スポンサーリンク
  • 手取り25万円の生活レベルってどんな感じ?
  • 手取り25万円が欲しいなら総支給額や年収はいくら?
  • 手取り25万円の人の家賃相場はいくらくらい?
こんな悩みを解消します。 手取り関連記事。 手取り31万円総支給額 手取り31万円の年収や総支給額【生活レベルや家賃相場】
スポンサーリンク
手取り30万円 手取り30万はすごい!総支給額面はいくら?【仕事や生活レベル,年収等】 月給関連記事。 月給20万手取り 月給20万の手取りと家賃,住宅ローン計画【失敗後悔注意点】 月給25万円手取り 月給25万の年収や手取り【社会保険料,所得税,生活費や家賃相場】 月給30万手取り 月給30万の年収や手取り【社会保険料,所得税,生活費や家賃相場】 今回の記事では、手取り25万円の総支給額や年収、生活レベル等について、以下の目次でご紹介します。 手取り25万円の総支給額や年収 手取り25万円の生活レベル 手取り25万円の人は少ない? 手取り25万円の仕事,業種の特徴 手取り25万円からの転職活動成功法
スポンサーリンク

手取り25万円の総支給額や年収

手取り25万額面や年収

手取り25万円になる総支給額面

総支給額の額面は、約30万円

手取り25万円の年収

【ボーナスなし】 30万円×12ヶ月=360万円 【ボーナスあり】 ボーナス2回分の合計に応じて計算しています。
ボーナス支給2回合計 年収目安
1ヶ月 390万円
1.5ヶ月 405万円
2ヶ月 420万円
2.5ヶ月 435万円
3ヶ月 450万円
 

手取り25万円の生活レベル

手取り25万の生活レベル 手取り25万の生活レベルについて、家賃、食費、交際費、余剰資金それぞれについてご紹介します。

手取り25万円の生活レベルはきつい?

年代別の平均年収は以下のとおり。
年代 平均年収
20代前半 270万円
20代後半 360万円
30代前半 440万円
30代後半 490万円
40代前半 510万円
40代後半 540万円
50代前半 560万円
50代後半 540万円
20代30代独身の頃であれば、ほぼ生活レベルは平均的。 しかし、二人暮らしや結婚して3人、4人家族となった際には自分の自由なお金を生み出すのはちょっと大変かも!

家賃は年収の20%~25%

家賃相場 生活費のシミュレーションをする上でのポイントをご紹介します。
  • 家賃
  • 実家暮らし
  • 一人暮らし
  • 夫婦二人暮らし
  • 子どもと家族暮らし
  • 急な出費への備え
順にご紹介します。   一般的に、不動産屋で紹介されている家賃相場は、「手取りの1/3程度」。 つまり、手取り25万円であれば、家賃8万円が相場ということになります。 私は計算方法が違います。 年収(総額)の20%~25%。 つまり、以下の計算になります。
年収360万円×20%=72万円 72万円÷12ヶ月=6万円 年収360万円×25%=90万円 90万円÷12ヶ月=7.5万円
つまり、私の計算上では、6万円~7.5万円が限度。 この計算の根拠は? 住宅ローン借入時の返済計画で、今の生活レベルを落とさないための借入限度額の計算方法。 ファイナンシャルプランナーも多くがこの指標をコラム等で紹介しています。 都内23区や都市部に住むと、家賃10万円台でも住める物件は、30~35㎡のワンルームもしくは、1LDK,2DK。

一都三県の家賃相場

エリア 1R 1K 1DK 1LDK 2K 2DK
東京23区内 7~12万円 9~22万円
東京23区外 5~7万円 6~13万円
神奈川 4~8万円 5~14万円
千葉 4~7万円 5~11万円
埼玉 4~7万円 5~10万円
【物件探しのポイント】
  • 職場までの通勤距離や時間
  • 最寄り駅からの徒歩圏内
  • スーパー,ドラッグストア,飲食店等周辺環境
上記のような、自分の生活必需品を安く済ませる環境を見つけることがポイント。 家賃が高いエリアは、その分物価も高くなる可能性があります。 つまり、毎月の生活レベルが高くなってしまうので、注意しましょう。

実家暮らし

家賃が掛からない生活を送ることができるほうが将来の貯金もしやすい。 手取り25万円以上であれば毎月10万円の貯金をすることも可能。 コロナ禍になって、FX,積立NISA等の投資や運用に興味を持つ人も増えています。 プライベートの時間を充実させることも可能。 無理をして一人暮らしをしなければいけない事情がない人は、実家暮らしで家に生活費を渡す生き方を選ぶ人も増えています

一人暮らし

温かみを欲しい一人暮らしには最適 一人暮らしの生活レベルは家賃や生活環境次第です。
項目 月額予算
食費 30000円(1日1000円)
光熱費 5000~10000円
通信費 3000~5000円
娯楽費・交際費 20000円
日用品 3000円
雑費 20000円
合計 高い金額で88000円
他にも、
  • 美容院代
  • 化粧品やコスメ
  • プライベートの外食費
いろいろな生活に必要な予算があると思います。 安く見積もるよりもかなり高めに計算をしましょう。 【生活費シミュレーション注意点】 2022年以降には、ウクライナ情勢の影響、円安の動き等から物価の高騰化が予想されています。 つまり、自分の趣味やショッピング、旅行などに必要な予算が高くなる可能性も考えておきましょう。

夫婦二人暮らし

夫婦二人暮らし新築一戸建て間取り注意点 高さは妻に合わせる
水道光熱費 15000円
食費 40000円(1日約1300円)
携帯、ネット環境 10000円
交通費 5000円【手段により変動】
趣味や娯楽費 20000円
日用品、生活用品 5000円
雑費 10000円
合計額 105000円
好立地の物件で生活をしている人は、周辺の物価が高くなる可能性もあります。 下町や学生の住むエリアであれば、格安スーパー等が多い場所もあります。 どこで暮らすのかによっても、生活必需品や美容院代等が大きく変わります。 さらに、冠婚葬祭やケガや病気に備えるための生命保険等の加入も検討しておくことが大切です。

配偶者ありで子どももいる

3人家族新築間取り部屋の広さ 結婚して、子どもが生まれる。 3人家族、4人家族と子どもの数によっても経済的負担は変わります。
食費 75000円(1日2500円)
水道光熱費 23000円(1日766円)
日用品、消耗品費 11000円
衣類 10000円
通信費 15000円【自宅のインターネット回線とスマホ利用時】
自動車の維持費 25000円【保険料、ガソリン代】
交通費 5000円【移動手段による】
お小遣い 50000円
教育費 20000円【一人10000円×2】
医療費 10000円【地域差あり】
生命保険料 10000円
合計 254000円
家族を養いながら生活をすると、貯蓄を毎月安定的に増やすためには、手取り40万円以上が必要になります。 子どもが増えることで夫婦二人暮らしで過ごしていた賃貸物件が手狭に感じるようになるという声も多い。 3LDK間取り一戸建ての実例の比較やメリットデメリットを見抜くコツ 【子育てリアル体験】 子どもがいると、夫婦二人暮らしの頃とは大きく変わります。 例えば、
  • 子どもの可能性を信じて投資をする習い事の増加
  • 市町村や国からの子ども手当や補助金の支給
  • 生命保険料の負担増加
支出だけではありません。
  • 妊娠、出産、育児に伴う奥さんの労働環境の変化
  • 専業主婦になった際の収入減少
などが影響することもあります。 さらに、
  • 会社都合の希望退職やリストラ
  • 残業代や賃金カットの動き
こうした動きが活発化すると、将来的に昇給や年収アップが見込めない人もも出てくる。 簡単に年収交渉も難しい人からは、「結婚できる気がしない」という声が増えているのはこうした背景が考えられます。

急な出費への備え

急な出費 毎月の生活費は安定している。 しかし、臨時の出費というのは、いろいろあります。 例えば、
  • 車の保有者は、交通事故等による保険料のアップ
  • 家の中の家具家電の寿命や故障による入れ替え、買い替え
  • ポイントやアプリによるポイント還元の活用
  • 電気・ガスの契約会社の見直し
  • 通信費の見直し
出費を抑えるポイントは、ランニングコスト。

健康管理と食費のバランス

節約する上でも食費を極端に下げることはおすすめしません。 なぜなら、風邪やアレルギーなど体調を壊す可能性もあるから。 過度なダイエット、ジャンクフード、インスタント系中心の食生活では、血行不良になりやすい。 安い時にまとめ買いをしながら、上手に食材を使い、外食を控えるという節約を意識しましょう。

通信費は物件選びも関係ある

インターネット回線無料という物件を探す人も多くなりました。 Wi-Fiを使えば、キャリアの通信を使わなくても家でネットを楽しむことが可能。 しかし、この考え方には注意が必要です。 独り暮らしのインターネット契約はどうすればいい?アパート設備がない時の対処法

保険は掛け捨て?

万が一に備えるのが保険。 病気になることは無いと思っていても、コロナの後遺症で働けなくなった若者も多い。 保険のプランにもいろいろ新しい内容に変わっています。 定期的に自分のライフプランと今後の不測の事態に備える準備も進めておきましょう。

手取り25万円で結婚できる?

結婚をしたい! 婚活をしたい! コロナ禍におけるモテるボーダーラインは、年収500万円以上というアンケート調査が公開されています。 しかし、実際に令和元年における全世代平均年収は、「436万円」。 年齢が若ければ、その分割合は減少します。 年収500万円いじょうの男性は、20代では、11%しかいません。 30代前半でも28%、30代後半でも44%。 これらは、全国ですから、当然地方に行けばその分若い世代の年収は減少しやすいのが特徴です。 都市部の結婚を意識するなら、ステータスとして、400万円以上をねらえる仕事に就くことが、アピールポイントになります。  

手取り25万円の仕事,業種の特徴

手取り25万円もらえるしごと 額面で30万円以上を確保できる仕事とはどんな仕事なのかをご紹介します。

IT系

IT業界は市場全体で人手不足が続いています。 コロナウイルスの影響があっても、多くの企業が業績を早期に回復させています。 しかし、一方で現場が求めるスキルを持つ人がいないという現実があります。 つまり、エンジニアを目指すのであれば、独学でも通信教育でも良いので基本を身につける必要があります。

営業職

どの業界でも稼げる職種は、「営業」
  • 成果主義
  • 実力主義
  • ノルマ達成
こうした表現でやる気がある人なら、すぐに手取り25万円はクリアできるはずです。  

手取り25万円はすごいの?

手取り25万円はすごい 手取り25万円を手にしたら自分はすごい方? 自分の人生を考える上で、他人と比較する人は多い尾。 転職をするべきか?を考えるポイントをご紹介します。

業界、年齢の考え方

手取り25万円に到達した時期によっても大きく違います。
年代 転職前の注意点
20代 今の会社で役職に就くことのメリットを考える
30代 キャリアを活かせる同業他社の求人を確認する
40代 今のキャリアを活かす副業等を検討する
50代 今の年収を確保しながら老後の資金のための貯蓄を検討する
同じ金額を手にしても、年齢と転職の限界ラインもあります。 看護師、保育士などの専門職を考えるとしても40代で手取り25万円では、転職は厳しいと思います。  

手取り25万円からの転職活動成功法

転職 手取り25万円の現状からさらに高みを目指す人向けに情報を公開します。

同業他社からリサーチ

自分の経験を活かすための戦術は、業種を絞り込むことが大切。
  • 未経験歓迎
  • 経験不問
  • 学歴不問
こうした条件で、採用条件が他社より給料が高い会社は要注意。
  • ブラック企業
  • 人間関係が殺伐とした環境
  • 過酷な労働時間
など多くの問題を抱えていることもあります。

転職エージェントがオススメの人

以下のような人には、リクルートエージェント、dodaエージェント、ビズリーチ等のエージェントサービスをおすすめします。
  • 業界経験10年以上
  • 役職やマネジメント経験者
  • プロジェクトリーダー
  • 新規プロジェクト立案、立ち上げ
などを経験している人は、まだチャンスもあります。 大事なのは、業界特化型サービスがおすすめです。  

手取りが同じでも貯蓄を増やす方法

現在の業務内容と給料のバランスは満足している。 でも生活を維持するためには、もう少し月給が欲しい。 こんな人は、まずは家計の見直しをすることをおすすめします。

家賃は無駄が多い

築年数が長い物件に住み、光熱費、水道代、ガス代が高い。 築年数が浅い物件に住み、光熱費、水道代、ガス代が安い。 この合計額にそこまで差がないなら引っ越す意味もありません。 しかし、出費の総額で市県民税なども考えたら安く済むなら居住エリアを変えることが節約の近道。

資産運用を開始

ただ単に普通預金口座に「円」で預けていてもお金を増やすことはできません。 しかし、外貨、金、FX、不動産の小口などの投資を行うことで資産を増やすことは可能です。 早い段階から、投資の勉強を始めることも大切です。
スポンサーリンク