アフィリエイト

火災保険を住宅ローンとセットは損!体験記

住宅ローン付帯の火災保険保険料は割高とサービス検討の余地有り!体験談

この記事をご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク

サイト管理人2児パパニッキーです。

住宅ローン適応時に、銀行から提示される火災保険保険料を払うのは損!という体験談を基に、

住宅ローンと火災保険保険料をセットにしない方がいい理由

住宅ローンと火災保険保険料を合わせて払う際の注意点

住宅ローンで火災保険保険料を支払う賢い選択方法体験談

以上の内容から2015年10月以降の値上げに基づきながらご紹介していきますので、参考にして下さい。

スポンサーリンク

住宅ローンと火災保険保険料をセットにしない方がいい理由

住宅ローン火災保険保険料

火災保険保険料を住宅ローンと組み合わせない方がいい理由についてご紹介していきます。

火災保険保険料を住宅ローンとセットにしては損の理由1.切り替えの難しさ

住宅ローンへの上乗せによる火災保険保険料の支払いは、もう昔の話になりつつ有ります。

その根拠1つ目は、銀行の制限下における火災保険を指定される状況。

銀行側の指定する条件をクリアした場合に、住宅ローンへの加算が認められるのが、上乗せ払いの条件。

しかし、

2015年10月以降は、最長が10年で切り替えとなります。

よって、

切り替えの際に負担金を含めて、銀行の許可を必要とする可能性が出てきているのです。

この点について注意しながら保険料を選ぶのは損だと確信しました。

火災保険保険料を住宅ローンとセットにしては損の理由2.繰り上げ返済への負担軽減の邪魔

住宅ローンにより火災保険を上乗せしたい場合は、住宅ローン繰り上げ返済をした際の返済金額へも影響があります。

住宅ローン繰り上げ返済の対象は、住宅ローンの元本。

火災保険保険料への保険料一括精算は対象になっていません。

よって、

せっかく住宅ローン返済を繰り上げ返済できたのに、返済後の月々の負担率があまり変わらなかった

このような体験談につながりやすいので、十分注意が必要となります。

火災保険保険料を住宅ローンとセットにしては損の理由3.条件比較も難しい

住宅ローン適応時の火災保険保険料の上乗せの場合は、決まった条件の中でしか選べません。

という事は、

せっかく新しく出来た保険の組み合わせなどを発見したとしても、適応前の場合は相談も不可になりやすいのです。

新しいサービスが火災保険の中で出る。暫く経ってから、銀行も認める。

このタイムライグは、非常に損を生む典型的なパターン。

ですから、

銀行側が提示する火災保険保険料の支払いはかなりリスクが大きいので損だと言えます。

実際私も、妻が保険の営業をしていた事があったのでこの事実を知りました。

安易に銀行で簡単に住宅ローンを組むついでの取引に火災保険保険料を入れるのは、やめましょう。

では続いて、そうは言ってももう契約を済ませてしまう時の方のために注意点をご紹介していきます。

 

住宅ローンと火災保険保険料を合わせて払う際の注意点

住宅ローンと火災保険保険料を組み合わせて支払う際の注意点をご紹介していきます。

住宅ローンと火災保険保険料組み合わせ注意点1.10年後はどうするかを考える

2015年10月以降の火災保険保険料契約条件に基づく内容として一番注意すべきは、10年後の相談。

・10年後に新たな火災保険料を払う際の住宅ローン上乗せは可能なのか?

・10年後に火災保険会社は変えず更新するだけの場合はどうなるのか?

・10年以内に火災保険会社の切り替えを検討する場合はどうなるのか?

火災保険保険料の支払うが、住宅ローン加算であることが原因で発生するリスクは、更新、解約、全てに銀行との確認が必要になる事。

よって、

自由に更新や会社の変更ができにくい条件になるような契約は絶対に避けなければいけないのです。

この他にも、

・火災保険保険料は、途中での一括精算は出来るのか?

→一括精算をした際の月々の負担額は、どのように加算額が変わるのか?

等をしっかり事前の契約時に確認しておきましょう。

このようなポイントを抑えておくことで、将来設定を必要とする2015年10月以降の火災保険保険料の支払い方法をしっかり検討しておくことをオススメします。

では最後に、このような心配をなくした住宅ローンを活用した火災保険保険料の賢い支払い方法についてご紹介していきます。

 

住宅ローンで火災保険保険料を支払う賢い選択方法体験談

住宅ローン審査での借り入れを活用して、賢く火災保険保険料を支払う方法をご紹介していきます。

住宅ローンで火災保険保険料を賢く払う方法ヒントは外構費用

新築一戸建ての場合に特に活用して欲しい火災保険保険料を捻出する方法は、外構費用見積もりを活用する方法。

外構費用の見積もりを火災保険保険料分を上乗せしたくらいの見積書で借り入れ申請する。

実際に、外構費用が新築一戸建て引き渡し時に、振り込まれる場合は、報告として義務があるわけでは有りません。

よって、

外構工事は引き渡し後に行う予定である前提としながら、見積もり額を提出する。

これだけで、住宅ローン借り入れが可能であれば、火災保険保険料は一括で支払う事が出来るのです。

さらに、

銀行の住宅ローン支払い月々負担額が増えることも有りません。

よって、

繰り上げ返済時の計画もスムーズ。

このような方法を賢く使うことで、火災保険保険料を自分の現状の預貯金を心配することなく、契約することが出来ます。

銀行に配慮した火災保険を選ぶ必要も有りません。

あなたにも賢く住宅ローンを活用して欲しいと思います。

私が特に火災保険保険料選びについて注意して欲しい事を以下のページでご紹介しています。

火災保険保険料相場を2015年体験談からご紹介

火災保険保険料目安を決める6大リスクとおすすめの選び方体験談

火災保険保険料控除の方法|会社員体験談

以上の内容で、火災保険を選ぶ際の特に大切な要素をご紹介していますので、あわせて参考にしてみてください。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後までこの記事をご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ランキング応援やお気に入り登録有難うございます。

当サイトおすすめコンテンツ

PR 新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる
    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ