新築リビング照明選び方LEDダウンライト配置画像付解説

スポンサーリンク

新築照明LEDダウンライト,シーリング選び方注意点をご紹介していきます。

新築リビング照明について、このページをご覧頂きありがとう御座います。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

新築リビングの照明で迷う方は非常に多いんです。

このページでは、

新築リビング照明の選び方1.ダウンライト、シーリングどっち?

新築リビング照明の選び方2.ダウンライトおすすめの配置画像付

このおおきく2つに的を絞った内容でご紹介しています。

あなたの新築一戸建て計画のリビング照明に体験記として参考にしてみてください。

最後に、リビングについての私の関連記事もご紹介しています。

スポンサーリンク

リビング照明はダウンライト、シーリングどっちがいいのか?

新築入り便照明選び方シーリングLED比較のコツ

スポンサーリンク

 

新築リビングでオススメしたい照明パターンをご紹介していきます。

私個人がおすすめするのは、LEDプラスシーリングライトの共存パターン

新築リビングといえば、ダウンライト。

こんな新築一戸建てにイメージがある現代。

しかし、この視点は決して実用性を中心に選んだとは言えません。

その根拠は、

・リビング照明選びの注意点は、「明るさの好み」

➔リビングにいる人の好みによって、明るさはかなり感じ方が違います。

実際に、私が妻と2人だけでいる時間は、子供たちといる時間の照明の明るさとは異なる状況が多い我が家。

よって、

まずは絞り込むよりも共存する事で、明るさ選びの幅を持つことをオススメします。

新築一戸建てリビング照明をLEDダウンライトだけにすると失敗後悔の原因?

ダウンライトの調整のみでは、明るすぎて暗くするという調整よりも、暗さを好む調整が中心。

明るさを好む方には、ダウンライトだけでは暗く感じやすい場合が多いのです。

この個人の見解の違いが、将来的には、失敗・後悔の原因になっていることは多いです。

よって、

ダウンライトは、必ず明るさの体感における確認が必須な照明と言えます。

次に、リビングにおけるダウンライト照明の配置についておすすめをご紹介しています。

 

新築リビング照明選び方|ダウンライト配置

リビング照明ダウンライト

リビング照明におけるダウンライト配置についてご紹介しています。

新築一戸建てリビングLEDダウンライト配置実例

リビング ダウンライト 配置 図面

リビング照明のダウンライト配置については、大きく2つに別れることが多い。

左右の配置の意味は、照明選びにおいて、大きく異なります。

新築一戸建てリビングLED照明分散型配置の特徴

分散型を選ぶ方は、

特に間接照明を好むために採用したいと思う方が多いのです。

分散型配置の失敗ポイント

思ったよりも、全体が暗くなってしまった

この原因は、特に照明の分散図を見ていない事が原因です。

リビング ダウンライト 設置 コツ

この図面は、ダウンライト一つの有効ルクスを中心から周りにデータを数字として示したものです。(あくまでも一例)

自分のつけたい照明が自分のリビングの広さに対し、何個必要になるのか?

この答えは、

ダウンライトの光の広がりにおける有効範囲の把握が鍵

この答えをしっかり把握した上で、左の分散型を選ぶことをオススメします。

次に、右側の収束型についてご紹介していきましょう。

新築一戸建てリビングLEDダウンライト収束型配置の特徴とは?

右側の収束型でのダウンライトを選ぶ際の失敗・後悔を防ぐポイントをご紹介しています。

右における失敗が多いのは、

暗くなるのを心配して、光の強さが強いものを選んでしまい、調光可能にしなかったせいで、明るすぎて、夜目が痛い

これは、体験記がインターネット上で流れているのを気にしすぎて、暗さを恐れたケース。

やはり中央収束型の場合は、

テレビへの目線に対し、中央が非常に明るくなるため、光の向こうを見てる雰囲気になり、テレビが見づらい

という事例になってしまう可能性があります。

右側の配置を選ぶ上での失敗しないポイントは、調光可能にしておく

たったこれだけで改善できるのですが、やはり調光対応がまだまだ種類が少ないせいか、その部分に節約をしてしまう方も多いようです。

しかし、

実際の実用性に後悔をするくらいなら、このリビング照明への投資は、私は大切にしておくべきだと思います。

リビング照明が暗いと感じることは、以下の内容に直結します。

・リビングが狭く感じる原因の1つになる

・目の負担が強くなる

・セキュリティ的にも不在?と思われるリスクが高い

・人が集うはずのリビングが、自分の部屋に散り散りになりやすいリビングになっていく

やはり調光ひとつでこれだけのリスク回避が可能なら、ひとつに付き数千円の差を節約するより、投資すべきだと私は思います。

 

私がオススメする新築一戸建てリビングLED照明を選ぶ工夫のコツ

私がおすすめしたい新築リビング照明を選ぶコツを下にまとめてみました。

・あこがれよりも、慣れを優先すること。

新築リビングで初めてダウンライトを経験する場合の注意点

・あこがれだけを先行した決め方はしない

・今使っている環境の実用性を活かした家作りを目指す

・LEDダウンライトをリビング照明に活かすには必ず体感する

・LEDダウンライトの場合は、常夜灯がない事を生活に置き換えておく

・LEDダウンライトを収束型、分散型をどちらも体験しておく

以上が最低限LEDダウンライトを新築一戸建てリビング照明に遣う際の私のおすすめの選び方です。

リビングは、照明一つでかなり印象は変わります。

その影響を受ける内容(壁紙、窓、カーテン、インテリア)についても私はご紹介しています。

その照明に照らされる壁紙の選び方や収納の配置も使いやすい成功の間取りには欠かせない情報となりますよね。

 

私がご紹介するリビングの壁紙、窓、収納選びのコツ

リビング窓の大きさや配置で失敗・後悔しないコツ

リビング壁紙選びのコツ

リビング収納やカウンターの配置のコツ

当サイトの記事一覧リスト

これら全てが私のマンション生活の体験や一戸建てにおける重要にしたポイントです。

ぜひ皆様参考にしてみてください。

この記事を最後までお読みいただきましてありがとうございました。

あなたの家づくりが満足と安心の住まいになることを願っています。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


資料請求,外構,住宅ローン体験

PR
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

324人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ