ローン残債ありの家を売却するおすすめの方法|転勤前のスピード対応策

スポンサーリンク

転勤族。

自分の住まいを手に入れた後にもまた引っ越し。

自分の家に住めない状態になった人はどうしているのか?

マンションだけど賃貸にするのは面倒と思う人もいる。

以下のような考え方がその典型例。

  • 物件を複数保有して住宅ローンをいくつも抱える事は現実的ではない。
  • 売る方が気が楽。
  • 購入した価格より高く売れるなら先に売れる時に売ってしまう方が楽。

この考え方は確かに保有する物件のエリアや家賃相場などを先にチェックしているなら賢明なケースもある。

これまでにも転勤族の家の購入については、以下のような内容をご紹介してきました。

転勤マンション売るか貸すか体験記まとめ

転勤でマンションは売る?貸す?体験者が解説

スポンサーリンク

転勤族家はどこに用意

転勤族の家はどこに用意するべき?進学と老後の問題の軸

転勤族持ち家購入は新築?中古?マンション?一戸建て?

転勤族の持ち家購入子供の年齢的理想

転勤族持ち家タイミングと子供

転勤族の持ち家タイミングで子供と妻が苦しんだ末路相談体験記

新築マンション購入体験記まとめ

新築マンション購入注意点まとめ体験記

物件を手に入れる時には住宅ローンを利用して購入している人も多い。

何を気を付けて考える必要があるのか?

実際に賃貸化を継続して安定した家賃収入を今でも継続している体験者が解説していきます。

スポンサーリンク

家売却方法転勤族おすすめサイト

 

  • ローン返済が残っていても不動産会社に相談できる?
  • 依頼して短い期間で手続きから契約完了する会社はどこ?
  • 金融機関に相談する前に対応してもらいたい。

将来の可能性の話から急な転勤が決定した方だけではありません。

  • 相続
  • 離婚
  • 金銭的事情
  • 資産整理
  • 借地権
  • 低地兼
  • 再建築不可
  • 事故物件
  • 共有持ち分
  • 空き家
  • 任意売却
  • 立ち退き交渉が必要

こんなお悩みにも対応してくれる会社が1つあります。

転勤族家を売る転勤族家を売る
 

家を売却するポイント

転勤家売却検討

不動産は、転がす対象という考え方もあります。

一戸建て、マンションを今保有している人が検討可能な考え方。

  • 築年数も問わない。
  • 最寄り駅から徒歩3分、5分、7分より遠い物件も対応が可能。

少しでも高い査定額を出せる可能性を知ることが重要。

短い期間を意識

賃貸にするべきか迷う人には注意すべき点があります。

オーナーとして経験したのが以下の問題。

  1. 媒体に出す。
  2. 募集に対して反応はわからない
  3. 転勤先の転居に間に合わない

これは不動産会社に仲介を依頼する際にはよくあるパターン。

家の売却と賃貸どっちがいい?

この問題を抱えた時には、まずは購入してローンの残債の有無を問わず売却の査定額を知ることが先。

この査定額を知った上で物件の賃貸額を知ることが重要。

 

家を売却する注意点

転勤家売却リスク

依頼する方法における注意点を解説。

無料で一括査定より早い

複数の不動産会社に無料で一括依頼。

この方法も確かにあります。

しかし、転勤というケースを考える際には、以下の違いがあります。

査定 契約 決定
一括査定 複数の会社と立ち合いが必要 迷いが多い 遅くなりやすい
一社限定 複数の会社に先に相談してくれる 高くなる会社を限定して内覧も可能 残債ありも相談の上なら早い

 

家を売却と賃貸比較|判断基準

転勤家売却タイミング

まずは転勤が決まって今住んでいる状況なら、早く行動をしないといけない。

査定に出すとしても短い期間で戻る可能性があるなら賃貸も考える。

賃貸と売却比較のポイント

しかし、賃貸は戻ってから自分たちが住める形が理想。

この考え方は以下のポイントを重視することがコツ。

  • 立ち退きを依頼しない形で相談が可能な相手を探す必要がある。
  • 税金等所有している期間に自分たちにかかる税金の負担等も考慮。
  • 銀行のローン金利は新築住宅の時よりも高い。
  • 借り換えの手続きが必要。
  • もしリフォームや修繕、修理を求められた際にも対応が必要。

通常の生活をしていたとしても貸すということは以下のリスクも抱える。

  • 自然災害に伴う被害リスク
  • 戻った時の自分たちの住み替え先。

このように、貸すということはそれなりの知識が必要になる。

しばらくの間不在で単身赴任をするのとは違う。

かなりのハイリスクになる状況もあります。

リスクを最大化して比較する。

これが将来の安心を考える時のポイント。

中古マンションは管理費なども考慮

  • 空き家になるのが怖い
  • 管理費等が上がる可能性もある時期
  • リフォーム等の資金までは用意できていない

この3つの状況で賃貸化するのはハイリスク。

特に、今現在の管理費と同じ費用で計算すると損をする可能性がある。

この点も借り手を選ぶ以外の家賃相場との問題があります。

賃貸から売却検討のハードル

他人に一度貸してから売却しても遅くない。

  • 築年数が1年、3年、5年など浅い状態
  • 今もまだ人気のエリア
  • 資産価値もそれなりにある状態

このような状況で、賃貸に出したあとには貸したら、新しく済む人はなかなか出たがらない。

お金に困ってきたからそろそろ売りに出したい。

こう思っても簡単に出せない。

オーナーチェンジとして出しても良いが、平均的にかなり値段が下がる。

オーナーチェンジ物件の相場は、家賃1年分×10倍。

つまりは、10年程度で元が取れる状態になるのが市場の平均。

つまりは、

月額15万円で賃貸中なら、180万円×10年=1800万円。

このくらいの価格で査定額を出してくる不動産会社が多い。

いくら設備や諸費用があるとなっていても現在の賃借人がいる状態で家賃もその計算でチェックされる。

よって、築浅でもなかなか高値で売るのは難しい。

大きな損をする可能性もありますので十分注意が必要です。

ですから、まずはもう1つの物件を自分自身で購入する方法を検討するほうが簡単なのです。

転勤で家を売る
今回の記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事を読んでくれてありがとうございました。

 

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

このページの先頭へ