三菱ufj住宅ローン本審査申し込みから通過までのポイントや注意点

スポンサーリンク

「三菱ufj銀行の住宅ローンってどうなの?」「本審査は遅いの?早いの?」「仮審査に通れば本審査は大丈夫なの?」「自分の今後の予定はいつまで他社の借り入れを我慢するべき?」

三菱ufj銀行の住宅ローン審査を通した経験を持つからこそ伝えたい内容を書いています。

住宅ローン審査を受けるのは人生において数少ない。まして1つの銀行には落ちても通っても一度きりということが多い。

私がローンの審査を受けた時に営業担当から教えてもらった情報はどんな本でも載っているようなことではありませんでした。

スポンサーリンク

三菱ufj住宅ローン本審査の流れ

家の購入額も決定。物件の詳細情報もローン審査に必要な書類がすべて整った。

この後に仮審査を受ける人が多い。

事前審査通過後すぐに次の書類

事前審査の段階で本審査に利用する書類を準備するという銀行も多くなりました。この背景には他社への申し込みもネットで簡単にできるようになったことが大きい。

  • 手数料の差に気付いた
  • 会社のメインバンクを利用する
  • 銀行に事前審査の時に聞いたサービスや条件に納得ができなくなった

不動産を購入するには一定の額が動きますし、気持ちも知識も人によって大きく変わってきます。当然のことながら、現在複数の銀行に申し込みをしていない状態でも回答前の期間に申し込みするのは自由。

ですから早めに準備をして事前審査の後になってから提出するようなことがなければ再提出ということは少なくなってきています。

条件変更は要注意

  • カーテンの費用を確認したら思った以上に高かった
  • 照明器具の費用が高いと思った
  • 外構呼応時に必要な借り入れ額が発生した

このように年収を問わず住宅を購入するために必要な金額は各方面で発生します。よって、最初に借りる予定の額よりも金額を上乗せしてもらいたくなった。

「資金の上乗せ」。この希望はかなり厳しいと思ったほうが良いです。

心象対策のための確認

本審査はあくまで第三者機関による確認。銀行は各種確認に対して、その人に返済上不安がないかどうかを一通り関連の情報をチェックされるのみ。

個人情報ページに記載の情報と提出された書類が一致していれば安心。しかし、以下の点はマイナスの結果に影響します。

  • 団信(団体信用生命保険)加入が難しいという結果
  • 少ない時間の間で新しい借り入れ等が発生している(データとのミスマッチ)
  • 記入漏れ

上記の内容があると、店舗にいる担当は、先方の不安にすぐに回答することが難しい状態になります。

 

三菱ufj住宅ローン本審査の期間

私が実際に申込をしてから回答を得たのは、2週間かかっていません。

新規の口座開設との違い

メインバンクで利用していた人とそうではない人では時間が異なります。

新規の方は毎月のお金の動きが把握できません。

現在給与振り込みなどの利用をしている人なら、毎月の支払状況もすぐに確認が可能です。

しかも毎月の動きもすぐに確認できる状況。この可視化できる状況はやはり時間の節約につながります。もしあなたがメインバンクで利用している際には回答が早いと思っていても問題ないと言えます。

フラット35は別物

仮審査はあくまで銀行の店舗内。

しかし、本審査は別。

フラット35の場合のポイントは、審査機関です。あくまで銀行内のサービスで固定金利や変動金利等を利用している場合とは異なりますので注意が必要です。

 

本審査通過後の注意点

もしあなたが本審査も無事に通過したとします。しかし、融資の実行までは気を抜いてはいけませんん。

絶対におすすめしない3条件

最近の市場の動きの中で、以下のような理由ですべてを白紙にされた方もいます。

  • 勤務先の会社の変更
  • 審査結果と異なる資金の動き(クレジットカードのリポ払い等)

ついついやってしまいたくなるような内容が一気に人生を変えるほどの影響を与える。

何とかなるとか一度通ったら通らなくなるなんてことはない。

これは正直過信でしかありません。特にクレジットカードや借り入れに関するデータは基本ダイレクトに銀行や個人情報にすべて流れていく。

引き渡しが完了するまではいかなるサイトでも安易にデータと異なると判断される対象の行動は避ける。

これが家を買う人だけでなく、家族も巻き込んで大切にしていただきたい内容です。

 

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

このページの先頭へ