スポンサーリンク

住宅ローンを年収で借入額を検討。

自分の家をローンを組んで購入する。

マンション、一戸建てを問わず問わず、不動産購入額により前の物件での生活以上の生活費を要する事も多い。

特に東京、神奈川、愛知、大阪、福岡等の都市部では物件に応じた固定資産税の額も買う前の予算に入れておくことが大切。

住宅を手に入れるのは夢のマイホーム購入なんて言葉よりも現実的な生活をイメージする事が重要。

住宅が新築の一等地でも生活が悲惨になることは辛い現実になる。

ローンを組んで後悔した。

住宅なんて買うんじゃなかった。

こんな会話をする必要がある家づくりは失敗でしかない。

頭金などを入れて物件を買うことはできてもその後の生活が現在と同じということは住宅の価格を問わず考えられない。

以下のような条件がその証拠。

  • インフレによる物価上昇の影響
  • 企業(会社)の都合による年収の増減
  • 世帯年収という響きでは、妻の仕事の変更等も含む。
  • 子供の成長に合わせた教育費の変化

無理のない返済計画を考えるとはどういうことなのか?

今の家賃と同じ額を返済していくなら買う事は問題がない?

この考え方が非常に危険な状態であること。

これは、私自身もマンション購入にて苦労した体験から伝えたい。

過去にも以下のような内容で返済の計画についてはご紹介してきました。

住宅ローン審査に通らない理由|年収と借入可能額目安

住宅ローン審査年収と借入可能額の仕組み体験記

住宅ローンは世帯年収目安ではなく夫一人にしておくべき根拠|返済貧乏防止策

住宅ローン審査2800万通った人の年収や勤続年数頭金

住宅ローン審査2800万借入可能な年収通った口コミ

住宅ローン審査落ちた口コミまとめ

住宅ローン審査落ちた口コミ年収別まとめ

年収500万住宅ローン3000万

年収500万住宅ローン3000の計画は無謀

2200万住宅ローンと年収の無難な計画

2200万住宅ローンは年収でいくらが目安?マンション,一軒家購入体験記

40歳住宅ローンが組めない時の対処法

40歳住宅ローン年収の5倍も通らない?地銀口コミ

住宅ローン3300万の返済計画

住宅ローン3300万円は年収いくらで借入可能?

住宅ローン返済比率とは

住宅ローン返済比率計算方法|審査に落ちない準備

住宅ローン年収別まとめ

住宅ローン年収別借入可能額や月々返済額目安まとめ

年収7倍でさえ、金利次第で返済は厳しくなる理由についてもご紹介しています。

住宅ローン年収7倍

住宅ローン年収7倍の借入額は低金利なら無難?無謀?破綻予備軍注意点

住宅ローン年収8倍の計画

住宅ローン年収8倍が借入可能額はお得?将来の暮らしはどうなる?マイホーム購入体験記

フラット35、変動、固定などの金利の選び方についてもご紹介しています。

住宅ローン金利比較|フラット35選び方

住宅ローン金利選び方|変動,固定,フラット35銀行の選び方

フラット35や固定型、変動金利などの金利の低い状況の継続。

賃貸中に貯金がそこそこできて頭金などの資金が調ったと思えるお金の管理。

この状況でようやく自分の住まいを手に入れることが出来ると思っている人も多い。

しかし、家は中古でも新築でも実際には買ってからの以下の項目は必須条件となる。

  • 固定資産税の支払
  • 火災保険地震保険の契約及び更新(10年単位)
  • リフォームや修繕などの管理
  • マンションなら、修繕積立費や管理費等の支払

このほかにも車の所有台数による駐車場や駐輪場などの諸経費は今の住まいと全く同じということはかなり少ない。

自分の家を買ったら、生活に必要な資金が下がったと思う人は少ないはず。

むしろ、こんなに高いと思わなかった。

この声が実際に不動産登記などの登録を終えた後に実感している人もいるのが現実。

私のサイトは、不動産住宅物件探しから購入した後にも失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下の経験を活かし運営しています。

新築マンション、注文住宅購入経験。

新築、リフォーム累計100棟以上の現場に携わった経験。

固定資産税などの納税も保有年数10年以上の状況を目の当たりにしています。

結果として安定した生活と子ども経ちに何かプレゼントなど家族の中のお祝いごともきちんと節約ではなく楽しいと言われる環境を整えました。

年収800万で住宅ローン6000万は会社の規模や公務員、自営業、サラリーマンを問わず大丈夫なのか?

この答えを今回の記事では、以下の項目でご紹介しています。

年収800万住宅ローン6000万と厳しい現実

年収800万住宅ローン6000万と安全な計画

年収800万住宅ローン6000万と審査の影響

自分たちが家を買った後にも子供に生活が変わったと言われてしまうようなことにならない状態を目指しましょう。

年収800万住宅ローン6000万と厳しい現実

年収800万住宅ローン6000万

正直6000万円という不動産価格をみてその費用に見合うある程度の暮らしを想像するとどんなことを考えるべきなのか?

この点が非常に生活に影響を与える事が多い。

今の住まいの周辺情報とかかる費用のバランス。

住まいを変えるということはある程度その物件に見合う暮らしを求められる。

ある程度都市部に居住する人には、以下のようなデータを参考にしてほしい。

  • 食費などの生活必需品にかかる費用データ
  • 子供の教育(塾や習い事)にかかる平均予算
  • 売却をする場合の資産価値の統計データ

このような情報に手間はかかる作業ですが、きちんと情報を集めておく事が重要。

この予算を簡単に考えてしまう者は多い。

だからこそ、生活が始まってから、支払が厳しいとか貯金ができないという声が聞こえてくる。

毎月の生活費という響きの中で、奥さんから

「何を買いに行くのも高い。」

こんな言葉を聞かされる時には、もっと生活水準的にも価格を抑えるべきだったと感じる家族も多い。

これが住宅ローン返済という言葉以外において、気を付けるべきポイントと言えるのです。

 

年収800万住宅ローン6000万と安全な計画

年収800万住宅ローン6000万と暮らし

上記のステータスは主に新築のマンションや中古でも人気のエリアでの生活にかかる生活レベルの話し。

一方で同じ価格の物件を購入しているのに、生活のレベルは平均以下という事を計画できる方法もある。

それが、中古の一戸建て購入を検討する考え方。

物件を買い固定資産税が安い生活

家族の構成としても次のような場合には、不動産の関連情報の中でも住んでからの世帯別の暮らしに見合う部屋や間取りが必要になる。

  • 2世帯での親との同居を予定している。
  • 離婚した子供が戻ってきた3世帯家族の暮らしを検討する。
  • 住んでから車の保有台数も増える予定があるエリアでの生活。

このような状況では、収入的に5000万の借入は可能であり、その後の生活を送る上で家計に大きな影響を与えないエリアであれば、返済は大丈夫と言える。

単純に、老後の年金のン金額なども予定額から計算した上でも家計が大丈夫と言えるエリアでの暮らし。

この考え方をすれば、何かあった際にもある程度は、固定資産税などで生活に大きな影響を与える心配もない。

多少数年は、子供が通学に面倒と言ってくることもあるかもしれない。

しかし、それもあくまで数年の目安の話し。

進学が終わり、社会人になってから徐々に別に住まいを持つ様な状況になったらまた条件も変わってくる。

こうした生活スタイルを考えている方になら、検討の余地があると言える。

夫の収入だけで組むことは前提

年収とは、夫婦の世帯所得という表現を使う事も可能。

しかし、住宅ローン審査で銀行が求めるのは、個人の年収が主な審査の条件。

当然、ペアローンの場合は、一人に何かあってもその後の支払はもう片方が背負うという不安を抱える。

今の夫の収入があくまで800万と言うのなら、返済バランス的にも余裕があるかもしれない。

もちろんリフォームなどの条件を考慮するなら、妻も働き別で貯金を作る事がおすすめ。

今後子供が結婚するまでの間の理想の暮らし。

この考え方からあくまで人気というよりも地方でも駅徒歩圏内の人気の学区的なエリアで資産を持つ事は仕事の通勤を踏まえても高すぎる税金に悩まされることはないと思います。

将来夫婦二人になる計画

管理費などがない戸建てに住む。

当然、以下のようなメリットがあります。

駐車場を別の契約で必要ない暮らし。

将来的に仕事を辞めた後は、余った広すぎる土地を分筆して売却する事も可能。

共働きでいられる間なら、繰り上げ返済等を月々の貯金から考える事も可能。

将来の準備を少しずつ考えるようにするなら、今後増える子供たちの家族のためにも投資などをして総資産を増やす計画も可能になる。

我が家も実際に家を買い、その後に外資の保険に投資を行いました。

こういうイメージを持って取り組むことであとで必ず楽になる時が来る。

旅行に二人で出かける事も可能になる。

外食という頻度はどこのエリアでも体力的な限界などもあって難しい事も増える。

しかし、生活における本当に必要な内容は何か?

この答えを聞いて、年齢が高い人ほど、そこまで大きな事を望まない。

最低限という中で、時々お出かけをしてのんびり過ごせる。

こんなイメージを持って生活するなら、戸建ての税金の安い場所で6000万を使う方が生活が楽になるとおもいます。

私は実際に総額6000万という金額を不動産に投資するという計画をリアルに年収500万円の頃から描いていました。

その通りの今を迎えた現在の暮らし。

それでも決して別に無理を考える必要がない暮らしを手に入れることが出来ています。

物件は返済がすべてではない。

住宅であるからこそ、メンテナンスなどを含めた総額をイメージする。

同じ金額を使っても苦労や失敗をする人の違いをローンの額ではなく、もっと大きな全体の枠を想像して考えてみてください。

今回の記事でご案内したかった内容は以上となります。

 

年収800万住宅ローン6000万借りたい人の悩み

周囲には同じ金額で組もうとしている人の声がたくさんありますよ。

20代で共働きの妻に収入がある家庭の計画スレ(知恵袋)

奨学金返済を抱える家計の中での東京都内の物件探しをしているスレ(yahoo不動産)

40歳以上の年齢で買うべきかを悩む人のスレ(発言小町)

共働きの家計で6000万借入検討中の方のスレ(yahoo不動産)

6000万の返済が月々いくらなのか不安を抱える人のスレ(yahoo知恵袋)

最後まで記事を読んでいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク