新築オプション工事選び方|失敗後悔回避のコツ一戸建て体験記

スポンサーリンク

新築一戸建て購入時オプション工事でも採用すべき成功方法をご紹介していきます。

新築一戸建て購入術として、オプション工事選びについて、このページをご覧いただきありがとうございます。

新築一戸建て購入時の悩みの1つとして「オプション工事」という内容があります。

しかし、初めての一戸建て購入でオプション工事なんて言われても何を採用すれば良いのか?等以下のような悩みも多いです。

新築オプション工事で節約するコツはありますか?

新築オプション工事のおすすめってありますか?

新築オプション工事の失敗後悔原因って何ですか?

このような内容を私にご相談頂くケースも多いです。

新築のオプション的要素で長い人生の付き合いに関わる大切なポイントに床材の選び方があります。

毎日歩く床。

経年劣化より、自分の足腰に関わる重要な住宅関連商品。

しかし、見た目も大切にしたい。

そんなさまざまな視点を含めて以下のような内容もご紹介しています。

新築玄関タイルの色選び方

新築キッチンの床は無垢材?

新築キッチンの床はタイル?

新築トイレの床の色選び方

新築洗面脱衣所の床の色の選び方

新築バルコニータイルの選び方

少しでも家全体の空間作りだけでなく、過ごしやすい家つくりのヒントにお役立て下さい。

外観をモダンに仕上げるポイントもご紹介しています。

新築外観モダン失敗後悔と成功法

新築外観モダン失敗後悔と成功の決定的な違い|総二階建てハウスメーカー体験記

新築外観の悩みやよくある失敗後悔をまとめてご紹介しています。

新築家の外観失敗後悔,気に入らない結果にならない為の注意点まとめ

オプション採用を考えてる方がいたら、我が家の住んで2年経ってからの後悔も参考にしてください。

新築後悔したこと設備|主寝室エアコン配置オプション注意点実例画像付き

新築一戸建て間取りの失敗後悔ランキングもご紹介しています。

新築一戸建て失敗後悔ランキング

新築一戸建て失敗後悔間取りランキングベスト10と具体的な対策や注意点

ハウスメーカーからの資料請求に興味がある方に対する内容もご紹介しています。

新築一戸建て資料請求ハウスメーカー一括請求サイト

新築一戸建て資料請求ハウスメーカー対応失敗後悔注意点

システムキッチンの価格相場や予算でランクダウンを検討する価値についてもご紹介しています。

新築システムキッチン価格予算ランクダウン

新築システムキッチン予算|価格ランクダウンや安くお得にするコツ

キッチンの成功のコツもご紹介しています。

新築キッチン成功

新築キッチン成功3大要素を業界経験者が解説

私のサイトは、新築購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、新築マンション、一戸建て行入経験、現場経験を活かし各記事をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

私達がオプション工事を採用したのに、失敗後悔した内容、逆にオプション工事を取り入れてよかったこと(成功)の違いをこのページでは見極め方をご紹介していこうと思います。

このページでは、新築オプション工事について、以下の内容でご紹介しています。

新築一戸建てオプション工事失敗後悔の原因

新築一戸建てオプション工事成功の理由

新築一戸建てオプション工事の見極め方のコツ

ぜひあなたの新築一戸建て間取り等の打合せ情報の1つとして活用して下さい。

新築一戸建てオプション工事失敗後悔の原因

新築一戸建てオプション工事

失敗後悔になってしまう内容と原因について、私の体験を通じてご紹介していきます。

失敗後悔の出やすい内容

新築一戸建てという自分の希望を伝えて形に出来る家作りなのに、失敗後悔してしまうという一見すれば、おかしいと思う方もいると思います。

しかし、実際には、失敗後悔する内容は多い。

主に、私が注意点として相談者にご紹介しているのは、以下のような内容。

壁紙(アクセントクロス等)

収納について(造り付け,装飾系収納)

間接照明の多様化

では、この3点は、なぜ失敗後悔につながりやすいのかをご紹介していきます。

失敗後悔の原因

新築一戸建てという自分の理想を考える上で選び出したはずが、失敗後悔になる。

この原因は、以下の項目が重要になります。

  • 手入れや掃除のしやすい環境で無かったため大変になった事が原因
  • 造り付け等の収納は、奥行き確認や開閉の問題を軽視して実質的に不要なデッドゾーンになった
  • 照明の綺麗さばかりに気を取られ、照明交換等のリスクを考えていなかった

つまりは、『未来予測の不足』が主な原因となります。

見た目は改善された。

しかし、実際の生活は?

この想定を間違えると結果的にはいらない邪魔な存在。

「こんな事にお金を使ったのが、もったいないと思う」

このような結末を迎えるのは残念だけでは済まない可能性もある。

使いにくい、邪魔、無い方がいい。

こうなると、撤去するためにさらにリフォームなんてこともあるのです。

ぜひこの3点は、慎重に見極めていただくことを強くオススメします。

では続いて、成功する例というのも紹介していきましょう。

 

新築一戸建てオプション工事成功の理由

「採用しておいて良かった」

この当たり前のように見える結果に辿り着く方の選ぶ目線や内容をご紹介していきます。

成功する内容

新築一戸建てにおける追加工事で成功する視点は以下の項目が多くなります。

水まわりへの加算(自動化等)

配線や配管工事を要する工事(LAN等のコンパクト収納工事、エアコンのダクト等)

出っ張りや凹凸がない家。

ではこの選び方がなぜ成功に繋がるのか?をご紹介していきます。

成功する要因1.使用目的

取り入れるべき内容は、以下の3つを軸に選んでください。

  • グレードを変えなければ手に入らない。
  • 家事や育児の手間を確実に生活の中で減らせる。
  • 将来のメンテナンスは軽減される要素。

これらの条件を明確化。

この判断ができた後であれば、失敗後悔する事なく成功に繋がる可能性が高いのです。

では最後に、見極め方をご紹介していきます。

成功する要因2.価格のバランス

間取りの打ち合わせでも早期に出てくるものもあります。

最初の間取り決定後、壁紙床材から始まります。

床の色や素材の選び方についてもご紹介しています。

新築床フローリングの色や材質選び方

新築床フローリングの色や材質選び方注意点【実例動画付】

しかし、始まりから住宅ローンだし!という勢い任せの採用をしているケースも珍しくありません。

その後、

玄関タイルや土間

水まわり

バルコニー

ウッドデッキやテラス

等幅広くなる。

このような会社と契約していると、「あれ?そんなに費用ってかかってたの?」

こんな誤算と言える計算に至る事も珍しくないのです。

だからこそ、成功者というのは、家全体に対する費用のバランスを把握できてる人。

このように伝えることが出来るのです。

でも、実際に何を必要として、何を不要とするのか悩む方も多いですね。

そこで、私から、どうやって採用、不要を決めるのかをコツでご紹介していきます。

 

新築一戸建てオプション工事の見極め方のコツ

取り入れるべきか?

辞めるべきか?

どちらかを悩んでいる最中。

こんな方の為に見極め方を私の体験談からご紹介していきます。

見極め方1.後日の工事費用

最初に取り入れなくても、慎重に考えて良い工事の代表的な基準が、後日の工事依頼の見積もり金額。

簡単な例では、

照明追加工事。

コンセント追加工事。

ガラスの取替え工事。

等の細かな電気工事やサッシの取り替え工事などにおける迷い。

理由は?

いずれの工事でも数千円~2.3万の工事で可能なケースもあるから。

この工事費用を住宅ローンに乗せれば、実際の負担金は、1ヶ月毎の支払い金額にも影響します。

よって、こうした再工事が少額の内容については、迷うくらいならやめておいても失敗後悔に直結する心配が少ないのです。

見極め方2.具体的な使用が見えない部屋

迷いが出やすい部屋というのもあります。

「実際に使う予定が未定の予備室」

予備室なのに、造り付け収納をしっかり入れてしまったせいで、他の収納目的ができなくなった

予備室だったのに、コンセントを使用状況も解らず付けたら、実際には家具で隠れて使えなかった

こうした配置や形状の活かし方を未定としているパーツの工事も積極的に採用しないことをオススメします。

未定の部屋には、最低限となる照明スイッチと照明程度で十分。

無理に部屋らしい空間に仕上げ用することはやめておきましょう。

見極め方3.見た目で選ぶ

見た目の重要性は、正直、数年経過すれば価値観も変りやすい内容。

建てる前はおしゃれに見えたはずが、引渡し後は派手に感じる。

使いやすいと思ったのに、数年建てばかがんだり腕を伸ばしたりが大変になった収納

おしゃれだと思った照明が、地震等の体験から揺れて落ちる心配が増えた

こうした見た目における選び方から、他の視点から見るリスクを軽視又は全く想定していない選び方も失敗後悔しやすいです。

ですから、見た目を重視した工事採用を迷っている場合は、見合わせる事をオススメします。

こうしたポイントをおさえておくことで、少しでも住宅ローンの負担額を軽減し、生活しやすい家作りを完成させてみてください。

もし、工事の金額や環境を通じて迷いがある場合、ぜひお気軽に私にもご相談下さい。

きっとあなたにとって生活しやすい家づくりを根拠のあるご案内ができると確信しています。

あなたのマイホームがより満足度の高い選択に繋がることを願っています。

内装工事費の加算ゼロの我が家

もうこの家に住んで4年が経過。

窓や網戸、床暖房、屋根。

全てを標準の工事の中で対応。

ほとんどすべての空間に同じ壁紙を採用。

シャッターサッシや雨戸、テラス等は一切なし。

室内をあまり賃貸の感覚と変わらない空間に仕上げた。

リフォームやリノベーションをする家族が住む家の方がテレビ周辺も贅沢かもしれない。

でも我が家はこの家が気に入っている。

ちょっと狭いけど雨の日に役に立つ程度の土間。

防犯のためには照明を人感センサーにしただけでかなり違った外構。

ウッドデッキもテラスもない。

でもその代わりにバルコニーに少しでもたくさんの物干しが可能になるように力を入れた。

マイホームに本当に必要な施工は何?

住む前に何を不安にさせていた?

どんなことも業者に依頼したら後でも設置できる。

でも予算内で対応できるなら!

この考え方が我が家には無かった。

棚も装飾はある意味どうでもよい。

快適な暮らしに必要なのは高さ、奥行き、幅にこだわる事。

電気も標準(無料)で選べる対象だけで十分。

デザイン性のあるボードなんて買っても思っている以上に使わない。

こういう対象はただ単に高くついたとしか思えない。

だったら、少しでも床のコーティングに10年、20年、30年とかける方がメリットを体感しやすい。

つい自分の目の前に現れると欲しいと思ってしまうことも少なくないはず。

でも衝動買いには十分注意してください。

暖房、冷房以外の対象では、基本は食洗器やお風呂、トイレの設備に力をいれることが重要。

それ以外は、洗濯と収納しやすい環境。

これだけがまずは最優先です。

火災保険一括見積もりサイト比較の注意点もご紹介しています。

火災保険一括見積もり|元営業が納得!おすすめ依頼サイト体験記

ネット上でいろいろな悩みを抱える人の声を確認するのも大切です。

子供部屋のロフトを悩む人のスレ(知恵袋)

パナソニックキッチンやお風呂に何が欲しい?(知恵袋)

自分の欲しいと使いやすいを比較しながらご覧ください。

この記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+


YOUTUBEチャンネル公開中







一戸建てランキング
一戸建てランキング

カテゴリー

このページの先頭へ