スポンサーリンク
家が欲しいと思っていても自分が土地を持つわけではない。 不動産を相続できるような人とは違う。 自分の家が欲しいと思っても、建てる場所がなければ、さすがに新築を購入するのは無理なのか? あくまでもマンション購入ではなく、家を建てる事に対して興味を持つ人も多い。 土地があったら今すぐにでも建てる計画を実行したいのに! こんな気持ちになっている人に伝えたい購入方法の考え方についてご紹介していきます。 これまでにも家が欲しいという悩みについて、以下のような記事を書いてきました。 家が欲しいけど買えない男の理由 家が欲しいけど買えない?最初の一歩と住宅ローン対策
スポンサーリンク
家が欲しい引き寄せの法則 家が欲しい引き寄せの法則|夢実現体験記 私はマンションを一戸建てを購入する前に新築で購入をしました。 その時の条件としては、住まいに求める環境や条件が大きく違っていた自分がいる。 その時々にあった家を購入する意味と価値がある。 住宅ローンを利用する価格的な目安から探すという視点だけでなく、不動産会社の探し方や会社に物件探しを相談する時のポイントなどもあります。 私のサイトは、新築一戸建て購入後に失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下のような経験を活かし、情報を公開しています。 新築マンション、一戸建て購入経験者であること。 100棟以上の新築、リフォームの現場での業務を行った経験。 住宅ローンの審査に通らない、落ちたという悩みを抱えた体験。 返済開始後2年目で借り換えを実現した体験。 住宅を建てる側の会社から見てきた景色と自分が購入する時に気にした内容を含めて住みやすい家を求める為に必要な考え方を伝えています。 サイト管理人2児パパニッキーと申します。 今回の記事では、家が欲しいけど土地がないと悩む人に新築購入方法としてお勧めしたい内容を以下の項目でご紹介していきます。 家が欲しいけど土地がない時探すコツ 家が欲しいけど土地がない時の注意点 家が欲しいけど土地がない時の調べ方 この先インターネットでいろいろな情報を検索すると思います。 その中で今の賃貸の生活をどうやって抜け出すのか?と考える時に是非意識してほしい視点として参考にしてください。
スポンサーリンク

家が欲しいけど土地がない時探すコツ

家が欲しいけど土地がない時の探し方 私は地域的には都心部に住んでいるような人間ではありません。 今もこれからも住むなら、地方と考えていろいろな住宅に対して仕事としても関わってきました。 その中で、私も土地がないところから始めたからこそ紹介していきたい注意点があります。

安い土地探しは相談先に注意

安い土地探しは相談先に注意 建物価格が数年前に比較すれば、30坪台でも数百万円単位で上昇しているハウスメーカーも多い住宅市場。 注文住宅の営業の中にも正直建築に必要な情報を数年勤務の中で10棟以下の経験しかない者も多い。 当然住宅関連の企業にいる営業の人になら、比較ポイントを簡単に無料で教えてもらえる事も多いはず。 良い土地を紹介してもらえるのではないか? このように期待をしている人も中にはいらっしゃると思います。 しかし、正直、土地の比較ポイントってどこの会社が多くの情報を知っているのか?という答えに多くの大工さんはこう答えてくれました。 「それは地元で長くやっている不動産会社が一番よく知っているさ」

地域密着業者の情報量に驚き!

地域密着業者の情報量に驚き! 確かに! 以下のような情報が土地には絶対必要になる項目。
  • 無料の売却査定依頼の多い会社はどこだ?
  • 水害、災害などの自然災害を過去に受けていて、備えが必要な場所はどこ?
  • 今の相場として、売りに出しても売買されやすい人気のエリアはどこがお得?
このような本当にローカルな情報をリアルに見聞きしているのは、地元の小さな会社の方が圧倒的に情報が多い。 昔は田んぼや畑ばかりだった地方も徐々に建売や中古マンションなどを購入する人が出てきてくれたおかげでようやく栄えたエリアもある。 賃貸契約の借り手が全く見つからない状態が続いたから、仕方なく、売りに出して店が入ったなどの情報。 過去に大きな工場があったが閉鎖してから大型のショッピングモールが出来て生活イメージが数年で変わったエリア。 このように、過去を知り、そのエリアの賃貸の市場も十分把握してくれている。 だからこそ、今からローンを組む人たちに万が一売却という話になった時にも売買がしやすいのか等も丁寧に教えてくれることも多い。  

家が欲しいけど土地がない時の注意点

家が欲しいけど土地がない時相談注意点 最近は、いろいろな業界に仲介業者のサービスが広がり始めている。 あくまで情報が見つからない悩みを抱える人やいきなり専門の場所に行って話を聞くのが怖いと思うイメージを持つ人が利用することも多い。 しかし、土地や建築という人生で一生に1回の買い物になる可能性がある話を安易に仲介の会社に土地の情報を聞くのは正直私からは注意して欲しいと思ってしまう。

仲介業者は紹介までの情報屋

仲介業者は紹介までの情報屋 あくまで仲介業者はしっかり業界の知識を知る感じではありません。 あくまで形式的な窓口を構えているだけ。 どこを紹介してもそのさきっでトラブルを抱えた時にはある程度までの対応しかできない。 やはり、しっかりした専門の知識を最初の段階では知るべき内容がたくさんある。 その知るべき情報に対して妥協をしてしまう事も増える。 真実との違いについて間違った理解をしたつもりの人も増える。 ☞相談者は疑問すら持てない現実がある。 このような流れがあるからこそ、大きなお金が動くマイホームという市場には、理想と現実の違いが起こりやすい。

土地にもたくさん問題は潜む

土地にもたくさん問題は潜む 家を建てるために土地を購入したい。 つまりは、どこの会社で建てるとしても購入した後の地盤問題がないかを調査をしてもらう必要がある。 この時、価格が安いだけで飛びついた時には以下のようなケースも想定しておく必要がある。
  • 一般的な基礎とは違い、たくさんの工夫をしなければいけない結果の提示。
  • 費用が想定とは全く違い、かなり高額なる結果に対する問題やトラブル。
あくまで、家を建てる時には、土地と基礎が非常に重要になる。 情報の中身は掲載内容がすべてではない マンションでも一戸建てでも土地の地盤がしっかりしているエリアは地元の人がある程度過去の経験からも学んでいることも多い。 しかし、次から次へと新しい売主が出てくると、以下の項目の方が注目されやすい。
  • 費用で安く出しているかどうか?
  • 坪数や広い物件を見つけよう。
  • 頭金の額が少なくても良い売主を選びたい。
  • 仲介手数料が安い土地を見つけた
  • 大手のハウスメーカーが販売しているから。
  • 金利が安いから毎月の返済額が今なら安い。
このように、どんどん目に入っていく情報が、販売する側の見せたい金額の流れになっていく傾向が強い。 そもそもそういう事が成功の条件として重要な点ではありません。 きちんと環境としても土地の状況に対しての知識がある人が紹介するのは難しいと言わない情報を手に入れる。 これが、本当に納得できるし、購入後に得を感じやすいケースにつながるのです。  

家が欲しいけど土地がない時の調べ方

家が欲しいけど土地がない時の調べ方 私の今の住まいを手に入れたエリアも学区としては人気のエリアの1つ。 複数の会社が建売などを必死に行い、購入できる可能性がある顧客獲得に必死になているのがよくわかります。 しかし、そうした環境の中でも私は土地を探しているママ友たちには以下のような点に注意してほしいと相談された時に答えています。 一番新しい情報はネットにはない 私がこの記事の中で、最もメインに伝えたいのは、この項目。 正直、不動産物件情報サイトには複数の会社の建売も土地の販売も一気にまとめられている。 しかし、本当に新しい情報はこれから先買取を決めて、手続きにに入ろうとしている物件なんです。 こんな新しい情報を一番最初に手に入れるにはどうすればいいのか? この答えは、自分の欲しい学区やエリアの土地を売買している不動産会社に相談をする事が最も重要。 そして、この時、以下のような情報をきちんと伝える事が大切なんです。
  • 家族の世帯人数や子供の状況。
  • 駅からの通勤を利用するかどうか?
  • 駐車場は何台程度を予定しているのか?
  • どこの学区を希望しているのか?
あわせて以下のような内容を聞いてみるのも別の視点から考えても安心をもらえる。
  • 最近のそのエリアの売買として値上がりの傾向があるのか?
あくまで住まいを手にした後の借金を返済していく期間の中で、どうしても最後に売却を検討しなければいけないような状況になった時も考える。 もちろん、資産価値が高い事を考えるなら、駅に近い土地を選ぶことを広い事よりも優先する事が大切にもなっていく。 こうしたことを含めて、実際に購入しようとしている場所の市場や将来性をきちんと伝える。 そして、まだ市場に公開されるかもしれないという情報があれば、検討したいから教えてくださいと伝えておく。 たったこれだけでもかなり情報は早く手に入れることが可能になる。 ケースバイケースというよりもまずは購入の見込みのあるお客さんを大切にしているのも小さな不動産屋の特徴とも言える。 だからこそ、自分たちが気になるエリアの絞り込みがある際には、積極的にその近所にある不動産屋さんに対応可能なのかを相談する。 これが最も簡単でシンプルな相談方法と言えるのです。        
スポンサーリンク