新築家電搬入で入らないトラブル防止注意点|一戸建て体験記

スポンサーリンク

新築になって、家具や家電を購入して、引越しの日にいろいろな業者に家の中に設置してもらう。

学生から社会人になる流れの中でも幾度となく、自分の部屋にさまざまな家具家電が必要になって商品を購入してきた経験がある。

しかし、実際に新築一戸建てに住む段階になると、いざ購入した商品を持ってきたらこんな声も多い。

「商品が入らない」

「どこから入れればいい?」

今の時代はセキュリティの強化も大切。

部屋の中が安易に丸見えになってしまうのも怖い。

このように感じた人は、自分が家の中に入ることは玄関を使えば可能。

しかし、家電で言えば、冷蔵庫、エアコン、洗濯機などの大型白物家電。

家具で言えば、ソファやベッドなどの自分たちが今部屋の中に欲しいと思った商品が設置は可能でも新居に搬入作業が厳しい。

こんな状況に困る人が増えている。

リビングに入れるだけなのに?

寝室に階段を使って運ぶだけだと思ってた。

このような人に何か見落としていないかな?という疑問を持つべき関連情報をご紹介していきます。

これまでにも新築家電については以下のような内容をご紹介してきました。

新築家電取り置き相談方法

新築家電取り置きはいつまで?相談や決断注意点一戸建て体験記

新築家電そのまま

新築家電そのまま使うべきものと処分の見極め方注意点体験記

新築家電はいつ購入引越し前後検討注意

新築家電はいつ?引越し前後検討比較ポイントと注意点|一戸建て体験記

新築家電まとめ買い誤解注意点

新築家電まとめ買いが安いし得?誤解が多い見極め方注意点体験記

新築一戸建て家具家電購入すべき物と金額

新築家具家電一覧と費用内訳一戸建て入居前購入リスト

我が家も一度リビングに配置するソファを入ると思っていたら意外と苦労をした経験が一度ありました。

きちんと今欲しいと思っている家具があれば、もう一度確認するべきポイントとしてご覧ください。

私のサイトは、新築一戸建て購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから各情報を公開しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

今回の記事では、新築家電の搬入で入らないを防止するためのチェックポイントを以下の項目でご紹介しています。

新築家電搬入ルート一戸建てパターン

新築家電搬入で入らない注意対象商品

新築家電搬入で失敗しないための確認

今の部屋にあるものを新居に持ち込むことも含めて、きちんと引越し業者との打合せで決めておく感じの内容としてもお役立てください。

新築家電搬入ルート一戸建てパターン

新築家電搬入

まずは新築一戸建てに引越しをする人に新生活に荷物を搬入するルートを生活の中での細かな内容以外の点でご紹介していきます。

新築家電搬入ルート1.玄関

生活の時と何も変わらない。

引っ越しでも我が家の玄関前の空間は広いし、扉も車いすが簡単に出入り可能。

こんなリビング用の室内ドアなどが確保されている間取りの方には説明は不要。

作業も非常にスムーズに進むと思って問題ないでしょうし、養生さえしっかりやってくれるなら、注意するべきことはないと思います。

新築家電搬入ルート2.リビング

建売住宅、分譲地、建物面積20坪から30坪台の2階建ての場合に多いのが、リビングの掃き出し窓からの荷物の搬入。

この場合は、リビングから大型家具の搬入をするという事前の説明があると思います。

新築家電搬入ルート3.バルコニー

狭小地で、玄関もリビング窓も小さい時は?

このような感じの家の場合は、吊るして、荷物を2階バルコニーから搬入するケースも実際にあります。

この場合は、無料で対応してくれるかどうか?という点も含めてきちんと2階に入る商品のリストもあったら便利です。

以上のようなルートで入居する前に何を買っても問題なく荷物を家の中に収めることが出来るのかをきちんと確認しておく必要があります。

 

新築家電搬入で入らない注意対象商品

新築家電搬入で入らない

最近の家電の中で搬入作業の際にどんな家電を選ぶ事が問題になりやすい?

この典型例をご紹介していきます。

新築家電搬入が入らない典型例

特に増えているのが、ドラム式洗濯機ってご存知でしたか?

実際に最近のドラム式洗濯機は幅ではなく、奥行きがどんどん大きくなっています。

室内ドアの基準は、90㎝幅に設置されている事が多いです。

掃き出し窓も2枚で大きな窓があるケースと、3枚4枚と複数枚に設置されているケースもあります。

このような窓の1枚のサイズの確認が90㎝よりも小さい場合は要注意。

新築家電搬入が入らない時どうする?

生活の中で、送料無料という言葉が増えて、安心して買っておくことが出来るのも最近の家電の特徴。

新築マンションでもエレベーターがあって安心と思ったら、玄関ドアが入らないなんて事が良くあるのも私が物件を所有していた時もありました。

物を入れることが出来ない際には、正直新しい商品を買い替えなければいけないケースも実在するのです。

特に、家電の場合は、家のドアに入らないと設置も困難な物。

さらに、解体や分解して設置する家具とは違う。

よって、いくら掃除をするとか車をよけておくなんてことをしても家の中に入れてくれないと何もできないことが多い。

きちんと、窓枠の幅を物を購入する前のタイミングできちんと新しい家のサイズを確認しておかないと大変なことになる事もある。

このように、認識をしておきましょう。

 

新築家電搬入で失敗しないための確認

新築家電搬入計画失敗注意点

最後に多くの人は新居のために新しい家電を購入するという時、特にリビングダイニングキッチンを通過するという家は要注意。

家の中の以下のパーツをチェック

自分の住む家の中をチェックする時には、以下のようなパーツを全て計測しておくことが大切。

  • LDKのリビングダイニングからキッチンへ運ぶ際のシステムキッチンと壁の間の幅。
  • 室内廊下から脱衣所までのドアの配置と家電の侵入ルート。
  • 差し替え用の家電を取り外す作業スペース。

このように、実際に物件に住むようになってしばらく使ってからの買い替えの方法を検討する時には、自分が新しい商品を購入する時、入れる前に全てのルートを計測。

実際の通路のポイントの数と各ポイントの寸法を全て計測して少しでも誤差が発生しないようにしなければいけない。

洗濯機に多いトラブル原因

最近は、いろいろな商品において、大型化が目立つことも多い。

具体的には以下のような内容がポイントになる。

  • 消費電力やアンペア数の増加。
  • 奥行や幅のサイズアップ。
  • 開閉扉のタイプ違いを購入して使う時開けられない。

このような事が最初からイメージをしていないまま設置してから失敗を感じる女性がいる。

正直大型家電は搬入する当日より前にきちんといろいろな製品に関する情報をチェックしておく必要がある。

ただ価格を安く買う事やまとめ買いによる値引交渉というお金の出費を考えるだけでは足りない。

もっと別の視点として、基本として当日の処分の対象やもう1つ非常に当たり前のことだけど見落としているケースがある。

それが、カーテン。

カーテンを取り付ける前の段階で荷物の搬入をすることはとても大切なんです。

なぜか?

カーテンなどを取り付ける際には、カーテンレールだけでなく、カーテンホックなど引っ掛けるパーツを使用している人も多い。

子供が小さいと搬入する作業をしている光景を見たいとついついやってきてしまう。

このような時に意外と問題は発生しやすい。

リビング窓の障害の対象が増える事はどこの家でも搬入をスムーズに行ってもらえるのかを考える原因となる。

きちんと手をどこからいれて、どう搬入するのか?

家の中の対象に傷をつけないように行ってもらいやすい状況をきちんと作るようにしましょう。

マイホーム購入後は家電量販店と一度相談?

これまでにほとんど自分で一人暮らしや家具の搬入を考える経験がなかった。

こんな実家暮らしで生きてきたという人はもう何が何だかわからないという事もあると思う。

間取りの設計やら、どこから持ってきて出して、下に運ぶ?

2階までの階段の幅やタイプによっても大きく変わる。

特に螺旋階段などの特殊タイプの場合は作業をいろいろ考える必要があるかもしれない。

このような場合に、きちんと家が決まったら、一度どのような家電が入るのかを家電量販店に伝えて相談した上で選ぶことも大切。

1度購入したらもう何度も頻回に買い替える話ではありません。

できるだけフローリングを傷つけないために持ち上げて運ぶ。

しかし、あくまで持っていく時には何度か床に置いて調整して行う作業も多い。

このような時に知識がないなら、きちんと料金の追加分を含めて、いろいろ聞いておくことが大切。

実際に入る入らないだけではない。

持ってきても使いにくい、生活しにくいとならないためにきちんと多角度の視点から注意しておきましょう。

 

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ