転職エージェントとは?【メリットデメリット,使うなという人の特徴

スポンサーリンク
  • そろそろ転職しようかな
  • 最近「転職エージェント」のCMをよく見るけど何?
  • 転職エージェントを使うメリットデメリットが知りたい

こんな悩みを解決します。

転職関連記事。

転職

住宅ローン返済中転職,退職したら?

スポンサーリンク

年収やボーナスカットにおける転職のリスク

転職で年収200万ダウンして支払い困難な未来予測が必要な時代の賢い返済計画

融資実行前の転職はリスクしかない

住宅ローン審査後転職で融資実行停止?銀行担当者からの注意説明体験記

今回の記事では、転職エージェントとは?利用するメリットデメリットについて、以下の目次でご紹介します。

転職エージェントを利用するデメリット

転職エージェントとは

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを使わない転職活動方法

転職エージェントはこんな人だけおすすめ

転職エージェントはこんな人におすすめしない

転職エージェントをうまく活用する方法

スポンサーリンク

転職エージェントを利用するデメリット

デメリット

まずエージェントを使うデメリットをお伝えします。

転職確定には時間が必要

転職サイトに公開されている求人への応募との違い。

【転職サイト】

  1. 求人を確認する
  2. 履歴書、職務経歴書を添付し、エントリー
  3. 面接や適性検査等を受ける
  4. 入社予定日や採用条件の相談
  5. 採用決定

大まかな日数では、2週間~1ヶ月程度の時間で転職が可能。

【エージェント】

  1. エージェントとのヒアリング(条件の確認)
  2. 職務経歴書、履歴書の確認
  3. 求人の紹介を受ける
  4. エントリーをする
  5. 企業と担当と3者面談を実施
  6. 採用条件等の最終確認を担当と企業が行う
  7. 条件確認と入職予定日を担当から告げられる
  8. 書面による合意(クラウドサイン等)
  9. 採用決定

大まかな日数では、1ヶ月~2ヶ月ほどの時間が必要な案件も多い。

質の低いエージェント

全国には、2万社以上の転職エージェントがあります。

それだけ利用する転職希望者が増加しているということ。

一方で、全ての会社が同じスキルという事ではありません。

個人情報の取り扱いについては、プライバシーマークの認定を受けているかどうかを確認することも可能です。

しかし、「人」と関わりますので、相性もあります。

求人にエントリーするのが大変

エージェントサービスを利用する場合、求人の閲覧は自由というわけではありません。

気になる案件があってもすぐに自分で応募するということが難しいのです。

なぜなら、全て求職者に情報が開示されているわけではないから。

企業側の求める人材(年齢、スキル、経験、資格等)とすり合わせを行ってからのエントリーになります。

 

転職エージェントとは

転職エージェント

そもそも転職エージェントとは、何か?

概要

転職エージェントとは、採用を検討する企業に対して、募集したい人材を確認し、求人情報を保有し、採用をバックアップする仕事。

役割

立場は、企業と個人の仲介になります。

対象 立場
企業側 採用担当者の希望を確認する
人物像、スキル、給与等
個人 採用条件(就業エリア、勤務時間、雇用形態、業務委託等)の確認
キャリアの棚卸しや経験、強みを整理
応募書類や面接へのアドバイス

業界の特徴

エージェントは企業からの紹介手数料が利益になります。

つまり、支払い(決裁)が早い会社を優先する傾向もあります。

 

転職エージェントを利用するメリット

メリット

転職エージェントを利用するメリットもあります。

自分の強みを活かせる

業種、職種に特化したサービスが増加しています。

例えば、

  • SE(システムエンジニア)
  • プログラマー
  • 幹部候補
  • 医療、介護、福祉等の有資格者向け

などさまざまな業種、職種に特化したサービスがあります。

つまり、自分のこれまでに培ってきた経験や実績、スキル等がある人には長所をキャリアアドバイザーに伝えることが可能です。

会社の業務以外の情報を入手可能

面談や面接を受ける前に、求人の詳細情報を確認可能。

例えば、以下のような情報も企業側が公開してくれることもあります。

  • 前任者の業務内容
  • 入社後に任せたい具体的な業務内容
  • 引継ぎまでの時間目安

こうした情報は、求人票には記載されていません。

会社の雰囲気や人間関係などは、入社後にわかること。

業務や職務の流れや詳細な経緯もアドバイスをもらえることがあります。

履歴書や職務経歴書のアドバイス

初めての転職活動や10年以上在籍し、久々の転職活動をする時には今の時代に沿った職務経歴書の書き方がわからない人も多いはず。

そんな時にも応募する企業に合わせた応募書類の添削を受けることが可能です。

面接の日程調整や内定後の給与交渉

エージェントは、転職だけでなく、業務委託や副業の市場も活発になっています。

業務を受注したい自営業者の場合は、「業務単価を交渉するのが苦手」だという人も多い。

しかし、こうした時に先方と業務内容と単価交渉を行ってくれます。

 

転職エージェントを使わない転職活動方法

すぐに転職先が決まらない最悪の事態

転職エージェントを使わない転職活動もあります。

転職サイトや地方紙

Indeedをはじめ無料掲載が可能な求人サイト。

他にも地域密着の地方求人媒体等を通じて転職活動を行うことも可能です。

求人に対する応募数は、この方法のほうがまだまだ多いです。

【メリット】

即時応募が可能。

【デメリット】

好条件の求人ほど倍率が高くなりやすい

ハローワーク

公的な機関の求人案内。

大量の求人案内がインターネット上でも確認できます。

【メリット】

職安の窓口を経由することで相談が可能

【デメリット】

  • ブラック企業も潜んでいることがある
  • 採用する気がない企業の「カラ求人」がある

直接応募

企業を特定している人は、企業の求人ページから直接応募するこ都も可能です。

【メリット】

積極的に転職活動ができる

【デメリット】

雇用条件や労働内容等を面接時に自分で確認しなければいけない

リファラル採用

リファラルとは、社員に人材を紹介してもらう方法。

つまり、友人、知人、知り合いからの紹介で入社するという方法。

【メリット】

  • 勤めている人だからこそ知る情報を聞くことができる
  • 社員がその人物を見て、業務ができそうかを客観的に見ることも可能。

【デメリット】

  • 人間関係に配慮が求められる
  • 社員の理解や認知が必要になる
  • 情報が可視化しにくい

ヘッドハンティング

ヘッドハンティングとは、人材紹介会社のヘッドハンターが行うこともあります。

社会人経験を積むと、人脈ができたことで、誘いを受けることもあります。

【メリット】

  • 今の雇用条件よりも良いことが多い
  • 入社時期も融通がきく傾向がある

【デメリット】

  • スキルは求められる
  • 自分が希望している仕事とは限らない

ダイレクトスカウト

SNSを通じて、プロフィール投稿などをしている人材を企業がチェックしていることも多くなりました。

ある日突然、企業から招待を受けるということもあります。

【メリット】

自分で応募をする必要がない

【デメリット】

書き込む内容と人物像が合っていないと、誤解を生みだす。

 

転職エージェントはこんな人だけおすすめ

おすすめの人

転職エージェントを利用するメリットや恩恵を受けやすい人は偏りがあります。

実績がある

  • 責任者になった
  • プロジェクトリーダーになった
  • 結果を残せた

など自分の過去の仕事で、成果を出した人はアピールしやすい。

業種,職種の専門性を活かせる

異業種転職よりも、今携わっている関連の仕事のほうがアピールしやすいです。

ブランクがない

過去の経験といっても、数年前とか10年以上前となると、時代の流れや今とやり方が異なることも多い。

直近数ヶ月以内で業務に携わっていた人のほうがメリットになる。

 

転職エージェントはこんな人におすすめしない

おすすめできない人

短期で異業種転職を繰り返す

  • 自分のやりたいことがわからない
  • 将来どうなりたいのかも見えない
  • 異業種ばかりで、これが得意というアピールポイントがない

上記のような人は、未経験や初心者という扱いになるため、エージェントを使うのは不向きといえます。

人の意見に影響されやすい

人の意見に耳を傾けることは大切。

しかし、転職となると話は別。

求職者に求められるのは、強い信念。

こだわりがあれば、簡単に妥協してはいけません。

周りに何か言われて流されてしまうと、転職に成功してもまた何かを理由にやめてしまう可能性もあります。

 

転職エージェントをうまく活用する方法

活用

転職活動において、転職エージェントは使い方次第。

専門特化型サービスを探す

業種や職種を問わないのが、総合型。

職種などに絞り込んだのが、特化型。

【総合型のメリット】

求人数は多い

異業種転職はしやすい

【総合型のデメリット】

目移りすることも多い。

業界の細かい知識を持つエージェントが少ない

特化型は、スキル、経験を求める。

しかし、業界や職業に特化した方が、年収や月収アップが期待できます。

スポンサーリンク

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ