注文住宅総額2500万の家を探す時の後悔注意点

スポンサーリンク
  • 注文住宅で家を建てたい
  • 予算は総額2500万円
  • 自分の理想の家づくりに必要な情報は何?

家を建てる時、予算は重要。

しかし、同じ予算をどうすれば効率的に使えるのか?

注文住宅といっても考えることはいろいろあります。

  • 構法
  • 会社の種類(ハウスメーカー、工務店、設計事務所)
  • 性能(耐震、免振、制震、耐火、省エネ、ZEH、防音等)
  • 室内環境(防音、遮音)
  • 土地の状況(日照条件、通風、採光等)
  • 防犯関連(セキュリティ、外構)
  • 全館空調
  • 太陽光発電、蓄電池

平屋、2階建て、3階建て以上、地下室の有無など都市部の狭小住宅地と田舎の平屋も大きく異なります。

家族構成においても

  • 子供がいない新婚夫婦
  • 子育て世帯(専業主婦)
  • 共働き世帯
  • 二世帯
  • ペットと暮らす
  • 賃貸、店舗併用
  • バリアフリー

等求める情報も異なります。

外観デザインの好みや内装のレイアウトや質感も異なります。

問題は、自分の住みたい場所に対応している会社を探すこと。

注文住宅関連記事。

新築一戸建て注文住宅ハウスメーカーの値引の実態|坪単価の値上げの可能性

注文住宅坪単価相場|ハウスメーカー実例費用と情報比較注意点

スポンサーリンク

4人家族で30坪の注文住宅は狭いのか?

注文住宅相場30坪~40坪台はいくら?費用の概要以外の比較ポイントを解説

注文住宅とは

注文住宅とは?家づくりのメリットデメリットと注意点まとめ

注文住宅の買い方

注文住宅の買い方|流れや手順における注意点

注文住宅をやめたい悩み

注文住宅をやめたい?契約後の解約は早い方が良い理由体験記

ローコスト住宅安い理由

ローコスト住宅はやばい?やめたほうがいい?デメリットや後悔リスク要素

今回の記事では、注文住宅を2500万円で計画する時のポイントや注意点を以下の目次で解説しています。

注文住宅2500万円予算は高いのか?

注文住宅を2500万円で検討中の人の口コミ

注文住宅2500万円予算で後悔する原因

注文住宅2500万円予算で成功させるコツ

スポンサーリンク

注文住宅2500万円予算は高いのか?

注文住宅2500万円で建てる家

新築で家を建てる時に、予算が2500万円では足りないの?

まずは予算を考えるポイントをご紹介していきます。

土地有と土地なしの違い

土地がない

  • 親名義の土地
  • 土地を譲り受けた
  • 今ある建物の建て替え

土地のある人なら、建物費用のみ。

既存住宅がある人なら、建て替えのための解体費用が必要。

家建て直し費用

家建て直し費用|木造住宅解体から新築購入までの内訳体験記

注文住宅建てる相場土地ありの目安や特徴体験ブログ

土地なしの方は、坪数やエリアも確認が必要です。

家がほしいけどお金がない諦める気持ちを捨てる根拠

家が欲しいけど土地がない時相談先選び方のコツと失敗典型例

新築土地探しのコツで中古は?住宅ローン活用口コミ

基本的には、土地の価格と建物価格なら土地を最優先。

住みやすい場所を選ばないといくら新築の家を購入しても不満や苦労が絶えない。

建物で2500万円台

建物本体2500万円

家を建てる時には、本体価格だけで家が建つわけではありません。

  • 申請手続き費用
  • 住宅ローン申し込み等に必要な印紙代
  • カーテン、カーテンレール、エアコン等の設備費
  • 家具、家電の購入費用
  • 照明、コンセント等の電気配線工事費
  • 浄化槽などの設置費用(地方により条件が異なる)
  • 火災保険、地震保険

さまざまな必要経費が存在します。

住宅ローン諸費用仮審査時の費用は、準備する経費

住宅ローン諸費用はいくら?内訳体験記

注文住宅がどんどん高くなるカラクリ|契約前後の注意点まとめ

注文住宅本体価格以外にかかる費用で誤算が多い3つのポイント

新築カーテン,カーテンレール購入法や時期失敗後悔対策まとめ

新築照明失敗原因3つの特徴と後悔しないプランニングのコツや注意点現場に多い相談体験記

自宅の本体と諸費用で合計を考えることが大切。

坪単価の考え方に要注意

平米や坪数の計算方法では見えない坪単価のからくり

家を建てる時、坪単価から計算する人は多い。

例えば、坪単価だけで建物サイズを考えると以下のようになります。

坪単価 延べ床面積(単位:坪)
20万円 125
25万円 100
30万円 83
35万円 71
40万円 62.5
45万円 55
50万円 50
55万円 45
60万円 41

しかし、この数字の通りの建物は到底手に入らないのが現実。

何故でしょうか?

坪単価に含まれる対象が明確になっていないからです。

例えば、

バルコニーを半額で計算する会社もありますし、倍の金額で計算する会社もあります。

吹き抜けを無料でカウントする会社もあれば、同じ建坪で計算する会社もあります。

このように、表面的な金額目安を見るだけでは希望の予算で足りるのかはわかりません。

2500万円で家を建てるなら、ハウスメーカーなら本体と照明、カーテン等を含めたら30~34坪の総二階建て。

これが妥当な計算です。

 

注文住宅を2500万円で検討中の人の口コミ

注文住宅を2500万円で建てたい人の悩み

では実際に2500万円で家を建てた人の口コミを見ていきましょう。

口コミ

口コミ

上物だけで1500万円の家は安い。

年齢と破綻リスク


土地が狭くなる

見極め方

物件の見極め方

あくまで、住む土地のエリアによっても予算は異なります。

さらに、家族の人数や間取り、こだわりによっても異なります。

  • 安っぽいのはいやだ
  • 外観にこだわりたい
  • かっこいい、モダン、南欧風などにこだわりがある

こういう人は、建物本体でも30坪台なら、2500万円では厳しいと思います。

 

注文住宅2500万円予算で後悔する原因

後悔

ローコストに多い悩み

内容を見て、その折だと納得しました。

結果的には、職人の腕次第。

材質の問題点

安くても広い家がほしいのか?

高くても狭い家で完成させたいのか?

広さとアフター、将来性等で考えると答えが見えてくると思います。

 

注文住宅2500万円予算で成功させるコツ

新築一戸建てオプション工事成功の理由

私自身も2690万円で建物本体を購入しました。

太陽光発電は別途300万円程度かかっています。

この予算を考える時、結果何を優先したのか?をご紹介していきます。

建物本体はデータで確認

日照データ

夏は涼しい、冬は温かい。

賃貸や築40年から50年以上の実家から自分の家を建てて引っ越したい人なら、多くの人は快適な室内環境を求めるはず。

その上で重要なのは、高気密、高断熱等の宣伝文句ではありません。

日本の住宅性能は世界に比較するとかなり劣ります。

中国や韓国にも負けているレベルです。

そんな中でもUa値という値を見ると、寒さに耐えられる度合いが見えてきます。

HEAT20とは?

断熱性能が低い会社は、新築でも寒い。

イズロイエは積水ハウスでも寒い?家を建てた人の感想と営業の差

間取りで寒さも費用も対策

寒い

オプションは無駄に入れない。

特に、吹抜けやリビング階段は要注意。

吹き抜けはいらない?住んだ後の苦労が多い3つの悩みや苦労

リビング階段デメリットや寒さ対策注意点

よりシンプルでその会社が手慣れた企画型から選ぶことが節約のコツです。

私の家は別に豪華でもありません。

目立つようなインテリアもありません。

  • アクセントクロスもない
  • パントリーもない
  • ウッドデッキもありません

でも結局、どれもいらなかった。

結果的には、シンプルイズベストを前提に考えました。

7年経過しても満足しています。

節約を考えるなら、シンプルにまとめる。

さらに、不満があれば、将来リフォームをしやすい形にしておく。

これが後悔、不満があった際にも対処できる方法です。

無理は禁物です。

年収に見合わない返済負担率ではいずれ破綻します。

低金利とか今の賃料と同じという計算だけはおやめください。

参考サイト

Yahoo知恵袋

ローコスト10年後の心配

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

公式アカウント

このページの先頭へ