転勤で家を売却?検討注意点や決断要素!成功体験記

スポンサーリンク

転勤族。

自分の住まいを手に入れた後にもまた引っ越し。

自分の家に住めない状態になった人はどうしているのか?

マンションだけど賃貸にするのは面倒と思う人もいる。

以下のような考え方がその典型例。

  • 物件を複数保有して住宅ローンをいくつも抱える事は現実的ではない。
  • 売る方が気が楽。
  • 購入した価格より高く売れるなら先に売れる時に売ってしまう方が楽。

この考え方は確かに保有する物件のエリアや家賃相場などを先にチェックしているなら賢明なケースもある。

これまでにも転勤族の家の購入については、以下のような内容をご紹介してきました。

転勤マンション売るか貸すか体験記まとめ

転勤でマンションは売る?貸す?体験者が解説

転勤族家はどこに用意

転勤族の家はどこに用意するべき?進学と老後の問題の軸

転勤族持ち家購入は新築?中古?マンション?一戸建て?

転勤族の持ち家購入子供の年齢的理想

転勤族持ち家タイミングと子供

転勤族の持ち家タイミングで子供と妻が苦しんだ末路相談体験記

新築マンション購入体験記まとめ

新築マンション購入注意点まとめ体験記

物件を手に入れる時には住宅ローンを利用して購入している人も多い。

でも先の家賃の相場が全く見えない。

情報が足りない。

住んでいくつもりで購入した。

このような人にとっては、今の自己所有の不動産が収益物件というよりもお荷物という考え方が先になる事もある。

当然査定の額によっては、売却をしてもローンの満額にたどり着かない事もある。

何を気を付けて考える必要があるのか?

実際に賃貸化を継続して安定した家賃収入を今でも継続している体験者が解説していきます。

転勤で家を売却する目安

転勤家売却検討

不動産というのは、あくまで転がす対象という見解がある。

多くは、一戸建てではなく、マンションを今保有している人が検討可能な考え方。

あくまで築10年から15年以内。

さらに、最寄り駅から徒歩3分、5分、7分。

この数字が目安になってくると思います。

この対象の物件あら、この先の都市計画を含めた上で今の査定相場をチェックする価値があると思います。

 

転勤で家を売却するリスク

転勤家売却リスク

不動産を売れる時に売るというのは間違いではない。

でも実際に売却して利益が出たら税金が発生する。

何か理由があって売却をするなら、この情報もきちんと把握をする必要がある。

支払いの問題は多角度に確認

売却した時にローンの残債を一括で精算する。

この場合でも手数料が発生するケースがある。

さらに、査定を出してもらった上で、売却が確定した場合にも査定額から所定の手数料が差し引かれる。

つまりは、自分の手元に戻る金額は、数万単位で誤差が発生する。

その上で、翌年には、税金もかかる。

一定の利益を見込んで売却を検討したい。

この考え方なら、より詳細の情報を相談しておく必要がある。

シミュレーションは数ヶ月単位でチェック

いつのタイミングで売却をするのが得なのか?

今なのか?

それとも数ヶ月後に予定をするべきなのか?

私もマイホームをマンションも注文住宅も新築で購入しています。

そして、マンションはリフォームも必要なく、貸し続けています。

この時に自分自身が実際にその時の残っている残債を含めて買取の金額を何度も査定を出してもらうようにしました。

何故そんなことをしたのか?

この答えは、相場の変動は1年以内で起こる事が分かっていたから。

不動産市場にも貸しに出したいとか買っておきたいと検討する人の流れがあります。

特に、気にしてほしいのは、1月前後と9月前後の2つのタイミング。

この時には、賃貸に住み続ける人だけでなく、社員が転勤を要する企業が新しい物件の購入を検討する時期でもあります。

こうなると、いくらか若干相場が上がりやすい事があります。

タイミングを間違えてしまうと、1年以内でさらに高く売れたという事がある。

安易に高くなっているというシミュレーションを見て即決するのはリスクです。

必ず数ヶ月から1年の値動きをきちんと把握する。

この点が住まいを少しでも高く売れる条件を見極めるためのポイントになります。

 

転勤で家を売却するタイミング

転勤家売却タイミング

自分はもう新しい場所で住みながら、新天地で仕事をする。

そうなるともう管理費などを払っていても何もしない。

結果、利用しない家を借家にするよりも売れやすい時に売っておく事が得なはず。

この考え方はあくまでも夫の精神的ストレスという面では大切になる。

しかし、先ほどもお伝えしたように、売却は時期により実際に価格が変動する。

査定を出した時点でその金額を保証するというサービスはなかなか少ない。

中古マンションの実際の数を調査

実際にそのエリアにはどの程度の物件が存在している?

これから先もしばらくは、新築の分譲マンションの建設が予定されている?

このような内容は、自分の物件が中古という対象でも希望する人が増えるのかどうかを見極めるために知っておいてほしい。

もう建設が決まっている時には、以下のような内容もチェックする事が売却のタイミングを見極めるコツになる。

  • 角部屋もすぐ隣にマンションが建ち、日照条件が大幅に変わる。
  • 隣にさらに高層のマンションが建つことが決まっている。
  • 自分の家よりも駅に近い場所に建てられる物件がある。
  • 単身赴任向け?ファミリー層向け?等の物件の主要客の違い。

このような流れが実際に調べられる状況になっている。

だからこそ、今家族を連れて引っ越しをするような家族が購入したなら、その後の周辺の物件の条件を見極めるのも大切。

慌てて売却をしなくても売却の査定額に影響するような条件が多く出ていない時に慌てて売っても安くなるだけ。

このように考えるなら、時期を待って落ち着いてからじっくり賃貸を含めて検討する方が冷静な判断だと思う。

不動産関連は投資目的も注目

売却を考えるなら、あえて賃貸化してから考える事も検討候補になる。

なぜか?

単純に不動産というのは、いくつかの購入目的が存在する。

  • 別荘など一時利用のセカンドハウス。
  • 賃貸を目的とする投資用物件。
  • 買ってすぐに売って売却益を目的とする投資。

このように、さまざまな目的を持って購入している人が存在する。

あくまで一括で購入できる人達は、どんどん大手の物件を購入してすぐに売却をするという事を実践しているケースもある。

そこで重要なのは、以下のような情報。

  • どのような者がその地域エリアに注目をしているのか?
  • 投資物件サイトに実際に自分の所有物件が出ているのか?
  • どのくらいの割合の人が実際に売っているのか?

このように自分の自宅を買うという一般の考え方だけでなく、近年は相続税対策を含めた投資目的を含めてお金の流れをチェックする。

こうすると、今の自分の購入した物件の価値がいろいろな角度から把握できるようになる。

その状況を見ても正直この先大きくお金の動きが変わる様子がない。

こうした場合は、早めに手放して買い替えを検討する事が大切。

しかし、投資物件として人気のエリアなら、あえて賃料を設定しながら、多少の利益を作ってから売主になっても損はない。

売主が意識するべき将来設計

最近は、中古マンションをリノベーションして住むという方法に目を向ける若者が増加している。

こういう人たちは、新築とは違い、あくまで安い物件を探す。

あえて修繕を行って自分が住む。

この目的の選び方が高まるエリアも地元の情報だと何となく住んでいてわかってくることもある。

自分が住むという目的がある人が多いエリアにもう既に築浅から築年数の長い物件が多数あったら?

この場合は、企業の数や大手の会社の存在を確認する必要がある。

資金のある会社が転勤族を受け入れるための物件購入活動をしているか?

このような内容も場所を中心に必ずチェックしておく。

私はこのような内容を全て計算した上で、購入して2年目の時期に賃貸にする事を決断した。

将来に何もなければこのエリアは必ず人気になる。

こう思えるような要素があれば、大きなトラブルになる事を避ける程度の賃貸化をしておくことも大切だと思う。

資産運用。

この言葉をじっくり考えて行動してみてください。

今回の記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事を読んでくれてありがとうございました。

 

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+


YOUTUBEチャンネル公開中







一戸建てランキング
一戸建てランキング

カテゴリー

このページの先頭へ