住宅ローンと消費者金融履歴|審査落ちた後でも通すコツ

スポンサーリンク

住宅ローン審査に落ちた理由と消費者金融履歴について、このページをご覧いただきありがとうございます。

・消費者金融の利用歴は住宅ローン審査に影響するのか?

・消費者金融の利用がある人でも通りやすい銀行は?

住宅ローン審査について、過去の体験を心配して銀行選びに迷っている方も多い現代。

今既に1社落ちた、通らないという体験者には以下のような体験をご紹介しています。

住宅ローン審査落ちた場合,人はどうすればいい?3度目の正直成功体験

年収とはどの額面を意味するのか?についてもご紹介しています。

住宅ローン審査基準年収とは手取り?何倍まで借入可能?体験記

フラット35審査期間についてもご紹介しています。

フラット35審査日数(期間)と落ちた連絡の対処法の違い

フラット35審査期間日数|落ちたら絶望的?申込方法には要注意?体験記

スポンサーリンク

フラット35に落ちた場合についてもご紹介しています。

フラット35審査落ちた理由より大切な通すコツ

落ちたらどうしたらいい?フラット35審査よくある誤認と簡単な成功法

通らない時には自分で調べる!

この行動は危険しかない行動だと銀行から教わった体験もご紹介しています。

住宅ローン審査通らない理由を調べるのは危険だった‼銀行担当からの教え

私のサイトは、新築購入時の住宅ローン審査についての2度落ちた体験や頂いた口コミなども含めて少しでも審査に通すコツや方法をご紹介していきたいと各記事をご紹介してます。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

この記事では、住宅ローン審査基準における消費者金融の利用歴と落ちた、通らないという関連性について、以下の内容でご紹介していきます。

住宅ローン審査基準優先順位では消費者金融履歴は第何位?

住宅ローン審査基準消費者金融履歴が落ちる、通らない理由?

住宅ローン審査基準消費者金融履歴を含めて審査を通過させるコツ

消費者金融は全てがマイナスではありませんので、まずはじっくりご覧ください。

スポンサーリンク

消費者金融履歴優先順位

住宅ローン審査基準消費者金融優先順位

住宅ローン審査基準にも優先順位があります。

消費者金融の履歴は、何位かというと、第9位。

ランキングは、10位までを見て、9位ですので、重いかというと重さは低いわけですが。

では、なぜ住宅ローン審査基準で消費者金融等の問題がみられるのか?

という点で、落ちる、通らない理由と合わせてご紹介していこうと思います。

住宅ローン審査基準優先順位で順位が低い理由

住宅ローン審査に対し、消費者金融の利用歴がこんなに低い理由。

この実態を簡単にご紹介していきます。

住宅ローン審査基準における消費者金融利用というのは、利用歴が問われるのではありません。

問題となるのが、以下の項目。

・現在の残債や月々の返済額(返済比率)。

・滞納,遅延等の発生に伴う信用情報への影響。

こうしたポイントが問われているのです。

ですから、消費者金融を利用したから、住宅ローン審査が必ず落ちる、通らない。

この結論は急ぎ過ぎなのです。

過去に借入はしたが、完済している。

この条件があれば、特別意識しておくべき項目ではないのです。

さらに、7年以上前(5年ともいわれますが安全のために)のデータは、消える可能性もあるのです。

ですから、消費者金融利用歴がすべてレッドゾーンという考え方は行き過ぎた考え方なのです。

消費者金融以外に問題視されるNG

最近は、スマホや車などあなたもご存知かと思いますが、さまざまな商品が分割決済で払っていけることが増えている。

しかし、その後の以下のような内容について、次第に審査の目が厳しくなっている。

  • 賃貸の家賃を支払う事にも影響を与えているギリギリの生活者の増加。
  • 残りの返済を一括で行ってくれる可能性がほぼ不可能な状態。
  • 自動車ローンでも引き落としが滞っている現実。

このように、意外と中小企業の移動や転職などを繰り返した先に責任を負うことがm図かしくなり、多額の借金が残り続けている人も増えている。

あくまで消費者金融は利用していない。

でもあらゆる借入に対して、きちんと計画が建っているとは思えない状態。

このような人は、あなたの住むエリアの近くにもたくさんいらっしゃいます。

単に信販会社から借り入れをした分は問題ないだろうとは思わないで欲しい。

とにかく、家具家電も含めたすべての借入金額と毎月の返済額を再度必ずチェックする。

そして、申込の際の書類には見落とす項目がないような準備をきちんと整えることが重要。

各会社ごとの詳細の金額を即答できるくらいの管理をお奨めしたいです。

ではもう少し具体的に、消費者金融利用が原因で住宅ローン審査に落ちる要素をご紹介していきます。

 

消費者金融履歴が落ちる理由?

 

消費者金融履歴が全て悪いわけではありませんが、問題視されやすいケースをご紹介していきます。

住宅ローン審査基準における消費者金融履歴が不利になるケースとは?

消費者金融の履歴でも特に悪質とは判断されやすいのは、

・複数社からの借り入れ履歴の頻度。

・滞納、遅延をしてる回数が多い人。

・返済完了をできていない人。

・返済期間が長い計画を立てている人

このような条件に該当している人への住宅ローン審査の連絡は早いです。

通常、1週間から10日程度かかる事前審査(仮審査)。

しかし、こうした条件のある方への連絡は、3,4日。

銀行からすぐ電話で連絡が来ます。

なぜこうした履歴があると住宅ローン審査に落ちてしまうのか?

この答えは、銀行側は、不良債権化リスクを考えるため。

ただの紙切れになってしまっては、結果的に銀行は利益を得られずに終わります。

そのリスクを避けるために金銭管理がマイナスになりにくい生計を基板としているかを調査しているのです。

あなたがもし、上のような条件を繰り返す人に、長い期間をかけた借金をさせてあげたいか?

この逆の状態を銀行をリスクとして考えます。

しかし、銀行がすべてリスクばかりではなく、利益を生んだ銀行、さらに取引の一つとしてみる銀行も存在します。

その場合は、大きなリスクにはならず、融資実行までの完済を条件。

というケースも有ります。

でも実際に、このような銀行を表面的な情報で探すのは無理。

よって、このような経験を1度でもしている方は、より慎重に2社目の銀行を選ばないとどんどん不利になります。

では、どうしたら、住宅ローン審査が通るのか?

をご紹介していきましょう。

 

住宅ローン審査に通すコツ

 

住宅ローン審査基準における消費者金融履歴を含めても、審査に通過させやすい方法をご紹介していきます。

消費者金融履歴のある人が受けるべき住宅ローン審査のコツは銀行に行かない

消費者金融の利用履歴のある方が、正直に話す事をしても、決して銀行にはいい印象はありません。

「問題要素を念入りに確認しておく必要がある。」

相手は、このようにとらえるだけ。

これでは、正直者がバカを見ると同じこと。

さらに、黙っていたら更に立場は悪くなります。

「嘘をついた人。通す訳にはいかない」

こうした内容から、銀行に行かない事を選択しておかなければいけないのです。

では、実際の進め方をご紹介していきます。

消費者金融履歴のある人が受けるべき住宅ローン審査のコツはネットで申し込む

銀行に行かない審査を受ける方法は、ネットから住宅ローン審査を申し込む方法。

ただ、1社ずつ申し込むのは全くの無駄。

私がおすすめするのは、複数の銀行への一括申し込みによる方法。

なぜこの方法が、消費者金融履歴対策につながるのか?

その根拠は?

実際に私自身が2社落ちた時に、聞かされた銀行担当者でさえ、「この方法のほうがいろいろな意味で交渉条件を引き出すことにつながる。」

明言したことがあったこと。

実際私も通りました。3社目にして審査通過を体験したのです。

私が実際に3回目にして、住宅ローン審査を通した方法

私の親友が勤続年数1年で通過!フラット35の秘策

以上の2つの方法が、消費者金融履歴をあまり問わない銀行へ審査を投げるきっかけには最高の舞台。

あなたの住宅ローン審査を通りやすくするのは、競争させること。

ぜひ、実践して、勝ち取ってください。

時代の流れにおける変化

金融機関によっては、カードローンを行うのも当たり前になってきている時代。

借り入れも一覧ですぐに個人の情報を確認可能。

当然、対応の中でも遅延、延滞を繰り返しているような人には信用も失う。

収入があればよいということではありません。

単純に借り入れたらきちんと完済する。

この常識を絶対と言わない人には厳しくなるのは当然の流れ。

審査基準の優先度では低い存在。

キャッシング機能を頻繁に利用する人。

大手のプロミスやアコム、アイフルなどのATMを頻回に利用する人。

この現実がすべて悪いわけではありません。

ご利用は計画的に!なんてCMでも言うのは、あくまで計算ができる範囲なら申込の履歴があっても良いという解釈でも問題はない。

あくまでチェックされているのは、借りる金額が返済に難しいと感じる金額になっていないかどうか?

さらに、遅延、延滞という流れの先にまた違う金額を異なる金融業者から借り入れをしている。

ただ一時的に返済日前後の忘れやすぐに払っているなどの間違いレベルは問われない。

しかし、これも続けるということは管理にもやはり問題があると見られる可能性はある。

こういう人向けには長期の返済予定に不安があっても当然のこと。

即日の回答は事前も本審査も行っていないとは言っても、通ってしまえばよいという資金管理の問題は大きくマイナスポイントになっていく。

多くの人がローンを組む事に対して、将来のことも知って申し込みをしているわけではない。

しかし、あくまで返済をする責任を利息を含めてきちんと対処が可能であると誰の目から見ても大丈夫と保証するような情報が欲しい。

申し込んで通ったらそれでおしまい。

ブラックになっても別に数年経てばまた借り入れができる。

こんな考え方を持つ人が最近は実際にいる。

事前申し込みで問われる現実

やはり次から次に借入に手をつける人はいくら公務員という職業でも関係ない。

大手株式会社の社員だからプラスになるなんてことも本当は存在しない。

申込みをして、家の担保力も含めて、指定の第三者の機関も事故にならないのかの確実性とリスクを少なくできる状況なのかを確認しているだけ。

つまりは、上記の質問に対して、きちんと登録されている情報からも正確なデータを回答できない人には借入れを許諾することは難しい。

信用情報機関以外の重要項目

結果最後の借入れ審査の際には、土地や家の担保に対する評価の違いが出てくるわけです。

いくら個人がかなり年収が低いと気にしていても、勤務の年数や健康条件も問題ない。

さらに、年齢も全く問題ない。

他社の借入れもしているが返済完了。

結果、貯金の残っている口座残高を見てもギリギリというわけではない。

このような生活面でもきちんと安定を見せる状態があれば、当然枠を用意しても自己破産リスクは少ないとみられることもある。

実際に当人に問題や違反も全くない。

しかし、あまりにも担保力が低い。

この場合は、どんなにその人が安心できる条件でngを出すような項目がなかったとしても対応としては断らなければいけない事案も出てくる。

この対応は正直かなり時間をかけた慎重な対応をしていることも多い。

できるならもちろん通してあげたい。

しかし、担保力が低く、申込む時期よりこの先は確実に下がり続けるエリアであることも想像出来る。

こうした点は、全国どこの情報センターも気にかけている内容であり、ある意味、利用者が土地活用の知識も気にしていかなければいけない問題点となる。

今日の記事はここまで。

最後までご覧頂きありがとうございました。

それでは。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

新築間取り,住宅ローン,火災保険,外構等情報

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+


YOUTUBEチャンネル公開中







一戸建てランキング
一戸建てランキング

このページの先頭へ