スポンサーリンク
住宅ローン滞納を経験してしまった。 1週間滞納したけどこの場合はどうなるの? スグに売却とか督促なんてことになってくる? 銀行の人が会社に連絡したりしてくるの? 住宅ローン返済期間中に何か事情があったのかを別として、まずは支払いが遅れたり、予定の額が支払いできないという事態に陥る人もいる。 実際に私も最初の1回目の引き落としでこれまで給料以外でも何も取引が無かった銀行で支払いの日もうろ覚えで放置したせいで遅れてしまった。 (借りたのに、あまりにもずさんな管理をしていたのがバレます!) この様な経験をしたことで、銀行の人がどう対応をしてくるのか? 実際に住宅ローン一週間滞納という今回の内容にピッタリな体験からご報告をしていきたいと思います。 住宅ローン一週間滞納についてこの記事を読みに来てくれてありがとうございます。 毎月きちんと遅れの無いように支払いを続ける事が当たり前の事だと借りた個人の誰もが思っているはず。 最初から支払い遅れて、1ヶ月以上の期間放置しても何も言われなかったらラッキーだなんて考え方をしている人はいないと信じたい。 多くの人は真面目に請求に従って借りた者の責任として、きちんとある住宅ローン利用の間は、借入時契約に従って今までもある程度順調に払ってこれたという人も多いはず。 しかし、今回は個人のミスでもあり、請求の前の確認をおろそかにしたことが理由で1週間遅延してしまった。 この様な経験者が自分以外に居ても私は不思議ではない。 その理由も後ほどご紹介していきます。 今回の記事では、住宅ローン一週間遅延の私の体験を軸に、どういう手続きが必要なのかとかお金はどうやって返済が行われるのか等を以下の項目でご紹介していきます。 住宅ローン一週間滞納はどうなる? 住宅ローン一週間滞納後対応方法 住宅ローン一週間滞納理由要注意 住宅ローンの毎月の支払額をきちんと期限までに支払うを前提。 住宅購入はあくまで不動産を担保に取られた物件に住んでいる。 この点を十分覚悟の上で、今後の対応をしていくためにお役立てください。
スポンサーリンク

住宅ローン一週間滞納はどうなる?

住宅ローン一週間滞納はどうなる?
スポンサーリンク
これまで自分でお金を使った分はクレジットカードで購入した時を含めて滞納や遅れるなんて経験をした事が無い。 手数料のかかる支払い方法は絶対にしたくなかった。 こんなプライドを持ちながら生きてきた私が、家を買ったという大きな状況で結果として一週間滞納という大失態をやらかした。 その体験をもとに銀行の人の対応を含めて状況をご紹介していきます。

住宅ローン一週間滞納の時期と理由

住宅ローン一週間滞納の時期と理由 私はこの住宅ローン返済の滞納を初回でやらかしてしまったのです。 家を買って1回目。 なぜこんなことが起こったのか? この答えは、住宅ローンを組んだ銀行への給与振り込み手続きが間に合っていなかった事が原因でした。 結果的に、私は放置状態。 当然引き落としが完了していると見据えて、一切何も気にしていなかったのです。 しかし、結果は滞納。 これが自分でも一生忘れる事はないであろう、期限に間に合う事が無かった支払い経験です。

住宅ローン一週間滞納に銀行の対応

住宅ローン一週間滞納に銀行の対応 家にも私の携帯にも銀行の人から連絡が来なかった引き落とし当日。 そして、突然1週間経過して銀行の人から連絡が来ました。 この時、もちろん何かセールスの案内かと思って私は対応をしていた状況でした。 しかし、実際には支払いが遅れる状態になっているという確認の連絡。 この時、督促などの連絡や対応は一切見ていません。 最初の段階だった事もあるのかもしれない。 この点を含めて、銀行の人も知識もあまりない借りる人への開設を含めてしっかりどういう状態になっているのか内容の確認をしてくれている状態でした。 いきなり対応として、1回目から遅れるなら、理由なんて知らない即督促扱いだみたいな大げさな状況にはなっていません。    

住宅ローン一週間滞納後対応方法

住宅ローン一週間滞納後対応方法 家に連絡が来て、確認という経験はこれが最初で最後にしたい。 理由はどうであれ、遅れたなら、どういう状態になっていくのか? こうした結末についても私が経験した内容をご紹介していきます。

住宅ローン一週間滞納時案内内容

住宅ローン一週間滞納時案内内容 比較的案内の内容も非常に穏やかな感じになっていました。 実際に引き落としまでの日に全く何の入金も無い状態。 そして、引き落としは住宅ローンのみという内容。 この場合で、給料の振り込み移動が間に合っていない。 この点から、期日に遅れるケースは銀行も経験がある状態だし、理由も明確。 この対処にいきなり、任意売却とか業者に自宅を競売するための手続きをなんてことにはならない。 自宅は借金の担保で登録してあったとしても、いきなり1発レッドカードみたいに喪失させられることはない。 そして、案内を受けたのは、以下のような状況でした。
  • どうしても延滞金は発生してしまうという話。
  • 引き落とし日は自分の希望で最寄りの日付を指定できる。
  • 決済に対して、銀行に足を運び何か処理や手続きを行う必要は無し
以上の内容を1つ1つ電話で教えてくれました。 でもこういう時、収入の問題や金額の動きの状況によっては、いろいろ厄介な事もあるそうです。    

住宅ローン一週間滞納理由要注意

住宅ローン一週間滞納理由要注意 金融機関から自宅という担保をした借金。 これが現実。 そして、引き落としができない事情というのも数多くの対象がある。 残高を含めて、何か問題がありそうだ! こんな気配を銀行に感じさせるような行動をあなたはしていませんか?

住宅ローン一週間滞納理由も重要

住宅ローン一週間滞納理由も重要 実際に電話があった時、否定をしましたが、以下のような内容も確認がされました。
  • 今どこかで他に引き落としをこの口座からお取引されていますか?
この質問の意味が当時は全くわからなかった。 しかし、生活をしていく中で、徐々にその怖さが見えてきた。 残金という問題。 この時、収入に対して引き落としはいろいろありますよね? そして、金額もそれぞれに関連した内容が数多くある。 生活の中で忘れていたということも当然あると思います。 しかし、そんな中にもし住宅ローンと同じ口座から消費者金融や貸金関連の取引をしていたら? まさかこんなことをする人はほとんどいないはず。 そういうことをするなら、専門の違う口座に金額を入金しているはずです。 でもが、やはり入金関連も簡単にいっつも同じ銀行しか使ってない。 こんな事を考えているなら、早めに信用を壊さないためにもきちんと分けた方が無難です。 なぜか? カードローンやキャッシングというのは、きちんとできた状況だからこそ、住宅ローン審査は通過している事も多くある。 きちんと審査の時点では完済の手続きが済んでいる。 この状況で一戸建てでもマンションでも融資をしてもらえる状況になったわけですよね? その人が、住宅ローン返済期間の間に返済額と口座の残高をきちんと管理できないような個人情報機関にも影響のある対象の融資という行動を開始した。 この内容には、さすがに銀行もかなり目を光らせる可能性は高い。

住宅ローン一週間滞納理由次第

住宅ローン一週間滞納理由次第 結果的に、住宅ローンはどんどん手続きが早くなっていく可能性も最近は記事などでも見えてきた。 事故。 この内容に遅延や延滞という支払の状況に対して名称が付く。 この時、もう質問して事情を確認する猶予さえ与えないという状況でどんどん手続きを行う流れも正直見え隠れしている。 その背景はやはり不良債権となってしまうのを恐れる為の手続き。 もうこの点は銀行により独自の判断が続く。 人生で大きな買い物となる不動産購入。 しかし、その先で転職などの仕事関係を毎年一つ一つを調べたりしているわけではない。 あくまで、しっかり申し込みをした時の通りにきちんと必ず口座に残高を残し、支払を行うことが続けられていれば何も問題はない。 しかし、期限以内に対処が出来ないということは必ず注意や腸さの対象発生と決定されてしまえば、当然記録などもしっかり残るほどの内容が行われていく。 結果的には、住宅ローンを組む人は債務者。 この先の手続きには、裁判所に関わる内容や代位弁済、口座の差し押さえ、事態を重く考えられてしまえば、事態の収束の為に交渉という話もどんどん大きな話になっていく。 決して判断を曖昧にしても大丈夫ということはない。 あなたがもし今困ってしまった中での一週間滞納を状況として迎えてしまったなら? この答えにはしっかり今後続く長期の支店で次の行動をどうすればいいのか判断をまずは一度しっかりこうした内容も相談できる無料の弁護士相談などの制度を使って相談する事を私はオススメしたい。 困っていない状況であれば、こういう場所に向かう時間ももったいないのでいらないと思う。 でも、もし今後の銀行との関係で今の自分の資金管理には怖さがある。 こう思い当たるようなことが今後の子供を含めた一部出も厳しいと思っているなら、まずは相談するべきです。 その上で、あなたが今自分1人で判断してどうにかなると思ってしまっている事も違ってたらどうする? この答えをしっかり大丈夫と言い切れる状態に準備をしておく。 この点を意識して、まだまだ支払いは続く長い契約の残りの期間にしっかり必要なお金を考えておきましょう。 100万も10万も1万も所詮は遅延という扱いの中では同じですからね。 チリも積もれば、お金は信用を簡単に壊します。 十分慎重にそしてある程度毎月ゆとりのある残高を残すようにしましょう。
スポンサーリンク