家を買うならいつ?オリンピック後や2022年等の見極め方注意点

スポンサーリンク

マイホーム購入が自分の夢。

この願いに今の時代は、賛否両論の声がある。

家を購入する岡園はもったいない。

家を買うのはバカだ。

今は家を買うタイミングではない。

土地がない人もマンションを購入できる時代。

中古も新築も情報は不動産サイトを見れば、一覧でいろいろな情報を手にすることが出来る。

しかし、一方で住まいを手に入れてから、住宅ローンの支払いを必要とする中で、こんな声も聞こえてくる。

  • 生活がきつい。
  • 毎月のローンが大変で、延滞、遅延、銀行からの督促が来るのが怖い。
  • 売却しなければいけないかもしれない。
  • ブラックリストに入るかもしれない。

不動産の価格を問わず、金利が安いからと言うだけで飛びつく人もいる。

しかし、きちんと資金を管理していないと結果的に、家を買うお金を出すことで、生活は一気に大変になってしまうリスクもある。

それでも、きちんと返済能力のある人にとっては、住宅を購入した後に、売買する必要もない安定した暮らしを手に入れることもできる。

このサイトは、新築一戸建て購入前二こそ知ってほしいことを自らが新築マンション、一戸建て購入をしてきたからこそ伝えたい内容を紹介しています。

次の金利相場はどうなる?

自分たちの欲しい不動産価格は、これから下落するのか?

駅から近いエリアで買うべきか?子供の成長に合わせて、希望の学区の中から選ぶべきなのか?

重要なのは、探す時の検討するべき内容をきちんと見定める事。

家はだた誰かに相談すれば、簡単に探すことが出来る対象ではありません。

あくまで一つの物件を手にするという意味をきちんと理解してから費用を払うべき内容。

今の収入に見合うマイホームの価格はいくらにするべきか?

将来リフォームや修繕、管理しようとする時、どこの会社なら安心なのか?

火災保険などに入れる家財道具や周辺はどこまで大きくしておくべきなのか?

自分たちの知らないことはたくさんある。

しかし、消費税の問題や新築物件の価格の上昇など視野に入れるべき内容は増える一方。

ただ単に間取りが気に入ったとか外観がオシャレだからという事ではありません。

判断に迷う時、少しでも各項目に目を通し、実際に住まいを提供された後の人生の時間もきちんと完済時までの計画を立てることが重要。

もうアパートや賃貸暮らしは住む上で契約も簡単ではなくなってくる可能性も考えなければいけない時代に入ってくる。

誰にでも提供されているはずが、徐々にオーナーの目が変わってきた。

こうした動きを含めて、自分の今あるお金を使って、一生住む場所に対する契約の価値をもう一度じっくり考えてみませんか?

スポンサーリンク

家を買う前に

 

まず家を買うという計画を考えた時、多くの人は、新築か中古を迷う。

そして、マンションなのか戸建なのかを選ぶ。

実際にどう考えていけばいいのか?

実際に地方に住み続けている私の状況からも選び方をご紹介しています。

新築の土地探し

新築費用土地価格抑える

新築土地探しのコツで中古は?住宅ローン活用口コミ

スポンサーリンク

一戸建て新築中古リスク比較

一戸建ては新築と中古比較のコツ|どっちが得?

家が欲しい理由

家が欲しい理由!20代30代で新築購入した体験記

結婚後家を買う

結婚後家買う借りる家族会議

結婚後家買う借りるの判断の要因と見極め方|購入体験記

 

家を買う時期

 

2018年以降に住宅を購入する計画を立てる人にとっては、非常にタイミングに悩む人は多い。

  • 金利の推移で条件が良い方を選びたい人。
  • 子供の年齢と人気のエリアの価格関連で比較している人。
  • 自分の年齢的に住宅ローン審査や返済に関係してくる人。
  • 転勤族で住宅購入を考える人。
  • 消費税の動きを気にする人。
  • 引っ越しをするタイミングと子育てを計算する人。
  • 中古マンションの値崩れを期待している人。

東京、愛知、大阪、福岡などの都心エリアでの暮らしでは、家族で借りる物件は単世帯でも予算はかなり必要な場所も多い。

一方で、地方では、単世帯でも3人、4人の家族が借りる物件の数が検索しても該当が少ないという現実に悩む人もいる。

このように、負担する金額だけでなく、結果的に家賃に支払いをしていくよりも少しでも早く家を買うという選択をした方が将来の支払いがないと考える人も多い。

地域を問わず、将来を不安視する人は多い。

土地の査定も田舎に行けば行くほど、不動産会社の金額もかなり厳しい感じになっていく。

高い金額を出せばいい買い物ができるとは言わない。

新築マンションの建設ラッシュはもうひと段落した段階。

アクセスとして駅から近いエリアには高層マンションが立ち並び選び方として主に中古しかない状況もあると思う。

低層階でもいいから欲しいという人もいれば、中古では以前に誰が使っていたのかわからないという不安を持つ人もいる。

結果的に、こんないろいろなことを頭に入れてしまうと、買うタイミングなんて見つからない。

家を買う注意点

新築マンション購入注意点

新築マンション購入注意点まとめ体験記

新築一戸建て購入注意点

新築一戸建て購入注意点まとめ

新築ローン後悔と頭金ゼロリスク

新築ローン後悔一戸建て原因!頭金なし購入注意点

 

家を買うのはイベント後?

 

家を買うタイミングはオリンピックの前か後かという悩みを持つ人も多い。

オリンピック前後に何がある?

2020年までは一都三県だけでなく、聖火ロードを含めて、日本全国で一過性の価格の値上がりがあると考えている。

実際に、私の住むエリアでもオリンピックに関連した合宿などが行われる対象の中の1つになっている。

この時期には、いつも以上に価格の上昇が見える。

やっぱりこの時期に購入は正直いつも以上に費用を出さないといけない。

こう感じることも多い。

だからこそ、オリンピック後の方が下がることは十分予想ができる。

それまでに買っておきたいエリアだけでなく、分譲や市場の中での活性化しそうな都市開発エリアをチェックする方が大切。

不動産市場でも2018年より以前から多くの物件保有者が売却に走っているのもこの動きの影響だと思う。

人口の減少を気にしている人は注意

日本の人口は少子高齢化がますます進む傾向があることを多くの情報が公開している。

当然、この動きに合わせて、日本の不動産の価値は下落するという見方をしていないだろうか?

これはそもそもの間違い。

重要なのは、あくまで日本人の住居に対するニーズだけではないという事。

中国、韓国、アジア、ヨーロッパなどのエリアが東京という市場の大きさから首都圏を中心に多くの不動産を購入している状況もある。

よって、これからの時代にも資産を形成し、今後の売却から利益を出そうとする人も増えていく。

結果的に、一戸建てよりもマンションの方が見通しも簡単なため、自分の住むエリアに新築マンションの建設や中古マンションが多い人は要注意。

家賃の相場がまた上がる可能性も十分にあるのです。

同じ住まいの場所の土地の価格が上昇すれば、当然何より家賃にも反映したいと考える人は市場に増える。

結果的には、将来は簡単に値が崩れるか?

この内容には、きちんと自分の住まいの家賃と中古や新築それぞれのマンションの価格の変動をきちんと駅徒歩3分、5分、7分などで売りに出ている市場をチェックしておく必要がある。

家を買うなら2022年以降?

子供の数も減り始めて、今後は地方の人口もますます減少が見込まれる可能性が高い。

アベノミクスの3本の矢の経済成長戦略もいまいち導入の方向性が分かりにくいという意識を持っている人もいる。

このような状況で、支払いを安易に今するよりも少しでもお得になる時期を狙う。

こんな考え方をしているひとも必ずいつの時代にもいると思う。

値上がりする資材。

一方で、下落する中古の物件の価格。

この2つは、最初の価格が高い分、当然値上がり後の中古は、必ず築30年、40年以下にはならない傾向もある。

業界を見て、経済の動きを見て、今の自分たちの買えるタイミングを見極めるなら、誰の意見を先に見る方が大事なのか?

この答えは、私は必ず自分の住みたいエリアの市区町村の今後の方針を見ておくことが大切だと伝えたい。

市区町村がそれぞれのエリアで今後の都市開発や道路の整備などの予測を各地方自治体のページで公開している。

このような内容を見ていくと、耐震や補強、さらに、補助金関係などにも積極的に取り組むエリアも見つけることが出来る。

一方で、税金が増えると心配している声が響き渡るエリアもある。

このように、自分が手にするエリアの状況は、少しでも地価が上がっているのかだけでなく、将来はどう拡張が進められる予定があるのか?

こうした事をきちんと自分の仕事以外の分野でも知っておくことが重要になる。

私自身はこの地域の除法を見据えた新築マンションを手にした。

築8年になったが、購入した価格よりも今の価格は上昇した。

子の体験からもきちんと最近の近所の動きだけでなく、これから物件を探す時には数年後の事業計画なども経済の情報として受け取ることをおすすめします。

 

 

スポンサーリンク
サブコンテンツ

新築間取り,住宅ローン,火災保険,外構等情報

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+


YOUTUBEチャンネル公開中







一戸建てランキング
一戸建てランキング

このページの先頭へ