住宅ローンは年齢が若い時に多い失敗後悔と満足の決定的な違い

スポンサーリンク

年艇的には若い時に返済を開始。

若い時に住宅を購入。

住宅ローンを組む。

似たような額を返済するなら、少しでも若い時の方が後が楽。

確かにこの言葉は正しい。

もちろんメリットを感じる事もある。

しかし、すべての人が同じとは限らない。

若い時に組んだ住宅ローンのせいで、その後の人生が一変したという声もある。

何がそこまで違うのか?

私も20代、30代とそれぞれの時期に家を購入した。

マイホーム購入は別に何も特別な事ではない。

むしろ、家なんて買う必要を感じないという人が多いエリアもある。

住む人の多くが家を購入するエリアもある。

金利が安いから?

家を建てる価格が安い会社があるから?

土地が安いから?

住宅購入の前の悩みは多い。

実際に年齢が若い時に住宅ローンを組む際には何を意識しなければいけないのか?

返済期間中の今だからこそ伝えられる視点でご紹介しています。

これまでにも住宅ローンと年齢については、以下のような内容をご紹介してきました。

住宅ローン年齢平均の意味

住宅ローン平均年齢より大切な事

住宅ローン審査基準年齢とは

住宅ローン審査基準年齢で運命が変わる?

住宅ローンが通りやすいのは時期?銀行担当者からの説明体験記

25年、30年、35年という長い期間をかけて返済を行う。

そんな先のことなんてわからない。

でも家を購入する事はきっと若い時に検討した方が現役を引退した後の老後の暮らしが楽になるはず。

こんな期待をこめて決断をしている人も多い。

でも不動産とはいえ、完済するまでの期間は負債。

マンション、注文住宅、建売を問わない。

新築、中古も関係ない。

購入したからには、すべての金額を返済しなければいけない。

どんな計画を立てる?

自分が想像した通りの未来にたどり着くのか?

この考え方を体験から以下の項目でご紹介しています。

住宅ローン年齢が若い時の失敗例

住宅ローン年齢が若い時の注意点

住宅ローン年齢が若い時の成功法

頭金が問題?

資金と借入の額の問題?

利用する銀行の選び方?

地震保険や生命保険の加入?

たくさん注意するべきポイントはある。

まずは住宅ローンに限らず、ローンを利用してお金を借りる。

この考え方としてもご覧ください。

住宅ローン年齢が若い時の失敗例

住宅ローン年齢若い

結局は自分で決断をする。

購入するだけではありません。

売却や自己破産も同様です。

どんな価格を購入したから失敗したという考え方に近い事例からご紹介していきます。

年収の何倍に相当?

キャッシングやローン関連のCMではおなじみになった言葉がある。

「返済は計画的に」

この言葉何気なく毎日テレビで見ていても実感がわかない。

こんな人は多いと思う。

結婚して子供が生まれて、別に生活に必要なものを買うことが出来れば問題がない。

確かにその通り。

でも今目の前の生活に必要な物を買う時にも以下のような考え方を軸に検討する。

  • 生活費
  • 光熱費
  • 月収
  • 1ヶ月の貯金額

賃貸でも関係ない。

自分たちの健康を阻害しない。

無理をしない。

この2つを歳を問わずに検討するはず。

でも審査が通過したことを確認した後の気持ちは?

借入が可能になった。

この言葉に舞い上がってしまうケースもある。

例えば、

年収の9倍、10倍のローンを組む。

実際に審査を通過したというのがポイント。

あくまで銀行が認めてくれたという事が過信になっていく。

返せる額と認めてもらえたならやっていけるはず。

この認識の甘さが危険。

融資を受けた後のマイホーム独自に必要な経費計算の漏れの原因につながる。

まずは自分たちに必要な生活費等をきちんとマイホームにいくらがかかるかよりもきちんと計算をする事がとても大切。

計算するべき項目

今の暮らしに必要な経費。

将来数年後に必要な経費。

10年、20年単位で検討が必要な経費。

30年以上経過して老後の準備に慌てないための経費。

それぞれのライフステージによって考えておくべきポイントは異なる。

マイホームを持つ。

この状態で、何か家の問題が発生した時にはどうする?

現在誕生していないサービスが出てきた時には本当に対応可能?

それぞれの時期に現在には存在しないサービスや税金等が出てくる事も考える。

例えば、40歳以降になったら、介護保険という項目を見ることになる。

このままいくと自分は介護保険をいくら支払うことになるのかをまず先に知る。

このように今の家族の生活だけを知るのではない。

あくまで、将来をいくつかのステージごとに考える。

その時の生活に必要な経費を考慮する。

これがないと、結果的に簡単に生活破綻状態になってしまう。

 

住宅ローン年齢が若い時の注意点

住宅ローン年齢若い時の注意点

人生経験の中でお金の借り入れなんて相談をした今まで一度も経験していない。

もし支払いが必要な費用があっても全て現金で対応してきた。

家族が増えたとしても同じような対応を考える。

自分がもし今後何かの費用を支払う時にはどう考えておくべきか?

担保になっているという価値

返済に対して、担保という設定を行うローンもある。

何も担保を必要としない無担保というタイプもある。

担保という点に注目。

もし支払いが遅れる、対応不可となったらどうなる?

フラット35,変動,固定という3つの金利タイプを問わない。

全て銀行の返済の担保として取られてしまう。

担保として取られるという事は自分の資産ではなくなる。

それまでに返済した内容も全く意味をなさない。

自分がローンを組める人間と評価されたというのは間違いだ。

それはあくまで結果論に過ぎない。

むしろ、その結果を受け、どう資産としての価値を考えるのか?

少し先のことを考えて、手を出すことが重要。

保険をの加入をしたせいで。

手に職を持つわけではない。

このような状況では、会社の給料に依存する。

これからずっと勤めることができれば安心。

でもそんな保証はどこにも存在しない。

何もわからないことだらけの状態。

会社も安易に安心とは公言しない。

あくまでやることを毎日積み重ねてやっていく。

この程度の安心しかないということを認識しておくことが大切。

健康診断の結果とその後の体

私ももう審査を通過してから早10年。

20代に経験した最初の審査申込。

当時の基準よりも今はさらにいろいろな事を確認される現実がある。

中でも健康上の確認は厳しくなった。

ある程度自分で管理しているだけ。

20代の頃は、診断の結果が出た時、過去には再検査なんて文字はなかった。

しかし、10年も経過すると過去に比較して徐々に体にボロが出始めたのかと思ってしまう。

やはり年齢をある程度重ねていくと60歳、65歳になる前に体ももろくなってくる。

こうした変化がないかあるかは誰にも分からない。

だからこそ、まずは元気な時期にある程度借り入れをして、早い時期に完済を済ませる。

50代で可能になることは理想。

これだけ余裕があれば、サラリーマンで多少年齢が下がった時にもその分の負担を背負う事なく生活が成り立つようになる。

こうした自分の体と自己所有の物件の担保。

この2つを意識して完済年齢を低くしておく事も大切です。

 

住宅ローン年齢が若い時の成功法

住宅ローン年齢若い時の成功パターン

体は十分元気。

月々の生活の出費もあまり変化がない。

地域の特徴と子育ての環境もある程度把握している。

こうした準備ができていれば問題ない。

早い時期にローンを組んで子供が大きくなった後にある程度楽になったケースをご紹介していきます。

住宅ローン借り換え不要

2019年の時期にこの記事を書いています。

今の金利は非常に低く、借り換えの需要も多くの人が申し込みをしている。

当然、早い段階から申し込みをした人のほうがある程度借り換えを行った後に本当に総額が減ったという実感が大きい。

しかし、最近はもう借り換えに対しての準備よりもこれからの消費税増税などの影響で出費が増えないか心配する人が増えた。

現代版で考えるなら、これからは第一に貯金やタンス預金に切り替えが必要な状況。

  • 振込をする機会が多い。
  • 複数の銀行に分散している。
  • 別の銀行で定期預金に入れているお金がある。

上記のような場合は手数料が絶対にかかる環境になっている可能性がある。

このような生活を送る人にとっては、わずかな金額とはいえ、年間では大きな金額になっていく。

当然、自分がローンを組み始めた段階では、振込手数料が無料の上限まで余裕がある人もいる。

しかし、子供が大きくなれば、その分振込先も増える可能性がある。

よって、少しでも借り換えを減らし、自分の口座を一定にしてきちんと管理し続ける事が重要。

一括返済はしない

若い時に申し込みをしたら、30年なんてもったいないと思うかもしれない。

でも実際にこの先の状況を考えた時、インフレによる生活への影響は?

この答えとして、絶対に残すべきは現金。

少しでも外貨で積み立てたりした方がおすすめ。

その理由は?

一括で返ってくる払わなくてよくなった金利よりも円相場の影響による安心が高まる。

生活の状況に対してかかる費用負担をカバーするなら、若い時に借りたからこそゆっくりが基本。

そして、子供と今の暮らしを第一に考えることができればあまり不安を抱えることはないと思います。

 

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ