富山県ローコスト住宅メーカーおすすめ【2022】

スポンサーリンク
  • 予算を守りたい
  • 要望も叶えたい
  • ローコストで家を建てたい

富山県でもローコスト住宅の需要が高まっています。

この記事では、富山県内でおすすめしたいローコスト住宅会社を厳選して以下の目次でご紹介しています。

富山県を施工エリアとする注文住宅メーカーの選び方

ローコスト住宅メーカーを選ぶ時の注意点

富山県内で人気のローコスト住宅メーカー

富山県内ローコスト住宅メーカーおすすめ

ローコスト住宅購入後の失敗後悔注意点

スポンサーリンク

富山県を施工エリアとする注文住宅メーカーの選び方

おすすめの選び方と注意点

工務店もハウスメーカーもたくさんありすぎて違いがわからない。

初めての家づくりを検討する人にとっては、建築会社を選ぶことも当然初めての経験。

まずは、工務店とハウスメーカーの違いや特徴を把握することから始めましょう。

工務店ハウスメーカー比較や違いまとめ

スポンサーリンク

いろいろな分類方法がありますが、今回は以下の3つに分類します。

  • ローコスト住宅メーカー
  • 工務店
  • ハウスメーカー

それぞれに特徴があります。

分類 価格 品質 提案力 アフターサポート
ローコスト 表示と実態が異なることもある 標準仕様が大きく異なる 会社によって差がある 会社によって異なる
工務店 2000万円~2500万円以上 価格と品質重視の会社もある 会社によって差がある 有償メンテナンス期間が異なる
ハウスメーカー 2000万円~3000万円以上 工場生産を採用する会社もある 全国の実績から相談が可能 50年、60年と長期の会社もある

紹介サイトは要注意

紹介サイトとは、スーモカウンター、イエタテ、タウンライフ、ライフルホームズ等の一括資料請求系サービスや相談カウンター。

どうしてこういう会社を使うのが要注意となるのか?

いくつかポイントがあります。

  • 紹介手数料を建築会社に請求して成り立っている
  • 契約者の割引率や値引き額が減額する可能性もある
  • 紹介会社のスタッフは素人である可能性もある

住宅相談カウンター等の口コミを見ても、当たり外れがあります。

スーモカウンター評判,口コミが悪い理由|相談しない方がいい理由

ライフルホームズ評判|注文住宅資料請求サイト価値見極め方

タウンライフ家づくり評判,口コミは嘘?騙されないための注意点

地方で展開している小さな会社も同様です。

仲介手数料がある。

これは、契約者にとって何も得はありません。

 

ローコスト住宅メーカーを選ぶ時の注意点

注意点

富山県に限らず、ローコスト住宅の会社は増えました。

しかし、チラシに記載されている坪単価表記には注意が必要です。

坪単価のよくある誤認

坪単価の計算方法は会社によって異なります。

例えば、

  • バルコニーをカウントしないという会社もあります。
  • バルコニーは室内と同じ坪単価で計算する会社もあります。
  • バルコニーを外構工事費として別計算する会社もあります。

たったこれだけででも数万円は変わってきます。

本体価格、諸費用、その他の費用経費

家を建てるには、いろいろなお金がかかります。

具体的には、新築一戸建て諸費用いくら?ハウスメーカー体験記にてご紹介しています。

  • 頭金
  • 住宅ローンの印紙代
  • 司法書士への報酬
  • 工事前の申請手続き費用
  • 地盤調査等の外注費

などさまざまな経費があります。

それを全くカウントせずに、月々〇万円台から建てられる家づくり。

こんなキャッチコピーを見せている会社が多いので、注意が必要です。

富山県内で人気のローコスト住宅メーカー

富山県内で人気のローコスト住宅メーカーを調べる際の注意点をご紹介します。

不動産情報サイトのランキングの実態

不動産情報サイトでも地域別のランキングを紹介しています。

しかし、この中身は、何を根拠としているのかが重要。

  • アクセス数
  • 資料請求の数

などが一般的です。

消費者が知りたいのは、実績(棟数)ではないでしょうか?

しかし、そのデータを全て外部に伝えているわけではありません。

つまり、ランキングを見る際にも、根拠を確認することが大切です。

 

富山県内ローコスト住宅メーカーおすすめ

 

住宅メーカーをいくつかご紹介します。

会社名 坪単価目安 おすすめの理由
秀光ビルド 29万円~ 勢いのある会社
規格型住宅を積極的に採用している
無駄なオプションが少ない
パパまるハウス 31万円~ ベーシックな家づくりを目指す人におすすめ。
派手さや綺麗さよりも住みやすい最低限を重視する人におすすめ
インカムハウス(石友ホームグループ) 50万円~ ハウスメーカーではなく地元の会社を探している方におすすめ
フレンドリーハウス(石友ホームグループ) 45万円~ 二人暮らしの新築専門会社
フジ創アイノス 40万円~ 土地付き新築住宅(建売)が多い
チューリップハウス 43万円~ 標準が自由設計の会社

それぞれコンセプトが異なります。

秀光ビルドやパパまるハウスは、他のエリアでも口コミ,評判がたくさん出てきますので、ちぇっくしておくことをおすすめします。

セカンドグループは要注意

ローコスト住宅会社の中には、大元が注文住宅を主に展開している会社もあります。

つまり、親会社ではローコストではない、標準機能。

ローコスト住宅専門の会社を立ち上げている。

このような会社もあります。

この場合、人材が本当に確保できているのかが心配。

どうやって確認するのか?

この答えは、アフターサービスの口コミ、評判を調べるとわかりやすいです。

例えば、

  • 連絡が来ない
  • 対応が遅い
  • 修理、修繕をしてくれない

などの口コミがあるか同課を確認しましょう。

 

ローコスト住宅購入後の失敗後悔注意点

新築ローコスト住宅失敗後悔原因

富山県内だから失敗するということではありません。

日本全国どこで家を建てる人でも共通点があります。

それは、人で選ぶこと。

営業トークに騙されるな

  • 営業マンの対応が悪い
  • 嘘やごまかしが多い
  • 質問に答えない(はぐらかす)
  • 他社批判が多い

など、建てる前の情報開示の内容をチェックしましょう。

どの会社にも強みがあれば、弱みもあります。

弱い部分をどう修正し、お客様に安心を提供しているのかが重要。

ごまかされて、はぐらかされて、最後に何もしてもらえない状態になってしまうのが一番もったいないのです。

ギフト券プレゼントに踊らされるな

LINEでのアンケート回答でギフト券がもらえる。

こういうアンケートも安易に参加しないことが大切。

なぜか?

こういうキャンペーンを実施するのは、たいていが紹介会社。

つまり、紹介するための顧客の囲い込みが目的。

ギフト券や契約した人の受けられる特典は、契約したい会社のキャンペーンを利用するほうが賢い。

注文住宅会社が開催する相談会に参加する

まずは、その会社で働く人の人柄を確認しましょう。

一番簡単な方法は、「住宅相談会」に参加するという方法。

複数の参加者がいますので、一人ずつ対応するのは困難です。

こういう会場で配布される資料よりも質疑応答の時の受け答えに注目しましょう。

そうすれば、どういう対処をしているのかをすぐに見抜けるはずです。

こうした点を意識して観察すると、自分たちに合うか合わないかが見えてくるはずです。

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ