転勤族の持ち家買うおすすめのタイミング

スポンサーリンク
  • 転勤の多い会社に就職している。
  • いつか自分も落ち着いて1つの場所で済み続ける環境がほしい
  • 自分の財産になる不動産が欲しい
  • 老後になる前に持ち家は確保しておきたい

でも今すぐ家を購入しても結果的にすぐに配置転換される可能性があればマイホームに住めない!

ではどうすればいいのか?転勤族にとってマイホーム購入はタイミングが非常に重要。

どうすればいいのかを解説していきます。

スポンサーリンク

家買うタイミング|わが子の年齢と将来

転勤族持ち家のタイミング

スポンサーリンク

子どもがいる妻帯者にとって、転勤はかなりの精神的なストレス。

  • 単身赴任による奥さんへの負担
  • 子どもが寂しいという言葉
  • 何度も転校をさせることへのリスク

まさしく親の都合という言葉そのもの。子どものことを最優先に考える時、こんな不安もありませんか?

  • 第二子、第三子の誕生に合わせる
  • 年齢として上の子が何歳になったら
  • 中学、高校、大学の進学に合わせて

腰を据えて自分たちが生活できる環境を考えるのがポイント。

20代、30代が若いとは言えない住宅ローンの問題。自己資金と将来の生活資金ができたかどうかも重要になりますよね。

我が家の体験

子どもにとって、最初の難関になるのが幼稚園、保育園の入園時期。自分の身の回りにいる大人も増える。子ども同士の世界観や友達を作る経験の最初の段階。

  • 「入園前には家を買っておきたい」
  • マイホームを建てて同じ場所で生活できる安心が欲しい
  • 実家の近くで面倒を見てもらえる環境が必要

3年間の保育の生活の中で、友達が転園するという言葉を私も何度も耳にしてきました。子どもの中でもやはり友達がいなくなることは少なからず影響を与える。

別れというのは子どもたちでも辛い経験です。まずは入園の時期を検討候補にしましょう。

高校進学時期

  • 進学校に進む
  • 地元に学校がない
  • やりたいことをやらせてあげられない。

親にとって、小学校、中学の義務教育を終えた後には学費や通学の交通費などハードルが一気に上がる可能性もあります。

しかし、中学までの子どもたちとは違い、もうある程度大人のことも理解している世代。将来の自分のために何が必要なのか?この答えが見えている子供たちなら、理解をしてくれる可能性は高い。

でも自分の年齢と住宅ローンはどうなる?

これが親の都合で早めるかどうかの判断ポイントになると思います。

 

家買う年齢と住宅ローン審査の問題

転勤族持ち家タイミングと子供

  • 貯金はできたし頭金もある
  • でも一括でマイホームを購入するのは不可能
  • 老後や引っ越した後の生活のための資金も残したい

多くの人がマイホームを購入する時に住宅ローンを利用します

しかし、転勤族には大きな壁となる可能性もあります。

  • 転勤リスクは銀行も確認をしてくる
  • 海外などに家族と一緒に行く時は売却?賃貸?
  • 自分の年齢と団信(団体信用生命保険)加入条件は?
  • 不動産の担保力

上記はすべて審査に影響を与える項目。満80歳となる年齢制限では45歳がリミット。

この条件は、全国関係ないのです。

まずは自分たちが何歳までローンを返済する生活をするのかを考えることも重要です。

 

家買うのは定年後?一括と子供たちの価値

転勤族持ち家理想

自分たちがもしこのまま転勤を許容し、子どもたちが成人になってから落ち着いて夫婦二人暮らしを検討するとどうなる?

この答えは家庭環境によって大きく異なると思います。

子どもの価値観と世代ギャップ

20代から40代も自分たちの親の世代と意見が合わないということは多いはずです。会社に勤めることが終身雇用としての安心とは言えなくなりました。だったら、今ある補助金や制度を活用するほうがマイホームを手にすることができるという考え方もあります。

  • 子どもたちが転校や転勤という言葉に慣れているのか?
  • お金を稼ぐために必要なことと割り切れるのか?
  • 家賃補助で暮らすという条件の価値をどう感じているのか?

この辺りは、小学生高学年くらいから理解するようになっていると思います。

子どもたちがどう思っているのか?親の自分たちの老後は地元に戻るのかどうか?こうしたことを考えることが重要です。

 

マンション、一戸建てを比較した感想

今の私たちは、マイホーム購入を第二子妊娠中に計画。その後の生活において転勤がない状況で生活をしています。

定年までの生活を考える。それよりも子供の性格や考え方を観察したらこれでよかったと思っています。

  • 子どもの可能性はネットでオンライン学習も可能
  • 大学も通信型に切り替わっている
  • お母さん一人に家事、育児の負担を背負わせない

この3つを考えると後に自分たちがローン返済をしなくてすむ環境を手に入れたことがよかったのだと思えてます。

同じような悩みを抱えている人の声を見るのも参考になると思います。

個人的な物件選びのおすすめ

私なら、今の時代に沿った考え方なら、住み替えを意識している人にはマンション一択だと思っています。

さらに言えば、中古マンションのほうが理想です。

なぜか?

  • 賃貸でも売却でも物件の価値があれば資産化することが可能
  • 住み続けるという意識よりも住み替えにより自分たちの理想の土地や場所を探せる

私たちは今自分で暮らす場所のことしか知りません。もっと恵まれた落ち着いた環境があるかどうかはわからない状態。

だったら、少しでもリノベーション等を楽しむことや年齢に合わせたセキュリティ等を考慮できるマンションのほうがメリットが多いと思います。

引っ越しをする際の手間や契約の切り替え、住所変更の手間、保険の加入に近所とのトラブル。

言ってしまえばきりがないほど次の転居先にも問題が起こる課題は多い。

でも最悪高く売ることができる物件を見つけ出せたら正直数年で手放すことも苦はない。

夫婦2人に必要な間取りと子どもたちみんなで暮らす家では価値が違う。だったら、金額もリノベーションの費用もよく考えた上でマンション物件選びをするほうが得が多いのでは?

これは日本全国どこで探す人でも共通で思ってる事ではないでしょうか?

私はマンションナビの無料登録をして、自分の気になるエリアを常に検索して市場をチェックしています。

マンションナビ

同じような悩みを抱えている方のスレもご紹介しています。

乳幼児3人のいる家庭のマイホーム購入計画はいつ?(知恵袋)

最後まで記事をご覧頂きましてありがとうございました。

 

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

“転勤族の持ち家買うおすすめのタイミング” への2件のフィードバック

  1. ミスターP より:

    こんにちは。
    私も、持ち家を売却してしまい。
    良かった、いや後悔・・・。
    を繰り返していたのですが、読んで少し気分が軽くなりました。
    ありがとう

    • wpmaster より:

      ミスターP様

      コメントありがとうございます。

      確かに売却という決断はいろいろな感情があると思います。

      今色々な角度から弁護士等にも相談しながら、より皆さまが安心して住まいを

      持ち続ける方法を指導いただいております。

      今後もより最適な選択肢が生み出せるよう情報配信をしていきたいと思います。

コメントを残す

このページの先頭へ