積水ハウス30~40坪シャーウッド2019|建てた人の単価相場直撃レポ

スポンサーリンク

注文住宅で人気のハウスメーカーの中で選びたいと考える人も多い。

木造、鉄骨の両方を対応してくれる。

建築デザインとしても住宅展示場で気に入った。

このような理由から他の会社と比較して数ある中から自分たちの気になる対象のみを比較して検討する。

しかし、どこまで行っても住宅を買う前に

気になるのは、金額。

人気の土地を購入しさらに建築まで検討する人は何より上物の金額を考えた時、少しでも安い事を願う。

実際に2018年に契約して建てた人の相場を営業さんに直接確認してみました。

30坪の新築間取りにおける失敗注意点もご紹介しています。

新築間取り成功例

新築30坪家事動線と間取り失敗と成功の差

私のサイトは、新築一戸建て購入後失敗後悔をして欲しくないという思いから、以下の経験を活かし、運営しています。

新築、リフォーム累計100棟以上の現場経験。

新築マンション、注文住宅購入経験者。

住宅ローン審査で計3度落ちた、通らないという連絡を受けた経験。

借入開始2年目で借り換えに成功。

新築カーテン、外構、火災保険、引越し、インターネット回線を全て自分たちで情報を精査し、節約に成功。

新築固定資産税、住宅ローン減税、太陽光売電収支報告などを継続的に実践中。

浄化槽のメンテナンスや点検にもようやく慣れてきた感じです。

新築間取りには、4年経過した専業主婦の妻からこれ以上はないと未だに気になる事がなかったことが何よりの救い。

家を建てる前と後ではいろいろマイホームとしてのイメージだけだった時とい実際の生活で感覚的要素が違う。

だからこそ、金額としてかけるべき部分と節約するべき対象があると私は他の記事でも書いています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

今回の記事では、積水ハウス坪単価シャーウッドを検討している方に、口コミ評判として建てた人の金額の平均を以下の項目でご紹介しています。

積水ハウス坪単価シャーウッドの特徴

積水ハウス坪単価シャーウッドの実態

積水ハウス坪単価シャーウッド節約術

建物でも平屋、2階、3階、都市型や狭小住宅などさまざまな特徴がある。

その中で、自分たちが積水ハウスで建てる事が高く感じるかどうかは個人の主観です。

しかし、自分たちが建てる家の計画がちょっと価格的にも高いのか?

こんな疑問を持つ時には見直しを含めて参考にしていただけたらと思います。

積水ハウス坪単価シャーウッドの特徴

 

積水ハウスといえば、イメージ的にもグレードもあったり、値引きもある。

大手だから安心。

設備も予算を足せば、いろいろなデザイン性のあるプランを設計の中で依頼ができる。

他社と比べて内装のイメージも高級感がある。

このような声が非常に多い。

積水ハウスシャーウッドの仕様変化

2019年までに何度もこれまでに多くの工務店やハウスメーカーがさまざまな理由を掲げながら、実際に価格は引き上げている現実がある。

設計の問題

住まいの照明でも設備のグレードや関連の商品が増えた現実。

人の確保の難しさ

基礎に利用するコンクリートや木材、鉄骨の資材高騰化

さまざまな要素があって、各種メーカーとの交渉も大変になってきた。

その中でも損をしない為の方法を考える。

この時に、資材費を一番に影響として考えるのがとても重要。

中でも、一番簡単に考えるカーテンやブラインドは本体価格が見積りも高くなっている。

 

積水ハウス坪単価シャーウッドの実態

 

大手ハウスメーカーで建てるとなると、以下のような大手トップクラスの会社と比較をする人は多い。

鉄骨やコンクリートで比較する対象会社。

  • 大和ハウス
  • トヨタホーム
  • ヘーベルハウス

木造で比較されることが多いのは、以下のようなハウスメーカー。

  • 住友林業
  • 三井ホーム

この中には、ミサワホームや一条工務店とは違う目線での外観のイメージでも選択に迷う人も多いと思います。

一条工務店、ミサワホームとはかなり違う選び方になってくると思います。

蔵とか断熱、気密だけではなく、デザイン性が重要となる家を建てようとしている方には、初めに検討する対象も大きく違いが出ます。

実際に2018年営業マンに聞いた相場

実際にかなりオプションなどの追加により、合計目安は大きく違う。

いろいろな理想の実現に重要となるポイントは違う。

多くの人が費用を抑えたいと思うけれども、いろいろな設備を入れて、どこかで理想の実現が厳しいと考えるのは、相場的に80万円。

これからの我が家をどう仕上げるのか?

合計としては、以下のような金額が目安になっている事が多いようです。

  • 30坪出の単価としては、80万から100万円
  • 平屋での単価は、+5万円から8万円が相場。
  • 金額を比較する見積もりでは、オプションが多い人にはセット割引がある。

積水ハウスシャーウッドの節約に多い誤解

よくあるのが、オプション商品の高い安いのバランスを考えて、設備を数ある中から選ぶ。

この点で言われるのは、以下のようなポイントが落とし穴となります。

組合わせの購入が違うと割引対象にならない。

高いから外そうという考え方をしたら、見積り書の割引額が減っていたので考え直した。

これが一番簡単に出てくる値段のからくりが分かりにくいポイントになっている。

だからこそ、単価の節約を考える時には、いくつかのポイントがあるのです。

 

積水ハウス坪単価シャーウッド節約術

 

大手ハウスメーカーの家づくりでの契約から住宅ローン審査前までの打合せが非常に重要な感じになります。

何を一番に考えると、全体の値段が抑えられるのか?

そして、住まいとしての機能を含めても満足できる家になっていくのか?

このポイントを考えると、設備の中で一番気をつけて欲しい内容があります。

住宅企業出身者がおすすめの節約術

特に、積水ハウスのシャーウッドのような大開口や大きなバルコニー。

さらに庇によるデザイン性に優れた家づくりを期待する時の節約ポイントは、窓。

なぜか?

ある程度窓のサイズや配置が違うだけで以下のような点を簡単に安くする計算が成り立つのです。

  • カーテンやブラインドで使われる素材や数、サイズの展開の違い。
  • 印象を損ねない為の外構の照明などのこだわりに関する事への合計額が変わる。
  • 断熱や耐久性などという家づくりの重要な部分は費用を抑えないで済む。

このように考えていくと、自分たちがこれから生活をしていく中で実感する暮らしの大変さを感じない家づくりを目指すことが可能。

内装のこだわりは、積水ハウスを選ぶ時点で初めから高級感のある家を建てようと考えると私も分かっている。

だからこそ、その相場についての価値はあくまで個人の主観を入れることに何も言うことはない。

しかし、そもそも家の中でのライフスタイルを考えた時、地盤強化や地震対策などの必要なケースを除いて考えたら、相場として影響がどこに比重が大きくなったのか?

この答えは、証明ではない。

カーテンやブラインドの費用が簡単に50万から100万という金額の見積書が作成際されているのが、最近の戸建ての条件を問わない現実。

だからこそ、見積もりの先読みをするためにもまずは、外構を除く以下のパーツを全て含めた内容を建築面積の坪数で割った計算をよく出てくる80万円という価格帯にする事を考えてみてください。

80万円換算にしたときの合計額試算

以下のような建物の建築面積で合計額を目指すことが大切になります。

建築面積 建物諸経費を含む合計額目安
30坪 2400万円
35坪 2800万円
40坪 3200万円
45坪 3600万円

上記の価格に、以下のパーツを選ぶ打ち合わせを完了させることが出来たら、大まかな誤算は防止出来ると思います。

  • キッチン、トイレ、お風呂、洗面台、物干しなどの設備オプション
  • 照明やコンセント、配線計画見積り
  • 玄関ドア、作り付け収納

せめてこの3つの打合せを終えた時にまとめられた見積り額が上記価格に落ち着くのが目安。

予算オーバーになった時の見直しポイント

本当にその素材を使わなければ、自分たちの目指す標準的な暮らしは実現できないのか?

知らないパーツをそれぞれの空間で評価も分からないままの選び方をしていないか?

外観に関わる面でもメンテナンスなどを意識した素材選びをしているのか?

このような点をあえて値引き交渉をするよりも先に行う事が重要。

平均的な依頼の多い内容とあまり需要がない部分をきちんと教えてもらうようにお願いすることがスムーズな家づくりのポイント。

ただ単に価格を安くしてれることがお得な話ばかりではない。

本体価格がいくらになるのかを聞いても、結果自分たちが希望する事をいくつも言っていけば、安くなるものもならなくなっていく。

結果は、ほぼ自分たちの理想。

でも完全に予算オーバー。

この時に、簡単に他人のブログから割引の成功体験の口コミや評判を見ても、今の時代は対応してくれるような時代ではありません。

あくまで、社内の諸経費や消費税増税後の対策は、ほぼ開始直前に言ってくる事が最近の特徴になります。

ですから、変に値引き交渉を前提とした方法を考えるよりもきちんと値段がかかりやすいパーツと維持費。

この2つを慎重に検討して住まいを完成させる方が大切になります。

最後に同じように営業への質問をした経験者のスレもご紹介しておきます。

展示場での確認をした坪単価の回答スレ(知恵袋)

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ