家建てる予算の決め方で失敗後悔注意点|業界経験者の購入実践記

スポンサーリンク

住宅購入資金。

家を建てる予算はいくら?

人生の中で35年という長い時間の計画を必要とする住宅ローン。

当然、必要な諸経費だけではない。

引越しから細かな税金、維持管理、将来のリフォームも含めた資金計画が予算の中には必要になります。

まして、土地から買う必要のある人は、新築で買うべきか、中古を購入してリフォームで手を加えるべきか?

建てた会社がハウスメーカーなら長期保証期間の中で、サポート対象を確認して家を買うことも最近は可能になってきた。

マイホームを手にするために必要な金額。

この点を実際に買う前には住宅関連企業で実際に建てた人のアフター対応までを経験してきたからこそ、自分の家について大きく考える視点が変わった。

今実際に2015年に建てて、2019年で4年経過。

その分暮らしによる消耗や劣化も当然生じている。

しかし、今の暮らし的には十分すぎるほどの満足が出来ていると思っています。

まずは何を考えるべき?

この視点をじっくりご覧ください。

スポンサーリンク

家を建てる予算の決め方1.情報精査注意点

家建てる予算決め方

スポンサーリンク

まず考え方には、以下の4つに大きく分かれた予算の構築が必要になる。

  1. 頭金を考える。
  2. ローンによる金利を含めた毎月の返済額を考える。
  3. 住まいの暮らしに必要な生活費を子供の教育費を含めて計算。
  4. 建て替えやリフォームやメンテナンスなどの維持管理の周期と必要経費を大きな枠で計算。

つまりは、家を建てる事を考える上では、建てた後の10年周期を大きく情報化する。

これが検討できないと簡単に暮らしに影響が出てしまう可能性がある。

年収と借入額に多い落とし穴

あくまで今の家賃を軸にして、検討を開始して、そのままの考え方で購入を決める。

この考え方は、少し怖い。

なぜか?

以下のような少しの変化も致命傷になるからだ。

  • ボーナス、毎月の給与の残業代カットなどの年収、月収への変化。
  • リストラ、解雇、転職、奥さんのパート、アルバイト不可などによる世帯年収の変化。
  • 金利上昇、消費税増税、保険料だけでなく、市県民税などの税金の値上がりによる影響。

このような情報は、今の段階では全く見えていないことが多い。

次の可能性は良いことだけを知っているのでは足りない。

少し視点を変えて、出費が増えた時や今の生活費よりも毎月のコストが多くなった時を想定する。

これがなければ簡単に「無理」「限界」「生活がきつい」

こんな言葉が家族の生活の中で口に出てくる可能性を考えなければいけない。

せめて、毎月の家賃からマイナス2万円程度が借入限度額。

これが生活を維持するための計画を立てる最初の一歩だと思います。

夫婦共働き世帯年収の借入は危険

家を買う時には、絶対に連名での住宅ローン借入の審査を受けることは辞めるべき。

単純に考えて、以下のような事情があるからです。

  • 万が一、離婚をする事になった時にも財産分与でもめる原因となりやすい。
  • 年収の安い方が生き残った場合、夫婦での負担を全て背負う事になる。
  • 借り換えの条件に対しても銀行からチェックした内容から不可と言われる可能性も高まる。

単純に、合計2000万から3000万の家が一般的に多いと仮定し、その最初の頭金や保証料を含めてそれぞれの貯金から折半して支払いをする。

このような最初のスタートを実行すると、基本繰り上げ返済も全てお互いが順に返済をするような計画を取り入れる考え方を持つ人もいる。

出来るだけ、ご主人一人でローンを組む。

これは、確実に、子どもたちが親から資産を残して手に入れる事ができる最低条件としてチェックをしておくべき問題。

基本は、全てご主人一人に支払いをさせる。

最初からこの考え方が無い状態では、家を買う事そのものを諦めるべき。

私はこう周囲にはアドバイスをしています。

 

家を建てる予算の決め方2.建築の予算

家建てる予算の決め方

あくまで予算オーバーは絶対に何があっても避けなければいけない。

平均とか相場。

こんな言葉を軸に住宅を購入するわけではありません。

地域別、エリアごとの土地の利用面積も建物の建蔽率も税金も暮らしに必要な生活費も全く違う。

単世帯と二世帯となっても親の出資する金額も異なる。

完全独立型二世帯とキッチン、お風呂、トイレの共用による家も設備や間取りに必要な広さもまるで違う。

このように、単純に安く建てるための考え方なら、コンパクトにできる部分をまずは探す必要がある。

間取りの内訳を最小の数に仕上げる。

その上で、将来にかけて必要に応じて、増築が可能な形に仕上げる。

このように考えた方が最初の流れとしては設計としても節約が可能になっていく。

家族の人数プラス2が理想の平均とその理由

3人家族なら、5LDK

4人家族なら、6LDK

5人家族なら、7LDK

土地の広さは関係なしに、形も無視した部屋数のみの考え方なら、簡単に考えると家族の人数プラ2あるといろいろな事例に対応が可能になる。

収納スペースが足りない。

部屋が狭い

パントリー、ウォークイン、納戸、押入れなどの広さの改良が必要。

このような内容に余ったスペースを使うことで、あまり知識を持つ必要がなく、しっかりその問題の解決方法を選ぶ事が出来る。

しかし、これは、なかなか難しい問題とも言える。

その土地の広さに合わせて、その広さを使って少しでも融資の可能な範囲での家づくりを計画する。

この先に、車が必要なエリアなら、その家族の人数に合わせて必要な数の注射台数を用意。

このように考えていくと、一戸建ては失敗しにくい。

こだわりを捨てグレードより住みやすさ

工務店、ハウスメーカーを問わず一戸建てにはさまざまなプランがある。

それぞれのグレードに合わせた設備の追加をコストをかけて相談することも可能になる。

しかし、こうした時にシンプルな家を目指す方がコストは抑えられる。

そのため、まずは自分たちの必要な設備をきちんと使うべき内容から厳選しておく必要がある。

30坪台における建物価格のそれぞれのランク別に考えておくべき計画は以下の通り。

家の価格帯 総費用節約のポイント
1000万円台のグレード 水回りの設備や窓を複層ガラス
他の会社では標準の部分がオプション扱いになっていないか?
2000万円台のグレード 内装を見て良いと思って契約をしたらカーテンなどの費用で価格が予算オーバー。
あくまで家全体の総額を要チェック
3000万円台のグレード 外壁や設備はオプションの必要がない場合でも家全体のエアコン費用などを安く抑える依頼方法を見つける事がポイント

さらに、将来にかけるメンテナンスコストの流れも外壁の選び方だけでもかなり違う。

さらに掃除は、窓や間取りで吹き抜けや特殊な階段の種類を選ぶなどをした場合、実際手入れが大変な場合もある。

家は建てた後のメンテナンスの知識がない物を必死にデザインで合わせようとすれば、その後に管理しようとする時に苦労する。

これは全国どこのエリアでも同じ。

たくさんかかったと覆いながらも結果的には相場より高い金額でこだわりぬいただけであとが大変。

こんな状態になったら、自分たちのきぼうそのものが住みにくくする材料になってしまうことも少なくない。

失敗を恐れるなら、使い慣れたモノを選ぶ

設備はそれぞれの生活空間を住みやすくするために存在する。

以下のようなスペースがあると安心と思っている人は少なくない。

しかし、実際にはその特徴も理解しないままただ先に用意して使わなくなるパーツになることも多い。

  • 床下や階段下収納
  • 天窓のような高い場所に配置した窓。
  • 昇降可能な備え付け収納設備

このような基本どこでもあれば出しやすいと思って多少高くても備えあれば患いなしと思って支払いをしている人は多い。

しかし、こうしたパーツほどあるなしどっちと比較したら私は不要と言わせてもらっている。

所詮最初に家を建てる時には、自分たちで使いやすく作る方法は、なかなかイメージできていないことが多い。

子供が入れるスペースは全て遊び場と化す。

ではいたずら対策という感じの考え方は一般的に遊ぶ場所になるような多少広めのスペースを減らすことが最善策となる。

あくまで広くすることで、デザイン性を高める事。

この2つは、本当に必要なのかを注意しておくことが重要。

 

 

家を建てる予算の決め方3.完成系

家建てる予算の決め方と建売住宅

家を考える事そのものに対してアドバイスを聞きながら考えるのは面倒。

土地と建物両方を早めに自分たちで使い始めたい。

こう考える人に予算から購入しやすくるプランは、建売住宅の購入。

以下の点が節約になる。

  • 土地と建物を別で購入しなくて済む。
  • 外構もある程度は工事が完成している。
  • カーテンや家具家電付きの物件を探すことも可能。
  • オプションなど追加工事費を考えなくて済む。

このような内容からしたら、ローンの計算と先ほどのようなランニングコストの計算だけで済む。

 

家を建てる予算の決め方と人生プラン

家建てる予算の決め方と維持費

最後に家を建てた後に、別にかかる費用はどの程度を用意しておくべきなのか?

この答えに該当するのは、以下のような項目。

  • 固定資産税を30坪程度の新築一戸建てなら、14万円程度。
  • 外壁メンテナンスコストを10年で100万円程度。
  • 火災保険地震保険に10年で15万円程度。
  • トイレ、洗面台、お風呂、キッチンなど10年から15年経過のリフォームで100万円前後。

このような計画を立てた上で、35年間の総額としては、600万円程度は、別の予算を検討することが注意。

この位の予算を見ていると、万が一の事があったとしても予算が間に合うと思います。

つまり、2400万円の建売住宅を購入したら、3000万円程度を35年の総額予算で考える。

このような計画が無理のない返済プランを考える上では大切です。

スポンサーリンク
サブコンテンツ

新築間取り,住宅ローン,火災保険,外構等情報

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+


YOUTUBEチャンネル公開中







一戸建てランキング
一戸建てランキング

このページの先頭へ