スポンサーリンク
新築リビングインテリア実例画像を確認する時の注意点をご紹介しています。 リビングインテリア実例について、この記事をご覧頂きありがとうございます。 「リビング・インテリア実例を確認したのに、失敗後悔があった!」 新築でもインテリアアレンジでも、今や実例画像も豊富にあるのに、失敗後悔が絶えない時代。 リビングインテリア実例を見ている方の中には、こんな悩みも多いんです。 狭いリビングインテリア実例を探しています。 マンションのリビングインテリア実例を探しています。 和室のリビング・インテリア実例を探しています。 リビングインテリアコーディネート実例を見たい! 照明のリビングインテリア実例を見たい! どれも、インテリア実例を頼りに少しでも失敗後悔したくない思いから確認してるはず。 縦長リビングのレイアウトやソファ配置の注意点もご紹介しています。 縦長リビングレイアウト例 縦長リビングレイアウトソファー配置おすすめと後悔原因【実例画像付】
スポンサーリンク
リビング窓が大きいとメリットは? 反対に注意点はあるの? リビング窓大きい リビング窓大きいメリットと注意点|現場経験者が解説 私のサイトは、新築購入後に失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下のような経験を活かして運営しています。 新築住宅関連企業出身者であること。 新築マンション、一戸建て購入経験者であること。 住宅ローン審査に地銀、都市銀ともに落ちた経験がある。 3度目の正直で、審査に通過した体験。 2年後に借り換えを成功させた体験。 ハウスメーカーを一社契約後にあまりにひどい打合せに解約をした経験。 一級建築士、内装業、電気工事士等住宅関連の身内に囲まれて育った環境。 新築間取りは、妻からこれ以上は無いと満足の声をもらえた体験。 カーテンや外構工事を打ち合わせで決めず、節約に成功。 火災保険、地震保険を元保険営業の妻の知恵をかりて、節約に成功。 引っ越し、インターネット回線等も交渉や外観への影響などを考慮の上、納得のプランを見つけた。 新築購入後は、固定資産税納税、近所の挨拶まわり、アフターメンテナンス、追加工事依頼を経験。 リビングインテリアというのは、実際に家具が大きくなってきた時代だからこそ、簡単に圧迫感を受けやすい状態になってきたともいえる。 テレビボードもテレビサイズの大型化に合わせてサイズが変わった。 周辺機器の充実性から、端末の数に応じ、サイズも増加。 ソファサイズも何人仕様かによる変化。 こうした中であっという間に7畳、10畳、12畳は子供の遊び場程度しか余らないスペースになってしまいます。 だからこそ、気を付けてほしいレイアウトについてご紹介しています。 サイト管理人2児パパニッキーと申します。 リビングインテリア実例について、私がマンション購入,一戸建て購入を通じて感じた内容を以下の内容でお届けします。 狭いリビングインテリア実例を確認しても失敗する人の盲点 マンションリビングインテリア実例を我が家で大公開【画像付】 和室のリビング・インテリア実例を見て失敗後悔する人の原因 リビングインテリアコーディネート実例確認で最も大切な3つ リビングインテリア照明の実例で確認すべき優先順位 リビングインテリア実例で確認すべきことが見つかれば、失敗後悔の原因は消えていきます。 少しずつでもイメージが固まった方は、最終チェックポイントだと思って御覧ください。
スポンサーリンク

狭いリビングインテリア実例と失敗

狭いリビングインテリア実例のチェックポイント 狭いリビングのインテリア実例を少しでも知っておきたい! 狭小住宅という文字がある日本の住宅市場だからこそ、需要は年々上昇している現代。 実例画像を確認しているのに、失敗後悔する原因をご紹介していきます。

エアコン配置

エアコン配置 リビングインテリアを綺麗に仕上げることばかりに集中してしまう方が多いのです。 すると、生活しやすいかどうかという点については、以下のような失敗後悔が生まれます。
  • エアコンの設置位置と効果が半減してしまった!
  • 視界の中にエアコンの出っ張りが気になり圧迫感を感じやすい。
  • 窓とエアコンのバランスがリビングインテリアのバランスを損ねた。
意外とリビングインテリアは、エアコンを含めたコーディネートを公開している画像は少ないのです。 対象となってるのが、照明,ソファ,テーブル,カーテン等。 しかし、最後には、全体を見渡す景色を自分でどこまでイメージを広げる事ができてるか? ぜひ今一度狭いリビングの中だからこそ、エアコンのスポットと見える景色を意識してみてください。

日照条件

日照条件 「日照条件が違うとリビング・インテリア実例を確認して何が失敗後悔になるの?」 誤解をしている方も多いのが、リビング・インテリアの実例は日照条件により異なるという視点。
  • 日照条件が違うと、床の色すら、茶系は黒になるほど違って見える。
  • 日照条件が違うと、カーテンの選び方も遮光グレードの違いが生まれやすい。
  • 日照条件が違うと、揃えるインテリアカラーでベージュが白くは見えず、薄茶になるほど違いを作る。
つまり、視覚的感覚の違いに大きく影響をする条件が日照条件です。 建物内での撮影をしたリビング・インテリアならさらにこの条件は顕著。 ですから、狭いリビングインテリアであるからこそ、日照条件を伝えているブログなどを参考にする。 意識しているだけでも、かなり違いますので、お役立て下さい。

サイズ

サイズ 狭いリビング・インテリア実例をシミュレーションするつもりで画像を見たのに、うまくいかない。 原因は、面積を大きく締めるソファサイズが原因になることも多いのです。 ・ソファが置けると思ったのに、奥行きが自分たちのイメージより大きすぎた ➔ソファとテーブルを置きたかったのに、テーブルを置くスペースも消えた! ・ソファの幅を見ていなかったため、リビングカーテンと接触して狭く感じる。 憧れのリビング・インテリアの配備が整ったと思ったら、想像以上に大きかった。 想定ミスの中で、狭いリビングインテリアだからこその典型的な失敗後悔の原因となります。 十分注意しておきましょう。 では続いて、マンションのリビングインテリアを実際の私のマンション時代の画像付でご紹介していきます。  

リビングインテリア実例マンション

マンションのリビングインテリア実例確認時失敗後悔原因 マンション購入時私自身もリビングインテリアにはこだわりを持って完成をさせました。 具体的に、近年のマンションの傾向を意識しながら、リビング・インテリアの失敗後悔原因をご紹介していきます。

カーテン

カーテン マンションと一戸建ての決定的な違いは、広くなればなるほどマンションは窓の面積がどんどん広がる特徴。 リビング・インテリアについて、マンションでもついつい優先しがちなのが、以下のインテリア要素。 ・TVボード。 ・ソファ ・カーペット リビング・インテリアもマンションなら、防音対策を兼ねて、カーペットという選択肢を取る方も多いです。 しかし、「カーテンの締める視界エリアの確認」が不十分になる落とし穴が発生します。 すると、以下のような失敗後悔が生まれているのです。 ・リビング・インテリアにおけるカーテンの存在感が強すぎた! ・カーテンの遮光グレードをあげたせいで日中も照明を付けないと暗い。 ➔リビングインテリアのメインが完全にカーテンに支配されるコーディネートに変更させられる。 マンションの場合、住む前のイメージをあまり偏らせず、カーテンをレースにこだわることから始める事が失敗後悔回避のコツとなります。

カーペット

カーペット 「カーペットのサイズで中途半端な状況が失敗後悔の原因だった!」 マンションのリビングインテリアで失敗後悔する方には非常に多い悩みでした。 お隣さまがたまたま遊びに来られた時、こんな事を言っておられました。 ・子供が小さいから、簡易マットを敷いているが、中途半端で困る。 ➔リビングソファ周辺だとソファの足と接触してサイズがうまく合わない。 ・ダイニングと隣接する部分がどこまでを区切りにすべきか悩んでしまう。 マンションの場合、多くは、LDKという1空間が圧倒的な広さを用意している事も近年の100平米クラスには多い。 しかし、だからこそ、リビングはどこまで?という区切りがカーペットに影響する事も多いんです。 十分エリアの確認をしてから、防音マット等の配置を決めることが失敗後悔対策には重要です。

床 マンションのリビング・インテリア実例画像を見ていても失敗後悔する原因は、壁もあります。 床材カラーは、種類を増やしていかないとマンションも個性を伝えることが難しくなっています。 だからこそ、マンションのリビングインテリア画像は増えても、実例を探すのが難しくなっているのです。 ・同じ会社の同じ床の色を探してもなかなか出てこない。 ・モデルルーム風のイメージの色違いを探すのが難しい。 実際の床の色がイメージの半減を招き、実際に入居時に搬入した時には違った!という失敗後悔が多いのです。 マンションのリビングインテリアで、形をイメージ出来ても、住んだことが無い床の色の場合は、照明による色を確認してから家具を選ぶ。 最初の不便を感じても、最低限のリビング・インテリアを揃える方がマンションのリビングは綺麗にまとまります。 では続いて、和室のリビングインテリア実例を確認している場合の失敗後悔原因を紹介していきます。  

和室リビングインテリア実例失敗後悔原因

和室リビング・インテリア実例確認後の失敗後悔原因 新築一戸建てを和風に仕上げていきたい方も多いです。 和風のリビング・インテリア実例を見ても失敗後悔する原因についてご紹介していきます。

調和

調和 和風リビングインテリア実例画像確認後の失敗後悔する原因は単純に調和の問題も大きいです。 調和させるべき空間は、以下のポイントとなります。
  • 玄関に和を取り入れたいがシューズクローゼット選びが洋である雰囲気。
  • 玄関ポーチ周辺の和の雰囲気とリビングに入った時の雰囲気の違い。
  • リビング・ダイニングと見た際に、ダイニングは洋が強くなる傾向
和風を追求したいが、生活の基盤としてどうしても洋に頼ってしまいやすい最近のインテリア事情。 リビングインテリアという存在感が強い分、浮いた空間になりやすいのです。 よって、和風リビングインテリアを採用する際には、障子等の窓の形状や色選びは慎重に考える。 少しでも洋風の要素を緩和するパーツを意識して和風を仕上げることが重要となります。

畳 畳によるリビングインテリアを目指す方も徐々に増えてきた現代。 温泉好きな方の場合は、旅館等の和モダンという言葉に影響されて、過ごしやすい空間として認識してる方も増えているのも事実。 和室をモダンに仕上げるためのポイントもご紹介しています。 新築和室モダンインテリアの選び方 新築和室をモダンに仕上げる壁,窓,インテリアの組み合わせ方 しかし、自分の家は、旅館とは違い、何かしっくり来ないという失敗後悔を抱える方も多いんです。 その理由は、以下のようにあります。
  • 畳を採用しても壁紙クロスは、色だけが和風で塗り壁等のコストがかかる素材を使わない。
  • 畳を採用しても旅館とは1枚サイズが違うため、見え方の合わせが難しい。
  • 畳を採用しても活かす窓の配置が日照条件の問題から和洋混在になり困る。
畳による和の演出をリビングインテリアに取り入れたい方は、ぜひ壁紙クロスも十分意識してみてください。 では続いて、リビングインテリアコーディネートにおける3つのポイントをご紹介していきます。  

リビングインテリアコーディネート実例確認方法

リビングインテリアコーディネートのポイント 和風、洋風、モダン、欧米風、南欧風など実に様々インテリアが存在する日本のインテリア市場。 自分たちの目指すリビングインテリアコーディネートを成功させる3つのポイントをご紹介していきます。

決める順番

決める順番 実際にリビングインテリアコーディネート実例を確認する際には、順番を間違えるとちぐはぐになってしまいます。 まずは決めるべき優先順位を以下の順に明確化していきましょう。
1.カーテン【レースカーテンを優先】 2.ソファ【リビングのメインカラーを決める】 3.カーペット【床材とソファ、カーテンの中和的存在】 4.テレビボード【将来壁掛けなどの可能性含めて考慮】 5.照明【素材をどんな色に見せたいかにより光量や色の選択】
私は、狭い縦長リビングを広く見せるコーディネートのコツもご紹介をしています。 しかし、今回の記事でご紹介したいのは、広く見せることよりもリビングインテリアコーディネートの色を合わせる実例失敗後悔対策。 ですから、優先順位は、異なります。 インテリアコーディネートを失敗後悔しない為のポイントは、視野を締める面積の大きいパーツから順に決める事。 優先順位を間違えると、パーツはそれぞれが主張したまとまらないリビングに変わります。 目立たせたいと思って選んだつもりでも壁が一番多いし、床も見えないと狭く感じます。 リビングのインテリアコーディネートは、全体に見える壁と床、景色に色を足す作業。 視点を変えるのではなく、足すからこそ、間違えない事が重要なのです。

アクセント

アクセント アクセントを付ける事で、リビングインテリアコーディネートは一気にイメージの幅を広げます。 簡単なのは、景色を採用するという考え方。
  • 洋風にしたい空間なら、その景色を壁紙にアクセントで取り入れる【絵画等】
  • 和風に仕上げるなら、簡易的掛け軸等を掛けられる一角を用意する。
  • 欧米風に仕上げるなら、照明のアクセントグッズを上手に活用する。
雰囲気の偏りを壊す事無く、さり気なく伝える事が重要です。 特に私がおすすめしたいのが、はがせるウォールステッカー↓
はがせる事から、失敗後悔した時でも簡単に修正が可能となります。 さらに、イベント時期には、合わせてアクセントを使うことも出来ます。 色の偏りや明るさを持ちたい時には、感じたい一方のクロスのみを変更可能。 実に様々なリビングインテリアコーディネートに対応可能なアイテムとなります。 今まさに失敗後悔に悩む方にも参考にして頂きたいと思います。

まとめ買いは避ける

まとめ買いは避ける 最後に、ご紹介しておきたいのは、先程の優先順位を基本にして、まとめ買いを避ける事がポイント。 まとめ買いにより配送料や割引きを交渉したい方も多い現代だからこそ、ポイントとしてご紹介したいのです。 リビング・インテリアコーディネートは、店と自分の家では違う。 意識すべきポイントはまさにこの見え方の感覚の誤差修正にあります。 誤差を感じた際でも、まとめ買いしてしまったら、後戻りが出来ません。 ですから、手間にもなりますし、パーツが揃わない不便さもあると思いますが、実は節約にもなります。 インテリアコーディネートでは欲しいと思ったけど、実用性的には要らなかった! 最後にまとまったリビングにするためには、実用性があってこそ効果は発揮されます。 ですから、徐々に貴方の理想に近づけるつもりで、リビングインテリアは揃えていくことが需要なのです。 では最後に、演出として大切な照明についてご紹介していきます。  

リビングインテリア照明実例確認優先順位

リビングインテリア実例照明の失敗後悔注意点   リビングインテリア実例を見ても、かなり印象を簡単に変えてしまうのが照明。 照明の実例を見ていく上でのポイントをご紹介していきます。

輝度

輝度 リビングインテリアの実例を簡単に視覚効果で変えてしまうのが、照明の輝度。 照明の輝度とは、解りやすく言えばルクスという単位を大切にしていきます。 ルクスとは、光があたっている水平面に対する明るさの単位です。 主に作業を要する場合に用いられる単位となります。 当然人というのは、以下の条件を総合的に明るさとして色も認識をしています。
  • 外からの光の入り具合
  • 照明からのルクスの影響
  • その人のもつ視力的要素
つまりは、ルクスが低すぎれば、当然ながら、暗い狭く感じやすい照明となります。 照明を間接照明にしても、あまり暗すぎる場合は、意味をなさないケースの原因がまさにルクス。 輝度をしっかり確認しておくことはリビング・インテリアを綺麗に見せる為に必要なのです。

演出

リビングインテリア実例照明の失敗後悔注意点 空間演出という言葉を考えて照明を選ぶというのは以下のような課題を指します。
  • シーリングライトによる全体の明るさ確保
  • スポットライトによるパーツ的明るさ確保
  • 間接照明による魅せる明るさ確保
それぞれに役目が異なりますが、ついついおしゃればかりを考えて失敗後悔している人が多いのが新築購入者の特徴。 生活しやすい環境を整えた上で、各種照明パーツを検討する。 照明は、リビングインテリアを失敗後悔にさせる事も出来るほどの効果を持ちます。 演出照明は、実例で見ていても、結果的には視覚的感覚の誤差が多い要素。 十分注意して、時間をずらしながら、何度も確認するくらいでちょうどいいと思います。

確認方法

確認方法 リビングインテリア用照明を実例で見る時は、画像だけではかなり厳しい根拠があります。 理由は以下の通り。
  • 明るさを感じるのは、視点の高さにも影響がある。【身長差の課題】
  • 照明は店舗では単体ではなく、複数照明がある中で確認してる事が多い。
  • 実例画像では、解像度の問題から明るさの実例では実感とは違う。
3つの要素は、全て実際の購入時と違和感等を生み出す原因になります。 少しでも実例画像を見て気になった商品があったら、確実にルクスの確認をする。 次に、同じルクスを使い、素材も近い商品を店頭で確認する。 この対応を心がけることで失敗後悔対策は取れるのです。 目が悪くなるよ。という言葉を子供にかけ続ける家造りにならない為にもぜひトータルで考えていきましょう。 この他にも私がリビングについては、新築リビング失敗後悔注意点まとめで様々な課題をご紹介してます。 あなたのシミュレーション不足を解消するためのチェックリスト代わりにもお役立て下さい。 壁の色とセットで考えていくべき床の色についてもご紹介しています。 新築床,フローリングの色や材質 新築床,フローリングの色や材質選び注意点【実例動画付】 狭いリビングダイニングインテリアについてもご紹介しています。 狭いリビングダイニングインテリアの工夫 狭いリビングダイニングインテリア優先順位失敗後悔注意点 最後まで記事をご覧頂きましてありがとうございました。
スポンサーリンク