階段間取りに多い5つの悩みと対処法まとめ

スポンサーリンク

新築の家が2階建て、3階建てだけでなく、最近は平屋の屋根裏収納という間取りの選択も増加している。

上に階層を用意する時に必ず間取りに含まれる対象がある。

それが階段。

リビング階段。

螺旋階段。

住宅の個性やこだわりの演出。

自分たちが部屋の中で快適に暮らす事ができる空気の流れ。

冷房、暖房などの効率アップ。

吹き抜けのある家のスペース有効活用。

位置や幅だけでなく、以下のような内容も悩みが多い。

手すり

照明や照明スイッチ

高さ

形状

部屋数や広いリビングを希望した中で、階段を考えると、どこかのスペースが犠牲になる。

こんな悩みを抱える家庭も多い。

そこで、土地の形状や動線を含めた間取りを考えるポイントをご紹介していきます。

新築間取りについての失敗後悔が多い内容をランキング形式でもご紹介しています。

新築一戸建て失敗後悔ランキング

新築間取り後悔ランキングベスト10詳細

今回の記事では、これまでにご紹介してきた階段という空間に必要な注意点を項目ごとにご紹介しています。

階段間取り失敗後悔注意点1.位置

新築階段間取り位置

建築の図面を見ながら、生活の上での動線はどう考えるべきか?

限られた土地の中でどうまとめたら、生活しやすくなるのか?

まずは何を検討する必要があるのか?

リフォーム市場の相談経験や我が家の実生活で感じたことをご紹介しています。

新築階段位置や幅,面積に合わせた種類おすすめの選び方

 

階段間取り失敗後悔注意点2.リビング

リビング階段デメリット

ローコスト住宅や建売住宅でも採用される事が多いリビング階段。

注文住宅を建てる時も可能な限り廊下を少なくする。

この心配をしすぎると、別にリビング以外に配置可能な場所があるのに、なぜかリビングに設置する事例もある。

このような間取りを選んだ後に失敗や後悔を感じる人は非常に多い。

その原因をご紹介しています。

リビング階段デメリットや寒さ対策注意点

 

階段間取り失敗後悔注意点3.おしゃれ

新築間取り階段のおしゃれな照明選び方画像付き

階段という場所は、意外と生活空間というよりもプライベートな空間としての意識が強い。

しかし、子育てをする家庭は利用する機会も多い。

2階のベランダに上がる洗濯の時。

朝起きて1階に移動する。

特に朝起きた時に最初に利用する場所だからこそ、注意してほしい事もある。

夜間に利用する際に快適な空間はどうすればいい?

これだけでなく、設備として照明を配置する時には、将来の交換などのメンテナンスへの配慮も大切。

ただ人気とか事例を見てそのまま採用するのは危険な理由をご紹介しています。

新築階段オシャレな手摺,照明,窓画像付

 

 

階段間取り失敗後悔注意点4.スキップフロア

スキップフロアは無駄なのか

今も私の実家はスキップフロアのままの家。

少しどころかかなり階段が多い。

大きく左右に広がっていく階段。

こんな空間で生活している人は、生活しやすいのか?

老後のライフスタイルを考えたら、どんな間取りプランを採用するべきか?

こんな内容もご紹介しています。

スキップフロアや段差の多い家は住みやすい?20年以上住んだ体験記

 

階段間取り失敗後悔注意点5.収納

新築階段下収納メリット デメリット

リビング

キッチン

寝室

子供部屋

どこの部屋にも少しでも収納を用意しておきたいという意見は多い。

工務店でもハウスメーカーでもさまざまな収納の提案がある。

しかし、狭い土地にどこにも配置する箇所がないと思った時に採用を検討されるのが階段下という空間。

しかし、面積としても多くの人が注意しておくべきことを記事の中でご紹介しています。

階段下収納はリフォーム?新築間取り採用?選び方注意点!

 

階段間取り失敗後悔がなかった我が家

実際に私が自分の家を考える時、意識した事は何か?

この点を34坪という面積の中で考えたポイントとして注意するべき情報をまとめてご紹介していきます。

子供の安全を最優先

私が考える家は、基本以下の言葉に注目した。

生活しやすい家。

ママが家事をしやすい家。

空気の流れが暑い、寒いに影響しない。

この3つを考えると、まずはこれから思春期を迎える子供たちに向けて意識したのが、プライバシーや視線。

階段と言えば、女性にとっては、自分のすっぴんを見られるとか必ず外見のイメージが変わった瞬間を悟られる事に意識が集中する。

我が家も私だけが男で他は女子。

だったら、まずは上がる時にも下りた時にもあまりリビングに人がいてもいなくても気兼ねなくすぐに洗面台に迎える家があった方が良い。

こう考えた。

来客があった時、友達を自分の部屋に待たせる。

自分が下で冷蔵庫などを使ってお菓子や飲み物を用意して上がる。

そんな時にもう一度自分の身だしなみを整える。

この行動を全く違う位置に階段と鏡があったらどうだろう?

実際に我が家はこの悩みを自分が持って生活をしていた。

自分の大切な存在が出来た時に、人が身だしなみを簡単に整えられる環境。

これが女子にとっては、配慮してほしい事ではないでしょうか?

階段周辺には趣味を飾るプライベート空間

リビングから上がったプライベート空間にまた同じような廊下と壁ではどこか殺風景。

だったら、階段を上がった最初には、家族の思い出をたくさん飾る事を考えた。

今は、我が家の趣味の1つになっているディズニーグッズやお土産。

さらには、子供たちの出生時の写真等を飾っている。

プライベートな空間での思い出話。

家族の存在を改めて確認しやすい。

こんな自分の実家にはない形を1つ1つ自分の新築に採用したいと思って作り上げました。

その間取りは↓

2階間取り図2児パパニッキー

 

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ