スポンサーリンク
新築一戸建てカーテンはブラインド?シェード?種類選びのコツとおすすめの見積もり依頼方法をご紹介しています。 このページをご覧頂きありがとうございます。 この他にも、新築カーテンについては、以下のようなコンテンツを用意しています。 新築 一戸建てカーテン費用相場 新築カーテン費用コスト削減と交渉方法一戸建て体験記
スポンサーリンク
新築カーテンどこで買う?体験記 新築カーテンどこで買う?通販は使わず最安値体験記 新築カーテン種類選び優先順位 新築カーテン種類の選び方で重要な3つの失敗後悔注意点 新築カーテンレールおすすめの選び方 新築カーテンレールおすすめは?リビング画像付体験記 新築カーテン購入時期と採寸 新築カーテンの購入時期や採寸はいつ?体験記 新築カーテン選び方節約成功体験記 新築カーテン選び方で失敗後悔が多い原因|体験記 新築カーテン色の選び方 新築カーテン色の選び方|インテリアコーディネートの考え方体験記 新築カーテン予算 新築カーテン予算優先順位や選び方失敗後悔対策 新築カーテン費用相場を知った上での賢い選び方 新築カーテン費用相場は?賢い節約術と購入術体験記 新築カーテンレール失敗対策選び方 新築カーテンレール失敗する選び方の原因や注意点 新築カーテンレールニトリの対抗店舗体験談 新築カーテンレールニトリ相談体験記 新築一戸建て購入注意点カーテンレール取付おすすめ店舗体験談 新築カーテンレール取り付け工事費用節約注意点体験記 新築リビングカーテンレースのみ 新築カーテン選び方リビングレイアウト実例画像付WEB内覧会 新築カーテン,レール失敗後悔注意点まとめ 新築カーテン,カーテンレール購入法や時期失敗後悔対策まとめ 新築窓の数が少ないという視点からも記事を書いています。 新築窓の数が少ない失敗後悔と現場事情 新築の窓の数が少ない失敗後悔注意点チェックリスト 新築窓のタイプと部屋ごとの活用法についてもリビングの画像事例付きで選び方をご案内しています。 新築リビング窓サイズや大きさ 新築リビング窓配置やサイズ選び方一戸建て設計注意点 私のサイトは、新築一戸建て購入後の失敗後悔をしてほしくないという思いから、自分の以下の経験を活かし、運営しています。 私の体験は、以下のようなものがあります。 元住宅関連企業勤務経験者。 一級建築士,内装業などの身内に囲まれた環境。 そして、以下のような経験をしてきました。 新築マンション、一戸建て両方の購入経験を持つ。 一度注文住宅のハウスメーカーを解約するほどの悲惨な打ち合わせの経験をする。 住宅ローン審査にメガバンク、第三地銀等3回落ちた経験を持つ。 住宅ローン審査を銀行相談を一切せずに通過させた体験者。 2017年に審査通過から2年目で住宅ローン借り換えに成功。 火災保険は元保険営業の妻に助けられ節約に成功。 新築祝いのお返しを専門サービスを使って満足ができた経験。 引っ越し見積もりも時期や会社との交渉スキルを学ぶ事で安くした経験。 新築インターネット回線もスマホ回線等の活用を含めてプロバイダ契約を含めてかなりの節約に成功。 新築購入後の固定資産税納税等の変化を見てきた体験。 カーテンや外構工事などは全て打合せで決めず、自分たちで独自に発注して節約に成功。 このように、住宅業界の中からも購入する側としても体験をしてきました。 そして、現場の知識を使った意識と新築間取りを自分たちも経験したからこそ伝えたい住宅購入における問題を抱えた時の解消法をご紹介しています。 サイト管理人2児パパニッキーと申します。 新築一戸建てで住み慣れた賃貸から一気におしゃれな縦長横長窓の採用や大きな掃き出し窓等のカーテンを決めるのは勇気も必要。 そこで、私がおすすめする窓タイプ別のカーテン選び方のコツを以下の内容にで解説しています。 新築一戸建てカーテン選び方のコツ 縦長スリット窓にブラインド 新築一戸建てカーテン選び方のコツ 縦長スリット窓にロールスクリーン 新築一戸建てカーテン選び方のコツ 縦長スリット窓にカーテンレール 新築一戸建てカーテン選び方のコツ 縦長スリット窓におすすめのカーテン種類 以上の内容から、それぞれの内容を解説していこうと思います。 ぜひ、失敗後悔しない家作り完成のための参考にしてください。
スポンサーリンク

カーテン選び方新築一戸建て縦長スリット窓

新築カーテン選び方のコツ縦長窓 縦長窓というタイプを採用する際には、カーテン選びをどのようにすればいいのか?を解説していきます。

縦長窓スリット窓のおすすめのカーテン選び方|ブラインドは避ける

ブラインドは、正直私は、特に縦長の窓にはあまりオススメしていないのです。 理由は、単純にブラインドの性質上、手入れが思っている以上に大変です。 新築縦長窓ブラインドリスクデメリット このようにブラインド一本一本が汚れていくのが、大変なのです。 さらに、縦長の場合は、特に脚立などを使わなければ届かない高さのある部分が手入れ不足になります。 そこへ、エアコンや空気循環の流れが通過したら? ブラインドのホコリがみごとに舞うのも目に見えた話。 ハウスダストとかそういう問題ではなく、ただの手入れ不足によるダストアレルギーの心配も出てきます。 ですから、縦長窓にブラインドは絶対避けましょう。 続いて、ブラインドと片付け方は似ていますが、異なるロールスクリーンを使うという選択肢について解説していきます。  

カーテン選び方新築一戸建て縦長スリット窓ロールスクリーン

このようなタイプのカーテンをロールスクリーンと呼びます。 縦長スリット窓にデザイン性では、一番おすすめできる窓は、このロールスクリーンだと私は思っています。 何より、最近のロールスクリーンは、
・安い ・家で洗濯できるから経済的 ・清潔感を保ちやすい ・余分なカーテンの幅の心配をしなくていい
こうしたすっきりしたデザイン性を好まれるだけでなく、手入れを簡単にした点も人気の秘密。 まずは、検討の1つに入れてみてください。 2重になったロールスクリーンとセットにするのももおしゃれです。 しかし、手入れもデザインも考える事が多くなり、飽きやすくもなりますので、あまりデザインに懲りすぎないシンプルな方が、窓も引き立つと思います。 では次に、カーテンを採用したい人のために、カーテンレールを選ぶ際の寸法やデザインのコツを解説していきます。  

カーテン選び方新築一戸建て縦長スリット窓カーテンレール

カーテン選び方新築一戸建て縦長スリット窓カーテンレール   新築一戸建て縦長窓に対するカーテンレールを採用する際のコツを解説していきます。

新築縦長窓へのカーテンレール寸法のコツ 幅の選び方

新築縦長窓へのカーテンレール寸法のコツ 幅の選び方 窓枠に合わせると、両端をプラス5~7cmずつはみ出すように計測します。 すると、上に掲げたような窓の枠より少しはみ出たデザイン性のあるカーテンレールを付ける事が可能。 縦長窓のカーテン取り付けの際は、 幅が狭いので、少しカーテン自体をヒダが強調され易いのでより、幅の演出を心がけることが大切。

新築縦長窓へのカーテンレール寸法のコツ デザイン

新築縦長窓へのカーテンレール寸法のコツ デザイン カーテンをつけたい方の縦長スリット窓へのカーテンレールのデザインですが、 複数縦長窓がある場合は、全体の部屋のレイアウトと協調性を優先しましょう。 各種窓のタイプ別につけたいカーテンを考える失敗します。 大切なのは、居室は、以下のような全てが整ってこその空間であること。
・家具 ・照明 ・床 ・壁紙
このようなモノがある空間にカーテンが光の演出でバランスを取る効果もあるのです。 夜は、カーテンが主体になりすぎないように気をつけます。 そのためには、あまり両端のデザインに、懲りすぎたデザインを使ったカーテンレールを使うと壁紙が活かされません。 上手に全体のバランスを意識したカーテンレールを選びましょう。  

カーテン選び方新築一戸建て縦長スリット窓おすすめ

新築縦長窓へのカーテンレール寸法のコツ デザイン   最後に、縦長スリット窓を使う際にカーテンを採用する方のための選び方のコツを解説していきます。

縦長窓スリット窓のカーテン選びのコツ 種類は?

縦長窓スリット窓のカーテン選びのコツ 種類は? 日差しが強い西などの方位にあるスリット窓や縦長窓のカーテンは、
・遮光1級 ・暑くないカーテン
などを中心に調べる方が多いんですが、実際、この取り組みでは逆の計算が足りません。
・暗くならないのか? ・カーテンと窓のあいだの結露の心配はどのくらいのスペースが欲しいのか? ・カーテンを付けるなら、どの丈までにしようか。
こうした実生活の負担をしっかり考えておく必要があります。 その際、私がおすすめしたいカーテンの選び方は、レースカーテンのみの対応。 リビング掃き出し窓のカーテン選びはレースのみ?でも、解説していますが、テスト期間という感覚がどうしてもカーテンの場合は必要。 その上で、 ・明るさ ・暑さ寒さ ・手入れ ・視線 ・サイズ などを考えて、 レースカーテンより厚みのあるカーテンが必要なのか? を考えていくことがカーテン選び方の一番の近道。 低コストでも、十分高機能が出ているレースカーテン。 縦長窓をまとめて1枚で覆いながら、1箇所のタッセルでまとめるデザインは、非常にオシャレ。 後は窓自体のガラスの工夫で、十分対応可能です。 スリット窓には、正直、カーテンもいらないと思うのが、私の本心。 主寝室や子供部屋などの場合だけは、睡眠の質に関わるので注意してください。 しかし、生活上の不安からつけてみたい方は、ぜひ以上の内容をじっくり検討材料に含めて検討してください。 主寝室の窓についても注意点をご紹介しています。 新築主寝室窓の配置や大きさ選び方おすすめ 新築主寝室窓選び方配置失敗後悔対策注意点一戸建て注文住宅体験記 それでは、この記事を最後までお読みいただきありがとうございまいた。
スポンサーリンク