住宅ローン事前審査は何社も使わないほうが良い?通した方法体験記

スポンサーリンク

住宅ローン事前審査を受ける際には複数の金融機関や銀行を比較する。

  • 保証料などの諸費用
  • 団信
  • フラット35,変動,固定等の金利
  • 契約期間中の優遇条件(atm利用手数料等)
  • その他の融資のサービス
  • 年収に応じた借入可能額の違い

仮審査を受ける際には、自分で情報を集める。

しかし、実際に行動を起こす時には、不動産会社のおすすめや提携なんて言葉を鵜呑みにして1社ずつ申し込みをする人は多い。

私も同じ経験をしたが、、結果は全てダメだった。

自分には何かよくない情報が残っているのか?

こんな不安を抱く時もありました。

その後に、無事本審査まで通過した時に銀行の担当者から聞いた情報をご紹介しています。

スポンサーリンク

住宅ローン事前審査は同時がおすすめ

住宅ローン事前審査何社も同時に依頼する方法

スポンサーリンク

自分がもし落ちたらどうする?

次はどこに申し込みをすればいい?

1社ずつ相談をすると毎回この繰り返し。

注文住宅を検討する人は、たったこれだけで引き渡しに影響を与える可能性もあります。

時間の節約が重要

住宅ローン審査基準関連の情報で優先順位を確認する。

この結果で、第1位は何か?

多くの金融機関や銀行が年齢と記載している。

組む時の年齢

完済時の年齢

この2つが最も重要だとしている。

書類を提出するやり取りが発生する。

今と同じ年齢と月数を記入できるのは、その月のみ。

時間が経過すれば、選択肢は狭くなるわけです。

一社ずつとの決定的な違い

A社で通らない。

この現実をつきつけられた際に、多くの人は原因とか理由という言葉を思い浮かべる。

どうして落ちたのか?この答えは、決して銀行や金融機関で報告と同時に確認することはできない。

考える時間が無駄になる。

気にしているよりも先に同時に申し込みをした違う銀行から通過の連絡が届く。

このほうが圧倒的に家を購入する近道になります。

 

住宅ローン事前審査は何社も受ける時代

住宅ローン事前審査何社も同時に依頼

公務員など安定した職業の人でさえ必ず通るとは言えなくなりました。

返済中の遅延、延滞、滞納などの貸し倒れリスクへの考え方は金融機関により気にしている情報は異なります。

基準の違いが見えない

特に申し込みをする側にとって不安になるのは、審査の内容が具体的に示されていないこと。

サイトで紹介されている内容を参考にするくらいしか情報がない。

私は計5回受けた。

その事務的内容も求められた書類や確認された事項も全て違った。

審査基準の大まかな内容だけを知っても実際にはあまり役に立たない。

多くの人が新規の口座開設から始まるマイホームローン。

評価の対象をすべてのサイトでチェックしても結果に直結する選び方ができるわけではないのです。

事前審査を行い、評価の基礎は不明なまま終わっていく。

まず先に私たちがやらなければならないことは、すぐに返事をもらえる状況を作ること。

資金計画と同時進行

マイホーム購入前には打合せに時間がかかります。

当然、通らない通ったという答えを問わず現在の決めるべき事項を話し合う。

資金計画以外にもやることは多い。

スムーズに短い期間でを進めるためには審査対応の影響を最小化することが重要。

毎回申し込んで回答を待ち続ける期間は無駄でしかない。

事前審査と本審査の違い

最終的には、フラット35で申し込んでいる人は、担保力が勝負になる。

第三者機関による判断をされるのが本審査。

aruhi、じぶん銀行、住信sbiネット銀行、ufj銀行などを問わない。

新築、中古も関係ない。

団体信用生命保険の申込で落ちたらそれまで。

このように、個人の準備できること以外もまだこの先に待っている本審査は仮の時とは異なり多くの基準が出てくる。

この段階に進む前の手間を減らすことが大切。

だからこそ、5社程度を選ぶのみで、あとは自分がどの基準に見合うのかは判断に任せる。

気持ち的に余裕がないと精神的にも肉体的にも疲れてしまう。

 

住宅ローン事前審査おすすめの方法

住宅ローン事前審査何社受けるか
 

私が実際にスムーズに審査を受けることができた方法が↓

住宅ローン一括審査申し込み
どうしてこの会社がおすすめなのか?

  • 簡単
  • 知名度
  • 無事通った
  • 銀行から語られた言葉

「この方法でなければ難しい案件だったかもしれません。」

この言葉が実際に店舗での最終的な手続きを終えた時に聞こえたことが最大の要因。

しっかり通してくれた。

今の私がこの家を購入できたのは、本当にこの民間の会社が仲介に入ってくれたからだと思っています。

何を解決したのか?

それは、私の当時の職種でした。

申込書を記載しても多くの担当者が分からない。

専門分野?何系なのか?

こんな質問を私自身何度も話をしました。

それでも相手には伝わっている感じがしませんでした。

今となっては一般的によく知られた名前。

しかし、当時はその表現が伝わりにくかった。

たったこれだけのことに時間を取られ、信用の評価が下がっていた。

こんな説明を最後に受けた時に、この方法があってよかったと思えたのです。

あなたも最大6社までの申し込みが可能なこの方法でぜひ早く通すことを目指してください。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

このページの先頭へ