中古住宅一戸建て購入後失敗トラブルランキング3位屋根の真相

スポンサーリンク

中古物件一戸建て失敗後悔になる屋根の被害を防ぐ見抜き方をご紹介しています。

中古住宅一戸建て物件購入後失敗トラブルランキングの3位に入ったのは、屋根。

屋根と言えば、経年劣化による雨漏りが解りやすい代表例。

今回の記事では、中古住宅一戸建てだからこそ注意しなければいけない屋根の見極め方や失敗の対策法を以下の目次でご紹介しています。

中古住宅一戸建て失敗トラブルランキング3位屋根の状況や実態!

中古住宅一戸建て失敗トラブル対策屋根で悩まない為の見極め方

中古住宅一戸建て失敗トラブルに合いにくい中古住宅の探し方

以上の内容についてご紹介していますので、ぜひあなたの中古住宅探し方の参考にお役立てください。

スポンサーリンク

中古住宅一戸建て失敗トラブルランキング3位屋根の状況や実態!

中古住宅一戸建て失敗トラブルランキング3位屋根の状況や実態!

スポンサーリンク

中古住宅一戸建て物件を購入後失敗となるトラブルランキング3位に入る屋根の実態をご紹介していきます。

表面には見えにくい悪夢

中古住宅一戸建ての屋根の実態1.表面には見えにくい悪夢

中古住宅一戸建ての屋根に潜む悪夢というのは、様々なんです。

特に、全く見えない不安要素となるのが、ネズミなどの害虫問題

  • 屋根というのは表面も見えない
  • 屋根のトラブルは実は屋根裏も含む
  • 中古住宅購入時には害虫は見つからないため気付きにくい

こうしたことがある為、単純に失敗原因は購入後に気付き、トラブルになりやすいのです。ですから、

「屋根」という考えから実際には、屋根裏を含めた広い範囲を想定しておく事が重要となります。

屋根なんて見えないから!

屋根なんて見えないから!

屋根がトラブルランキング3位。

この表記にもちょっと疑問を感じます。

屋根は実際には見えないパーツ。

そこで、見えないからこそ、どんな屋根の悩みがあるかというと、典型的なのは、以下の内容。

  • 雨漏り
  • カビ
  • 吹き抜け窓

こうした悩みが典型的な失敗後悔の発覚原因となります。

  • 雨漏りは、雨が降り続く又は降水量が多い時でないと気付きにくい事もある。
  • カビは屋根からの場合、天井のシミや柱の影と勘違いする事も多い
  • 天井の吹き抜け窓は、多くの方が触れないため、疑問視もしにくい。

こうした実態の発覚が遅れる原因も明確になっているのです。

ですから、注意すべきポイントというのは、確実に発覚しやすい内覧会のタイミング選びも含まれてくるのです。

続いて、中古住宅一戸建て購入後失敗原因屋根の現状把握のコツについてご紹介していきます。

 

中古住宅一戸建て失敗トラブル対策屋根で悩まない為の見極め方

中古住宅一戸建て失敗トラブル対策屋根で悩まない為の見極め方

中古住宅一戸建て購入後の失敗原因を屋根にしないためのおすすめの対策法をご紹介していきます。

持ち物が重要

持ち物が重要

中古住宅一戸建ての内覧会をする際には、確実に持参してほしい物があります。

それは、スポットライト。

なぜか?

スポットライトで、天井や気になる天井付近を含めたシミらしきものまで全てチェックするため。

内覧会には、営業マンもしっかり同行するはず。

そこで、確実にシミや気になる箇所については徹底的に確認をしてもらう事が重要。

この行動をあいまいにする事は、後々の大きな自分たちの持ち出し(修繕費)に関わりますので、必ず持ち物確認をして下さい。

続いては、証拠を残すために、カメラを用意しておきます。

購入を決めたい!

こうした思いから、内覧会にわざわざ足を運ぶ方も多いはず。

ですから、気になる箇所は、徹底的に調べるだけでなく、証拠も残してください。

  • ズーム撮影
  • フラッシュ撮影

とにかく念入りに証拠残しにあたります。

すると、

「自信が無い営業担当なら、確実に後日にあまり進めてきません。」

「強気な営業マンであっても、証拠がある以上うかつなことは言えません。」

あなたが満足できる中古物件を買うという意識が強いなら、ぜひカメラも持参してください。

続いて、中古住宅の一戸建てを探す上で、屋根の心配を最小限にする物件選びのコツをご紹介していきます。

 

中古住宅一戸建て失敗トラブルに合いにくい物件選びのコツ

中古住宅一戸建て失敗トラブルに合いにくい物件選びのコツ

しかし、

物件を見つける際にぜひ意識してほしい事があるのです。

中古物件屋根の心配要素確認は、同時期の他の住宅確認が先!

中古物件屋根の心配要素確認は、同時期の他の住宅確認が先!

これは、どういう意味かというと、

1.自分の欲しい物件の築年数を確認します。

2.その当時の屋根によく使われていた素材を確認します

3.中でも当時の雨漏りなどの問題を将来に抱えやすかった素材を聞き出します。

4.自分たちが本来欲しいと思っていた中古住宅を確認しに行きます。

これが、

ひと手間かかりますが、初心者でも簡単にできる屋根素材から危険やリスクを回避する方法。

そもそも、一戸建ての屋根という存在は現地見学が出来ない場所の一部。

ですから、信用問題でしかないのです。

ですが、

「信用するには何を根拠に判断するのか?」

この答えは、屋根ほど素材にこだわって解りやすいものはありません。

単純に、

  • 軽量瓦
  • コンクリート
  • 屋上使用

たったこれだけの内容だけでもかなり屋根の意味が変わります。

よって、素材確認をするというのは、相手の営業マンへのプレッシャーにもなりますので、積極的に活用していただきたいと思います。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事をお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ