中古住宅値引き交渉タイミング失敗しやすい誤解|購入前注意点

スポンサーリンク

中古住宅値引きタイミングを間違えると大変?購入注意点をご紹介しています。

中古住宅値引き交渉タイミングについて、この記事をご覧頂きましてありがとうございます。

中古住宅値引き交渉のタイミングについては、

  • 購入前
  • 契約時
  • 契約後の打ち合わせ中

など実にな切り出すタイミングがあると思っていませんか?

しかし、実際には、中古住宅という特異性からも値引き交渉のタイミングは1度

この機会を逃さないことが重要となります。

中古住宅関連記事。

中古住宅ローンが通らない

中古マンション,戸建て住宅ローン審査【組めない通らない人の失敗原因】

スポンサーリンク

シロアリの問題

中古住宅購入注意点【シロアリ問題の難しさ】

中古住宅フルローン

中古住宅諸費用をフルローンデメリットやリスク注意点

船橋

中古住宅船橋はいつが買い時?将来の資産価値

目黒

中古住宅東京目黒区は資産価値に要注意!2023年に注目

今回の記事では、中古住宅値引き交渉タイミングに焦点を絞り、

中古住宅値引き交渉タイミング失敗例

中古住宅値引き交渉タイミングの選び方

中古住宅値引き交渉タイミングの探し方

以上の内容について、誤解や注意点を含めてご紹介して います。

正解だけを知るのではなく、失敗後悔する原因を知りながら、正解を根拠を持って知って頂けたらと思います。

スポンサーリンク

中古住宅値引き交渉タイミング失敗例

中古住宅値引き交渉失敗

中古住宅における購入注意点として、この記事では、値引き交渉のタイミングについてご案内しています。

まずは、失敗後悔するタイミングとその根拠をご紹介していきます。

失敗しやすいタイミング1.初対面

失敗しやすいタイミング1.初対面

中古住宅購入にかぎらず、不動産購入価格というのは、購入が住宅ローンという金利もかかる重要な問題。

だからこそ、焦りも出やすく、

「中古住宅なら余計に少しでも早い段階で交渉をしておいた方が交渉しやすいのでは?」

こんな衝動に突き動かされたまま確認をしている人も多い現代。

しかし、あなたはまずお客の候補になっていますか?

これが、不動産業界におけるあなたへの目線です。

なぜこんな冷たい心の目を持たれるのか?

単純に考えて下さい。

  • 購入時期
  • 支払い方法
  • 頭金
  • 住宅ローン審査

そもそも超えなければいけない事が山積みなんです。

だからこそ、

最初の初対面で、値引き交渉をするというタイミング選びは、大きな間違いであり、ほぼ相手にされない!

これが市場の動きになりますので十分注意して下さい。

失敗しやすいタイミング2.契約時

失敗しやすいタイミング2.契約時

契約前の頭金を払う事で、もう住宅ローン審査が通ればOKという状況。

しかし、住宅ローン審査に通るかどうかは誰にも解りません。

「契約まできたんだから、もう値引き交渉してもタイミングはおかしくないはず!」

この感覚は間違いなのか?

はい、間違いです。

なぜ?

この答えは、あなたが住宅ローン審査に落ちた際には、他の候補者が購入する事が待っているから。

何とかして手放したいという方もいますが、このケースはかなりごく少数。

ですから、値引き交渉というシビアなタイミング選びには、契約時の交渉も不向きと言えるのです。

続いて、中古住宅の値引き交渉タイミングのベストを根拠を持ってご紹介していきます。

 

中古住宅値引き交渉のタイミング

中古住宅値引き交渉のタイミング

中古住宅値引き交渉タイミングを選ぶ際の私が体験してきた中でベストをご紹介していきます。

中古住宅値引き交渉のタイミングでベストと言えば、住宅ローン審査に落ちた時

落ちたら買えない。

この事態から、少しでも可能性がある金額に落とす可能額を交渉する。

これが、本来ベストという言葉を使いやすい値引きという交渉タイミング。

中古住宅は、売れないと儲けがない。

だったら、売りたいなら値段を下げるはず。

この考え方が浸透してる様子ですが、売り主の方もこの反対を考えてます。

少しでも満額で希望してくれる人に売りたい。

値引き交渉等は一切断る様に仲介不動産に言ってある。

こんな背景がお互いにあるのが、中古住宅値引き交渉ステージになっているのです。

ですから、あまり必要以上に値引きという言葉を使うのは、あまり得策と言えないのです。

最後に、値引き交渉のタイミングを探している人に多い誤解をご紹介していきます。

 

中古住宅値引き交渉タイミングの探し方

中古住宅値引き交渉

中古住宅という物件を値引き交渉タイミング探しをしてる人に多い誤解をご紹介していきます。

必ず確認しなければいけないのは、以下の項目。

  • 仲介手数料の適正価格である計算方法の確認。
  • 内覧会時点での故障、修繕必要箇所のあぶり出し。
  • 現状渡しという状況に対するリフォーム相場。

このようなポイントを順次整理していく方が重要。

値引きで100万円出しても、修繕費に100万円抱えるほうが、支払いは苦労します。

値引きは、住宅ローン控除の返ってくる金額を減らします。

しかし、修繕費は、見積からいくら値引きしても、出る金額は現金が中心。

ローンを組むとリフォームローンの方が高くなりますから。

結果的に、値引きをする法が実質的に損をしてる事も多いんです

この点を一時のお金を安く出来た中古車の感覚で住宅購入を考えてる方が多いんです。

この記事をご覧のあなたにだけは、こうした目先の値引きではなく、長く安心して住む事の出来る住宅購入にして頂きたい。

この願いのためには、結果的に安くなった。

こんな言葉を安心して出せる方法を知って頂きたいのです。

私は、賃貸物件を持つオーナーである上でやはり売り手の意向はよく解ります。

  • 壁紙の破れなどは自分たちの変えたい壁紙があるだろうから修繕しない。
  • 窓なども形や好きな形状へのリフォームを出来るように修繕しない。
  • 床材の修理が必要な箇所があっても同様。

直すべき場所があるのを知っていてもなぜ直さない?

この答えは、見た目の好みを強めて、ニーズを減らす事を避けるため。

これが、オーナーの考え方。

ですから、売却する為にリフォームしたという方は、賃貸前提のオーナーチェンジを狙う方に売りたい場合である。

この点を含めて、中古物件の一戸建てやマンションで居住向け物件の場合は、安易にリフォームもしていないのです。

そして、持ち出しを少なく、さらに利益を確保するという感覚が強いです。

よって、簡単に値引き交渉に対応するのは、少ないというのが実態です。

この記事でお伝えしたかった内容は以上となります。

最後まで記事をお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ