月給20万の手取りと家賃,住宅ローン計画【失敗後悔注意点】

スポンサーリンク
  • 1人暮らしをしたいけど月収20万円って手取りはいくら?
  • 家賃7万円~8万円の物件に住めるの?
  • 生活費のシミュレーションっていわれても新天地だからイメージが難しい

最適な家賃を見つけ出すことは、簡単です。

将来のマイホーム購入時の住宅ローンを組む時にも役立ちます。

手取り関連記事。

手取り17万円は少ないのか

手取り17万では生活できない?貯金が可能?マイホーム購入体験談

スポンサーリンク

今回の記事では、月給20万円の手取りと家賃の設計方法について、以下の目次でご紹介しています。

月給20万円の手取りはいくら?

月給20万円の一人暮らしの現実【口コミ】

手取り16万円で費折暮らしをする生活費内訳

手取り16万円の暮らしにできないこと

出費を抑える(節約のポイント)

無理のない家賃や住宅ローン返済計画

スポンサーリンク

月給20万円の手取りはいくら?

月給20万手取り

月給とは

月給とは、月二子は割れる賃金の総額のことを意味します。

具体的には、基本給、住宅手当、家族手当、役職手当、みなし残業代などを全て含めた合計額。

手取りとは

手取りとは、社会保険料、厚生年金、所得税、(人によっては、住民税、市県民税)などを差し引きされた後の銀行口座に振り込まれた金額。

では、月給20万円の人の手取りは?

おおよそ16万円と言われています。

手取り20万の一人暮らし家賃7万,8万は高い?マンション購入体験

 

月給20万円の一人暮らしの現実【口コミ】

評判,口コミ

実家暮らしが合理的

収入の1/3が家賃の限界値

 

手取り16万円で費折暮らしをする生活費内訳

生活費

月給20万の生活の実態

生活費内訳目安

内訳

家賃 上限5万円
食費 3万円
水道光熱費 1万円
通信費 上限7000円
交際費、娯楽費 上限25000円
貯金や予備費 3万円

1ヶ月を30日として、1日の食費は、1000円ということになります。

上記の計算に含まれていないもの

  • トイレットペーパーや洗剤、ボディソープなどの生活必需品
  • 故障や修理が発生した際の費用は予備費から捻出
  • 冠婚葬祭等の臨時の出費も予備費から。

こんな状態では、うかつに余分な費用を出すことができません。

自炊をするといえど、その分水道光熱費が上がりますので、限界があります。

 

手取り16万円の暮らしにできないこと

できないこと

手取り16万円の場合、無理なく一人暮らしをしたいと考えるなら、家賃は5万円以下が理想。

しかし、その分物件が老朽化し、夏は暑く、冬は寒い環境になれば、当然エアコン、衣類、冷暖房器具など光熱費はかかります。

この計算から、友達とカラオケや外食、お出かけ等娯楽費として使える金額は、さらにひっ迫する可能性もあります。

つまり、自分の生活を維持することのみというのが現実的な考え方。

将来に備えた貯金まで計画するなら、旅行などのお出かけのプランも考えないほうがいいと思います。

 

出費を抑える(節約のポイント)

節約

比較的出費を抑えることができる可能性があるのは、食費です。

とはいえ、1日1000円という限られた予算。

2022年はウクライナ情勢なども関係した物価の上昇リスクもあります。。

セール品を購入するといっても、限界がある。

まとめ買いには、一時的に多くの出費をしなければいけません。

つまり、必要最低限の買い物にとどめることが最善となります。

もう一つは、電気代、ガス代がかかりにくい窓等の断熱性能を高めたリフォーム工事済みの物件を探すことも大切です。

 

無理のない家賃や住宅ローン返済計画

住宅ローン返済中の想定不足

家賃の失敗後悔原因

見落としがちなのが、物件の更新費用の有無。

賃貸物件の更新料とは

更新料

通常、マンションやアパートを借りる際には、契約期間を定めますが、期間終了後も物件に住み続けたい場合は、更新が必要になります。

更新料は、大家さんが自由に設定できます。

例えば、2年更新で更新料は1ヶ月というパターンが最も多くなっているというデータがあります。

しかし、エイブルなどの不動産会社が紹介する物件の中には、更新料なし物件もあります。

必ずこの点は、物件を探す際に確認しておくことが大切です。

年収200万円台の住宅ローン返済

家は買える?年収200万円の暮らし

年収200万円台の時に家を買うとしたら、毎月返済額はいくらくらいが理想?

こんな悩みについても、ご紹介しています。

買える家あるの?年収200万では買えない?破産しないための考え方

参考資料

令和元年住宅市場動向調査

スポンサーリンク

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ