40歳貯金なしで家を買うのは現実的?無謀?見極め方のポイントと注意点

スポンサーリンク

40歳になった段階で家が欲しいと望むのは無謀なのか?

住宅購入をする時、頭金とローンの返済額さえ注意すれば大丈夫?

マイホーム購入の必要に迫られた環境の人もいる。

一方で漠然と家を買うと老後の生活が楽になるかもしれない。

軽い気持ちから金利が低い時に住宅検討をする人もいる。

いずれの人もまずは家を買う前にきちんと自分の人生設計を考える必要がある。

これまでにも家を買うという希望や願望について書いてきました。

65歳家を買う

65歳で家を買う人の成功と失敗の差

年収200万家を買う注意点

マイホーム購入|年収200万で家を買う物件探しのポイントや買った後に幸せをつかむための注意点やコツ

28歳で家を買う実践後の人生

28歳で家を買うを独身で行動した男のきっかけとその末路

家を買うリスク回避方法

家を買うのはリスクしかない?業界経験者の感想

家を買うのはいつ

家を買うならいつ?オリンピック後や2022年等の見極め方注意点

家買う頭金いくら必要

家買う頭金はいくら?ハウスメーカー注文住宅購入体験記

マンション、一戸建て(注文住宅、建売等)

中古と新築

土地から購入する分譲等の検討。

自分の家を持つという事は毎月の費用はどんな点に注意をするべきか?

マンションも注文住宅も購入したからこそ伝えたい事を綴っています。

私のサイトは、不動産住宅物件探しで失敗後悔しないためのポイントを解説しています。

これまでに経験してきたのは以下のような内容。

新築分譲マンションを独身20代の時期に購入。

新築注文住宅を30代半ばで契約。

火災保険、地震保険は元保険営業の妻に任せて節約。

新築祝いやお返し等を経験。

自分の家の固定資産税、住宅ローン減税などの手続きを経験。

新築引っ越しの交渉などを経験。

新築インターネット回線の契約。

毎月生活する上で支払いに必要なお金もある。

保険料や自動車税なども支払いがある。

実際に完済するまでにはいろいろな課題がある。

その1つ1つであまり生活の水準を壊さないようにする必要がある。

当然、保険の選び方なども重要。

でもそれ以上に、貯金なしで家を買う事で理想と現実の差は何か?

この点を以下の項目でご紹介しています。

40歳貯金なしで家を買う無謀な事例

40歳貯金なしで家を買う時の注意点

40歳貯金なしで家を買う人の成功例

実際に選び方1つで大きく価値観は変わる。

審査に通過することが大変だと嘆く人もいる。

賃貸物件の老朽化に伴い引越しを検討する人もいる。

問題は、何を軸に考えておくことが大切なのか?

40歳貯金なしで家を買う無謀な事例

40際貯金なしで家を買う

貯金なんてかなり少ない。

100万円以下

10万円以下。

このようなひっ迫した状況で家を買うべきなのか?

賃貸物件の住まいの実際の様子

漠然とただ家賃とローンの毎月の返済額を比較するだけではダメ。

もっとお金を借りるということは、その先で完済をしなければいけない。

当然、借入のある期間は、土地も家もローンを借りる銀行の担保となる。

自分がお金を借りる。

この現実を軽視すると大変なことが出てくる。

  • 保険の見直しが厳しい状態。
  • 収入的に年収がダウンする事態。
  • パートやアルバイト等主婦が外で働く選択をしないケース。

このような場合には、なかなか前に進めない事も多い。

シミュレーションの範囲

私は、ローンを組んでから結婚をした。

もちろん、ローンを組んでいることを家族にも彼女にも伝えた。

価格はいくらの物件を買ったのか?

資金の内訳はどうなっているのか?

銀行にいくらくらい残債が残っているのか?

自分の貯めてきたお金がいくらなのか?

このように将来の不安要素となる内容を全て話してきた。

この中には、以下のような家族の増加や将来の不安も出てくる。

  • 子供が私立に進学したいと言ってきた時の資金計画。
  • 親の世代が病気やケガにより、定年までいるのは大変になる可能性。
  • 契約した後の時間でアフターフォローや保証期間が終了する話。

上記のような事を考えるのは、あくまでほんの一部。

不動産会社は正直ローンを利用して買いたいという人に悩みになるような内容は伝えてこない。

  • 含まれている。
  • 安心して大丈夫。
  • 保証も10年付いている。

ローンが残り20年以上。

これが1つのキーワードになる。

残債がある期間での出費に対する準備。

ここが最も重要なポイントになる。

退職金の考え方

将来の年金はいくらになるのか不明。

私も同じです。

でも将来は退職金があるから安心。

こんな事を考える時期かもしれない。

しかし、このお金は老後のための資金。

今後はさらに厳しい状況になる可能性もある。

消費税増税

介護保険料値上げ

世帯数減少に伴う市県民税の値上げ。

次から次に新しいサービスは始まっていく。

知らなかったは通用しない。

もう子供でもパソコンやスマホで自分の情報を入れられる時代。

結果、この先の10年20年には老後の計算で未知数な事も増える。

だったらどうするのが最善だろうか?

借りた分を返済するよりも毎月の生活費にすることが大切。

生活にかかるお金をまずは準備する。

これが安定する暮らしに必要な計算。

毎月かかるお金をしっかりカバーできることは、当然健康面にも影響が出にくくなる。

まずは暮らしの予算を優先。

これは専門家の意見でも数多く紹介されている。

ただ単に借金だからまとめて返す。

この考え方はもう古いと言える。

こんな計画を立てている人は要注意です。

 

40歳貯金なしで家を買う時の注意点

40際貯金なしで家を買う注意点

家が欲しい。

でも融資は通るのか?

これも大切な問題。

夫婦の合算収入は考えない

銀行や住宅の会社に相談すると、こんな案内も多い。

夫婦の収入を合算することも可能ですよ。

その方が少しでも多く銀行も貸してくれます。

この場合のその後の人生の損を全く説明しない会社も多い。

いったい何が損なのか?

この場合は、基本は連帯債務者。

当然、一人に何かあったとしても減額してくれる対応はない。

基本として、自分の分という事ではなく、それぞれが全ての返済を考えなければいけない。

これでは以下のような事があったらどうする?

  • 急に夫が倒れた
  • 妻がパートやアルバイトをクビになった。
  • 再就職をしたいが転職が難しい。

この状況になったら、働くことも厳しくなる。

なのに、銀行の答えは、返済がなかったら自己破産。

こんな手のひら返しのように言ってくる。

これはどこも同じ。

どんなに長く付き合いがあったところでも関係ない。

一生を台無しにされた。

このくらいの事態が家を建てたあとに起こる可能性があることをあなたはどこまで意識していますか?

 

40歳貯金なしで家を買う人の成功例

40際貯金なしで家を買う成功のコツ

では最後にうまくいくケースについてご紹介していきます。

最悪の想定

自分や家族にもしも何かがあったらどうしよう?

この答えは保険でカバーする。

自分がローンを組み、騒音の問題や駅の閉鎖などがあったら?

最悪の場合は売却も視野に入れよう。

心のどこかで一生この家に住まなくても次の身の振り方は考えてある。

この余裕があるかどうかが重要。

無理な返済計画は立てない

正直、家は10年、20年も経過すれば劣化する。

一生新築の時と同じなんてことはありえない。

どちらにしても何か故障したりして、手をつける必要が出てくる。

修理やメンテナンスは必須。

外壁のメンテナンスなら、約100万円規模の準備が必要。

こんな出費があるのに、子供がいれば、教育も通学費も用意。

さらに、自分たちの夫婦の老後のための貯金。

こんなことを全て予算の範囲で考えるのは難しい時代。

だったら、最悪の場合をきちんと考えて住宅取得後にも動きが取れる程度の借金をする。

この考え方が非常に大切。

 

リアルな40歳のマイホーム

40際貯金なしで家を買う計画者へ

この記事を書いている私は今まさに40歳。

そして子供が二人いる。

自分の一戸建てという家を買ってもう5年が経過する。

この間を含めて結果的に家を買って良かったと思えるのか?

この点を書いていきたいと思います。

貯金100万の状況からスタート

意を決した当時の貯金は200万円ありませんでした。

正直、家を買うのはもう数年先という予定だった我が家。

しかし、住宅購入を迫られる事情があった。

この流れからマイホームを購入する決断をした。

でもその時の計画も決して無理をしない。

あくまで賃貸マンションなどの契約をする時よりも少し安い程度。

このくらいの予算で検討しました。

金利は変動。

ボーナス払いは無し。

頭金は100万円。

毎月の生活費はさらに上がる事を想定して計画。

このような感覚値でどんどん足し算をしていった。

マンションを購入した時の辛い経験

私が独身時代にお金に苦労したことがあった。

今となっては築10年となる中古マンション。

しかし、毎月の支払いは全て家賃収入でカバー。

自分の収益物件にするようになってようやくおちついた。

その前はまさに支払いに追われる日々。

とにかくつらい。

生活が成り立たない。

保険の請求が怖かった。

こんな状態では生活は無理。

こう何度も口にしていた自分がいる。

当時はかなり自分の欲しいものをとにかく買っていた。

誰に相談するわけでもない。

自分で稼いだ分をそのまま使える。

貯金なしなんて別に怖くなかった。

こんな状況からスタートした年齢はアラサー世代。

実際お金を借りることにもあまり抵抗がなかったのかもしれない。

収入は安定しているから別に大丈夫。

多くのことはどうにかなる。

こんな感覚で生きていた時期があった。

過去に学んだこと

でも今はもうこんなことはできない。

子どもがいる。

家族がある。

税金もある。

リフォームも必要。

こんな状況で一括なんて考えない。

無理をしない事を前提に大きく生活を変えるような生き方をしなくなった。

実際に今日妻とこんな話をしていた。

自分の欲しいものがかなり減った。

別にいらないという事ではない。

本当に欲しいと思えるようなものが無くなった。

この言葉に妻も賛同していた。

これが何を意味することなのか?

この答えは、別に慌てなくてもその程度の金額はまた新しいものが出てくる。

実際にマイホームを購入してから無駄なお金を使うことが無くなったのです。

本当にその金額の価値ある?

このように考えるようになった。

いつの時代も新商品、型落ち、処分品の3つが並ぶ。

関連商品で必要最低限の機能があれば良い商品は新商品の半額以下でも購入可能。

こんな時代に慌てて購入する必要がある商品は少ない。

結果、情報を見る機会すら減ってきた。

お金を大切にするって何か?

この答えは、今思うとお金に縛られない生き方を考える事だと私は思っている。

絶対に無理をしてはいけない。

審査が通ればラッキー。

こんな感覚でローンを組むことだけは考えないでほしい。

結局将来自分でその行動を悔やむことになるはずだから。

ぜひじっくり今の予算を厳しい目で見た上で考えてみて下さい。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ