが重要。 特に暗いと困る典型例が以下の2ヶ所と言える。 玄関ダウンライト交換 浴室ダウンライト交換 この2ヶ所については、1日の使用時間と大まかな寿命を新築の打ち合わせの段階で確認をしておくことが大切。 1年、2年、3年ということはないとしても、7年、10年などの時間経過に伴う時の工事を依頼する際の今現在の工事依頼費用を確認。 このような準備をしておけば、新築を購入した後の打ち合わせメモなどを見て、将来のための貯蓄を残すこともできます。 ぜひ将来の子供の教育費などと合わせて予備の資金準備としてお役立てください。

早く現状の悩みから解放されたい

早く現状の悩みから解放されたい
  • 暗い
  • 使いにくい
  • 気に入らない
新築なのに後悔ばかりで毎日の生活にも不便な点が出てきている。 こんな悩みをお持ちの方なら、早めに外部の会社に相談をすることをおすすめします。

私が実家や友人にも安心して見積もり相談でお勧めしている会社は↓

リショップナビ

実際に、交換に困っている人の悩みもネット上で見ておくと参考になると思います。 新築配線工事計画で1個が安いから検討する人の相談スレ(知恵袋) 現状よりもコストが高くなる事も人手不足や部材の高騰化を検討して、将来の予算削減もしっかり検討していく。 これが新築購入後の失敗後悔の防止としても必要な視点と言えるのではないでしょうか? 最後まで読んでくれてありがとうございました。
スポンサーリンク