家が欲しい独身男女の選び方と注意点体験記

スポンサーリンク

貯金も不動産購入時の頭金程度は出せる状態になった。

勤続年数も今の生活も何か必要を感じる事は多くない。

結婚をしているわけでもない独身の人が自分の家を購入する必要はそもそもあるのか?

もしそういう体験話があったらなぜ買うのかを含めて情報を知りたい。

こんな気持ちになっている人にぜひ私の体験もご覧いただけたらと思います。

家が欲しいという悩みについて、これまでにも以下のような内容を書いてきました。

家が欲しいけど買えない男の理由

家が欲しいけど買えない?最初の一歩と住宅ローン対策

家が欲しい引き寄せの法則

家が欲しい引き寄せの法則|夢実現体験記

家が欲しいけど土地がない時の調べ方

家が欲しいけど土地がない時相談先選び方のコツと失敗典型例

持ち家賃貸比較子育て世代の失敗

持ち家と賃貸比較で計算外?子育て世代失敗後悔注意点

住宅ローンの世帯収入目安という視点についてもご紹介しています。

住宅ローン世帯収入目安

住宅ローンは世帯年収目安ではなく夫一人にしておくべき根拠|返済貧乏防止策

独身の人がマンションを買うというのは、都市部にはよくある話。

男性も独身女子も自分の家を持つ事に対して積極的に投資をしていることも珍しい事ではありません。

私のサイトは、新築一戸建て購入後の失敗後悔をしてほしくないという思いから以下の経験を活かし、情報を公開しています。

新築、リフォームで100棟以上の現場に関わった住宅関連企業在籍経験。

新築マンション、注文住宅購入経験。

住宅ローンの本審査、仮審査で計3度落ちた体験。

銀行、金融機関の無料相談をしないまま通過させた体験。

ローン返済開始から2年目に借り換え成功。

今私は独身時代に購入した物件とは違う注文住宅の環境で家族とともに住んでいます。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

今回の記事では、独身で家が欲しい時におすすめしたい選び方について以下の項目でご紹介していきます。

家が欲しい独身男性の注意点

家が欲しい独身女性の注意点

家が欲しい独身の買い時はいつ?

2018年から2019年にかけての消費税増税の動き。

2020年東京オリンピックの前に買っておくべき物件とは?

今の生活環境や暮らしに気になることがない人もこれから何かあった時の為にと思う人も参考にしてください。

家が欲しい独身男性の注意点

家が欲しい独身男性の選び方

今別に結婚をする人もいない。

彼女がいるわけでもない。

でもこの先、独身の時に家を買って置く方がいろいろ楽だと考える人にお伝えしたい内容をご紹介していきます。

家が欲しい独身男性の物件選び方

男性が自分の暮らしの為に必要な環境や条件と言えば何を気にしているのか?

この答えには以下のような内容が典型例となります。

  • 育児よりも仕事の通勤に便利な環境。
  • スーパーなどの自炊よりも手軽な外食を楽しめる場所。
  • 夫婦というよりもまずは自分の買い出しに行きたい場所へのアクセスの利便性。

このように、現在の自分の住まい環境でよく買い物に行く場所と仕事の通勤にもメリットを感じるスポットを考える人は多い。

収入と資金に見合う場所。

こんな選び方が独身男性が勝ってみたいと思う物件には多いのです。

家が欲しい独身男性のよくある相談

結果的に自分で住まいを購入して、この先の人生で資産を持つ価値はどこにあるのか?

夫婦になる前にわざわざローンを組んで購入する理由はどこに価値があるのか?

こんな悩みに対して、私は以下のようなメリットを伝えています。

  • 住まいの環境的な事を購入した後は賃貸の時よりも気にする事が少なくなる。
  • 現在の年齢で返済を開始する方が人生設計の中で将来の完済時年齢は確実に早くなる。
  • もしも職場が変わったりした時、社宅と違い引っ越しをせずに住み続けることが可能になる。

都市部での生活を考えている人にとっては、返済している期間に自分が仕事を変えることも十分に可能性がある時代。

当然、自分が仕事を失う事で新しい物件の賃貸契約での保証人問題を含めていろいろ苦労をする事もある。

基本的にはライフスタイルを問わず、自分が家を出ていくという心配をしない環境を手にする。

これが最もメリットとして感じやすい点だと思います。

 

家が欲しい独身女性の注意点

家が欲しい独身女性の選び方

女性も今は独身の時から将来の老後に向けての計画を立てるべき時代になってきている。

結婚して扶養として生活をしていても、住まいを手にした後に夫が仕事を失い、毎月の返済が遅れたりした理由から売却を余儀なくされる事例も考えられる。

親も賃貸に住み続ける環境となれば、人生で自分が収入を得ていない後の生活はどうなる?

このような時に自分1人の収入や資金で住まいを選ぶことは難しくなるケースもある。

こうした時を考えたら、家賃という支払いをしているよりも住宅ローンを組み、今の自分の条件に見合う物件が出ていれば購入するメリットはある。

家が欲しい独身女性の物件比較

現在の仕事をいつまで続けるのか?

今後結婚などをする事があったとしても自分の家をどうするべきかを悩まないためのポイント。

それは、一戸建てよりもマンションを購入することに焦点を絞ること。

女性が住宅を購入する際には、仕事よりもまずはセキュリティを大切にする事。

さらに、賃貸化したい時に単世帯が安心して借りられるエリアを選ぶ。

このような情報をきちんといろいろなサイトのページを見ながら情報を集めることが重要になります。

将来の少子高齢化に向けた準備としても住み続ける選択肢だけでなく嫁ぐという問題に影響が出ないような準備をしておきましょう。

 

家が欲しい独身の買い時はいつ?

家が欲しい独身の買い時

住みたいエリアもいろいろな需要がある。

しかし、男性も女性も問わず、独身から老後までを計画しておくために考えておくべき買い時をご紹介していきます。

家が欲しいなら年齢は重要

結果敵に、固定資産税や管理費、修繕積立費などを支払い続ける生活を送るのが不動産取得者の義務。

その中で、銀行から借り入れをして完済までの期間は住宅ローン返済を続けていく必要がある。

この返済の完済時年齢というのは、当然定年を過ぎてしまうことがない選択をするのが理想。

老後で住宅ローンが払えない。

リストラで住宅ローンが払えない。

ボーナス払いが厳しい。

このような事を検索している人も多い時代。

今の仕事はもうしばらくは続けるはずと思っている人だからこそ、家を買うことを意識し始めていると思います。

だったら、とにかくあまり無理をしない程度の貯金額に見合う頭金の金額でローンの毎月返済額を開始するべきだと思います。

私は正直、40歳までには確実に決断をしなければいけないと思っています。

長期的な資産運用ををイメージ

最初は自分が住むために誰もが購入をする。

当然男女を問わず、自分の住まいを用意するという考え方で住宅購入にとりかかる。

しかし、年齢に伴い生活に求める質も条件も変わってくることもある。

例えば、仕事を中心としていた選び方よりも子育てしやすい環境を求める結婚後の生活。

このような状況は3年先、5年先などの転職だけでなく、人生の大きなイベントによって変わる可能性もある。

そうした時に、しっかり資産運用をできるのか?

この状況では、一戸建てよりもマンションの方が非常に管理しやすいというのが私の体験から感じたこと。

35年ローンを組む時間の中で必ず今買った家に一生年齢がいくつになっても住むと誰でも断言はできない。

だったら、状況を問わない環境を選ぶ。

つまり、年収が高い低いを問わず、最初の独身の購入の時には、マンションから選ぶ事を考える事が賢い選択になりやすい。

今の年齢条件がベスト

結果的に子どもがいるいないという不安もない。

自分で住む家を持つ事が出来る。

中古マンションでもリフォームをする事も可能な時代。

将来は賃貸化の可能性も考慮できる状況。

このような条件が整ったなら、正直、5年、10年先に購入する時に利用する住宅ローン金利などの状況よりも審査に通りやすい条件を優先するべき。

住宅ローン審査基準は、完済時年齢がトップという状況にも注意が必要。

これは、どこの会社でも紹介していること。

住宅ローンを利用するすなら、きちんと支払う分の金利の確認をしてからと思う人は多い。

しかし、本当に欲しいと思っているなら、まずはローン利用開始年齢のほうが大事。

だからこそ、欲しいと思う時の年齢でローンを利用開始。

この考え方が審査に通すコツともいえるのだと私は感じています。

物件の販売価格が落ちるかも!

頭金をもう少し入れた方が?

持ち家を持つ前にhいろいろなデータを比較すると思います。

しかし、いま以上に新築の価格が下落する事はほぼありえない。

結果的に20代であれば、50代から60歳前後でローンは終わる。

30代半ばになれば、70歳までローン返済。

これが誰でも同じ35年という時間の経過。

結果的にいつが買い時か?

その答えなら、いまですよね。

 

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ