中古住宅購入の流れ【手続きで最も重要な注意点】

スポンサーリンク
  • 中古の住宅(物件)購入の流れって新築と同じ?
  • マンションも一戸建ても不動産屋に確認する時何か注意点はあるの?
  • リフォームしてあれば、中古マンションや一戸建てもお得な家があるはず。
  • 売主の事情などは売買契約書でなかなか書いていないはず。
  • 中古住宅の契約前における注意点はあるの?

契約書のチェックリストや土地利用条件などは住まいの相談等でもすぐにわかることも多い。

しかし、価格や購入の前の売却に伴う事情等は正直買う前には知らないままの情報も多い。

築年数やリフォームの有無等を含めて、申し込みをする人が探す情報は比較的不動産サイトに掲載されているママを見るケースが多い。

しかし、ネットの検索でたったそれだけの情報に手付金を払いローンの金利を払うだけの価値が本当にあるのか?

新築マンションの引渡しや賃貸での暮らしのサービス上における手続き内容とは大きく違う瑕疵担保責任等の問題。

書類等による会社との申込手続きを進めれば当然買う事は誰でもローンの審査が通れば可能。

しかし、引渡し後住んでから、買主が建物の不備や内容的な違和感を感じる設備等は当然見学検討段階では多くの場合は、基本的に見抜けない事が多い。

もともとが注文住宅であった可能性がある一戸建ても当然建物を売却するほどの売主の事情があった事は明白。

だとするなら、購入の流れの中で、住宅ローンを借りるまでのあなたが価値を見出すためには何が必要な注意点なのか?

少しでも購入計画の中で、見学だけでない相場だけで納得していいのか?をご紹介していきたいのです。

中古住宅関連記事

中古住宅購入注意点【マンション】

中古住宅買う注意点マンション編|所有オーナーが解説

スポンサーリンク

中古住宅値引き交渉

中古住宅値引き交渉タイミング失敗しやすい誤解|購入前注意点

中古住宅ローンが通らない

中古マンション,戸建て住宅ローン審査【組めない通らない人の失敗原因】

中古住宅フルローン

中古住宅諸費用をフルローンデメリットやリスク注意点

船橋

中古住宅船橋はいつが買い時?将来の資産価値

目黒

中古住宅東京目黒区は資産価値に要注意!2023年に注目

今回の記事では、中古住宅の購入の流れと注意点を以下の目次でご紹介しています。

中古住宅購入の流れ最重要注意点

中古住宅購入の流れで計画準備知識

スポンサーリンク

中古住宅購入の流れ最重要注意点

中古住宅購入の流れ最重要注意点

中古住宅購入の流れの一般的な事を含めて、最も重要なポイントをご紹介していきます。

中古住宅購入の流れよくあるケース

中古住宅購入の流れよくあるケース

一般的に中古も新築も購入する前は同じような流れになります。

実際の契約時には、以下のような流れがあります。

仲介会社に買付証明書を渡す

買付証明書とは、以下のような用紙になります。

買付証明書

買付証明書の意味は、この金額で購入をしますという意思表示の事。

ファッションで言えば、これを買うから取り置きしてくださいという意味にも伝わるような内容。

そして、この申込書の法的効果については、注意点があります。

買付証明書と売買契約成立の違い

こうした証明書という名前の書面にサインをすると、多くの方は契約が成立してしまったという事をイメージすることも多い。

しかし、あくまでも取り置きという感覚については、キャンセルもできるという意味を含めて私はご紹介していきます。

中古住宅においても、あくまでも買付証明書は、確定的段階で、買う旨の申し込みの意思表示を示したとは言えない。

これは、将来買う希望があるという意味の意思表示である。

こうした内容を平成2年4月26日大阪高裁で確定されている。

よって、契約における合意という意味では、あくまでも照明的効果として正式に売買契約書を交わす前となります。

不動産会社によっては、こういう書面を盾に、契約したんだから途中で話を頓挫されてもサービスの性質上書面があるから困る!

こんなことを言って、知識がない顧客相手に検討を確定に誘い込むような方法をとることもないとは言えない。

いくら基本の流れにおける多く使われる書面や説明があったとしても時期として軽率な判断をすることは要注意。

 

中古住宅購入の流れで計画準備知識

中古住宅購入の流れで計画準備知識

多くの方購入前に以下のような選択をしないまま希望の金額の支払いをする選択肢をしようとする。

専門家の診断。

基礎やリノベーション、リフォームの費用想定判断。

分譲地、注文住宅、建売住宅、土地の条件等どんな種類の住宅であれ、大切にしてほしいのは、耐震基準の時期や図面等の詳細な情報。

内覧会見学等は初めての話なら要注意

内覧会見学等は初めての話なら要注意

住宅は、マイホームとして購入後は、税金が関係する。

この点で、どうしても一戸建て住宅に対して、今までの住んだ経験も無い種類の住宅を検討するのは、かなり慎重になる方が良い。

実際に、その建物を金融機関の査定としては、評価額と全く違う事もないとは言えない。

買い替えを検討の方も必ず第三者の事例を含めて交渉材料を含めてしっかり知識を持つ事が大切。

重要事項説明書などももちろん大切だが、それはあくまでも購入してからの機関への影響の問題。

実際に支払いをする前の購入の流れの中では、先ほどの売買契約書の1つ前の段階となる買付証明書の価値への誤認が最も重要だと私は考えます。

法律という分野でもめる事を避けたいのであれば、必ず物件購入の流れもその物件の対象エリアにある市町村役場への相談は有効。

自分の欲しい売買契約予定の中古マンションや家をしっかり、中古住宅市場としてもチェックできる内容はまた違う方向性で確認できます。

ローンの金利や手付金等の心配や書類の不備などはあとでもどうとでも探し方次第で対処できる。

しかし、買主となり、住む家となった時点からは、完全にあなたの持ち物として、引渡し後の生きていく中での年数は、ローン控除なんて金額以上の背負うべきものがある。

だからこそ、しっかり自分の中でも価値を見極められる準備が必要です。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

スポンサーリンク

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ