注文住宅総額2000万で探すならおすすめのハウスメーカー2019

スポンサーリンク

建物の工事費用を総額2000万円でかんがえる。

駐車場2台付くらいのコンパクトな単世帯用の建物を相談したい。

このような探し方をするご家庭の中には、工事はできるだけハウスメーカーの中から選びたい。

工務店は建てた後の会社本当に続くのかが心配。

このように考える人もいる。

私たちも実際に新築をハウスメーカーで探しました。

自分たちに必要な間取りの工事は当然どこでも建てることは可能だろうと思う。

しかし、結果お金だけの問題ではないのが家づくり。

建物を10年、20年、30年以上先の人生にもきちんと維持していていきたい。

せっかく2000万円の予算をかけて考えるならできるだけ会社も規模の大きい安定した企業に依頼したい。

こう考えたら、いったいどこが安心?

2019年以降にも私は次の家づくりのために住宅展示場などに足を運んでいる。

安くて良い家というのはなかなか探すのは難しいと思った方が良いと思う。

やっぱり見かけは同じでも中の構造や断熱材、建てる人等を安くされてしまったら多少高い金額でもかかる理由がわかれば安心になる事も多い。

我が家は一戸建てに2000万円以上かかる相場の中で探した。

しかし、このコストも土地があったからできた話。

単世帯が土地から購入する際に層板としてやはり2000万円で建物をこうにゅうするという相談は非常に多い。

そして、よりコンパクトで家族が暮らしやすい設備やデザインに多少のこだわりを叶えてくれる外観。

こういう条件で探すと正直ローコストは後悔が多い。

新築ローコスト住宅失敗後悔原因

ローコスト住宅失敗後悔注意点!注文住宅の会社選び方注意点

今回の記事では、30坪から34坪程度で2000万円程度。

坪単価で考えると50万円前後かかる家ではどこがおすすめなのか?

私が感じた内容を以下の項目でご紹介しています。

注文住宅総額2000万建物30坪台のおすすめ

注文住宅総額2000万建物30坪台の比較注意

注文住宅総額2000万建物30坪台は不可な会社

自分の予算を明確にすることは非常に大切。

建てる前に仕様や希望をまとめながら、希望のローンの金利や月々の返済額を検討。

キッチンや洗面、トイレ、浴室などの水まわりの設備。

無理のない玄関の収納や土間の配置。

大きなLDkではないとしても少しでも広く感じる間取り設計。

こうした内容を実現するためにチェックしてほしいポイントを含めてご紹介しています。

注文住宅総額2000万建物30坪台のおすすめ

注文住宅総額2000万

私は最近のローコスト住宅は正直どんどん危険な感じがしてきた。

ちょっと前には、Lixilの上層部の人事の中の話が大きな問題のようにサイトやブログで紹介されていた。

少し前には、ローコスト住宅メーカーという宣伝だった会社がカタログを含めて全て坪単価の表記を廃止したなんて動きもある。

さらに、ローコスト住宅として名前が浸透していた会社も続々と坪単価という表記を取りやめる動きを見せ始めている。

こうした動きは、実際にネットの影響が大きい。

こんな時代に実際に構造などを含め安心して相談が出来そうだと思える会社をご紹介していきます。

私が2019年以降に注目する会社

私はヤマダ電機が扱う住宅メーカーという存在が気になっています。

その名は、ヤマダホームズ。

この会社は実際どんな特徴があるのか?

この答えに一番驚いたのは、日本で一番長い住宅メーカーであること。

その期間は何と2019年で68年目という驚異的な数字。

一条工務店は、1978年創業。

つまりは、いくら棟数が人気といってもこれまでに蓄積したデータの数は非常に多い。

さらに、デザイン性が非常に幅広い。

1000万円台でもさまざまなプランが登場

ヤマダホームズのカタログを見ると、いろいろなプランが掲載されている。

1000万円台の中にも規格型住宅やヤマダ電機で家具家電を安く購入できるポイントを還元するサービスなど幅広いサービスが出てきている。

そうしたサービスを活用して総費用が2000万円以下で30坪台の2階建てを買う事が出来る。

これはチェックしておく価値があるとずっと気になっているのです。

 

注文住宅総額2000万建物30坪台の比較注意

注文住宅総額2000万比較ポイント

特に今から自分の家をどこの会社に依頼するのかを初めて検討する人には地域を問わず注意してほしい情報をご紹介していきます。

建設の依頼先は安い業者

実際にローコスト住宅の価格が安い理由は、単純に人件費の節約というケースもある。

他にも以下のような理由が挙げられる事が気になる。

  • 保証や修理の対応が遅い。
  • どんどん契約した後のオプション代が上乗せされていく
  • 最初に用意してもらう標準の設備では満足できない点が多い。
  • 選べるメーカーが非常に少ない。

このような情報を知ってもらうことで、今気になっている会社と他の会社のカタログ請求で比較するポイントは見えてくる。

平屋の坪単価上乗せ額も注目

坪単価の上乗せという代表的な存在が平屋と二階建ての比較。

相場として、3万円から5万円程度が上乗せされる事が多い。

しかし、中には、営業が平気で、坪単価7万円上乗せでかかりますという言葉を口にするケースもある。

いくらマイホームという夢をかなえる相談をしている人でも依頼する前の情報で他社との比較で安い方が選びやすいのも事実。

そうした中で、費用を抑えるという確認は、平屋の価格差を営業に実際に確認するのもシンプルでわかりやすい。

 

注文住宅総額2000万建物30坪台は不可な会社

注文住宅総額2000万難しい会社

30坪から34坪で2000万円以下でもオプションをプラスできる余裕がある会社。

この探し方がポイント。

そうすると、一般によくある坪単価という表現では、40万円から50万円が理想。

その数字にある程度各場所ごとに欲しい内容にかかっていく費用を加算する。

こうした考え方をしていくと、基礎や外壁、カーテンなどを含めてもうまくあてはまるようになる。

でもどう頑張っても無理という会社も確かに出てくる。

総額2000万円は限界という代表例

以下のような会社では相談が難しいと思った方が無難。

  • ヘーベルハウス
  • ダイワハウス
  • 積水ハウス
  • 住友林業
  • ミサワホーム
  • 日本ハウス
  • 一条工務店
  • 桧家住宅
  • トヨタホーム
  • パナソニックホームズ
  • セキスイハイム
  • 百年住宅

このようなハウスメーカーはかなり無理がある設定。

さらに、設計事務所やデザイン住宅を得意とする工務店という名前を使わない会社。

これもまた無理がある。

まだほかにもかかってくる可能性があるのが、住宅ローンや火災保険、地震保険などの諸費用。

さらに、引っ越しや新築祝いなどの行事に関わる費用も考えなければいけない。

こうなるととても50万円を最低という考え方のスタートでは無理がある。

よって、かなり選択肢は少ないと思った方が良いと思います。

今回の記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事を読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+


YOUTUBEチャンネル公開中







一戸建てランキング
一戸建てランキング

カテゴリー

このページの先頭へ