住宅ローン本審査が不安な人のチェックリスト

スポンサーリンク

「住宅ローン仮審査に通ったけど本審査は通るのだろうか?」「借入期間が長いから過去の内容も不安」「年齢的に75歳、80歳が完済年齢になるとなかなか厳しいの?」

年齢が住宅ローン審査においては比重が高いのが一般的。フラット35では担保力、健康状態と団信(団体信用生命保険)審査という2つも非常に重要になってくる。返済に不安がありそうだと判断される要因を少しでも払しょくしておくためのポイントを解説しています。

スポンサーリンク

担保力価値が問われる時代

住宅ローンは借入期間が長く、その人の万が一の返済が厳しい,難しいとなった時には不良債権にならないように防止する必要があります。銀行としても任意加入ですが、疾病保障などの特約を用意しているケースも多い。しかし、それ以上に担保力があったほうが安心要素は強まる。

マンションと戸建てどっちが有利

担保力単体で比較するなら、その物件の資金回収が可能になりやすいのはマンション。理由は簡単です。一戸建てに賃貸を目的にした購入者少ない。しかし、マンションは不動産投資目的の人も利回り等で検討することもある。物件の資産価値に合わない借入希望額は通りにくいという不安がある方は物件選びも慎重に行うことが重要になってきました。

 

銀行や金融機関がサポートしにくい状況

本審査は第三者機関が行うのが一般的。「年収」「返済負担率」「属性」等は事前の段階でクリアできているかもしれない。しかし、以下のような条件が追加されていると銀行はフォローしにくい。

  • 住宅ローン以外のローンの契約
    教育、ショッピング、車、奨学金等の条件が変わるケース
  • キャッシング枠の利用
    クレジットカードで手軽に利用が可能な時代だからこそ、簡単に少額ならと借り入れをしているケースもありますが、年債負担率にも影響を与えます。
  • 借入限度額への過信
    年収400万円未満の人が返済負担率30%ぎりぎりの申し込みをするのは賢明とは言えません。その後の借入の可能性を考慮する安全策を考えるなら、25%以下が理想です。
  • 勤続年数がぎりぎり
    転職を繰り返し、ようやく年収アップが実現したという人も近年は厳しい状況になっているという声も増えてきました。この背景には外国人などの申し込みで架空会社による申し込みや在籍確認が取れないなどのトラブルも増えていることが影響していると聞かされました。
  • 個人情報機関データの過去
    消費者金融の利用だけではありません。税金を含めた遅延、延滞、滞納などの履歴は会社によっては永久保存という会社も出てきました。特にクレジットカードの利用履歴やローン返済状況は簡単にすぐに照合されてしまいます。このデータへの不安がある人は早急に後に紹介する対策を講じる必要があります。

通すためのポイント

まずは自分の個人情報に不安を感じない状況を作ることが重要。その答えは、自分のメインバンクでフリーローンなどの申し込み相談をするとある程度は教えてくれます。過去のデータで何が残っているのか?関西したはずのデータも更新されていないなどの情報もわかってしまうことがあります。

関連記事

住宅ローン金利比較注意点と緩い審査条件の見極め方

住宅ローン仮審査通れば本審査通るが通用しない時の対処法体験記

住宅ローン事前や本審査落ちたら?通った方法

住宅ローン審査基準勤続年数転職1年目で通る方法

 

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

このページの先頭へ